隕石クレーター・御池山「中央道」 車窓展望の山旅 2006年第2回

 <見出に戻る>  <戻る>  <次へ>  <2006年車窓展望へ>  <2008年車窓展望へ>  <2009年車窓展望へ>
朝日旅行主催の「隕石クレーター・御池山「中央道」」車窓展望の山旅 2006年第2回 は、12名の参加を得て6月7日〜8日の1泊ツアーとして実施されました。当日は梅雨入り直前の晴れ間に恵まれ、 御池山までのミニ登山、そして南アルプス深南部の高峰を仰ぎ見て大満足、翌日は急斜面に点在する下栗の郷を見て、 富士見台高原では花の散策を楽しんで、それぞれの想い出を作ることが出来ました。
(使用カメラ Nikon COOLPIX 8700D)

(左はGPSによる歩程)
しらびそ峠の上にあるハイランドしらびそ スイス風の建物に人気がある 6/7 16:18 ハイランドしらびそからの南アルプス深南部の展望 6/7 16:15 樹林に覆われた静かな尾高山 6/7 16:15 御池山への登山口 6/7 13:41 御池山への登山道、岩っぽいところもある 6/7 13:41 隕石孔・・・と言われてもピントこない 6/7 13:49
今夜の宿          南ア深南部の大展望  尾高山           御池山登山口      御池山登山道       隕石孔    登山道に咲くマイズルソウ 6/7 14:06 山頂が見えてきました 6/7 14:16 山頂にある二等三角点(丸見山)6/7 14:17 山頂から続く笹尾根 6/7 14:20 笹尾根にあった珍しい御料林三角点 6/7 14:30 ここで集合写真を撮りました 6/7 14:37
マイズルソウ        御池山山頂       山頂三角点        山頂部の笹尾根    御料林三角点   集合写真(ぼかしてあります)    笹尾根から見る狭い山頂 6/7 14:39 急斜面に点在する下栗の郷の風景 6/8 09:15 急斜面に点在する下栗の郷の風景 6/8 09:19 富士見高原のシャクナゲを見ながら歩く(ヤマオさん撮影) 6/8 12:59 富士見高原のシャクナゲ 6/8 12:59 富士見高原の樹林の中を散策(ヤマオさん撮影) 6/8 12:38
御池山山頂        下栗の郷         下栗の郷        富士見高原のシャクナゲ 富士見高原のシャクナゲ 富士見高原の樹林    高山植物園のコマクサ 6/8 13:37 高山植物園のコマクサ白いコマクサ 6/8 13:36 高山植物園のコマウスユキソウ 6/8 13:41 高山植物園のホソバウスユキソウ 6/8 13:41 ヘブンス園原RW駅(ヤマオさん撮影) 6/8 13:42 ヘブンス園原RW駅にて・・このバスに2日間お世話になりました。14:03
 コマクサ          白いコマクサ      コマウスユキソウ   ホソバウスユキソウ    ヘブンス園原      お世話になったバス  

2006年 朝日旅行主催「車窓展望の山旅」第2回は「隕石クレーター御池山「中央道」として1泊2日の旅程で実施されました。
このツアーは中央道を走って飯田ICから矢筈トンネルを経てしらびそ峠の近くにある隕石クレーターの御池山に登り、 南アルプス深南部一望できる「ハイランドしらびそ」に泊まって名だたる高峰の展望を楽しみ、 翌日は遠山郷を経て富士見台高原に上がって展望と高山植物を楽しもうと言う旅程でした。
梅雨入り直前の当日は朝から奇跡的に晴れ上がり、晴天の元で横浜から新宿を経てツアーバスで出発しました。
八王子ICに至る間に大岳山始めランドマークとなる山々の展望を楽しみながら、小仏トンネルを順調に抜け、大室山や扇山、 滝子山をはじめとした山々を眺めながら笹子トンネルを抜けて甲府盆地に入りました。
韮崎ICから小淵沢ICにかけては甲斐駒や鳳凰三山、そして広河原峠に聳える北岳の雄姿を見る事が出来ました。 八ヶ岳は雲の中でしたが富士見BS付近では北八ヶ岳の全貌を見ることが出来、諏訪湖SAを横目で見ながら岡谷JCTから 伊那谷へ進んでいきました。
駒ヶ岳SAで休憩、ここからは雪を頂いた空木岳の周辺の山々が見えていました。
飯田ICを降りて矢筈トンネルへ向かいます。 1800m級の山々が連なる山岳地帯を矢筈トンネルで抜けて上村川に達します。
トンネルを出ると国道から別れてしらびそ峠に向かいます。唐松の新緑が目にしみます。 しらびそ峠は標高1900mに達し北叉川を挟んで南アルプスの主稜線と相対峙しています。 悪沢、小赤石、聖、大沢などの巨人達が東面に立ちはだかっていて、雲が懸かりながらも高峰群の雄姿を満喫できました。
「ハイランドしらびそ」での昼食後、御池山に向かいます。登山口まで2km程度をバスで行きました。 登山口からは御池山山頂までは高低差が100mに満たないのですが多少のアップダウンがあります。
南ア特有のシダ類の中を尾根に沿って進むと、やがて前方が開けた岩場があります。 そこが山頂です。隕石孔は山頂の左側の森林斜面に位置します。眼下に笹の平らな尾根があって、 そこまで下りました。珍しい御料林の三角点に会うことができました。
下りは40分程度で登山口に戻ることが出来ました。そのままバスで「ハイランドしらびそ」に戻りました。 今日の宿泊者は我々のツアーだけでした。
参加者の皆さんとともに夕食までのひとときを思い思いに周辺を散策しました。 私は参加者の方々と共にしらびそ峠まで行ってみました。尾高山にの登山口のあるところです。 ここを登ったのはつい昨年の8月のことです。 戻ってから高台にある東屋まで登りました。ここも南アの展望箇所として良い眺めが得られました。
夕食は一つにまとまって食事をしました。参加者の皆さん山の経験は豊富な方々ばかりです。 かって3000m級の尾根を歩いていた、そんな方々が歳を経て昔を懐かしんでこの山旅に参加する、 こういう方々に場を用意することこそ、このツアーの目的の一つです。 自己紹介をしながら和気藹々と時の経つのも忘れての夕食でした。
静かな山懐の夜が更けていきました。
翌朝はまだ南アが見えていました。 しかし8時頃になると雲が厚くなって姿を消してしまいました。
遠山郷・下栗の郷は日本の原風景と言われています。急峻な地形にへばりつくように農家があります。 道路は曲がりくねって急斜面を下ります。原風景にしては厳しすぎるほどの悪条件にうち勝つように人家が点在しています。 狭い急坂を下るバスの運転テクニックに思わず参加者の皆さんから拍手が湧きました。
遠山郷を抜けて国道151号線に出てきました。ここからは矢筈トンネルを目指して走ります。 上村川の素朴な風景を見ながらバスは進みます。 そしてループ、トンネル、飯田へと進みます。園原までは一般道を走ります。
ヘブンス園原はスキー場でロープウェイで富士見台高原へ登ることが出来ます。 今日は点検日で休業でしたが、ツアーのために動かしてくれました。ゴンドラリフト2台に分乗し、 上のリフト部分は専用バスでリフト上の展望台まで連れていってくれました。
残念なことに無展望・・・引き返し中央のレストランの前で思い思いにお弁当の昼食を取りました。
2時間の自由行動時間にはイワナの散策路や林間植物散策路などいくつかのコースを皆さんと歩きました。 シャクナゲが見事に咲いていました。高山植物のエリアではコマクサは咲き始めていました。 ホソバウスユキソウやコマウスユキソウもありました。スイスからと思われるゲンテイアナもありました。
14時少し前にゴンドラ乗り場の前に全員集合して帰路に付きました。 バスは一路飯田ICから諏訪湖SAへ、諏訪湖SAからは雲がますます厚くなってきて周囲の山々は見ることが出来ませんでした。
笹子トンネルから高尾山までは標高が低いため管理の山々が見えていました。 石川PAで休憩後は渋滞もなく一路新宿に着きました。

車窓からの展望では一部の山が見えませんでしたが、みずみずしい新緑や、思わぬ標石遊び、花の散策など、 山を色々と楽しむことが出来ました。そして南アルプスの主役達は眼前に登場してくれました。
新企画発足第2回にして早くも宿泊ツアー、参加者こそ12名でしたが、自然の中に身を置いての感激のツアーとなりました。
参加者の皆さんの山への熱い思い、ご助言を頂いた田代博氏、企画された朝日旅行の石堂さん、 前回、今回と2度にわたり添乗していただいた溝渕さん、展望の山旅の方々の応援参加、 これらの全てがあってのツアーの成功だったと 実感しています。皆さんに熱くお礼を申し上げます。
次回もまたツアーで再会出来ることを願ってやみません。

(登頂記録)

*山名:御池山(1905m)U△丸見山
*年月日:2006/06/07(水)〜08日(木)
*天候: 晴→曇
*行 程
06月07日(水)
(恵比寿)++新 宿===飯田IC===しらびそ峠===御池山登山口・・・御池山・・・・登山口
(0714) 0724/0753 1117    1245/1325    1230     1420/1443 1512/1515
===しらびそ荘 (泊)
   1530
06月08日(木)
しらびそ荘===下栗の郷===ヘブンス園原+++RW上===展望台===RW上
  0800     1105    1128/1135   1145    1200  1215/1355
+++RW下=== 飯田IC===諏訪湖SA=== 石川PA=== 新 宿++++(恵比寿)  
1405/1412   1440   1525/1550  1735/1743 1810/1818  (1828)

(注)朝日旅行主催「隕石クレーター御池山「中央道」車窓展望の山旅  2006年第2回 参加者12名 添乗員1名 講師:伊藤


















しらびそ峠・御池山 車窓展望の山旅 2008年第3回

 
<見出に戻る>  <戻る>  <次へ>  <2006年車窓展望へ>  <2008年車窓展望へ>  <2009年車窓展望へ>
朝日旅行主催の「南アルプス展望台 しらびそ峠・御池山」車窓展望の山旅 2008年第3回 は、17名の参加を得て8月1日〜2日の1泊ツアーとして実施されました。相変わらず不安定な夏空で 雲が多く行きの車窓は無展望でしたが、しらびそ峠に着いてみたら驚きの大展望、南アルプス南部の雄峰がずらっと 居並んでいました。御池山までのミニ登山も快適に歩いて、翌朝の御来光を眺めて展望を満喫、 翌日は急斜面に点在する下栗の郷を見て富士見台高原では恵那山展望を楽しんで、それぞれの想い出を作ることが出来ました。
(使用カメラ Nikon IXY 900IS) (左はGPSによる作図トラック)
しらびそ峠の上にあるハイランドしらびそ スイス風の建物に人気がある 8/1 13:45 ハイランドしらびそより小河内岳 荒川中岳 8/2 06:11 ハイランドしらびそより荒川中岳 小赤石岳 大沢岳 中盛丸山 兎岳 聖岳 8/1 13:38 ハイランドしらびそより上河内岳 易老岳 光岳 8/1 13:38 ハイランドしらびそより光岳 池口岳 8/1 13:37 ハイランドしらびそ展望台 8/2 06:16
 ハイランドしらびそ   小河内岳 荒川岳    荒川岳 小赤石岳   上河内岳 易老岳 光岳  光岳 池口岳       しらびそ展望台     御池山登山道にて 8/1 14:23 御池山登山道にて 8/1 14:24 御池山山頂にある二等三角点(丸見山)8/1 14:39 山頂から続く笹尾根 8/1 14:39 笹尾根から見た山頂 8/1 14:52 笹尾根にあった珍しい御料林三角点 8/1 14:55
 御池山登山道にて   御池山登山道にて    御池山山頂山頂三角点 山頂から続く笹尾根  笹尾根から見た山頂   御料林三角点 笹尾根でくつろぐ 8/1 14:57 山頂へ 8/1 14:57 振り返れば光岳が・・・ 8/1 14:58 笹尾根から山頂の写真を撮る 8/1 15:01 山頂に登る岩場 8/1 15:02 登山口へ戻る 8/1 15:34
 笹尾根でくつろぐ      山頂へ         振り返るれば光岳が  笹尾根から山頂を撮る 山頂に登る岩場      登山口へ戻る    ハイランドしらびそより中央アルプス 8/2 06:18 下栗の里展望所 8/2 09:09 ヘブンス園原RW駅 8/2 11:26 ヘブンス園原展望台 8/2 12:39 ヘブンス園原より恵那山 8/2 13:01 ヘブンス園原高山植物園のコマクサ 8/2 13:49
 中央アルプス       下栗の里展望所    ヘブンス園原RW駅   ヘブンス園原展望台 ヘブンス園原より恵那山 高山植物園のコマクサ  

2008年 朝日旅行主催「車窓展望の山旅」第3回は「南アルプス大展望 しらびそ峠・御池山」として1泊2日の旅程で実施されました。
このツアーは中央道を走って飯田ICから矢筈トンネルを経てしらびそ峠にあるロッジから南アルプス南部の大展望を楽しみ、 近くの隕石クレーターの御池山に登って、ロッジ「ハイランドしらびそ」に泊まり、 翌日は遠山郷を経て富士見台高原に上がって展望を楽しもうと言う旅程でした。
2006年6月に同じ企画で実施しましたが、南アルプス深南部の山々が一望できることから好評を得て、今年再催行したものです。
梅雨は明けたものの、すっきりしない天気が続いていたので展望得られるかが懸念されました。 新宿を出発しても雲が多く視界も悪くて車窓展望は殆ど無し、駒ヶ根付近の中央アルプスも稜線は雲に隠されていました。
飯田ICを降りて矢筈トンネルを抜けて狭い道路を高度を上げて行きました。車外は徐々に涼風に変わって 標高1800mを越えると赤い屋根のロッジが見えて来ました。 しらびそ峠の少し上にある標高1900mのロッジに着いて昼食、雲がかった空でしたが展望台に上がって見て、 大展望が開けているのに驚きました。 南アルプス南部の荒川岳、聖岳、光岳、池口岳などの雄峰がことごとく見えています。 奇跡が起こったような気分で大喜びでした。
御池山登山口まで車で10分ほど、登山口から1kmの緩やかなアップダウンの尾根道を歩きます。 この尾根道はクレーターの縁に相当し左に隕石孔を見るつもりで歩きました。
御池山の最後のピークは岩山です。三角点のある山頂は狭く、それでも如何にも山頂らしい風貌に皆さん満足しました。 何よりも南アルプスの大展望が眼前にあるからでしょうか。 岩場を下ってチシマザサの尾根まで行きました。気持ちの良い広々した尾根は寝そべっていたい気分にもなります。
2000mの涼風を身体一杯に受け止めながら山頂で遊んでから下山しました。 ロッジ「ハイランドしらびそ」に戻ったのは16時前、ゆっくり汗を流し、楽しい夕食を済ませる頃には、外は濃いガスに 覆われていました。
翌朝は5時15分頃に御来光、山はすっきり晴れ渡り荒川岳の脇から昇る御来光を見ることが出来ました。 朝食後に展望台に集まって山座同定を解説しました。 中でも池口岳の勇姿には驚きの声があがります。
8時15分出発、遠山郷・下栗の郷は日本の原風景と言われています。急峻な地形にへばりつくように農家があります。 道路は曲がりくねって急斜面を下ります。原風景にしては厳しすぎるほどの悪条件にうち勝つように人家が点在しています。 バスはこの道路を下るには安全上懸念があるため、下栗の里を見下ろす駐車場でおりて散策、 下栗の里を廻りこむ林道を下りました。それでも十分スリルを味わい、 車窓に見える急峻な下栗の里の風景をを眺めることが出来ました。
遠山郷を抜けて国道151号線に出てきました。ここからは矢筈トンネルを目指して走ります。 上村の素朴な風景を見ながらバスは進みます。 そしてループ、トンネル、飯田へと進みます。園原までは一般道を走ります。
ヘブンス園原はスキー場でロープウェイで富士見台高原へ登ることが出来ます。 ゴンドラリフトに分乗し、弁当を食べてリフトで展望台まで上がりました。 標高1600m、暑さのため視界は悪く、南アルプスが見ることが出来ませんでした。 展望台から裏手の廻り、恵那山が見えるところまで歩きました。 巨大な恵那山が雲間に見え隠れしていました。
14時10分にゴンドラ乗り場の前に全員集合、バスに乗り込んでして帰路につきました。 バスは一路飯田ICから双葉SAへ、駒ヶ根IC付近からは千畳敷きが見え、宝剣岳を見ることが出来ました。 諏訪湖SA付近からは八ヶ岳がよく見えていました。 甲府盆地は視界が悪く御坂の山々が精一杯でした。
笹子トンネルから高尾山までのおなじみの山々がよく見えていました。 石川PAで休憩後は目立った渋滞もなく一路新宿に着きました。

素晴らしい南アルプス深南部の山々を心おきなく展望でき、登った方々は往時を思いだして 何時までも去り難い風景を見て、全員がそれぞれの思いと感動を胸にして家路についたこととお察しします。
次回もまたツアーで再会出来ることを願ってやみません。

(登頂記録)

*山名:御池山(1905m)U△丸見山
*年月日:2008/08/01(金)〜02日(土)
*天候: 曇→晴
*行 程
08月01日(金)
(恵比寿)++新 宿 ===石川PA====諏訪湖SA===飯田IC===しらびそ峠===
(0721) 0730/0805 0840/0852 1045/1100    1145   1310/1350
御池山登山口・・・御池山・・・・登山口===しらびそ荘 (泊)
 1300/1305  1435/1500 1532/1535    1550
08月02日(土)
しらびそ荘===下栗の郷===ヘブンス園原===
  0815   0845/0915   1125/1410
飯田IC===双葉SA=== 石川PA=== 新 宿++++(恵比寿)  
1430  1600/1615  1723/1735 1810/1817  (1820) 

(注)「南アルプス展望台 しらびそ峠・御池山」車窓展望の山旅 2008年第3回  参加者17名 添乗員1名 講師:伊藤



















日本のチロル遠山郷 御池山 車窓展望の山旅 2009年第2回

 
<見出に戻る>  <戻る>  <次へ>  <2006年車窓展望へ>  <2008年車窓展望へ>  <2009年車窓展望へ>
朝日旅行主催「日本のチロル遠山郷 御池山」車窓展望の山旅 2009年第2回 は、16名の参加を得て6月6日〜7日の1泊ツアーとして実施されました。初日は曇りで視界が利かず、 しかし2日目になって快晴に恵まれました。
初日には御池山までのミニ登山、2日目には南アルプス深南部の高峰を仰ぎ見て感激、 そして急斜面に点在する下栗の郷を走り抜けて富士見台高原へ、 爽快な稜線でお弁当を広げてくつろぎ、思い切り高原のさわやかな大気を吸い込みました。
(使用カメラ CANON IXY 900IS) (左はGPSによる作図トラック)
 御池山歩程   遠山郷車程   富士見台高原車程
矢筈トンネル近くのおそば屋さん 6/6 13:14 無展望のしらびそ峠 6/6 13:57 御池山登山 6/6 14:37 御池山山頂の二等三角点 6/6 14:54 雲が多くて展望不良 6/6 14:56 御池山山頂直下の御料局三角点 6/6 15:10
 昼食はおそば      無展望のしらびそ峠    御池山登山       御池山の三角点     展望不良       御池山御料局三角点     御池山山頂 6/6 15:00 夜の食事 8/1 18:06 ハイランドしらびそ 6/7 05:17 ハイランドしらびそから御池山方向 6/7 05:28 ハイランドしらびそから尾高山 6/7 05:43 ハイランドしらびそから中央アルプス 6/7 05:46
 御池山山頂       夕食のメニュー      ハイランドしらびそ    御池山方向         尾高山           中央アルプス ハイランドしらびそから恵那山 6/7 05:46 ハイランドしらびそから御嶽 6/7 05:13 南アルプス 6/7 05:26 日本のチロル 遠山郷下栗の郷 6/7 09:11 遠山郷下栗の郷を下る 6/7 09:34 神坂PAでタクシーに乗り換え 6/7 11:41
  恵那山           御 嶽          南アルプス        下栗の郷         下栗の郷          神坂PA     富士見台高原満岳荘 6/7 12:25 富士見台高原 6/7 12:38 富士見台高原 6/7 12:38 神坂PAから恵那山 6/7 14:03 神坂PAを出発 6/7 14:03 大渋滞の中央道(談合坂付近)  6/7 18:26
 富士見台高原満岳荘  富士見台高原      富士見台高原      神坂PAから恵那山   神坂PAを出発      大渋滞の中央道 

2009年 朝日旅行主催「車窓展望の山旅」第2回は「日本のチロル遠山郷 御池山」として1泊2日の旅程で実施されました。
今回で3回目となるこのツアーの行き先ですが、南アルプス南部の大展望が見られることや、下栗の郷が日本の郷百選に選ばれたことなどから 人気のコースとなってきています。
梅雨入り前の好天をねらっての旅程でしたが、新宿出発時には雨の中となってしまいました。 小仏トンネルを抜けた頃から雨はやみましたが車窓展望は殆ど無く寂しい往路でした。 しかし駒ヶ根付近からは宝剣岳が一瞬チラッと覗いて車内が沸き立ちました。 飯田に入ると山には暑い日差しが照りつけるようになりました。
飯田ICを降りて矢筈トンネルを抜けてすぐに昼食、国道151号線沿いのおそば屋さんでした。
昼食後、狭い道路を高度を上げて行きました。車外は徐々に涼風が吹き木々の緑も新緑に変わってきました。 標高1800mを越えると赤い屋根のロッジが見えて来ました。 しらびそ峠で下車、しかし南アルプスは雲の中でした。
御池山登山口まで車で10分ほど、登山口から1kmほどの緩やかなアップダウンの尾根道を歩きます。 この尾根道は隕石クレーターの縁で左にその隕石孔を見ながら歩きます。
御池山のピークは岩山です。二等三角点のある山頂は狭く、如何にも山頂らしい風貌です。 残念なことに展望はなく、それでも爽快な高原の風が吹き抜けていました。 岩場を下ってチシマザサの尾根まで行きました。気持ちの良い広々した尾根は寝そべっていたい気分にもなります。
しばらく風に身を任せてから下山開始、次第にガスに覆われて来ました。
ロッジ「ハイランドしらびそ」に着いたのは16時、ゆっくり汗を流し、明日の晴天を期待しながら楽しい夕食を済ませました。
翌朝は5時頃に起きました。素晴らしい晴天です。 部屋の窓から中央アルプスの峰々が一望できました。南アルプスを見に外にでました。 昇ったばかりの太陽が荒川前岳の上に輝いていました。 山はすっきり晴れわたり、塩見岳から池口岳まで素晴らしい光景が広がっていました。
ボチボチと参加者の人たちがでてきました。 2度3度と説明をして、朝食の時間まで展望を楽しみました。
出発直前には全員で展望台にて山座同定を楽しみました。
8時30分出発、遠山郷・下栗の郷は日本のチロルと言われ、日本の郷の原風景と言われています。 急峻な地形にへばりつくように農家があります。 道路は曲がりくねって急斜面を下ります。原風景にしては厳しすぎるほどの悪条件にうち勝つように人家が点在しています。
バスはこの道を下ることが出来ませんから現地のマイクロバスに乗り換えました。 下栗の郷の核心部の道路を何回も急なカーブを切りながら下りました。 眼前にはスイスのような風景が広がります。
遠山郷を抜けて国道151号線に出てきました。休憩所に寄って乗ってきたバスから下車して乗り換えました。 ここからは矢筈トンネルを目指して走ります。 上村の素朴な風景を見ながらバスは進みます。 そしてループ、トンネル、飯田へと進みます。 飯田ICから中央道に入りました。
当初の行程では園原まで一般道を走ってヘブンス園原のロープウェイで富士見台高原へ登る予定でした。 しかしロープウェイが保守点検のため運休となったため神坂PAからタクシーに乗り換え、 富士見台高原の核心部の満岳荘まで行きました。
標高1600mの高原は万岳荘の目の前にあって、15分ほど登ると高原の稜線にでました。 爽快な風が吹き渡る中を三々五々お弁当を広げました。
周囲にはいくつかのピークが見えています。 大きな恵那山の山頂は雲に覆われていました。 遠くには中央アルプスや北アルプス穂高連峰や常念岳が見えています。
しばらく高原の空気を楽しんで下山し、神坂PAに戻りました。 バスが待っていました。大きな恵那山が山頂まで姿を現しましていました。
帰路につきました。 昨日と異なり、今日は南アルプスを始め車窓からも大展望が期待できます。
飯田付近から南アルプスの山々が次々と現れます。 南アルプスの盟主はやはり赤石岳だと実感します。
中央アルプスも左車窓から大きな仰角で見えてきました。 千畳敷と宝剣岳は雲の中でした。
諏訪湖を通過する頃から八ヶ岳が姿を現しました。 さらに甲斐駒ヶ岳、北岳と中央道の常連が次から次へと見えてきます。

この当たりまで快適な車窓展望の山旅でした。
渋滞情報は早くも10kmを伝えていました。 何処まで走っても1000円という週末高速料金に高速道路にはマイカーがあふれ 4週間ぶりの晴れの日曜日となって、大量のマイカーがでてきたようです。
少しでも先を、という思惑で諏訪湖SAを通過して双葉SAまで走りました。 SAの中はものすごい人と車でした。
御坂ICを通過した頃から渋滞が始まりました。 のろのろと笹子トンネルを抜け、高川山が見えたところから岩殿トンネルまで1時間かかりました。 普段なら5〜10分の距離です。談合坂SAに入るための大渋滞が左車線を塞いでいました。 何とか藤野PAまで走りたいと渋滞の中をのろのろと走りました。 3車線区間は少しは走ると誰もが思っていましたが、大変な渋滞で一寸刻みとなってしまいました。 何カ所も事故が発生していて渋滞に拍車をかけているようです。
渋滞でいらいらするところを参加者の方々が冗談を言い合って笑い飛ばし、 車内が一つになって明るい雰囲気になっていました。
双葉SAから藤野PAまで3時間半かかりました。 渋滞は小仏トンネルまででした。
2時間遅れの21時前に新宿に着きました。

素晴らしい南アルプス深南部の山々を心おきなく展望でき、何時までも去り難い風景を見て、 高原の涼風を満喫し、下栗の郷ではスリルを味わい、おまけに”1000円渋滞”を体験し、 それぞれの思いと感動を胸にして家路についたこととお察しします。
次回もまたツアーで再会出来ることを願ってやみません。

(登頂記録)

*山名:御池山(1905m)U△丸見山
*年月日:2009/06/06(土)〜07日(日)
*天候: 曇→快晴
*行 程
06月06日(土)
恵比寿+++新 宿 ===石川PA====諏訪湖SA===飯田IC===そば屋====しらびそ峠===
0722 0731/0755 0835/0845 1047/1105  1200 1235/1320  1355/1400
御池山登山口・・・御池山・・・・登山口===しらびそロッジ (泊)
 1410/1420  1450/1510 1545/1550    1600
06月08日(日)
しらびそ荘===下栗の郷P===上村村休憩所===
  0830  0907/0930   0952/1013
飯田IC===神坂PA====満岳荘・・・富士見台高原稜線・・・万岳荘==== 
1100  1125/1140 1211/1220     1245/1300  1312/1318 
神坂PA ====双葉SA ====藤野PA====新 宿++++恵比寿
1400/1410 1558/1615 1945/1956 2048/2056  2105
(注)「日本のチロル遠山郷 御池山」車窓展望の山旅 2009年第2回  参加者16名 添乗員1名 講師:伊藤