帝釈山(女峰山)

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

(志津林道より中禅寺湖)

女峰山は裏男体の志津乗越から、霧降高原から、裏見ノ滝から、二荒山神社から、のコースが あるが、いずれもアプローチが長く、唐沢避難小屋で1泊の行程を強いられる。 今回試みたコースは、林道に入り富士見峠に近いところまで車で入り込み、 富士見峠を経て帝釈山経由女峰山を目指すものだった。 予定では富士見峠から2時間半で山頂に立てる筈だった。
朝一番の特急「けごん」にて日光入り、池澤車に乗り込んで渋滞の国道を避けて林道に入ったが 手違いやら道に迷うなど、紅葉のすそ野を走ること3時間、富士見峠の手前で車で前進不可能 と言うところまで進入した。
写真は志津林道が景色の良い場所から中禅寺湖と社山を撮ったもの、紅葉の美しい日光の隠れた風景だった。

(志津林道から中禅寺湖と社山  2004年10月23日12時00分  Canon  IXY)

(女峰山−帝釈山)

女峰山と帝釈山はいわば双耳峰である。奥白根山、男体山についで第三の高さを誇る女峰山(2483m)は湾曲した 痩尾根に沿って西側に帝釈山(2455m)のピークがある。
この2座を日光市内から見れば左の写真のように女峰山が大きく、至近距離の馬立から見れば右の写真の用に双耳峰 として見える。

(左 日光市内より 2004年10月24日08時07分 Canon IXY)
(右 馬立より 2004年10月23日16時51分 Canon IXY)

(帝釈山頂)

色々手間取って、富士見峠下に着いたのが12時30分、急ぎ昼食をとり、富士見峠では13時10分、 ともかく行こうと帝釈山頂に至る登山道を登った。登山道は荒れ果てて倒木が道を塞ぎ、 崩落で大きな段差が出来て、木々に捕まりながらの登山を強いられた。 14時40分、寒々とした帝釈山頂に到達、時間的にこれ以上の前進は無理と判断して、痩尾根の向こうに ある女峰山を見ながらの下山となった。

(左 帝釈山頂 2004年10月23日14時43分 Canon IXY)  (右 帝釈山頂2004年10月23日14時55分 Canon IXY)

(帝釈山頂展望)

帝釈山頂は360度の展望、しかし秋の空はすでに日が傾き、寒々とした景色が展開していた。 写真左には男体山と大真名子山、奥に皇海山が、写真右には奥白根山と太郎山など日光の山々が見えている。

(左 帝釈山頂 2004年10月23日14時46分 Canon IXY)  (右 帝釈山頂2004年10月23日14時47分 Canon IXY)


(登頂記録)

*山名:帝釈山(女峰山)(2455m)
*年月日:2004年10月23日(土)
*天候:快晴
10月23日(土)
地下鉄恵比寿駅  北千住  東武日光  富士見峠下 富士見峠  帝釈山
   0638     0718/0740 0916/0925  1230/1250  1310  1445/1455   
富士見峠  富士見峠下 田母沢ホテル
1610/1620 1640/1655   1800  泊
10月24日(日)
田母沢ホテル 登山口駐車場 弁天沼   御岳山   釈迦ヶ岳  鶏頂山分岐       
  0800    0920/0925    1040  1025/1035  1215/1252  1355/1405
 弁天沼   駐車場  鬼怒川温泉入浴 鬼怒川温泉駅 下今市   北千住
1430/1445 1530/1540  1620/1655   1702/1731  1758/1801 1930/1940
 地下鉄恵比寿駅
   2020