甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳(駒津峰・双児山 小仙丈岳)

<見出に戻る> <戻る> <次へ>
甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳に登頂することは夢だった。今回ヤマオさんから、シミズさんの発案で両座を登ろうと言う話があって、 気心の知れた方々とゆっくり登ろうと言う話に、2日目は無理をしないでそのときの体調で考えればいい、 と考えて参加した。ヤマオさんはリーダーとしては申し分なく、また72才のホシさんは、高齢にも拘わらず、 長年山歩きを続けているだけに足腰がしっかりしているし、シミズさんとその友人もタフなので、 安心して歩くことが出来た。
 左はGPSによるトラック (使用カメラ:Canon IXY 500D)   

9月9日(土) 北沢峠→仙水峠→駒津峰→甲斐駒ヶ岳→駒津峰→双児山→北沢峠  (行程説明)

広河原バス停 9/8 11:55 広河原のフジアザミ 9/8 11:57 北沢峠と蝶衛荘 ここで2泊 9/8 12:49 仙水峠 ここから駒津峰へ向けて急登が始まる 06:08 仙水峠で朝食 空気がひんやりする 06:09 仙水峠から甲斐駒ヶ岳 紅葉が始まっている 06:08
 広河原バス停     広河原のフジアザミ   北沢峠と長衛荘     仙水峠          仙水峠で朝食     仙水峠から甲斐駒ヶ岳 仙水峠から鳳凰三山 オベリスクがよく見える 07:05 駒津峰山頂 ガスがわき出す 09:14 六方石の岩場 09:31 魔利支天 09:41 甲斐駒へ胸突き八丁 ヤマオさん撮影 09:32 甲斐駒ヶ岳山頂直下 ここが一番きつい 10:16
 仙水峠から鳳凰三山  駒津峰山頂       六方石の岩場      魔利支天        甲斐駒へきつい登り   甲斐駒ヶ岳山頂直下
甲斐駒ヶ岳山頂 10:54 山頂の祠 10:31 一等三角点「駒ヶ嶽」 10:29 山頂から魔利支天 11:01 山頂での記念写真 10:28 見え隠れする北岳 11:40
 甲斐駒ヶ岳山頂    山頂の祠          一等三角点「駒ヶ嶽」 山頂から魔利支天   山頂での記念写真   見え隠れする北岳  山頂直下より山頂を振り返る 12:00 六方石から甲斐駒を振り返る 12:29 駒津峰に戻る 12:51 駒津峰から双児山 13:15 双児山山頂 13:45 双児山山頂 13:46
 下山途中降り返る   六方石より振り返る   駒津峰に戻る      駒津峰より双児山    双児山山頂       双児山山頂

9月10日(日) 北沢峠→二合目→五合目→小仙丈岳→仙丈ヶ岳 往復  (行程説明)

三合目から北岳の夜明け 05:26 五合目「大滝の頭 06:26 小仙丈岳 07:11 小仙丈岳山頂 07:59 小仙丈岳から仙丈ヶ岳 07:49 小仙丈岳下から北アルプス 07:07
 三合目から北岳    五合目「大滝の頭    小仙丈岳        小仙丈岳山頂      小仙丈岳から仙丈ヶ岳 小仙丈岳下から北ア
小仙丈岳山頂から富士山 11:12 小仙丈から鋸岳・八ヶ岳遠望・甲斐駒・栗沢山・アサヨ峰 07:06 小仙丈から鳳凰三山・富士山・北岳 07:50 小仙丈から北岳・間ノ岳・悪沢・塩見・赤石・聖・光・池口・奥茶臼岳 07:50
小仙丈から富士山   鋸岳・八ヶ岳遠望・甲斐駒・栗沢山・アサヨ峰  鳳凰三山・富士山・北岳 北・間・悪沢・塩見・赤石・聖・光・池口・奥茶臼
小仙丈から中ア 07:49 仙丈ヶ岳のカール地形 09:06 仙丈ヶ岳山頂 09:15 仙丈ヶ岳山頂にて 09:22 仙丈ヶ岳山頂の二等三角点「前岳」 09:21 仙丈ヶ岳山頂から甲斐駒ヶ岳 09:25
 小仙丈から中ア     仙丈ヶ岳のカール地形 仙丈ヶ岳山頂     仙丈ヶ岳山頂にて   山頂の二等三角点「前岳」 山頂から甲斐駒ヶ岳
仙丈ヶ岳山頂から富士山と鳳凰三山 09:21 仙丈ヶ岳から富士山、北岳、間ノ岳 10:27 小仙丈岳山頂に戻る 11:06 小仙丈岳のハイマツ帯を下る 11:29 小仙丈岳のハイマツ帯で雷鳥を発見 11:31 二合目に到着、あ一息で北沢峠だ 13:04
 富士山と鳳凰三山   富士山と北岳・間ノ岳 小仙丈岳山頂に戻る  小仙丈のハイマツ帯  小仙丈の雷鳥      二合目に戻る

(登頂記録)

*山名:甲斐駒ヶ岳(2966m)T△(甲駒ケ嶽)駒津峰(2752m) 双児山(2649m)
      仙丈ヶ岳(3033m)U△(前岳) 小仙丈岳(2855m)
* 年月日:2006年09月08日(金)〜10日(日)
* 天候:快晴/晴れ
* 行 程
9月8日(金) 晴れ
恵比寿+++新 宿 +++++++ 甲 府=====広河原=====北沢峠 
0654 0703/0730(Sあずさ3)0908/0930 1142/1220   1245
(散策)長衛荘(1310)〜仙水小屋(1355/1427)〜長衛荘(1500)
  長衛荘泊 090-3023-9030

9月9日(土) 晴れ
長衛荘・・長衛小屋・・仙水小屋・・仙水峠(朝食)・・小休止・・
0441   0455   0527/0532  0607/0630  0740/0755
駒津峰・・・ 小休止・・・  小休止・・・甲斐駒ヶ岳・・・
0755/0812 0927/0932 0941/0945  1025/1100   
駒津峰・・・  双児山・・・ 小休止・・・長衛荘
1245/1300 1345/1400 1439/1445  1528
  長衛荘泊 090-3023-9030

9月10日(日) 快晴
長衛荘・・二合目・・・ 三合目・・・四合目(朝食)・五合目・・・
0420  0455/0500 0520/0530  0545/0610  0625    
小休止・・・  小休止・・・ 小仙丈岳・・・  小休止・・・ 仙丈ヶ岳・・・   
0640/0650 0700/0710  0745/0805  0845/0855  0915/0945
小休止・・・小仙丈岳(昼食)・・・五合目・・・  三合目・・・ 二合目・・
1025/1030  1055/1120   1203/1215 1242/1247  1304/1308
長衛荘====- 広河原==== 甲 府 ++++++++   新 宿++++恵比寿
1334/1500 1525/1600 1800/1856(かいじ120) 2037/2047  2057






































9月9日(土) 北沢峠→仙水峠→駒津峰→甲斐駒ヶ岳→駒津峰→双児山→北沢峠

前日の9月8日は関東甲信越が大雨になるという予報だった。そこで南アルプス林道の通行止めも視野に入れて、 戸台口からのルートも調べたが、8日早朝現在、現地で降雨は無いとのことで、予定通り「あずさS3号」で甲府から 広河原を経て、北沢峠に入った。(甲府(1900円)広河原(750円)北沢峠)
この日は雲が多く、林道からから北岳や甲斐駒は見ることは出来なかった。 昼過ぎ着、長衛荘にチェックインした。約2/3畳/人のスペースで、翌日の朝弁、昼弁をみで8500円だった。
天気は青空も雲もあり、明日の天気を期待しながら、仙水小屋まで足慣らしをした。
19時過ぎには寝ましたが寝付かれなかった。

9月9日早朝、ウトウトしているうちに4時頃から周囲がざわざわし出した。 我々も5時には出発する予定なので、キープする荷物を分けて寝床に残して行った。
今日の目的は甲斐駒ヶ岳、仙水峠から駒津峰経由、帰路は駒津峰から双児山を経て戻る予定だった。
4時40分出発、ヘッドライトを頼りに仙水小屋を経て仙水峠に着いた頃にはすっかり明るくなっていた。 甲斐駒ヶ岳が大きく覆い被さり、鳳凰三山などが見えていた。 ツアーらしい多くの登山者がここで朝食を採っていた。我々もここで朝食を採った。
朝食後、駒津峰までの急登を我慢して上り詰めると駒津峰山頂に出た。 ガスが湧きだし、魔利支天や甲斐駒がガスの向こうにうっすらと見えていた。
ここからは山頂まで1時間30分だが、岩場の連続で、かなりの時間をと体力を費やして、 ようやく六方石を越えた。直登ルートとの分岐を過ぎて魔利支天が大きく目の前に迫ってきた。
ここからが真っ白な砂の上を歩いて行く。ジグザグの急登あえぎき、ようやく山頂に到達した。 山頂には大勢の登山客がいた。念願の甲斐駒山頂は周囲をガスで覆われ、僅かに魔利支天だけが見えていた。 しかし時々雲間から仙丈ヶ岳や北岳がちらっと覗いていたがつかの間の展望だった。
記念写真を撮ってから昼食を採り下山。岩場での時間と体力の消耗もあるので早めに行動した。 登ってきたザラザラの白砂の上を滑らないように降りて行った。 岩場の稜線をやっとの思いで通過して、駒津峰に戻ったときにはほっとした。
ここからさらに双児山へ下ってその登り返しもゆっくりと黙々と歩いた。 双児山山頂にも大勢の登山者が休んでいた。
双児山からはひたすら下るのみ、踏ん張りが聞かなくなった足でゆっくりゆっくり下った。
北沢峠に着いたときには15時半、11時間歩いた勘定だった。
足の手当をして、ゆっくり休めて7時過ぎには横になった。 土曜日とあって超満員、半畳/人、はかなり窮屈だった。大勢のツアー客が入ってい。 この夜は3時間くらいは眠ったようだった。


















9月10日(日) 北沢峠→二合目→五合目→小仙丈岳→仙丈ヶ岳 往復

3時過ぎるとがさがさと音がし出した。 我々は帰りのバスの時刻の制約もあるので早く出発することにした。満点の星空と月が輝いていた。
4時20分発、すでに大勢の登山者が甲斐駒や仙丈ヶ岳を目指していた。
ヘッドライトを頼りに林道を下って2合目へ出た。まだ真っ暗だった。 さらに登り、3合目あたりから明るくなってきた。樹間から周囲の山々が見えてきた。 澄んだ大気に黒々と甲斐駒や北岳のシルエットが浮かびあがってきた。
やがて4合目、すっかり明るくなった。ここで朝食を採った。 そして五合目、大勢のツアー客が朝食を採っていた。 しばらく登ると樹林帯を抜けて大展望が開けてき。北岳の裏から富士山もせり上がってきた。甲斐駒が見事だった。
さらに小仙丈岳への登りをあえぎながら登った。小仙丈山頂では360度の大展望を楽しみ、 仙丈ヶ岳のカール地形を眺めていた。大勢の登山者が登っていくのが見えた。 予定より1時間早いので、かなりゆとりが出てきた。小仙丈から仙丈への取り付きには馬の背の岩場がある。
しかし甲斐駒に比べれば歩きやすく、ここだけが唯一の岩場だった。用心深く岩場を通過して取り付きにでると 仙丈小屋への分岐にでた。ここから仙丈ヶ岳へ我慢してゆっくり登って行った。登り終わると反対側のカール地形が 見事に広がってい。季節ならお花畑になるところだ。
山頂はまだ先だった。見えているがなかなか着かない。ピークを3つほど巻いて、 山頂直下にたどり着いた。一登りして、ついに2座目の登頂を果たし。感激だった。
昨日とはうって変わって360度、見えないものは無いほどすべてが見えていました。
北アは乗鞍岳から白馬まで、中ア、南ア南部の山々、八ヶ岳、奥秩父、日光、 箱根、丹沢、富士山、頸城、すべて見えていた。 大気が入れ替わったように北西の風がやや強く吹いていた。 30分ほど大展望を楽しみました。 宮崎から来たと言う登山者に会った。年齢の話になるが我々が古希過ぎが2名いると言うと、さすがに驚いていた。
30分ほど展望を楽しんで下山開始した。安全をみて往路を戻ることにした。 仙丈を下って岩場の下で休んだ。短い岩場をよじ登って小仙丈まで一息、ここで昼食休憩を採った。 雲が流れるように西から覆い被さってきて、ガスも出始めて甲斐駒ヶ岳を覆ってきたが問題は無さ王だった。 時間も50分先行していた。
小仙丈の下りでは雷鳥の幼鳥が親鳥とはぐれていた。
やがてじりじりと照りつけるようになってきた。ほどなく樹林帯に入ってほっとした。 五合目で一息入れた。まだ1時間先行していた。
ここからはゆとりもあるので休み休み下った。 3合目で休憩、2合目で休憩、ここから北沢峠に直行した。 やがて屋根が見えてきた。峠のトイレの裏にでた。
13時34分、かなり早く着いた。今日は9時間強、昨日よりは疲労感が少ないように思えた。 ゆっくりと着替えをして、荷物の整理をして、帰り支度をした。シミズさんにはコーヒーをご馳走になった。とても美味しかった。
やがて15時の臨時バスがでる事になって慌てて乗り込んだ。 北沢峠に別れを告げて広河原へ、ここでは数台の芦安行きや甲府行きのバスが 待機していた。16時発の甲府行きに乗り込んだ。時刻が来ると数台のバスが行列して林道を走っていった。
2時間後に甲府着、1時間弱の待ち時間に駅ビル内で祝勝杯、空腹をいやして、 「かいじ120号」に乗り込んだ。
行きたいと願望はあってもなかなか行けない甲斐駒ヶ岳と仙丈ヶ岳、 仲間に恵まれ、天気に恵まれて、その頂にようやく到達できた素晴らしい山旅だった。