恵 那 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>
恵那山は昨年9月に登頂を試みて飯田まで出向いたが台風接近の影響などから見送った山あった。 10月中旬、山頂付近は紅葉が良い頃と、池澤さんと飯田に前泊、朝5時にホテルを出発して恵那山に向かった。

 左はGPSによるトラック (使用カメラ:Canon IXY 500D)   
広河原登山口はまだ薄暗かった  06:40 1716m地点先 ガスも上がり雨の心配もなくなった 08:44 付近は紅葉尾真っ盛り 08:44 山頂まで1時間あまり 09:11 2190m三角点山頂 10:22 一等三角点 10:24
 広河原登山口      1716m地点上の紅葉  1716m地点上の紅葉  山頂まで1時間      三角点のある山頂    一等三角点 三角点の脇にある補点らしき南北に向いた刻印が・・・ 11:55 山頂標識で記念写真 10:27 避難小屋手前から最高地点(2191m) 10:40 山頂にはいくつもの祠がある 10:43 樹林に囲まれた山頂には大きな展望台がつくられている 10:43 展望台の上から最高地点を見る 10:44
 三角点の脇にある補点? 山頂記念写真    最高地点         山頂の祠          山頂の展望台     展望台から最高地点
展望台から紅葉の山頂を見る 10:44 展望台から紅葉の山頂を見る 10:44 下山途中山頂を振り返る12:08 富士見高原を見下ろす 12:12 広河原到着 13:46 広河原駐車場 14:29
 展望台から紅葉の山頂 展望台から紅葉の山頂 下山途中から山頂  富士見高原を見下ろす 広河原へ下山      広河原駐車場

登 頂 記

(登頂記録)

* 山名:恵那山(2191m)T△(恵那山)
* 年月日:2006年10月13日(金)〜14日(土)
* 天候:晴れ
* 行 程
10月13日(金)
恵比寿++++新 宿====伊賀良BS====湯〜眠(泊)
1230   1240/1300 1650/1653      1700
  (湯〜眠 TEL0265-28-1111)

10月14日(土)
湯〜眠====広河原P・・・・広河原登山口・・(小休止)・・・1716m地点・・・
 0500   0550/0555 (雨装備) 0640 0718/0730  0812/0820
 (小休止)・・・山 頂・・・1716m地点・・・登山口・・・駐車場====伊賀良BS===
0930/0940 1025/1115 1237/1250 1347/1352 1425/1430 1515/1619
 新 宿++++恵比寿
1955/2000  2010 



















10月14日(土) 恵那山登頂記

10月13日(金) 13時新宿発の飯田行きの高速バスに乗り、視界が効かない中央道を走って伊賀良BSに降りる。 元気な様子の池澤さんが到着していて出迎えてくれたのは嬉しかった。
「湯〜眠」までは1km、この温泉のホテルに宿泊、硫黄泉が心地よい。 夕食をホテル内のレストランで久しぶりの語らいのひとときを過ごした。
10月14日(土) 5時出発、コンビニで朝・昼食を調達、走りながら朝食を採り、1時間足らずで広河原駐車場に着く。 林道はここで通行止め、ここから広河原登山口まで約30分を歩くことになる。
天気予報は全国晴れ、しかしまだ暗い空には雲があり、恵那山方向にはガスがかかっていた。 しばらく歩くうちに雨が降り出した。大変意外だった。
山にかかるガスは濃く、やむを得ず雨具を装着した。林道は右側の崩落が激しく、 通行止めとすることが安全であることを知る。 やがて広河原登山口に着く。広い沢を丸太の橋で渡るが沢が増水したときなどは取り残される危険があり、 かってここで無理に渡ろうとして流されたと聞く。
雨が小止みなく降っているがとにかく登る。最初から急登とごろごろした歩きにくい登山道である。 明るくなってきたが、濃霧で何も見えない。樹林の中で水滴がぼたぼたと落ちてくる。
1時間ほどしてようやく雨が小降りになり空が明るくなる。 やがて1716m地点まで登り詰める。ここから先には急登が少ないと聞く。 時折薄日が射すようになり雨も止んで一安心する。ガスも消えていく。 半昼食を採りながら、他の登山者に道を譲りながら登る。「山頂まで30分」の標識に着く。 ここから一頑張りするとすぐに山頂部に達する。広い山頂の事だけにアップダウンがほとんどない山頂部を先に進む。
やがて山頂標識と一等三角点のある山頂に着く。高さ数mの展望台が立っている。樹林に囲まれた山頂は紅葉は見事である。 祠がいくつかあるがそれぞれ向きが異なるのはそれぞれの村落を向いているからだろう。 避難小屋やバイオトイレを探しに空身で先に進む。やがて一気に下る鞍部のような地形の下に建物が見えてくる。 その向こうに2191mの最高地点が見える。
恵那山山頂は三角点のある山頂と地図が示しているので、ここで引き返す。 しかしあとで調べたら山頂は2191m地点(測定点)としており、真の山頂に到達していない事が分かった。 事前の調べが不完全で三角点地点の仰々しい山頂標識や展望櫓に惑わされて真の山頂に行くことを怠ったと言うことになる。 まあ目の前まで行ったのだから登頂した事としよう。
三角点のある山頂で半昼食、しばらく休んで展望台に登るが周囲は雲が多くて何も見えない。 展望台から見た山頂付近の紅葉が見事だった。
しばらく休んで下山にかかる。 空は晴れ上がってきた。所々で展望が利くところがあって富士見高原まで見ることが出来ても遠景はダメだった。
1716m地点で一休み、さらに河原まで一気に下る。よく晴れ上がっている。 沢の水が冷たい。駐車場まで歩いて池澤さんの車で伊賀良BSに戻る。 結局16時19分のバスに間に合う。池澤さんはこれから四国へ遠征、別れを惜しんでバスの乗客となった。