奥白根山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
中禅寺湖駐車場より奥白根山 2003年10月17日10:00 丸沼高原ロープウェイ山頂駅より奥白根山  2000年08月03日 08:10 九合目付近 2000年08月03日 10:15 九合目付近 2000年08月03日 10:15 山頂にて 2000年08月03日 11:00 山頂 2000年08月03日 10:45
中禅寺湖Pより奥白根山 丸沼高原RWより奥白根山 九合目付近     九合目付近       山頂にて          山 頂
RW山頂駅付近より燧ヶ岳 2004年05月30日09:30 RW山頂駅付近より至仏山 2004年05月30日09:30 RW山頂駅付近より武尊山 2004年05月30日09:30
 RW山頂駅より燧ヶ岳   RW山頂駅より至仏山         RW山頂駅より武尊山

中禅寺湖畔を走る国道の対岸には半月山へ至る道路がある。 その終点の半月山駐車場の手前に日光全域が見渡せる中禅寺湖展望台がある。 眼前には巨大な男体山がある。そして太郎、大真名子、子真名子、三岳、奥白根山、錫ヶ岳、 温泉山、金精山など日光を形成する山々が望める。
奥白根山は東日本最高峰にもかかわらず、日光の中では見えるところが少ない。 だから観光客にとって存在さえ知られていない。
錦秋のこの日はさえわたる青空の下に、奥白根山を盟主とした2300mを越える稜線は 日光でもひときわ高く上州を隔てている。 眼下に中禅寺湖があって、八丁出島の紅葉がことさら美しい。
奥白根山(2578m)は、古くは湯本温泉から、また菅沼から、最近では丸沼高原がスキー場のロープウェイ山頂駅 からの最短コースが開拓された。このロープウェイの山頂駅は標高2000mに達し、山頂までの標高差は600m弱である。
本来はシラネアオイなどの自生地である弥陀ヶ池を通る湯本温泉や菅沼からのコースが望ましいが、 展望があまり期待できない上に雷雨も予報されている中で、最短コースをたどることにした。 下山は予報が的中し、激しい雨の下山となった。
下界からは日光の稜線上に山頂部だけ覗いている奥白根山だが、 2000mの稜線上にあるこの登山口から見ると、立派な風格の独立峰に見えてくる。
登山開始すぐにガスが湧き出し予報は的中、ひたすらのぼりつめること2時間、 9合目付近で山頂らしき光景を左に見た。
深いガスにも切れ目がある。ロープウェイからは雲間から燧ヶ岳を見たが、 その後は武尊山が唯一の僅かな展望だった。
山頂付近は小さな火口跡があって対岸にもピークがある。狭い山頂は登山者でひしめいているが こちらの方はゆったりしていて山頂の祠もここにある。 山頂までは指呼の間で3分とかからない。
山頂は本当に狭い。菅沼からのコースもここで合流する。 交代で証拠写真を撮っては下山すると言った具合だ。 ここは百名山の中心地、視界がよければ50座を越す百名山が見えるはずだが、 このガスでは何も見えぬ。雨に追われるようにして下山開始と相成った。
(登頂記録)
*山名:奥白根山(2578m)  二等三角点(白根山)
*年月日:2000年08月03日(木)
*天候:曇り
*行 程
恵比寿    沼田  丸沼高原             山頂駅 大日如来   奥白根山頂手前    山 頂 
 0445     0700   0750(ゴンドラは07時〜16時) 0830   0900      1040/1100    1105/1320
大日如来  山頂駅 山麓駅   湯本着
 1225    1255 1320/1335   1415