男 体 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
中禅寺湖駐車場より男体山 11月下旬 10:10 志津小屋より男体山 2000年08月04日 06:20 九合目手前より山頂 2000年08月04日 08:20 男体山山頂 2000年08月04日  09:10 男体山山頂の一等三角点 2000年08月04日  09:10
 中禅寺湖Pより男体山   志津小屋より男体山      九合目手前より山頂     男体山山頂          一等三角点

男体山は日光の盟主である。奥白根山に比べて標高こそ劣るがその巨大な火山は日光の風景を作り出した根元でもある。 その男体山(2486mへの登山ルートは2つあって、メインは中禅寺湖畔の二荒山神社の参道を参拝料500円也を 納めて正面から登るルート、もう一つは光徳への途中から志津林道で志津小屋まで車で入り、 そこから裏から登るルート、前者は500円也と1200mの標高差を登るルート、 後者は無料で標高差700mを登るルートである。
この進入路は光徳に走る道から鋭角に左へ分かれると、すぐに悪路となる。 しかし悪路は200m程度で、すぐに左折するとそこから志津林道が始まり、舗装こそされていないが、 乗用車でも全く問題なく入ることが出来る。
今回は裏から登り2時間40分とあるルートを選択して少しでも楽をしようと登り始めた。 この写真は駐車スペースに車を止めてここから5分の志津小屋へ向かうときに撮ったもの、 この反対側に太郎山が男体山と肩を並べてそびえている。
裏男体の登山道は登山者も少なく、それほど整備が行き届いていない。 樹林帯の中、随所で背丈ほどの落差を木の根に捕まりながら急登を繰り返していく。 まもなくガス、どの辺を登っているのか、「合目」の標識だけが目安となる。
樹林の背丈が低くなり、見通しが良くなるはずだが相変わらずのガスで見当がつかない。 風通しの良い場所で朝食のため一休みした場所がここだった。 まもなくガスが晴れて気がついたら山頂が目の前にある。 すでに急登は終わり、九合目に近い場所であることが分かり、 残り30分程度であることを知った。
山頂はなだらかに見え、右奥に二荒山大神の像が建ち、神社の奥宮が見えて、 その左に山頂を示す大剣の像が並んで見えた。
山頂はときおり晴れるガスからの薄日から向かいの太郎の影が見え隠れするだけで、 奥白根山や中禅寺湖などは到底おぼつかない。
山頂には神社の奥宮があって神官が常駐、その奥宮の脇には二荒山大神の銅像が建っていて、 さらに一等三角点のある山頂付近には数mはあろうかという大剣がある。 その神社の立派なことは、とても3時間を費やして登ってきた山頂とは思えない。 加えて表から登ってきた登山者は、口々に「厳しい、厳しい」の連発だった。
(登頂記録)
*山名:男体山(2486m)  一等三角点(2484m 男体山)
*年月日:2000年08月04日(金)
*天候:曇り
*行 程
湯 本  志津乗越  男体山頂    志津乗越  湯 本 
0535   0605/0615  0920/1005  1225/1235  1415






























雲竜ノ瀑

<見出に戻る> <雲竜ノ滝> <裏見ノ>  <寂光ノ滝>  <切込湖・刈込湖>  <小田代ヶ原> 
日光には滝が多い。その代表格がかの華厳の滝だが、ここに紹介する雲竜の滝は、そんな日光のメインストリートから 外れた女峰山と赤薙山の中腹、標高約1450mほどのところにあって、閉鎖された林道のゲートからは4時間、 観光客には無縁の滝だ。
厳冬の2001年の2月18日、縁あってこの滝の冬の表情を見る機会を得た。 パーテイは6人、ザイルを準備して、アイゼンを付けて、好天に恵まれた中、快適な雪道を登り詰めて、 その先に豪快な氷瀑に出会うことができた。
滝上は女峰の山頂部に至る断崖絶壁、その断崖から流れ落ちる細い滝だが、冬の結氷期、その表情は一変し、 氷に覆われた滝は、すざましい迫力で登山者を魅了して止まない。
写真は左が雲竜の滝、右がその下流のある氷柱、この年最後の冬の装いは、ほのかに春の訪れを感じさせていた。
リーダーの玄梅さん、毛塚さんはじめ総勢6名のメンバーに感謝の気持ちを込めて、ここに紹介しておこう。

(雲竜の滝 2001年2月18日10時30分 45mm F13 1/500)


(春の雲竜ノ滝)

(雲竜の滝 2004年05月23日10時30分 Sony DSCーP1)






























裏見ノ滝

<見出に戻る> <雲竜ノ滝> <裏見ノ滝>  <寂光ノ滝>  <切込湖・刈込湖>  <小田代ヶ原> 
日光には滝が多い。その代表格がかの華厳の滝だが、そのほかに竜頭の滝や湯の湖から落ちる湯滝などが観光客を引きつける。 裏見ノ滝は男体山麓ではあるが、神橋に近い場所にある。国道から3km奥にあり、駐車場から500mほど歩く。 標識はあっても地味なもの、東京の観光客のほとんどは素通りしてしまう。
そんな滝だが、近づくとびっくっりするほどの冷気が伝わり、人が少ないためがとても落ち着いた雰囲気だ。 滝はその裏側に回り込むことが出来るから裏見の滝、同じ名前の滝は群馬にも長野にもある。 左の滝が本滝、中と右の滝が本滝の脇にある滝である。この脇の滝の方が糸を引くような 白糸の滝となって、とても芸術的な滝に見える。

(裏見の滝 2003年06月29日12時00分 Sony DSC P1)

































寂光ノ滝

<見出に戻る> <雲竜ノ氷瀑> <裏見ノ滝>  <寂光ノ滝>  <切込湖・刈込湖>  <小田代ヶ原> 
裏見ノ滝と並んで神橋の近くにあるのが寂光の滝、裏見ノ滝よりさらに下にある。 国道から別れて奥に駐車場があり、歩いて一汗、地味な滝だが冷気が気持ちよい。

(寂光ノ滝 2003年06月29日12時30分 Sony DSC P1)

































切込湖・刈込湖

<見出に戻る> <雲竜ノ氷瀑> <裏見ノ滝>  <寂光ノ滝>  <切込湖・刈込湖>  <小田代ヶ原> 
男体山や太郎山の奥に三ツ岳がある。目立たない山だが噴火により出来たのが湯本にある湯の湖とこの切込湖・刈込湖だ。 湯の湖の方は、湯本温泉の象徴として良く知られているが、切込湖・刈込湖は三ツ岳の裏にあって、湯本から1時間強、光徳まで 一回りして3時間の手頃なハイキングコース上にある。観光客が来ないから静かなたたずまいが残っている。 水位の異なる二つの沼は短い川で繋がっており、湖面に周囲の山々の緑が美しく映えている。

(刈込湖 2001年06月16日11時30分 Sony DSC-P1)



































半 月 山(初 訪)

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<半 月 山(初 訪)> <半 月 山(再 訪)> <半 月 山(車窓展望の山旅)> <半 月 山(再訪061019)>
半月山は中禅寺湖を挟んで男体山の南側にある1753mの山である。 山頂近くまで道路が延びていて、山頂までは30分〜40分という手軽な山である。 半月山の山頂や両側にある駐車場からは 男体山奥白根山皇海山が手に取るように見える。
この半月山にはヤシオツツジやシロヤシオが沢山咲いていて、シーズンともなれば多くの登山客で賑わう。 そのヤシオツツジを訪ねて半月山の山頂に立ってみた。 仲間はいつもの青柳さん、玄梅さん、池澤さん、加藤さんなどの山仲間、 山ではリーダーを務める人たちばかり、今の私向きと に言い出して、企画してくれた方々に 感謝の気持ちで一杯の山遊びだった。

(半月山山頂 2003年05月17日11時30分 Sony DSC-P1)



































半 月 山(再 訪)

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<半 月 山(初 訪)> <半 月 山(再 訪)> <半 月 山(車窓展望の山旅)> <半 月 山(再訪061019)>

(半月山−再訪)

昨年のアカヤシオに続いてシロヤシオ見るために半月山駐車場から半月山に登った。 登山と言えるかどうかと言う往復70分のショートな登山だったが、お目当てのツツジが咲いていて、 ぼんやりながら八丁出島や社山も見えていた。

(半月山展望台 2004年05月28日11時30分 Canon EOS kiss D)


(登頂記録−初訪)

*山名:半月山(1753m) 三等三角点(半月山)
*年月日:2003年05月17日(土)
*天候:曇り
*行 程 05月17日(土)
恵比寿0638−北千住0740−東武日光0916−半月山駐車場1040/1100−半月山1150−展望台1220−半月峠駐車場1250 
戦場ヶ原−湯本

































紅葉と展望・日光半月山「東北道」車窓展望の山旅 2006年第4回

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<半 月 山(初 訪)> <半 月 山(再 訪)> <半 月 山(車窓展望の山旅)> <半 月 山(再訪061019)>
半月山ルート 朝日旅行主催の「紅葉と展望・日光半月山「東北道」 車窓展望の山旅 2006年第4回」は、 26名の参加を得て10月10日に実施されました。10月10日は晴れの特異日です。 東京オリンピックは、この日を選んで雲一つない青空の下で開会式が行われてから、 41年の月日が経っています。予想に違わず素晴らしい青空の下で日光の山々の展望と色づき始めた紅葉を存分に堪能できました。   (使用カメラ CANON IXY 500D)
(左はGPSによるトラック)
今日のバスもいつもと同じ赤いバスだった 11:34 この大鳥居をくぐって中善寺湖畔へ 日光の雰囲気たっぷりとなる 10:39 中善寺湖畔より半月山(左)と社山(右) 11:22 中禅寺湖道路第駐車場 ここから半月山に登る 13:31 第2駐車場から皇海山 12:02 登山を前に準備体操 12:03
今日も赤バス       日光の大鳥居      湖畔より半月山・社山  第2駐車場から半月山 第2駐車場から皇海山 準備体操  
色づき始めた登山道を行く 12:30 半月山展望台に到着 13:05 半月山展望台より社山・黒檜岳・錫ヶ岳 12:36 半月山展望台より錫ヶ岳・奥白根山・前白根山・金精山 12:34 半月山展望台より奥白根山・前白根山・金精山・温泉岳・三ツ岳 12:34 半月山展望台より小太郎山・男体山・女峰山 12:35
登山道の紅葉      半月山展望台に着く   展望台より社山     展望台より奥白根山   展望台より金精山  展望台より男体・女峰山
半月山展望台にて全員写真 12:43 半月山展望台から山頂にかけての紅葉 12:37 半月山山頂三角点 12:53 半月山山頂標識 12:54 駐車場に向けて下山 13:14 第1駐車場からの展望 13:45
展望台にて集合写真  山頂付近の紅葉     半月山山頂三角点   半月山山頂標識     駐車場へ向けて下山  第1駐車場からの展望

朝日旅行主催の紅葉と展望・日光半月山「東北道」車窓展望の山旅 2006年第4回は、 26名の参加を得て10月10日に実施されました。
ツアーは東北道・日光宇都宮道路を経て清滝ICから新いろは坂をあがり、中善寺湖畔で昼食後、中善寺湖道路の終点の第2駐車場 から半月山に登りました。
関東平野は多少もやがかかってて、遠望の山々は見えませんでしたが、日光に近づくに連れて日光や高原山が ぐんぐん大きく見えてきました。
日光は素晴らしいお天気でした。駐車場から30分、半月山展望台からは眼下に中禅寺湖を望み、 長くに突き出した八丁出島を見下ろして、対岸には巨大な男体山が、そして左手には東日本最高峰の奥白根山が、 さらに日光家族で知られる日光の山々は女峰山などが、皇海山や隣の社山などが山肌を少し染めながら大景観 を成していました。
山頂は樹林に囲まれた静かなたたずまい、三角点を眺めて、大展望の名残を惜しんで駐車場まで戻りました。
途中、第1駐車場に寄り道し、少し角度を変えた展望を楽しみ、一路「ヤシオの湯」へ、 温泉に浸かりながら日光の一日をゆったり楽しみました。 参加者の皆さんもそれぞれの日光の秋を満喫したことと思います。

皆さんの山への思い、ご助言を頂いた田代博氏、企画された朝日旅行の石堂さん、添乗員の方々、 展望の山旅の方々の参加や車窓展望の山旅へのリピーターの方々、これら全てが揃ってのツアーの成功だったと実感しています。 皆さんに厚くお礼を申し上げます。 来年もご満足いただけるツアーを企画したいと思っています。またツアーでお目にかかれることを願ってやみません。

(登頂記録)

*山名:半月山(1753m) 三等三角点(半月山)
*年月日:2006年10月10日(火)
*天候:快晴
*行 程
(恵比寿 池袋) 横 浜===池 袋===蓮田SA====中禅寺湖畔観光センター====第2駐車場・・・
 (0715 0728) 0700    0810  0845/0855     1040/1143        1200/1215
半月山展望台・・・半月山・・・第二駐車場===第1駐車場===ヤシオの湯===
1233/1240   1250/1300 1330/1335   1340/1345   1426/1528  
蓮田SA=== 池 袋=== 横 浜 (池袋 恵比寿)
1657/1715  1810    1910  (1820 1836)

(注)朝日旅行主催の「紅葉と展望・日光半月山「東北道」 車窓展望の山旅 2006年第4回」    参加者26名 添乗員2名 講師:伊藤




























半 月 山(061019再訪)

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

<半 月 山(初 訪)> <半 月 山(再 訪)> <半 月 山(車窓展望の山旅)> <半 月 山(再訪061019)>
戦場ヶ原の草紅葉 10:39 戦場ヶ原の唐松 10:40 半月山展望台から八丁出島 12:26 先週10/10の朝日旅行主催の「車窓展望の山旅」は紅葉が今ひとつだった。 そこで今回は紅葉のリベンジとばかりに最盛期との報道を聞いて出かけることにした。 帰路に寄った東照宮は3年ぶり、加藤邸ではとびきり美味しいコーヒーをご馳走になった。

 (使用カメラ Nikon COOLPIX 8700D)

戦場ヶ原の草紅葉     戦場ヶ原の唐松      半月山から八丁出島  

(登頂記録)

*山名:半月山(1753m) 三等三角点(半月山)
*年月日:2006年10月19日(木)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿===沼田IC====湯の湖====赤沼==== 竜頭上====金谷ホテル===
 0634   0840  1010/1040 1035/1053 056/1110  1120/1150 
第2駐車場・・・半月山展望台・・半月山 ・・  展望台・・第二駐車場===
1210/1220    1245/1305  1310/1312 1318/1320 1342/1347
東照宮===  加藤邸===恵比寿
1500/1630 1645/1800 2110
































小田代ヶ原

<見出に戻る> <雲竜ノ氷瀑> <裏見ノ滝>  <寂光ノ滝>  <切込湖・刈込湖>  <小田代ヶ原> 


小田代ヶ原は戦場ヶ原の奥にあって、日光を代表する湿原である。 中でも貴婦人と俗称される白樺の木がポツンと立っている様はプロカメラマンの 題材にもなっている。
写真は小田代ヶ原を囲む右から大真名子・小真名子・太郎・山王帽子・三岳、 手前が小田代ヶ原、太郎と山王帽子の鞍部の左下に貴婦人が立っている。
その貴婦人をアップしたものが右の写真、背景の紅葉に貴婦人の頭が溶け込んでしまっている。

(小田代ヶ原 2003年10月17日13時30分 Cannon EOS kiss D)


(小田代ヶ原より男体山)

男体山は日光ではどこでも大きく見えるが、小田代ヶ原から見た男体山は 唐松の林を前景に、山肌が赤く染まって美しい。
男体山の標高は長い間2484mとされてきた。 山頂にある一等三角点の埋設位置での標高をもって男体山の標高としてきたからである。 しかし2003年秋になって、登山者からのクレームによって国土地理院において再測定、 山頂にある剣のある岩場が三角点より2m高いことが判明して、 この場所をもって新しい標高に改められた。 これによって新しい標高は2486mとなった。

(小田代ヶ原 2003年10月17日14時00分 Cannon EOS kiss D)



































高  山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>
高山は日光戦場ヶ原と中禅寺湖を仕切っている位置にある。 登山口は竜頭滝上、小田代ヶ原、千手ヶ浜の3カ所があり、いずれも300m程度の標高差で 大変手軽な山である。この山を有名にしているのはシロヤシオ、山頂付近は一面のシロヤシオに 覆われている。
今回は、上野さんとの初顔合わせ、アルプスの稜線に馴染んだ足取りは軽く、驚異の足腰を披露してくれた。
例年に比べシロヤシオは遅く、ようやくいろは坂を登っている最中だった。
使用カメラ Nikon COOLPIX 8700


日光神橋は7年間の修復工事が終わり、1年間に限り全面開放をしている最中で 大勢の観光客が訪れていた。
高山の標高の低い登山道沿いではミツバツツジが満開で、山歩きを楽しいものにしてくれた。 そして山頂付近はシャクナゲが盛りで、とりわけ当たり年の今年は多くの花をつけていた。
竜頭滝からの登山道はアプローチがやや長いものの、急登も無く、ツツジに覆われた快適な登山道だった。
山頂は広く、樹林に囲まれているが、隙間から四方の山々が見通せる。そして山頂一体はシロヤシオで覆われて 最盛期には白一色に覆われ、壮観だろうとと想像していた
小田代ヶ原のカラマツはようやく芽吹きを迎えて、全体に淡い緑で覆われ、遅い春の風景を演出していた。
シロヤシオはいろは坂を上がっている最中で、坂の中腹は驚くほどのシロヤシオに一面覆われていた。

(神 橋 2005年05月26日14時32分 P) (高 山 2005年05月27日08時45分 P) (高 山 2005年05月27日09時14分 マクロ)
(高山山頂 2005年05月27日09時48分 P) (小田代ヶ原 2005年05月27日10時44分 P) (いろは坂 2005年05月27日13時04分 P)


(登頂記録−初訪)

*山名:高山(1667m) V△(高山3)
*年月日:2005年05月27日(金)
*天候:晴れ
*行 程
ホテル千姫  竜頭滝上P  山 頂   分 岐  林道出会 小田代原  シャクナゲ橋 
 0750    0825/0835  0950/1005  1028   1051     1100     1151 
滝上P  湯の湖   蕎麦屋  東武日光    下今市    北千住   恵比寿
1201  1210/1230        1410/1425  1432/1436   1601/1605  1642