永野三峰山

<見出に戻る> <戻る>  <次へ> <060404初訪へ>  <080218ツアー下見へ <080303ツアー> <090301ツアー> <090427再訪>
池澤氏の実家のある永野は眼前に大きくそびえる三峰山がある。 カタクリの季節となり、今年はこの山に登ろうと池澤さんにお願いし、ご兄弟とご一緒しての三峰山への 登山が実現した。
三峰山は数年前に遭難事故が発生し、その原因は岩場と急登が多い上に道標も不明確だったので、池澤氏自ら 登山道の整備と道標を設け、登山口には池澤氏の手作りの地図も備えられている。
今回は奥の院に登り、尾根を三峰山まで歩き、浅間大神洞(鍾乳洞)にも入って、スリル満点の登山を満喫した。 (左図はカシミール機能によるトラック作図と池澤氏作成のマップ)
(使用カメラ:Canon IXY 900IS)
永野から三峰山 09:03 登山口のある御獄神社 09:22 しばらくは杉の植林地帯を登る 09:31 清滝不動 09:36 普寛堂 09:51
 永野から三峰山                 登山口のある御獄神社 杉の植林地帯を登る   清滝不動          普寛堂
弘法大師 10:02 御獄大神 10:13 稜線から永野を望む 10:27 奥の院 10:55 奥の院から三峰山 10:58 奥の院にて 10:58
 弘法大師         御獄大神         稜線より永野       奥の院          奥の院から三峰山    奥の院
剣ヶ峰山頂の祠 11:34 三峰山への分岐 12:05 三峰山山頂から石灰岩採掘場 12:44 三峰山山頂にて 12:45 山頂の祠 12:48 山頂の三等三角点 12:53
 剣ヶ峰山頂の祠     三峰山への分岐    石灰岩採掘場       三峰山山頂にて     山頂の祠         山頂の三等三角点
浅間大神洞 13:30 浅間大神洞の中は鍾乳洞 狭い隙間を進む 13:40 鎖場を登ると鍾乳石が 13:40 大きな鍾乳石 13:40 最奥の祠の前で 13:40 最奥の祠と亀石 13:40
 浅間神社洞          鍾 乳 洞 の 内 部   
急な登山道を下る 14:11 林道を歩いて間もなく御獄神社へ 14:42 永野のキクザキイチゲ 15:04 永野のカタクリ 15:00 永野のシロバナカタクリ15:12 池澤邸にてご馳走になる 16:00
 急で滑りやすい登山道 間もなく御獄神社    キクザキイチゲ      カタクリ          シロバナカタクリ     池澤邸にて

「三峰山は信仰の山である。三山参道は修験者の修行の参道であり、気楽にハイキングできる周遊コースではない。 地図上の御獄急峻500mゾーン及び三峰急峻500mゾーンの範囲は滑りやすい斜面なので、滑落防止に十分な注意が必要」 これは池澤氏が登山者用に作成し、配布している地図に記載されている記述である。 ハイキングのつもりで安易に入山しないよう戒めた記述である。
当日はこの季節には珍しい寒波の襲来によって不安定な天気が予想された。 しかし寒気団は夕方と想定し恵比寿を出発、8時半には栃木ICで池澤さんと落ち合った。 そのまま永野のご実家へ、お馴染みとなったご兄弟との三峰山の登山が実現する運びとなった。
ご実家で一休みしてから、柔らかい色彩で満ちている三峰山の麓に行き、御獄神社から奥の院を目指して山に取り付いた。 深い杉林は間伐こそしてあるが伐採した木は片づけらることなく転がって不気味な形相を見せていた。 間もなく清滝不動、そしてさらに普寛堂に至る。
険しい地形を、ここから階段状の急な登山道を直登する。息を切らせて登り詰めると弘法大師の祠があって、 眼前に壁のように岩場が立ちはだかる。道はそれを避けるように右へトラバースし、さらに急登を繰り返すと 御獄大神とある祠を過ぎて間もなく稜線にでる。
随所に小さな道標があるが、これらは遭難事件のあとに池澤氏が登山道を詳細に歩き、要所要所に設置したものだ。 ここの分岐箇所にもそれがあって奥の院への道を示していた。 殆ど傾斜の無い稜線を歩いて行くと奥の院の祠が樹林の間から見えてくる。 560mのピークで祠は御獄神社の奥社である。展望が開け日光方面が望める。
ここより引き返し分岐を左へ見送って稜線歩きとなる。下から見る起伏のある稜線と異なり、 なだらかな快適な稜線歩きで、登りの急な岩場のある道とはうって代わって穏やかな道が続く。
剣ヶ峰、権現山を過ぎて一旦急下降し鞍部を過ぎると最後の登りとなる。 ロープが張ってあり、その左側が登山道となっているが、石灰岩の採掘のためロープの右側は立ち入り禁止となっている。 そのロープが山頂まで延々と続いていてその左側に池澤氏があらたに登山道を開拓したものだ。 3年前はテープを木々につけただけだったが、登山者によって藪の中に踏み跡が徐々に出来てきて 最近はようやく道らしくなってきたとのことである。
やがて山頂である。狭い山頂には祠と三角点があって、沢山の山頂標識がある。 山頂はカヤトと樹木に覆われているが、立ち入り禁止のロープの向こうはカヤトが切れていて開けた所へ出ることが出来る。 見事に開けた空間だが目に飛び込んでくる光景は眼下の石灰岩の採掘現場である。 採掘は山頂に迫り、山頂が立入禁止となっていることが理解できる。 この山は石灰岩で出来ており、その上に鹿沼土が、さらに表土は関東ローム層に覆われているそうだ。 道理で大変滑りやすい筈だ。
静かな山頂で昼食を済ませて下りにかかる。 滑りやすい登山道を注意しながら下るが何回かスリップする。 稜線上はまだ斜度が緩いから登山道を慎重に歩けば何とかなるが、 分岐箇所から下るとそこは急峻ゾーンであり、スリップして登山道は危険で歩けず、やむなく周囲の杉の落ち葉の上を歩く。 落ち葉の下には何があるか分からないかし、小枝を踏んで跳ね上がったりする。
苦労しながら下るとやがて浅間大神洞とある洞窟に達する。 扉があって立ち入らないようしっかりと閉まっているが、今回は神社から鍵を借りてきて、 中に入ろうと言う。鍾乳洞だが殆ど自然のままだそうだ。
雨具を着て入り口を入るがすぐに狭くなり、四つん這いになって進む。 やがて立ち上がることが出来るようになるが周囲の壁には大きなムカデのような生き物が沢山いて気持ちが悪い。 鎖が垂直のテカテカの壁に掛かっている。ここをよじ登ると今度は梯子だ。 いつか架けられたか分からない、しかも殆ど使うことのない梯子は、いつ崩れてもおかしくないので足を梯子の隅にかけて登る。 梯子を登ると突き当たりに祠がある。実際にはあちこちに通路が空いていてまだまだ行けそうだが、 引き返すことにした。自然のままの鍾乳洞は鍾乳石の造形物が随所にある。 入り口の光を見ながら外に出てほっとする。
しかしここからが難所である。先ず梯子を下り鎖場を下る。ロープにはだんごが無いから掴まって 降りると手の平をすりむいて怪我しそうだ。 鎖やロープを過ぎると、ぬるぬるに滑って危険な登山道である。道を避けて両側の杉の落ち葉の上を慎重に歩く。 やがて林道に出て、畠が見えてきて、暗くなった空から、雨粒が落ちてくる頃には、 実家に到着した。
折角なのでカタクリを見てきた。雨が降っている中だが未だ開いている。 ご実家の裏にある白いカタクリも写真に撮ってきた。 すっかりご馳走になって、歓談ひとしきり、得難い体験を得て記憶に残る山遊びの一日が終わった。 そして池澤ご兄弟に感謝の一日だった。
(登頂記録)
*山名:三峰山(605m)(V△三峰山) 奥の院(560m) 剣ヶ峰(580m) 権現山(590m)
*年月日:2007年04月04日(水)
*天候: 晴れ
*行 程
恵比寿   佐野SA   栃木IC   永 野   普寛堂   御獄大神   奥の院  
0702   0810/0815   0825   0840/0910   0952  1012/1024  1055/1100
三峰山    分 岐 浅間大神洞  林道終点  永 野  恵比寿
1220/1255  1309  1400/1420    1420  1450/1620  1900











































永野三峰山(ツアー下見)

<見出に戻る> <戻る>  <次へ> <060404初訪へ>  <080218ツアー下見へ <080303ツアー> <090301ツアー> <090427再訪>
朝日旅行が3月に吉田龍司氏の幻の花を訪ねる山旅として三峰山と四季の森行きを企画した。 吉田氏はツアーに先立ち下見を試みたので、今回池澤氏にお願いして下見会を行った。 池澤兄弟が出迎え、吉田氏が前橋からはせ参じ、朝日旅行の縁でのパーテイができあがって、 残雪の残る早春の三峰山を奥の院まで登り、池澤氏でそばのご馳走と裏山の花々を見て、 四季の森でのセツブンソウの下見を行った。 花々も万事順調に開きつつあり、池澤氏のお陰で本番に備えての万全の準備が整った。
 (左図はトラック) (使用カメラ:Canon IXY 900IS)
御獄大神 09:03 奥の院 11:434 奥の院より三峰山頂 11:56 御獄大神 12:40 御獄神社への下り 13:12
 御獄大神          奥の院            奥の院より三峰山頂    御獄大神          御獄神社への下り
永野のフクジュソウ自生種 14:51 四季の森のセツブンソウ 15:33 四季の森のセツブンソウの花芽 15:34 四季の森のマンサク 15:41 四季の森のロウバイ 15:42
 フクジュソウ自生種    セツブンソウ         セツブンソウの花芽    マンサク           ロウバイ


(登頂記録)
*山名:三峰山奥の院(560m)
*年月日:2008年02月18日(月)
*天候: 快晴
*行 程
恵比寿 大 宮    小 山    御獄神社  奥の院   御獄神社
0736 0815/0822 0900/0905  0950/1020 1145/1205   1325
永 野    四季の森   小 山   赤 羽   恵比寿
1330/1520 1525/1545 1634/1639 1746/1752  1813






















「幻の花を訪ねる山旅」2008年第1回 セツブンソウの霊山「三峰山」

<見出に戻る> <戻る>  <次へ> <060404初訪へ>  <080218ツアー下見へ <080303ツアー> <090301ツアー> <090427再訪>
御嶽神社にて池澤氏の案内による出発準備 09:56 朝日旅行の幻の花を訪ねる山旅は三峰山と四季の森にて開催された。 今回のツアーに先立ち2月18日に吉田氏と池澤氏とで下見を実施しておいたので、 現地状況が把握出来ており、大変安心の出来るものだった。 今回は36名の参加者の外、添乗員3名、現地で吉田氏と現地ガイドとして池澤氏ご兄弟 が合流し、下見に沿って三峰山を奥の院まで登り、四季の森にて咲き始めたセツブンソウを見た。 北の空には赤城山や日光連山、高原山などが眺望され、下見の時に雪に埋もれていた登山道の大部分は 雪が溶け、春うららかな山旅も成功裏に終わった。  (左図はトラック) (使用カメラ:Canon IXY 900IS)
御嶽神社にて吉田講師 09:59 御嶽神社祖霊殿の奥に奥の院が 10:07 残雪の登山道 11:25 奥の院山頂 11:30 烏帽子岳山頂 12:11
 御嶽神社にて吉田講師  祖霊殿の奥に奥の院   残雪の登山道        奥の院山頂        烏帽子岳山頂
 トラバース地点より日光連山の眺望 11:36 奥の院 13:24 星の森のセツブンソウ 13:52 マンサク 14:12 セイヨウセツブンソウ 14:11
 日光連山の眺望      三峰山奥の院ピーク  星野四季の森のセツブンソウ マンサク          セイヨウセツブンソウ


(登頂記録)
*山名:三峰山奥の院(560m)
*年月日:2008年03月02日(日)
*天候: 晴れ
*行 程
恵比寿 池 袋    佐野SA   御獄神社  奥の院   烏帽子岳  御獄神社
0723 0738/0800  0900/0920 0940/1010 1130/1210   1215    1315/1330
四季の森  川口PA    池 袋   恵比寿
1335/1420 1555/1640 1635/1647  1704

(注)朝日旅行主催「幻の花を訪ねる山旅」2008年第1回
   セツブンソウの霊山「三峰山」 
   参加者36名 添乗員3名 講師:吉田竜司氏






















「お花を訪ねる山旅」2009年第1回 花園を抱く霊山「三峰山」

<見出に戻る> <戻る>  <次へ> <060404初訪へ>  <080218ツアー下見へ <080303ツアー> <090301ツアー> <090427再訪>
朝日旅行のお花を訪ねる山旅は昨年に引き続き三峰山と永野の四季の森にて開催された。
今回の参加者は23名、添乗員1名、講師の吉田氏と現地でガイド役の池澤氏ご兄弟が合流した。
昨年同様、三峰山を奥の院まで登り、下山後は四季の森にて咲き始めたセツブンソウを見た。 曇っていた空は晴れ上がり心地よう空気だったが日光連山には雲が懸かり展望は望めなかったが、 程良う登山とフクジュソウやセツブンソウの群落に満足のツアーとなった。
 (左図はトラック) (使用カメラ:Canon IXY 900IS)
御嶽神社境内のフクジュソウ 10:14 奥の院への登り 11:18 烏帽子岳付近は残雪が 11:55 奥の院の賑わい 11:25 トラバースの注意箇所 12:58 四季の里のセツブンソウ 14:25
 フクジュソウ        奥の院への登り   烏帽子岳付近の残雪  奥の院の賑わい     トラバース箇所   四季の里のセツブンソウ


(登頂記録)
*山名:三峰山奥の院(560m)
*年月日:2009年03月01日(日)
*天候: 晴れ
*行 程
恵比寿 池 袋    佐野SA   御獄神社  奥の院    御獄神社
0727 0739/0820  0930/0945 1005/1010 1200/1230   1345/1350
四季の森   川口PA   池 袋   恵比寿
1400/1520 1640/1640 1710/1721  1724

(注)朝日旅行主催「お花を訪ねる山旅」2009年第1回
   花園を抱く霊山「三峰山」 
   参加者23名 添乗員内海氏 講師:吉田竜司氏






















永野三峰山

宇都宮八幡山 出流山奥の院

<見出に戻る> <戻る>  <次へ> <060404初訪へ>  <080218ツアー下見へ <080303ツアー> <090301ツアー> <090427再訪>
春爛漫の季節にアキムラさん未訪の三峰山を歩こうとイケザワさんにお世話になって、初日には小山・宇都宮・鹿沼界隈の 几号標、電子基準点、基準水準点など各種標石の訪座と出流山満願寺へ参拝して出流山門前の民宿に宿泊、 2日目は三峰山に登って展望と花々を楽しんだ後、イケザワ家の裏山でクマガイソウやエビネを鑑賞した。
 (左図はカシミール機能によるトラック作図)  (使用カメラ:Canon IXY 900IS)
小山市内須賀神社幟枠 09:12 小山市内須賀神社幟枠にある几号標 09:12 喜沢村JR線路際独立標石 09:31 喜沢村JR線路際独立標石にある几号標 09:32 上三川村町立北小学校にある電子基準点No.020951 10:02 4号線沿い臺新田「マンション島」敷地内供養塔 10:28
 須賀神社幟枠     幟枠にある几号標 喜沢村JR線路際独立標石 独立標石の几号標  上三川村小のGPS    臺新田供養塔 
4号線沿い臺新田「マンション島」敷地内供養塔にある几号標 10:29 宇都宮市蒲生君平碑 10:54 宇都宮市蒲生君平碑にある几号標 10:53 八幡山公園 11:28 八幡山山頂の一等三角点 11:37 八幡山山頂の天測点 11:37
 供養塔にある几号標 宇都宮市蒲生君平碑  蒲生君平碑の几号標 八幡山公園    八幡山山頂の一等三角点 八幡山山頂の天測点
八幡山山頂標識 11:38 八幡山の蒲生君平神社 11:47 八幡山の移設された基準水準点 12:00 八幡山に移設された基準水準点 12:06 八幡山の移設された基準水準点 12:03 鹿沼市北押原コミュニーテイセンター内電子基準点NO.020950 13:58
 八幡山山頂標識   八幡山の蒲生君平神社 八幡山の基準水準点 八幡山の基準水準点 八幡山の基準水準点内部 北押原のGPS 栃木市運動公園内電子基準点 No.940043 14:41 出流山満願寺本堂 15:31 満願寺奥の院 15:51 奥の院の十一面観音背像 16:01 満願寺山門 16:40 民宿「いづる」 16:47
 栃木市運動公園GPS    出流山満願寺本堂   満願寺奥の院と十一面観音背像  満願寺山門        民宿「いづる」

初日、4月26日は天気予報に反して不安定な空模様に小山出発直後から短時間ながら激しい雨に見舞われた。 それでも予定には無かった臺新田「マンション島」の敷地内の碑にある几号標も再訪できた。
その雨も止んで蒲生君平碑の几号標あたりから空が晴れて爽快な陽気となってきた。
栃木県警構内にあった基準水準点は県警本部の建て替えに伴って移設箇所が定かでなく、 今回八幡山経由で県警本部の裏手に出て移設箇所を確認できた。また初訪の八幡山と一等三角点も成果だった。
幾つかの電子基準点を巡って、板東三十三観音の札所でもある出流山満願寺を参拝、奥の院まで訪ね門前の民宿「いずる」 に宿泊、美味しいそばデイナーで初日が暮れた。
二日目、朝から快晴の澄んだ空である。 6時45分に出発、コンビニで昼食を補給して三峰山御獄神社に向かった。 イケザワ兄と合流、花の咲き乱れる三峰山奥の院→剣ヶ峰→権現山→三峰山→御獄神社と一回りした。 澄み切った青空ものと、日光連山、浅間山、富士山まで見通せた。
帰路イケザワ家の裏山に咲くクマガイソウやエビネを見て、そばをご馳走になって 花三昧、そば三昧の2日が終わった。
 (左図はカシミール機能によるトラック作図) (使用カメラ:Canon IXY 900IS)
栃木市運動公園から三峰山 4/26 14:46 星野手前から三峰山 07:12 星野手前から出流山 07:12 星野手前から三峰山 07:20 登山口の御獄神社 07:26 登山口に咲くキランソウ 07:38
栃木市運動公園から三峰山 星野手前から三峰山 星野手前から出流山 三峰山        登山口の御獄神社   キランソウ
三峰山山麓に咲くムラサキケマン 08:01 ツアーで滑落のあった箇所(池澤氏撮影提供) 08:51 滑落事故のあったトラバース箇所 08:58 奥の院に咲くミヤマナルコユリ 09:41 奥の院から三峰山 09:45 奥の院から筑波山 09:47
 ムラサキケマン    滑落のあった箇所 滑落のあったトラバース ミヤマナルコユリ    奥の院から三峰山    奥の院から筑波山 烏帽子岳山頂標識 09:03 剣ヶ峰山頂 10:37 剣ヶ峰に咲くサルトリイバラ 10:57 権現山から日光連山 11:05 権現山に咲くセンボンヤリ 11:08 権現山山頂 11:20
 烏帽子岳山頂標識   剣ヶ峰山頂       サルトリイバラ     権現山から日光連山  センボンヤリ       権現山山頂
権現山山頂付近 11:20 鞍部分岐箇所 11:34 三峰山山頂三角点 11:57 三峰山山頂に到達 12:00 三峰山山頂に咲くハルリンドウ 12:02 三峰山山頂から日光連山 12:03
 権現山山頂付近     鞍部分岐箇所     三峰山山頂三角点   三峰山山頂に到達   ハルリンドウ     三峰山から日光連山
三峰山山頂にて 12:14 三峰山から下山 13:33 池澤家のヤマシャクヤク 14:51 池澤家のエビネ 14:57 池澤家のフタバアオイ 15:01 池澤家のクマガイソウ 15:12
 三峰山山頂にて    三峰山から下山     ヤマシャクヤク      エビネ          フタバアオイ      クマガイソウ
(登頂記録)
*山名:三峰山(605m)(V△三峰山) 奥の院(560m) 剣ヶ峰(580m) 権現山(590m)
     八幡山(T△八幡山158.7m)

*行 程
4月26日(日)
天候 雨/晴れ
恵比寿   小 山   須賀神社  喜沢村JR線路傍几号 上三川小GPS  代新田几号   
0715   0900/0905  0910/0915    0930/0935      1000/1005   1025/1030  
蒲生君平几号  八幡山T△ 基準水準点   そば屋    北押原GPS   栃木運動公園GPS
1050/1055     1135     1200/1205  1310/1330    1355/1402    1440/1450
出流山満願寺山門  奥の院  山 門  民 宿  
   1520        1600    1640   1645   (民宿出流 0282-31-1418)

4月27日(月)
天候 快晴
出流山民宿  コンビニ   三峰山御獄神社  清 滝  岩 戸   鞍 部   
 0645    0700/0707    0718/0730     0800  0845/0855  0930  
奥の院   烏帽子岳  剣ヶ峰  権現山  鞍部分岐   三峰山  鞍部分岐
0935/1000  1005    1037   1120   1130/1135  1155/1240  1255
林道出合   御獄神社   永野池澤家   小 山   恵比寿  
1345/1350  1415/1420   1425/1630  1720/1729  1850