鳴 虫 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <06年11月11日オフの会再訪へ>
前日光に属する鳴虫山(1104m)は日光駅から登山口まで僅かな距離にあるため人気の山となっている。 標高はほぼ中禅寺湖の湖面と同じであるが、山頂からの日光連山の眺めは素晴らしい。
鳴虫山は多くのピークに囲まれており、途中に神主山(842m) 合峰(1083m) 独標(925m) などがあって山頂はその中央に位置する。従ってアップダウンの多い周遊コースを楽しむことが出来る。
11月下旬、季節風が吹き荒れて雪雲がすぐそこまで来ている快晴の日、多くの山仲間達が日光に集い、 早めの納め登山と相成った。登山口付近はまだ紅葉の名残があるが、中腹からはすでに冬景色の一日だった。
写真は霧降滝に近いつつじヶ丘から撮ったもので、特徴ある起伏がよく見えている。

神主山を経て、いくつかのピークを過ぎてようやく山頂へ到達、休憩時間を入れてジャスト2時間だった。 広めの山頂は日光方面に切り開かれ、眼下に日光の町並みが、眼前には男体山・女峰山をはじめとした日光の山々が、 この季節には珍しい無雪の山肌を見せていた。 反対側は葉が落ちた樹間から横根山などの前日光の山々が見えている。

(左 霧降つつじヶ丘 2003年11月23日10時30分 Sony DSC-P1)
(下 鳴虫山山頂 2003年11月22日11時40分 Sony DSC-P1)



(化け地蔵)

山頂からは登ってきた方角とは反対に下山していくと、いくつかのピークをアップダウンしながら、 合峰、独標を経て、発電所の放水路に至る。このあたりはかって暴れ川だった大谷川の渕で憾(含)満淵と呼ばれている。 遊歩道脇には輪王寺橙の住職のお墓のほか、地蔵像がいくつもある。痛んでいて台座だけのものもあるが、現在60体まで 数えることが出来る。かって大谷川が増水し多くの地蔵像が流されたと聞く。 行き帰りで地蔵像の数が違って数が合わない?ことから化け地蔵と言われている。 そしてこの憾満淵は鳴虫山登山後の絶好の散策路となっている。

(化け地蔵 2003年11月22日14時30分 Sony DSC-P1)

(登頂記録)

*山名:鳴虫山(1104m) 二等三角点(鳴虫山)神主山(842m) 合峰(1083m) 独標(925m) 
*年月日:2003年11月22日(土)
*天候: 快晴
*メンバー数:5名
*行 程
11月22日(土) 快晴
恵比寿  北千住   東武日光   鳴虫山登山口    神主山
0630   0710/0740 0917/0920  0925/0937   1020/1030
 鳴虫山    独 標   発電所 化け地蔵 駐車場 ペンション
1137/1236 1333/1345  1430        1520   1540
シャトー・ルイーズ(ペンションシャトールイズ 電話0288−53−4294)
(日光市所野 2828−5 一泊二食七千円 近くに温泉があり)
11月23日(日) 曇
ペンション 霧降駐車場 霧降滝 駐車場   丁字滝   玉簾滝   
 0830    0840    0850  0900   0945/0950 0955/1005
クラヤミ滝   駐車場  蕎麦屋 東照宮 東武日光駅 北千住 恵比寿
1025/1045 1130/1135           1415/1459  1700  1750





























霧降滝と隠れ三滝

<見出に戻る> <霧降滝と隠れ三滝> <華厳ノ滝> <竜頭ノ滝> <湯  滝> <中禅寺湖> <湯の湖> <戦場ヶ原>

<尾瀬三条ノ滝> <吹き割りノ滝>
 
霧降滝は日光の北にあって、駐車場などの施設が整っているため、多くの観光客を 集めている。滝の周囲は紅葉が美しく、季節になれば大混雑する。
観瀑台は滝からかなり遠いが、それでも全体を撮るには広角が必要である。 写真は霧降滝の下半分、紅葉の最盛期に撮ったものである。

丁字滝、玉簾滝、マックラ滝の三滝は隠れ三滝と言われている。いずれも霧降滝の上流にあって、 霧降滝駐車場から最奥のマックラ滝まで1時間、半日コースのハイキングである。 手前の丁字滝まで30分、さらに玉簾滝まで15分、マックラ滝までさらに15分、 それぞれが個性のある滝である。
写真は左から丁字滝、玉簾滝、マックラ滝である。

(霧降滝 2003年10月25日10時00分 Sony DSC-P1)
(隠れ三滝 2003年10月25日09時30分〜10時30分 Sony DSC-P1)
































社  山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>


社山(1827m)は中禅寺湖南岸にあり、半月山の西に隣接してピラミダルな山容を見せている山である。 車道があり観光客にも親しまれている半月山に比べて、駐車場からのアプローチが長くマイナーな イメージを与えるが、栃木百名山にも上げられる名山である。
アプローチは歌ヶ浜駐車場から旧イタリア大使館別荘の前を通って、半月山登山口からさらに八丁出島 の付け根を越えて阿世潟まで、この湖畔歩きに約1時間を要する。ここから阿世潟峠まで20分、 ここで半月峠と社山に別れる。右に行けば社山、山頂までには5つのピークを越えていく。 登山道は整備されているが、峠からまもなくのところで崩落しているカ所があり要注意である。 峠から約75分、山頂は樹木があるが少し奥へ行けば笹原となり西側に展望が開ける。
今回は鳴虫山以来の山仲間がそろった久しぶりの山行きと相成って大変心強い登山であった。 登山開始時には晴れていた社山も山頂はガスがかかり無展望、しかしそこここに咲くアカヤシオやシロヤシオ、 そしてシャクナゲの群落は大変見事なものであった。

(上左 狸窪から 2004年04月30日10時00分 Canon EOS kiss D) (上中 第3ピークから 2004年05月22日13時30分 Sony DSC-P1)
(上右 山頂直下から 2004年05月22日12時45分 Sony DSC-P1) 
(下左 山頂標識 2004年05月22日13時00分 Sony DSC-P1) (下右 山頂に咲くシャクナゲ 2004年05月22日13時00分 Sony DSC-P1)



ガスが立ちこめた山頂であったが、一角に陣取り青柳さんの手作りの豪華な昼食と伊久間さんの 持ってきてくれたカップ麺が寒い山頂では大変暖まるところとなった。 そしてその食事の最中、玄梅さんの「見えてきたっー!」の声に、影山さんも石森さんもみんなカップ 麺を持ったまま立ち上がり、笹原の展望カ所に急ぎ急行した。ガスが切れて、皇海山が姿を現し、目の前には黒桧山 とそこに続く笹原の稜線が見え、中禅寺湖方面には奥白根山や男体山が見えていた。 それこそ神様一瞬の贈り物、カップ麺を持ったままみんな幻想的な風景に見とれていた。
(左 山頂から皇海山 2004年05月22日13時30分 Sony DSC-P1) (中 山頂から黒桧山 2004年05月22日13時30分 Sony DSC-P1) 
(左 山頂から男体山 2004年05月22日13時30分 Sony DSC-P1)

(登頂記録)

*山名:社山(1827m) 三等三角点(社山) 
*年月日:2004年05月22日(土)
*天候: 曇り・ガス
*メンバー数:6名
*行 程
05月22日(土) 曇り
恵比寿   北千住(快速)東武日光  歌ヶ浜駐車場  阿世潟  阿世潟峠   ピーク3
 0631   0711/0721  0916/0920  1000/1007   1104  1124/1133 1203/1215
  山 頂    ピーク3   阿世潟峠  阿世潟 イタリア大使館 歌ヶ浜駐車場    竜頭滝  湯本温泉
 1248/1400 1414/1417 1440/1455  1507   1555/1602    1620     1540/17200   1740
06月23日(日) 曇り
湯本温泉 林道終点 雲竜遠望  蕎麦や     下今市   北千住   恵比寿
0915    1010  1030/1100 1205/1235  1305/1336 1503/1510  1550





























竜頭ノ滝

<見出に戻る> <霧降滝と隠れ三滝> <華厳ノ滝> <竜頭ノ滝> <湯  滝> <中禅寺湖> <湯の湖> <戦場ヶ原>

<尾瀬三条ノ滝> <吹き割りノ滝>


(左 2004年05月22日16時30分 Sony DSC-P1) (中 2003年10月18日13時30分 CanonEOS kiss D)
(右 2004年05月28日14時30分 CanonEOS kiss D)

(竜頭ノ滝)

竜頭ノ滝は国道に沿っていて、華厳ノ滝と共に日光を代表する滝である。 紅葉やツツジの時期ともなれば観光バスやマイカーでごったげすが、紅葉とミツバツツジに彩られた竜頭ノ滝は、 まことに美しいものである。
標高は1400m前後で戦場ヶ原より低いにも拘わらず、北東向きの滝は冷え冷えしていて、他所に比べて ツツジの開花は最後となり、紅葉は最初となる。






























華厳ノ滝

<見出に戻る> <霧降滝と隠れ三滝> <華厳ノ滝> <竜頭ノ滝> <湯  滝> <中禅寺湖> <湯の湖> <戦場ヶ原>

<尾瀬三条ノ滝> <吹き割りノ滝>
華厳ノ滝は日光を代表する滝である。落差100m、垂直に落ちる豪快な滝は、男体山の噴火によってせき止められて出来た 中禅寺湖から流れ落ちてる。現在は水門によって水量調整されている。エレベーターなどの施設があって日光最大の 観光スポットとなっている。
明智平は日光の入り口に位置し、ロープウェイで容易く行くことが出来る。 ここからの日光は絶景で中禅寺湖を中心に、華厳ノ滝が豪快に流れ落ち、背景には奥白根山の勇姿が望める。 茶ノ木平のロープウェイが廃止された現在、日光南側に連なる、茶ノ木平〜半月山から社山〜黒檜山へ連なる 縦走登山ルートの起点となっている。

(左 華厳ノ滝展望台 2000年10月18日13時30分) (右 明智平 1997年07月03日12時30分)





























湯  滝

<見出に戻る> <霧降滝と隠れ三滝> <華厳ノ滝> <竜頭ノ滝> <湯  滝> <中禅寺湖> <湯の湖> <戦場ヶ原>

<尾瀬三条ノ滝> <吹き割りノ滝>
奥日光の最奥、日光湯元は群馬との国境に近い。頭上には金精山、温泉ヶ岳、そして最高峰奥白根山などが控え、 その稜線は2000mを保ちながら根名草山を経て奥鬼怒〜尾瀬へと続く。 日光の川はこの湯元から発する。湯の湖から流れ出た湯川は湯滝となって流れ落ち、戦場ヶ原を流れて 竜頭ノ滝と化して中禅寺湖へ落ちていく。そして大谷川となって華厳ノ滝へつながっていく。
湯滝はそんな日光の水の流れの源流域にあって、三岳の噴火によって堰き止められて出来た湯の湖の付け根から 流れ出ている。

(湯滝 1998年06月06日11時30分)






























中禅寺湖

<見出に戻る> <霧降滝と隠れ三滝> <華厳ノ滝> <竜頭ノ滝> <湯  滝> <中禅寺湖> <湯の湖> <戦場ヶ原>

<尾瀬三条ノ滝> <吹き割りノ滝>
中禅寺湖は日光の中心部に位置する。男体山の噴火で堰き止められた湯川は中禅寺湖を作り、華厳ノ滝となって流れ落ち、 一方戦場ヶ原の湿原を潤してきた湯川は竜頭ノ滝から中禅寺湖に供給される。
中禅寺湖の北側は男体山の巨大なすそ野がそのまま中禅寺湖に落ち込み、南側は1800m級の山々によって、前日光との境を なしている。
写真は中禅寺湖を異なる場所から撮ったもので、上左は半月山から紅葉で名高い八丁出島を、上右はイタリア大使館から奥白根山を撮ったも、 下左は千手ヶ浜から撮ったもの、下右は半月山登山口に近い湖畔のヤシオツツジである。

(上左 半月山 2003年10月17日)
(上右 イタリア大使館 2003年04月30日)
(下左 千手ヶ浜 2004年05月29日)
(下右 半月山荘 2004年04月30日)






























湯 ノ 湖

<見出に戻る> <霧降滝と隠れ三滝> <華厳ノ滝> <竜頭ノ滝> <湯  滝> <中禅寺湖> <湯の湖> <戦場ヶ原>

<尾瀬三条ノ滝> <吹き割りノ滝>


日光を形作る脊梁山脈は奥白根山を頂点とする主稜線の山々であり、群馬と栃木の国境を分け、 国道は金精トンネルによって群馬側と結ばれている。良質の硫黄泉が滾々とわき出る湯元温泉の脇にある湯の湖は、 標高1400mに位置し、静かな高山のたたずまいである。
その周囲はシャクナゲやミツバツツジ、ヤシオツツジなどで覆われていて、春はこれらのツツジで見事に染まり、 錦秋の季節は文字通り全体が素晴らしい紅葉で湖面に映える。

(上左 湯の湖兎島 2003年10月17日 15時00分)
(上右 湯の湖のミツバツツジ 2004年05月28日 15時00分)
(下左 湯の湖のアズマシャクナゲ 2004年05月28日 15時00分)






























戦場ヶ原

<見出に戻る> <霧降滝と隠れ三滝> <華厳ノ滝> <竜頭ノ滝> <湯  滝> <中禅寺湖> <湯の湖> <戦場ヶ原>

<尾瀬三条ノ滝> <吹き割りノ滝>
中禅寺湖と並んで日光を形作る戦場ヶ原、本来湯川が作る湿原だが、乾燥化が進んで湿性植物が失われ来ている。 唐松が美しく、ミズナラ、白樺、ズミ、ワタスゲ、ヤマザクラ、などが戦場ヶ原を彩る代表的な植生となっている。 鹿の被害はここでも大きく、ミヤコザサの殆どは食べ尽くされ、背が伸びないでいる。

(左 戦場ヶ原 2003年10月17日 15時00分)
(右 赤沼付近 2004年05月28日 15時00分)































尾瀬三条ノ滝

<見出に戻る> <霧降滝と隠れ三滝> <華厳ノ滝> <竜頭ノ滝> <湯  滝> <中禅寺湖> <湯の湖> <戦場ヶ原>

<尾瀬三条ノ滝> <吹き割りノ滝>
尾瀬は日光の北隣にある。燧ヶ岳が作る大規模な尾瀬湿原の北には、豪快な三条の滝がある。 この写真は半世紀近く前、燧ヶ岳に登頂した帰りに立ち寄ったもの、その記憶は今までも鮮明である。

(尾瀬三条ノ滝 1958年07月28日)






























吹き割りノ滝

<見出に戻る> <霧降滝と隠れ三滝> <華厳ノ滝> <竜頭ノ滝> <湯  滝> <中禅寺湖> <湯の湖> <戦場ヶ原>

<尾瀬三条ノ滝> <吹き割りノ滝>
日光の西、群馬側を下っていくと、利根郡に入る。吹き割りの滝は片品川を割るように川の中央にある滝である。 あたかも水が吸い込まれていくような一風変わった姿を見せている。

(吹き割りノ滝 1993年08月21日 13時00分)






























鳴 虫 山「展望の山旅オフの会」2006年例会第8回

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <03年11月22日初訪へ> <06年11月11日オフの会再訪へ>
2003年11月23日の鳴虫山全景 「展望の山旅オフの会」2006年11月例会は、新宿から日光への直通電車が開通したこともあって、 早くから日光鳴虫山行きが決まった。今回は玄梅さん、加藤さん、池澤さんなど日光・小山 の仲間達に大変お世話になり賑やかな例会となった。 しかし今回のオフ会は朝から雨で登山中も間断なく降り続き、オフ会好天伝説が途切れてしまった。 それでも紅葉は丁度見頃、山中から憾満淵にかけての紅葉は見事なものだった。 下山後は玄梅さんのセッテイングで懇親会、和やかな内に成功裏に終了した。  (左図はGPSによるトラックと鳴虫山全景)  (使用カメラ:CANON IXY 500D)

新宿〜東武日光間を結JR車両 こだま型の「あずさ」の中古品を化粧直しした車両だった 09:11 登山前に立ち寄った市内の紅葉は最盛期だった 09:53 雨装備で登山開始、悪天候で樹林の登山道も薄暗い 10:17 神主山の誰もいない山頂 雨でしっとりと濡れていた 10:49 神主山からの日光連山、この日唯一の展望だった 10:49 登山道の紅葉 展望が無いから紅葉の鮮やかさが余計に目に入る 11:39
 日光1号はJRの車両 市内の紅葉        雨装備で登山開始    神主山山頂       神主山からの展望   登山道の紅葉   神主山を過ぎてやがてガスの中に入る 雨が激しくなる 11:39 まもなく鳴虫山山頂 雨中の登山か?3時間近くを要した 12:24 山頂の標識 数人のパーテイが休んでいた 12:27 山頂で集合写真 その後昼食 12:31 合峰 今日3つ目のピーク 13:24 独標 今日4つ目のピーク 14:10
 ガスに覆われる     鳴虫山山頂近し     山頂標識と三角点   山頂の集合写真     合峰山頂         独標 独標からさらに下る 14:11 憾満淵 もう薄暗くなっていた 15:15 憾満淵で集合写真 15:25 2003年11月22日の展望 男体山 大真名子 小真名子 女峰 赤雉山 2003年11月22日の展望 高原山
 独標からの下り      憾満淵            憾満淵で集合写真           2003年11月22日の鳴虫山山頂からの展望

前日光に属する鳴虫山(1104m)は日光駅から登山口まで僅かな距離にあるため人気の山となっている。 標高はほぼ中禅寺湖の湖面と同じであるが、山頂からの日光連山の眺めは素晴らしい。
鳴虫山は多くのピークに囲まれており、途中に神主山(842m) 合峰(1083m) 独標(925m) などがあって山頂はその中央に位置する。従ってアップダウンの多い周遊コースを楽しむことが出来る。
今回のオフの会は雨天の中での登山となったが、日光勢のサポートによって急登・急下降の多い滑りやすい登山道も 全員無事に歩ききることが出来た。
神主山で僅かに覗いた日光の山々であったが、その後はガスに包まれ、無展望の山歩き、 しかし周囲の紅葉は見頃で山歩きを十分堪能することが出来た。
鳴虫山からの日光連山の展望はお預けとなったが、参考までに2003年11月初訪時の展望を紹介しておく。

(登頂記録)

*山名:鳴虫山(1104m) 二等三角点(鳴虫山)神主山(842m) 合峰(1083m) 独標(925m) 
*年月日:2006年11月11日(土)
*天候: 雨
*行 程
11月11日(土) 晴
恵比寿+++新 宿+++東武日光・・鳴虫山登山口・・王 山・・ 神主山・・
0653  0703/0712 0908/0940   0950   1021/1030 1050/1100
 小休止・・・ 小休止・・・・鳴虫山・・・  合 峰・・・ 独 標・・・発電所・憾満淵・・
1126/1130 1150/1155 1226/1300 1350/1355 1410/1415 1510  1530
神 橋===JR日光駅・・・・・  東武日光駅++++北千住++++恵比寿
1550   1600(沼田屋懇親会)1815/1842  2023/2027  2110

*参加者:(L)玄梅さん 加藤さん 池澤さん (SL)アオシカさん ヤマコシさん シバキさん
       コバヤシさん ヤマコシさん エツコさん マサコさん クミコさん ミユリさん 
       フクヨさん キョウコさん エミコさん フミコさん カツコさん イトウ 計18名