塩 見 岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ>
塩見岳は都心から見える山である。その端正なドーム型の山頂部は東京からも伊那側からも同じように見える。
その塩見岳への訪座の機会が突然やってきた。2日前に池澤さんから秋村さんを誘って行こうと企画した。 訪座数千を数える秋村さんが塩見岳が未訪とは驚きである。残された百名山2座のひとつで最後の3000m峰 とも聞く。だからゆっくりのんびり前泊して、三伏峠に2泊して行こうと言う池澤さんの提案は、 秋村さんにとっても私にとってもまたとない機会となって急遽訪座することとなった。
 左はGPSによるトラック (使用カメラ:Canon IXY 900IS)   

7月23日(水) 恵比寿→鹿塩温泉(泊)   (行程説明)

諏訪大社本宮 10:29 杖突峠四等三角点「杖突峠」11:57></A>
<A HREF= 高遠北中学にある電子基準点 12:28 電子基準点 12:29 高遠町道路元標のある交差点 12:46 高遠町道路元標 12:48
 諏訪大社本宮     杖突峠四等三角点      高遠北中学にある電子基準点      高遠町道路元標のある交差点と道路元標 高遠町道路元標 12:48 美和湖のコバルトブルーの水面 13:14 分杭峠より戸倉富士 13:37 北川中央構造線露頭 14:00 大鹿村中央構造線博物館にある電子基準点 14:42 大鹿村中央構造線博物館の前庭 14:43
 高遠町道路元標   美しい湖面の美和湖  分杭峠より戸倉富士 北川中央構造線露頭  大鹿村中央構造線博物館と電子基準点

7月24日(木) 鹿塩温泉→三伏峠小屋(泊)   (行程説明)

鹿塩温泉塩湯荘 7月23日 15:52 夕立神パノラマ公園より中央アルプス 07:43 夕立神パノラマ公園より赤石岳 07:46 鳥倉林道塩見岳登山口駐車場 08:06 鳥倉林道登山口 08:41 登山口より登山開始 08:50
 鹿塩温泉塩湯荘   夕立神公園より中央ア  同じく赤石岳    鳥倉林道登山口駐車場 鳥倉林道登山口   登山口より登山開始 鹿害から守るテープ 08:50 鞍部に向けて登り詰める 09:04 南アルプス特有の深い樹相 09:35 豊口山の間のコルにある御料局境界石 10:23 豊口山の間のコル 10:23 水場の先を登る 11:52
 鹿害から守るテープ  鞍部へ登り詰める 南アルプス特有の深い樹相 御料局境界石   豊口山の間のコル   水場の先を登る 塩川小屋登山道との合流点 12:30 塩川小屋登山道との合流点の「一伏峠」への標識 12:32 塩川小屋登山道との合流点 12:38 登山口から9/10とある標識 12:56 三伏峠小屋が見えた 13:15 三伏峠小屋 13:17
塩川登山道との合流  「一伏峠」への標識   合流点の標識   登山口から9/10とある標識 三伏峠小屋が見えた 三伏峠小屋 お花畑より小河内岳 14:13 お花畑よりガスが晴れて見えてきた塩見岳 14:46 お花畑にあったシロバナハクサンフウロ 14:52 晴れあがった塩見岳 このあと直ぐにガスがかかる 14:55 お花畑より烏帽子岳 15:03 小屋の東100mの登山道にある自然石に彫られた×印 15:21
 お花畑より小河内岳 お花畑より塩見岳  シロバナハクサンフウロ 晴れあがった塩見岳 お花畑より烏帽子岳 自然石に彫られた×印

7月25日(金) 三伏峠小屋→塩見岳→三伏峠小屋(泊)   (行程説明)

まだ明けやらぬ時間だが塩見岳に向けて出発 04:51 明るくなった三伏山だがガスに閉ざされている 05:05 本谷山山頂三角点 まだガスに閉ざされている 06:22 本谷山山頂の自然石にある×印 06:34 本谷山山頂標識 06:34 本谷山を下りきったところでガスが晴れる 07:17
 塩見岳へ出発     三伏山はガスの中  本谷山頂もガスの中 山頂の自然石にある×印 本谷山山頂標識   ガスが晴れる 新道分点 08:30 歩いてきたルートを振り返る 三伏峠小屋や本谷山が見える 08:35 塩見小屋に着く ここまで4時間 08:58 ここから2時間 09:18 山頂まであと少し 岩場が待っている 10:15 岩場に咲くチシマギキョウ 10:15
 新道分点        来たルートを振り返る 塩見小屋に着く    塩見小屋から塩見岳  山頂までもう少し    チシマギキョウ あちこちに咲くシロウマオウギ 10:20 最後の岩場をよじ登る 10:35 イワベンケイとミヤマオダマキ 10:41 白峰三山が姿を現す 10:48 ついに目の前に西峰山頂が 10:56 西峰山頂 10:56
 シロウマオウギ   最後の岩場を登り詰める イワベンケイ     白峰三山が姿を現す  目前の西峰山頂    西峰山頂に到着 とうとう塩見岳東峰山頂に登頂 富士山が出迎える 11:02 東峰から西峰を振り返る 11:02 東峰山頂にて 11:05 東峰山頂より荒川三山 11:08 下山開始 北側からガスが吹き上げる 11:39 山頂部の険しい岩場を下る 11:43
 東峰山頂に登頂    東峰から西峰を見る  東峰山頂にて     荒川三山     北側からガスが吹き上げる 険しい岩場を下る 赤色チャートと緑色岩が激しくぶつかり合う 12:21 岩場の下より仙丈ヶ岳 12:31 本谷山へ戻る途中から塩見岳 14:55 あちこちにミヤマアケボノソウが咲いている 16:01 帰るルートを見る 三伏山や小屋、烏帽子岳が見える 16:04 三伏峠小屋 18:58
異なる岩石がぶつかる  仙丈ヶ岳      本谷山鞍部から塩見岳 ミヤマアケボノソウ   三伏山と烏帽子岳   三伏小屋の中

7月26日(土) 三伏峠小屋→鳥倉登山口→駐車場   (行程説明)

まだ暗い内に下山準備 明るくなるのを待つ 04:29 豊口山間のコルまで下る 06:16 ウチョウランが! 06:42 登山口が近い 07:55 登山口に来た松川IC行きのバス 08:42 バスの中から駐車場が見える 歩けば40分をバスに乗る 09:28
 暗い内から下山準備  豊口山間のコル    ウチョウランが!   登山口が近い      松川IC行きのバス  バスの中から駐車場
(登頂記録)
*山名:塩見岳東峰(3052m) 西峰(U△塩見山 3046.9m) 本谷山(V△ 黒川 2657.9m) 三伏山
* 年月日:2008年07月23日(水)〜26日(土)
* 天候:晴れ
* 行 程
7月23日(水) 晴れ
恵比寿+++新 宿+++++高 尾+++++相模湖===相模湖IC===双葉SA===諏訪大社本宮===
0626  0635/0648 0732/0747 0756/0800   0808   0910/0920  1020/1050 
杖突峠展望台===W△杖突峠===高遠北中学(020987電子基準点)====高遠町道路元標===
1105/1145     1150/1205      1230/1235             1245/1300 
分杭峠===北川構造線露頭===博物館(980275電子基準点)===鹿塩温泉
1335/1350  1400/1415       1440/1540           1550
塩湯荘 11100円 弁当付き TEL 0265-39-2316

7月24日(木) 晴れ後曇り 起床0545  朝食0630
鹿塩温泉===夕立神パノラマ公園===鳥倉林道登山口駐車場===鳥倉登山口・・・
  0704      0743/0748       0800/0930         0838/0850
 鞍 部 ・・・ 小休止・・・豊口山間のコル ・・・ 小休止 ・・・ 水 場 ・・・昼食・・・ 
0917/0925 1005/10150  1023/1030     1005/1015  1140/1150 1208/1230
塩川小屋分岐・・・三伏峠小屋  お花畑
1230/1245     1317    1500〜1540 
歩程5.1km 累積標高差1000m TEL 0265-39-3110 8500円 弁当付き

7月25日(金) ガス→快晴 起床0350  朝食0420
三伏小屋・・三伏山先鞍部・・・小休止 ・・・本谷山 ・・・小休止 ・・・ 小休止・・・
 0450     0540     0602/0610  0620/0635 0738/0742  0750/0800
新道分岐・・・塩見小屋 ・・・半昼食・・・西峰山頂・・・東峰山頂・・・西峰山頂・・・
 0830    0857/0915  0945/0955   1058  1102/1115  1120/1130
 半昼食・・・塩見小屋 ・・・ 小休止 ・・・ 小休止 ・・・ 小休止 ・・・本谷山・・・
1225/1335 1255/1310  1345/1355  1435/1445  1530/1540 1546/1550
 小休止 ・・・三伏山 ・・・三伏小屋
1624/1627 1705/1710   1725
 歩程16.7km 累積標高差 1430m TEL 0265-39-3110 8500円 弁当付き

7月26日(土) 快晴 起床0400  朝食0410
三伏小屋・・・塩川小屋分岐・・・水場 ・・・ 小休止・・・豊口山間のコル・・・
0430      0430     0530/0535 0605/0615    0630 
 小休止 ・・・鳥倉登山口=====鳥倉林道登山口駐車場====塩湯荘 
0700/0712  0800/0922     0933/0945         1100/1130
 分杭峠(昼食) ====茅 野+++++新 宿+++++恵比寿
1210/1225     1335/1420 1636/1640   1649
歩程5.1km 累積標高差1000m


















7月23日(水) 恵比寿→鹿塩温泉

恵比寿+++新 宿+++++高 尾+++++相模湖===相模湖IC===双葉SA===諏訪大社本宮===
0626  0635/0648 0732/0747 0756/0800   0808   0910/0920  1020/1050 
杖突峠展望台===W△杖突峠===高遠北中学(020987電子基準点)====高遠町道路元標===
1105/1145     1150/1205      1230/1235             1245/1300 
分杭峠===北川構造線露頭===博物館(980275電子基準点)===鹿塩温泉
1335/1350  1400/1415       1440/1540           1550
 塩湯荘 11100円 弁当付き TEL 0265-39-2316

梅雨は明けたものの夏型が安定せず雷が各地で発生しているが、そこそこの晴れ間は期待できそうだと判断して、 7月23日朝、相模湖駅にて秋村さんの車に便乗、諏訪大社本宮にて安全祈願を済ませて、 杖突峠展望台にて池澤さんとお昼頃に合流した。
鹿塩温泉までの時間を有効に使おうと、先ずは杖突峠にある四等三角点を探すため、 峠の手前から放送電波送信所の保守道路を登り、草むらの中をGPSを使って探し当てる。
その後高遠北中学にある電子基準点、高頭町道路元標を見て分杭峠へ、北川中央構造線露頭に立ち寄って断層を見る。 さらに大鹿村の中央構造線博物館へ行く。博物館もさることながら構内にある電子基準点がお目当てである。 博物館では係員から構造線の説明を聞いて、塩見岳周辺の地層の話も聞く。予備知識としては知っておいて損はない。
鹿塩温泉は塩湯で知られている。前泊の宿である塩湯荘にて汗を流してくつろぐ。宿にて鳥倉林道への入り方を聞いて、 さらに松川ICからバスが上がってきて、登山口駐車場にあるゲートを入って登山口まで行くと聞く。 駐車場から登山口まで林道歩きが1時間ほどあるので、バスの時間に合わせて駐車場からバスに乗ることにする。 明日は三伏峠までだからそれほど急ぐ旅ではない。
塩川のいささかうるさい清流の音を聞きながら早めに就寝する。


















7月24日(木) 鹿塩温泉→三伏峠小屋

晴れ後曇り 起床0545  朝食0630
鹿塩温泉===夕立神パノラマ公園===鳥倉林道登山口駐車場===鳥倉登山口・・・
  0704      0743/0748       0800/0930         0838/0850
 鞍 部 ・・・ 小休止・・・豊口山間のコル ・・・ 小休止 ・・・ 水 場 ・・・昼食・・・ 
0917/0925 1005/10150  1023/1030     1005/1015  1140/1150 1208/1230
塩川小屋分岐・・・三伏峠小屋  お花畑
1230/1245     1317    1500〜1540 
 歩程5.1km 累積標高差1000m 
 三伏峠小屋 TEL 0265-39-3110 8500円 弁当付き

朝5時45分起床、良い天気である。朝食を6時半に頼んで7時過ぎに出発、 わかりにくい林道を登っていく。林道は舗装してあって走りやすい。 松川ICからのバスもこの道を走るそうだ。ぐんぐん高度を上げると間もなく視界が開けてくる。 素晴らしい天気である。夕立神パノラマ公園に出ると左右に中央アルプスと赤石岳が雄大に展開する。
開けた斜面を走るとやがて駐車場に着く。数台の車が停まっていて直ぐ先にゲートがある。 道路は右手遥か彼方に延びていて、これを歩くのかと思うと、バスの時間に合わせたことで、 ホッとする。8時27分、数人の登山者を乗せてバスが上がってくる。 バス代は350円、ゲートを開いたバスは、眺めの良い林道を走っていく。やがて舗装が切れると 直ぐに登山口だ。この間8分、歩けば1時間だそうだ。
登山口で身支度して、ゆっくりと登り始める。三伏峠まで3時間とあるが標高差は1000m、 焦らず2倍かけても時間が余る。
まずは先頭を歩いた。普段通り歩くのだが速すぎるようだ。止まっては待ち、また歩く。
やがて稜線にでて豊口山を巻いてコルに出る。御料局の境界石がこんな所にもある。 道は徐々にガレたり、岩場が増えてきて、階段がつけてあって歩きにくい。 休み休みしながら水場に至る。水はそこそこ出ていて、2分程度でボトル一杯溜まる。
11時を過ぎると雲が湧きだしてきた。夏雲である。 ガスっぽい登山道を黙々と歩く。 汗を流して登るうちに塩川小屋からの登山道との合流点にでた。 登山口から3時間40分である。
さらに30分、前方の樹間に建物が見えた。どうやら三伏峠小屋に着いたようだ。 4時間半である。
周囲はガスで何も見えないが、薄いガスはさして視界の妨げにはならない。
5分ほど下ったところにお花畑があると聞いて行ってみることにする。 小屋から下って行くと、左に塩見岳への道があって右は烏帽子岳への道となる。 その烏帽子岳への道を下っていくと右に大きく開けたお花畑があった。 鹿害予防のため半分は柵は張ってあってキンポウゲやハクサンフウロなどの花が咲いていた。 と・・・ガスが晴れてきた。塩見岳が徐々に姿を現して来た。烏帽子岳や小河内岳も見えてきた。 僅か10分、巨大な姿を見せた塩見岳はやがてガスの中に消えていった。 明日はあそこまで行くと思うと容易ではない。
16時前に小屋に戻る。途中で登山道に自然石に刻まれた×印を発見する。 チェックインする。弁当付きで8500円である。 一人1畳は確保できているし宿泊者も30人程度と少なく、 縦走する人、縦走してきた人、塩見岳に行って明日は塩見小屋に泊まる人、 塩見岳に行ってきた人、様々な行動と想いが交錯する山小屋である。
それにしても疲れた。大した労力でもないのに早く横になりたいくらいに疲れた。 多分歩いては待ち、また歩く、この繰り返しが疲労の元だったようだ。 明日はゆっくり、トップを秋村さんに譲って後を歩こうと決めた。
17時夕食、19時半消灯、4時半朝食。北は白峰三山へ、南は荒川三山へ、 交差点に当たる三伏峠小屋は縦走する登山者も多く、朝も早いのだろう。 こちらも塩見岳往復である。ガイドブックでは所要時間9時間弱とあるから 12時間はかかるだろう。長帳場を覚悟して早出を決め込み、 早々と就寝する。だが寝付かれずウトウトしている内に周囲が静まった。





























7月25日(金) 三伏峠小屋→塩見岳→三伏峠小屋

 ガス→快晴 起床0350  朝食0420
三伏小屋・・三伏山先鞍部・・・小休止 ・・・本谷山 ・・・小休止 ・・・ 小休止・・・
 0450     0540     0602/0610  0620/0635 0738/0742  0750/0800
新道分岐・・・塩見小屋 ・・・半昼食・・・西峰山頂・・・東峰山頂・・・西峰山頂・・・
 0830    0857/0915  0945/0955   1058  1102/1115  1120/1130
 半昼食・・・塩見小屋 ・・・ 小休止 ・・・ 小休止 ・・・ 小休止 ・・・本谷山・・・
1225/1335 1255/1310  1345/1355  1435/1445  1530/1540 1546/1550
 小休止 ・・・三伏山 ・・・三伏小屋
1624/1627 1705/1710   1725
 歩程16.7km 累積標高差 1430m
 三伏峠小屋 TEL 0265-39-3110 8500円 弁当付き

早朝からガサガサと音がする。どこの山小屋も同じで目覚まし時計などは不要である。 3時50分に起床、昨日の疲労感が直りきっていない。 ナップザックに持ち物を入れて支度をする。 残りは同じ所においておくことが出来たので大変助かる。 4時20分朝食、そのまま外に出た。4時50分出発、十分明るくなっているが、 ガスが立ちこめている。
ガスの中を黙々と歩く。秋村さんの後を歩くのでかなり楽だ。 そうだ!このペースで歩けば疲れないと、始めて知る。
三伏山に出た。相変わらずガスの中で何も見えない。 そのまま下って本谷山との鞍部を経て本谷山山頂に着く。 ここまで1時間半、まあまあであるが、相変わらずガスに閉ざされていて何も見えない。 山頂標識の脇に自然石に刻まれた×印を発見、こんな所にもあるのかと驚く。
黙々と樹林の中を下る。下りきると権右衛門山を巻き道となる。 標高差200mほどを下ると右側が開けてくると、ガスが晴れてきて塩見岳が見えてきた。 待望の晴れ間である。ガスがどんどん晴れてくる。素晴らしい1日になりそうだ。
枯れた沢を渡るとひたすら登りとなる。権右衛門山を過ぎて塩見岳本体の斜面に 取り付いたようだ。やがて新道分岐とある所に出る。
このあたりから樹木が低くなって、樹林限界に達したことを知る。 ハイマツ帯に出ると一気に視界が開ける、とともに太陽が照りつけて逃げ場が無くなる。
新道分岐から30分足らずで塩見小屋に到着する。出発してから4時間、まあまあである。 前方には半逆光の塩見岳が巨大な岩の塊となって視界を遮る。
疲れを感じながら、あと2時間か〜、と思いつつ一休みして出発、樹林帯を越えているから展望は最高である。 30分ほど登って、これから岩場と言うところで半昼食、これから岩場との闘いが始まる。
岩場の隙間には、チシマギキョウやイワベンケイ、シロウマオウギなどなど、花一杯の登山道である。 ルートを探りながらそれでも恐怖感とは無縁の岩場を登り詰める。山頂標識が少しずつ近づいてくる。
半昼食後1時間、ついに西峰山頂が目前に現れる。そのすぐ向こうに最高峰の東峰が見える。 僅か2〜3分の距離である。まずは東峰へ行く。塩見岳を極めたことをみんなで祝う。 特に3000m峰完登の秋村さんの偉業が凄い。年令を考えれば超人的である。
展望は抜群、3人の女性登山者が山頂にいたが、今朝三伏峠小屋をでて今晩は塩見小屋泊まりだそうだ。 途端に三伏峠小屋までの帰りの長さにうんざりする。
何と富士山が見えている。この季節、11時というこの時間に富士山が見えることなど奇跡である。 甲斐駒、仙丈ヶ岳、白峰三山、荒川三山・・・南アルプスの主役達が顔を揃えていておまけに富士山である。 展望を満喫してる内に農鳥岳からの縦走路をこちらに向かってくる登山者が目に入る。凄いものだと感心ひとしお。
西峰に戻り、下山しようと立ち上がったら東峰との鞍部に雷鳥親子が遊んでいた。 人間がいるから天敵が来ないと安心して出てきた雷鳥をしばらく眺めて下山開始した。
岩場を慎重に下って途中で半昼食、その後は塩見小屋まで下って水を補給、 早く樹林帯の中に入りたいと思うくらい暑くなってきた。 新道分岐を過ぎると樹林で日差し遮られて一安心、疲れているがまだまだ続く長丁場を何とか歩けそうだ。
権右衛門山の巻き道を過ぎてからの本谷山への登り返しが辛い。 やっとの思いで本谷山の山頂に戻る。朝はガスで見えなかったが展望が最高の山頂である。 帰る方角には小屋も見えている。
本谷山を下って鞍部に出て、登り返して三伏山に着く。目の前に小屋が見えてくる。 あと僅かだ。足が心なしか速くなる。17時半到着、12時間15分の長丁場だった。 小屋に入って夕食、昨日よりは疲れが少ないようだ。
帰支度のパッキングをして横になる。疲れているが興奮していて寝付かれないまま夜が過ぎていった。





























7月26日(土) 三伏峠小屋→鳥倉登山口→恵比寿

 快晴 起床0400  朝食0410
三伏小屋・・・塩川小屋分岐・・・水場 ・・・ 小休止・・・豊口山間のコル・・・
0430      0430     0530/0535 0605/0615    0630 
 小休止 ・・・鳥倉登山口=====鳥倉林道登山口駐車場====塩湯荘 
0700/0712  0800/0922     0933/0945         1100/1130
 分杭峠(昼食) ====茅 野+++++新 宿+++++恵比寿
1210/1225     1335/1420 1636/1640   1649
 歩程5.1km 累積標高差1000m

2時頃からガサガサと音がする。縦走登山者が身支度を始めたようだ。 よく眠れない内に、パッと電気がついた。4時である。昨日は4時20分頃だったと記憶するが、 すぐに食事が出来ていると声がする。昨日は4時半だったのに・・・今日は早い。
4時10分、急いで朝食、胃が醒めないせいか食事が重い。無理矢理詰め込んで食事を済ませて、 外に出る。まだ暗いがやがて明るくなってくる。天気は快晴、晴れすぎて午後から夏雲が出るのではないかと 余計な心配をする。
登山口発松川IC行きのバスは9時27分発である。これに乗れれば楽だし早めに帰れる。 これを逃すと14時20分まで無いから駐車場まで歩くしかない。 そこで早い朝食を幸い、明るくなるのを待って早出を決めた。
4時30分出発、大部分の宿泊者が山に向かっていくのを尻目に下山開始する。 下山者はまだいる筈だが、我々だけである。
塩川小屋への分岐を過ぎて水場にでる。水量が減っていて、これでは500mmのペットボトル、 1本でも5分以上かかりそうだ。
のんびり下っても時間が余るが、駐車場まで歩こうと言う気分はない。 ぶらぶらと休み休み歩いて登ってきた道を下っていく。 下から登山者が登ってくる。車泊して早出して塩見小屋まで行く人たちである。
豊口山間のコル付近からは大勢の登山者が登ってくるようになる。 今日は土曜日だから現役組が多く年令が若い。週末はOBが下山する日、現役が登山する日と 年令が入れ替わる。それにしても塩見小屋か三伏峠小屋か、2軒しかない小屋は超満員になるだろうと懸念する。
鹿害予防のテープの森にでると間もなく登山口である。 8時丁度に無事下山、ぶらぶら時間を潰しても3時間半、しかしバスまで1時間半もある。 でも駐車場まで歩くよりは寝そべって待った方が良いとくつろぐ。
登山者がゾクゾクと駐車場から歩いてくる。この時間だとまだ塩見小屋まで 行くことが出来そうだ。間もなく下山者も降りてくる。 多くの人の装備は大きく、縦走組で三伏峠小屋でテント泊だったことが分かる。
やがてバスが来る。10人ほどの登山者がバスから降りる。 下山者も増えてくる。バスが出発する頃には十数名になる。我々以外は松川ICや飯田線の駅まで行く、 縦走組だ。
快晴のバスの車中から見る景色も爽快だが、見えている駐車場がなかなか近づかない。 バスなら僅か8分程度だが、歩けば40分、だらしないが最後の林道歩きは疲れるから バスに乗って助かった。
駐車場は満杯、路肩にもはみ出して大変な混雑である。 秋村車に乗って大鹿村に降りる。温泉を探すが時間が悪くて結局宿泊した塩湯荘へ行き、 3日分の汗を流してさっぱりする。
ここで辰野に向かう秋村さんと別れて池澤車に乗り移る。 分杭峠で昼食して高遠を経て茅野駅で池澤さんにお礼を言って別れ、列車で帰途につく。
車内では爆睡、長いトンネルの音で目が醒めると笹子トンネルだった。 トンネルを抜けると晴れていた筈の空が雲に覆われ、しのつく雨が列車を叩きつけていた。 素晴らしい展望だった山旅は限られたエリアだけのものだったようでとてもラッキーだったようだ。
急遽出かけた塩見岳だが結果は最高の天気に恵まれての山旅だった。池澤さんの企画に深謝する。