奥穂高岳・涸沢岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ>
穂高岳・・・日本第三位の標高を誇るこの岩峰は多くの登山者の心を引きつけて止まない。 穂高岳は奥穂高岳を最高峰として、北に涸沢岳、北穂高岳、南に前穂高岳、西穂高岳、明神岳と 3000m以上4座を含む多くのピークを擁し、一大岩峰群を形成して他を圧倒している。 その山岳景観は上高地に代表され、また裏側にあたる涸沢はスイスアルプスの山岳景観に勝るとも 劣らない。
そんな憧れの穂高の岩峰へ池澤氏と訪れる機会を得、穂高岳を訪問、僅かな時間に訪れた 大展望に恵まれることとなった。
 左はGPSによるトラック (使用カメラ:Canon IXY 900IS)   

8月30日(土) 恵比寿→横尾山荘(泊)   (行程説明)

雨の降る中、上高地バスターミナルに到着 雨にも拘わらず土曜の上高地は混雑していた 12:12 雨の河童橋 上高地に来たらこの橋に挨拶してから歩き始める 12:20 雨具を装着して傘を差して歩き始める 徳沢を過ぎてなお前穂高岳に雨雲が低くたれ込めている 15:10 横尾山荘に着く 大改装が終わって素晴らしい山荘に生まれ変わった 15:42 横尾大橋と屏風の頭 雨の中 まだ雨雲がたれ込めている 明日はこの橋を渡って行く 15:42
雨の上高地に到着   雨の河童橋は混雑  雨雲に閉ざされた前穂高 横尾山荘に着く  横尾大橋と屏風の頭

8月31日(日) 横尾山荘→穂高岳山荘→涸沢岳→穂高岳山荘(泊)   (行程説明)

早朝の横尾大橋を渡る 前穂高岳がよく見えている 05:51 横尾から1.3km地点 岩小屋跡の標識がある 06:21 振り返れば表銀座の峰がせり上がってくる 06:40 前方に北穂高岳の勇姿が見えてくる 06:57 右側には屏風岩 07:16 歩き始めて1時間15分 本谷橋に着く 橋を左岸に渡る 07:17
 横尾大橋と前穂高岳 岩小屋跡標識     背後に表銀座がせり上がる 北穂高岳が見えてくる 左側には屏風岩が   本谷橋に着く 樹林帯が低くなる 前方に前穂高岳と吊尾根が見えてくる 08:10 樹林帯を抜けると大空間が開ける 奥穂と涸沢岳が見える 09:03 背後には大天井岳 東天井岳がせり上がる 09:14 涸沢小屋との分岐 ヒュッテはもう近い 09:27 横尾から3時間半 涸沢ヒュッテに着く 09:51 大景観の涸沢ヒュッテでくつろぐ 14:09
 前穂と吊尾根   樹林帯の先に涸沢の大空間 背後に表銀座の山々 涸沢小屋とヒュッテの分岐 涸沢ヒュッテに着く  涸沢ヒュッテでくつろぐ 涸沢ヒュッテから奥穂と涸沢岳 09:56 涸沢ヒュッテから涸沢岳と北穂 09:56 涸沢ヒュッテから大天井 東天井 横通岳 09:56 いよいよ穂高岳山荘に向けて出発 09:58 カールのガレ場を歩く 10:19 前穂高岳と雪渓の残る吊尾根からのカール 10:19
 奥穂高岳と涸沢岳   涸沢岳と北穂高岳   大天井・東天井・横通岳 穂高岳山荘に向けて出発 カールのガレ場を歩く 雪渓の残るのカール 涸沢ヒュッテが遠くなる 10:34 カールを横切る 10:38 ザイデングラードを歩く 11:07 涸沢岳が近くなる 11:24 岩尾根に取り付く 12:24 常念岳と横通岳がせり上がる 12:26
 涸沢ヒュッテが遠くなる カールを横切る    ザイデングラードを歩く  涸沢岳が近くなる    岩尾根に取り付く    常念岳と横通岳 岩尾根に咲くオンダテ 12:38 涸沢ヒュッテが遥かに遠くなる 12:39 前穂高岳が大きく見える 12:39 岩尾根上部に咲く白いイワギキョウ 13:44 岩尾根上部に咲くタカネシオガマ 13:47 岩尾根上部に咲くイワギキョウ 13:47
 岩尾根に咲くオンダテ 遠ざかる涸沢ヒュッテ   近づく前穂高岳    シロバナイワギキョウ   オンダテ         イワギキョウ 穂高岳山荘まで最後の登り 13:49 横尾から8時間 穂高岳山荘に到着 13:54 左側には奥穂高岳の岩壁が 13:54 右側には涸沢岳が 13:55 一休みして涸沢岳へ 奥穂の頂とジャンダルムが見えてくる 14:19 涸沢岳山頂までもうすぐ 14:26
穂高岳山荘まで最後の登り 穂高岳山荘に到着 左側には奥穂の岩壁が 右側には涸沢岳が   奥穂の頂とジャンダルム 涸沢岳山頂が近い 涸沢岳山頂近くに咲くトウヤクリンドウ 14:29 涸沢岳から穂高岳山荘を見る 14:29 涸沢岳山頂 14:42 涸沢岳山頂から奥穂高岳とジャンダルム 14:47 涸沢岳山頂から奥穂高岳と前穂高岳 14:55 涸沢岳山頂から北穂高岳 14:47
 トウヤクリンドウ    涸沢岳から穂高岳山荘  涸沢岳山頂      奥穂高岳とジャンダルム  奥穂高岳と前穂高岳   北穂高岳

9月1日(月) 穂高岳山荘→奥穂高岳→穂高山荘→涸沢ヒュッテ(泊)   (行程説明)

穂高岳山荘の御来光 05:19 穂高山荘の風車と笠ヶ岳 05:28 奥穂高岳の梯子と鎖を登って山荘を振り返る 05:41 笠ヶ岳が明るくなる 05:55 奥穂高山頂が見えてくる 05:59 山頂の祠が見える 06:14
 穂高岳山荘の御来光 穂高山荘の風力発電  奥穂山腹から山荘     笠ヶ岳          奥穂高岳山頂が近い  山頂の祠が見える 朝日に輝くジャンダルム 06:14 裏銀座俯瞰 06:15 ジャンダルムと焼岳、乗鞍岳 06:23 山頂の祠 06:22 山頂にて池澤さん 06:25 山頂にて 06:34"
朝日に輝くジャンダルム 裏銀座俯瞰      ジャンダルムと焼岳、乗鞍岳 山頂の祠        山頂にて         山頂にて ガスを貫く槍ヶ岳の穂先 06:35 ジャンダルムにもガスが湧き上がる 06:37 遠く富士山と南アルプス 06:41 上高地と霞沢岳、焼岳、乗鞍岳、御嶽 06:45 ジャンダルムに登山者が数名 06:51 穂高岳山荘に飛来した救助ヘリ 07:59
 ガスを貫く槍ヶ岳     ジャンダルム       富士山と南アルプス  上高地と焼岳・乗鞍岳 ジャンダルムの登山者  救助ヘリの飛来 ガスに包まれた奥穂高岳 09:01 穂高岳山荘から涸沢ヒュッテ 09:19 下山 岩尾根から見るとヒュッテが近い 11:36 岩尾根で休憩 12:43 涸沢岳とザイデングラードを振り返る 13:03 涸沢に咲くハクサンイチゲ 13:13
ガスに包まれた奥穂高岳 穂高岳山荘から   下山 ヒュッテが近づく   岩尾根で休憩     涸沢岳とザイデングラード ハクサンイチゲ 涸沢のお花畑 13:13 涸沢ヒュッテから涸沢岳 15:09 涸沢ヒュッテから北穂高岳 15:10 涸沢ヒュッテから奥穂高岳 15:14 涸沢ヒュッテから奥穂高岳 15:19 涸沢ヒュッテから吊尾根 15:30
 涸沢のお花畑     涸沢ヒュッテから涸沢岳  北穂高岳         奥穂高岳         奥穂高岳         吊尾根

9月2日(火) 涸沢ヒュッテ→横尾→上高地→恵比寿   (行程説明)

涸沢ヒュッテの夜明け 涸沢岳 05:22 涸沢ヒュッテの夜明け 奥穂高岳 05:22 涸沢ヒュッテの夜明け 北穂高岳 05:26 モルゲンロート 奥穂高岳 05:26 モルゲンロート 涸沢岳 05:28 モルゲンロートに見入る登山者 05:27
 涸沢ヒュッテの夜明け 涸沢岳と北穂高岳   涸沢ヒュッテからのモルゲンロート 奥穂高岳   涸沢岳           見入る登山者 朝日に輝く北穂高岳 05:54 朝日に輝く涸沢岳 05:54 朝日に輝く奥穂高岳 06:08 朝日に輝く奥穂高岳・涸沢岳 06:08 朝日に輝く奥穂高岳 06:09 本谷橋へ降りてくる 07:37
 朝日に輝く北穂高岳  朝日に輝く涸沢岳    朝日に輝く奥穂高岳  朝日に輝く奥穂と涸沢岳 朝日に輝く奥穂高岳  本谷橋へ降りてくる 本谷橋 07:37 北穂高岳 07:45 屏風岩 07:52 曇り始めた横尾山荘 08:42 厚い雲に覆われた明神 11:09 河童橋で雨が降り始める 12:04
 本谷橋          北穂高岳          屏風岩          曇り始めた横尾山荘 厚い雲に覆われた明神   雨の河童橋
(登頂記録)
*山名:奥穂高岳(3180m) 涸沢岳(3110m)
* 年月日:2008年08月30日(土)〜09月02日(火)
* 天候:晴れ
* 行 程
8月30日(土) 雨
恵比寿+++新 宿+++++松 本+++++上高地・・・河童橋・・・・明 神・・・徳 沢・・・横尾山荘
0630  0639/0700  0939/1015 1150/1215  1220    1310/1325 142-/1430   1545 
横尾山荘泊 弁当付き 10000円 TEL 00263-95-2421 予約希望
歩程11.0km 標高差 100m 累積標高差200m

8月31日(日) 晴れ/曇り 起床0500  朝食0530
横尾山荘・・・本谷橋・・・1960m地点小休止・・・涸沢ヒュッテ・・・2400m見晴台・・・ザイデングラード取付き・・・
   0555   0710/0717   0805/0810      0930/0955    1040/1045       1107  
 小休止・・・ザイデングラード終端・・・ 小休止 ・・・小休止・・・穂高山荘・・・涸沢岳山頂・・・穂高山荘 
1115/1120      1145/1205     1220/1230   1238/1245  1355/1410  1450/1505     1525
弁当付き 9800円 TEL 0578-82-2150 090-7869-0045 予約不要
歩程10km 標高差 1550m 累積標高差2000m

9月01日(月) 晴/曇り/雨 起床0430  朝食0500
穂高山荘・・・奥穂高岳山頂・・・穂高山荘・・・小休止・・・小休止・・・涸沢ヒュッテ
 0530     0620/0650   0735/1130  1210/1215  1235/1250   1355
弁当無し 9000円 TEL 090-9002-2534
 歩程4.5km 標高差900m 累積標高差1150m

9月02日(火) 晴れ/曇り/雨 起床0450  朝食0530
涸沢ヒュッテ・・・小休止・・・・本谷橋・・・横 尾・・・徳 沢・・・明 神・・・河童橋・・・上高地BS===
 0600     0720/0725  0735/0740  0845/0900  1000/1010  1105/1115 1205/1230  1235/1245
沢渡駐車場====竜島温泉====新島々++++ 松 本++++新 宿 ++++恵比寿 
1315/1320  1400/1435  1438/1448 1517/1519 1808/1814  1821
 安曇村道路元標(松本市安曇支所 旧安曇村役場)訪座13:48
 歩程19.5km 標高差800m 累積標高差1000m

合計 歩程 45km 標高差1700m


















8月30日(土) 恵比寿→横尾山荘

8月30日(土) 雨
恵比寿+++新 宿+++++松 本+++++上高地・・・河童橋・・・・明 神 ・・・ 徳 沢・・・横尾山荘
0630  0639/0700  0939/1015 1150/1215  1220  1310/1325 1420/1430   1545 

 横尾山荘泊 弁当付き 10000円 TEL 00263-95-2421 予約希望
 歩程11.0km 標高差 100m 累積標高差200m

穂高岳、日本第3位の高さを誇る岩峰は槍ヶ岳と共に登山愛好者の憧れの山である。 その穂高岳へ登頂する機会は3週間前、赤石岳登頂の最中に決まった。 一等三角点を探訪している池澤氏が赤石岳山頂の三角点訪座に続き、前穂高岳の三角点訪座が残されていることや、 6年前に池澤氏とともに登頂する予定が怪我でとん挫したり・・・そんな経緯もあってか、今回実現の運びとなったものである。
しかし計画は一筋縄ではいかなかった。 今夏の異常な天候は太平洋高気圧の張り出しが弱いため、日本列島上空はオホーツク海高気圧や大陸性高気圧の 狭間になって、連日の局所的な豪雨や災害をもたらしていた。
荒川・赤石岳登頂の時も不安定な気象に悩まされ、結果オーライの晴れ続きだったが、 今回は8月26日出発としていたも拘わらず、日本全国にまたがった局地的豪雨や大雷雨など極端に不安定な 天候にため、前日になって延期を余儀なくさせられた。
8月30日出発としたのは、8月31日と9月1日が、不安定ながらも小康状態が期待できると読んで、 初日の横尾山荘までは雨中の入山を覚悟し、翌日は天候次第では傘が使える涸沢まで登り、 涸沢で待機することもやむをえないと判断して実行したものである。
しかし前日の8月29日は多摩、山梨東部が豪雨に見舞われ、中央線は夕方まで不通状態が続き、 翌日の松本行きが心配されるなど土壇場までやきもきさせられた。
当日の東京は早朝から出鼻を挫くような激しい雨が降っていたが、webで「あずさ」の運転状況を確かめて平常運転に 戻ったことを知り、予定通り「あずさ1号」乗客となった。 降っていた雨は山梨に入ると降り止んだが雲底が低く山々は殆ど姿を見せなかった。
松本にて数少ない土曜日のため満員の上高地直行のバスに乗った。
稲核、水殿、奈川渡と3つのダムを遡るに連れて雨が降り出した。 釜トンネルを抜けて上高地に入ると雨は本降りとなっていた。
時刻通り上高地BSに到着、池澤さんが沢渡からの先発のバスで先着、BSで合流した。 休憩所で昼食を済ませ、雨装備で傘をさして横尾まで11kmへの道を歩き始めた。 雨が本降りにも拘わらず、焼岳や奥穂の稜線が見えて雲底の高さにやや安心、 土曜日の混雑の中を河童橋から明神、徳沢へと歩を進めたが雲底が低くなって来たことを心配する。
徳沢付近までは観光客に出会うことが出来る。折角の上高地散策にも拘わらずこの雨では と気の毒に思う。
出発から3時間、前穂の頂きも見ることが出来ないまま横尾山荘に到着する。 昨年の槍ヶ岳登頂時には徳沢に止まって横尾山荘は通過するのみであったが、 とても綺麗になったように思う。 そう言えば横尾山荘は大改装を行ったと聞いた事を思い出す。 予約を入れた時に8月23日から大改装が終わって改装部分の営業を始めたと聞いた ことを思い出す。
ともかくチェックインする。大変広々して、一人一人が個室風に1畳強の広さで区切られている。 風呂もとても綺麗だ。キャンセル料を取る徳沢園の客足が鈍るのではないかと思う。 土曜日ではあるが、天候不順のためか数十人程度の宿泊者で殆どが明日登山するように見える。
まずは濡れた靴や雨具を乾燥室で乾かす。そして入浴、夕食は5時半からである。 夕食時には食堂から前穂が見えてきた。雨も殆ど上がったようだ。 明日の天気の回復を祈って8時頃に就寝した。


















8月31日(日) 横尾山荘→穂高岳山荘→涸沢岳往復

8月31日(日) 晴れ/曇り 起床0500  朝食0530
横尾山荘・・・本谷橋・・・1960m地点小休止・・・涸沢ヒュッテ・・・2400m見晴台・・・
   0555   0710/0717   0805/0810      0930/0955    1040/1045  
ザイデングラード取付き・・・ 小休止・・・ザイデングラード終端・・・ 小休止・・・
      1107       1115/1120      1145/1205     1220/1230
 小休止 ・・・穂高岳山荘・・・涸沢岳山頂 ・・・穂高岳山荘 
1238/1245  1355/1410   1450/1510     1525
 穂高岳山荘泊 弁当付き 9800円 TEL 0578-82-2150 090-7869-0045 予約不要
 歩程10km 標高差 1550m 累積標高差2000m

5時起床、前穂が見えている。空が晴れているかどうかはもう少し明るくならないと分からないが、 ともかく雨は降っていない。 5時半朝食、クロワッサンの昼弁当を受け取って出発、6時には横尾大橋を渡ることが出来た。
本谷橋まで単調な樹林の中を歩く。氷河のU字溝の底を歩いているような気分になる。 やがて明るくなると、左側の屏風岩が覆い被さるように見える。 この頃から青空が広がって陽光が差し込んで来るようになった。 樹間から前方が開けて来ると、北穂高岳の勇姿が真っ先に飛び込んできた。
本谷橋まで1時間15分、吊り橋を渡って涸沢の右岸に出ると河原で大勢の登山者が休憩をとっていた。
橋を過ぎると登りがきつくなる。涸沢の流れが見る見る下方に遠ざかる。 登山道は涸沢の右岸の中腹を緩やかに登りながら樹林帯の中を続いている。 その先に涸沢ヒュッテがある。やがて樹林帯から抜け出す。 南アルプスと違って北アルプスでは2000m付近で高木が無くなる。
本谷橋から2時間強、、涸沢ヒュッテに到着する。 紅葉で知られる涸沢は三方を前穂、奥穂、涸沢岳、北穂に囲まれて、それぞれから氷河のカールが 流れて合流したところがヒュッテの場所であって、ヒュッテはモレーンの上にある。 その山岳風景は他を圧倒する。日本一の風景だと思う。 木々は殆どが常緑樹とナナカマドである。 紅葉となったら世界一の風景になると、スイスの多くの風景を思い出しながら、それでもこれほどの 山岳風景は思い起こせない。こんな凄い風景が日本にあったかのかと圧倒される。
穂高の峰々は山頂に雲がまとわりついているものの、遥かな高みには 穂高岳山荘まで見通せて、そこに至る登山道には点々と登山者が見える。
クロワッサンの昼弁当を食べながら風景を堪能する。 この天気だから文句無く穂高岳山荘まで登ることにする。
10時前に穂高岳山荘に向けて出発、氷河跡を横切るザイデングラードまで結構な距離がある。 すぐ近くに見えるのだが、景色が大柄のためかなかなか近づかない。 ようやくガラガラしたザイデングラードを歩き始めるが、これがきつい。 時間をかけてゆっくり休み休み、ようやくカールを横切ると、ここからが岩尾根である。
2本のカールの境にある岩尾根は、ここだけが落石の心配のないルートと知る。 この岩尾根はモレーンなのか、氷河が削り損なった部分なのか、区別がつかない。
岩尾根は想像していたよりスムースに登れた。ストックを仕舞うことなく、休み休みゆっくりと登った。 両側のカールは急なガレ場だが、雪渓も豊富でその周囲には荒されることれることのない見事なお花畑 に満ちていた。勿論目の下の岩の隙間にもオンダテ、イワギキョウ、タカネシオガマ など色々な花が咲き乱れていた。
穂高岳山荘が徐々に近くなってくる、一方眼下の涸沢ヒュッテが小さくなる。 前穂高岳が奥穂高岳の向こう側に没していく。北穂高山荘が見えなくなってくる。
最後の登りを喘いで岩尾根に取り付いてから1時間強、ようやく穂高岳山荘のフロントにでた。 とうとうここまでやってきた。左側には奥穂高岳への登山道がいきなり梯子と 鎖で始まるのが見える。右側には涸沢岳の岩峰がガスに隠されながら見えている。 両側とも多くの登山者が登り下りしているのが見える。 ガスに隠されながらも素晴らしい絶景である。
チェックインしてから一休み、靴を脱ぐことなく涸沢岳に空身で登ることにした。 山頂が見え隠れしているが大した距離では無さそうだ。標高差も100mあまりとある。 岩がゴロゴロしてはいるが整備されて登りやすい登山道が続く。反対側の北穂高岳に下る登山道が 難所であるのに対し天と地の差がある。 しかし1400mを登ってきた足には堪えた。 山腹からは奥穂高だけの右側からジャンダルムが覗き始めた。 左側からは前穂高岳が見え始めた。 奥穂高岳の山頂も見えてきた。
登り始めて40分!随分かかったものである。 とにかく山頂にたどり着いた。 北穂高岳が見え隠れしているが槍ヶ岳や笠ヶ岳方向はガスの中である。 奥穂高岳方向のガスが薄く、山頂の様子がよく分かる。 20分ほどガスの晴れるのを待ったが、これ以上晴れ上がる様子も無いので下山した。 頭痛が治らず部屋で休みたかった。酸素が薄いのが少し影響しているのかも知れないが、 いつもの頭痛なので気にはしなかった、が薬を飲んでもなかなか直らなかった。
部屋に入ったが5人パーテイの甲高い声にうんざりした。 夕食後、静かな部屋に変わりたいと受付に聞きにいった。頭痛で具合が悪い登山者が一人でいる部屋があるから とその部屋へ変わった。具合の悪い登山者はまだ若く、しかしかなり気分が悪そうだった。 受付で聞いたら血中濃度が異常で高山病という事だった。季節が早ければ診療所がある山荘だが、 9月に入り医師は引き上げて居なかった。
夕方になって笠ヶ岳が現れた。明日の天気が期待できそうだが、頭痛はしくしくと夜中まで続いた。 しかし同室の高山病の登山者は夜になって端が出始め、一晩中止まることが無くなった。明らかに肺に 異変が起きているようである。





























9月1日(月) 穂高岳山荘→奥穂高岳往復→涸沢ヒュッテ

9月01日(月) 晴/曇り/雨 起床0430  朝食0500
穂高岳山荘・・・奥穂高岳山頂・・・穂高岳山荘 ・・・小休止 ・・・ 小休止・・・涸沢ヒュッテ
 0530      0620/0650    0735/1130   1210/1215  1235/1250   1355

 涸沢ヒュッテ泊 弁当無し 9000円 TEL 090-9002-2534
 歩程4.5km 標高差900m 累積標高差1150m

まんじりともしないまま夜が明け始めた。 朝食は5時からだ。御来光は5時20分頃だ。 幸い頭痛は治っているので、カメラを持って外に出た。 その前に受付に同室の登山者の症状を伝えた。 「痰が止まらず、明らかに急性肺炎の症状だから至急ヘリの出動を要請し収容しないと 大事になる」事を告げた。
日の出方向の地平線に雲があって綺麗な日の出にはならなかった。 しかし360度見渡す限り晴れ渡っていた。
5時半には奥穂高岳に向けて登山開始、ナップザックの軽装備である。 池澤さんも同様の装備である。
いきなり梯子と鎖である。これが山頂まで続いたら嫌になるなあ、と思いながら50mほど登ると ストックが使える程度の傾斜になった。ラッシュアワーさながらの大勢の登山者である。 軽装備の登山者は往復、普通の装備の登山者は前穂高岳から岳沢に下るようだ。
ナップザックだから比較的楽に足が運べるが・・・何だかバランスが良くない。 とっさに頭痛薬の影響と感じる。酸素が薄いのは特には感じないが、岩場の吊尾根 を歩くのは控えた方が良さそうだと感じる。
絶景が徐々にせり上がってくる。 槍ヶ岳方向と前穂高岳方向がガスの中だが、それ以外は表銀座、裏銀座など北アルプスのすべてが見えている。 南アルプスや中央アルプスも見えている。ジャンダルムが目の下に変わってくる。
登り始めて50分、狭い山頂に着いた。3180mとある山頂標識にずっしいりとした重みを感じる。 周囲は快晴、ただ前穂高岳が見えない。北穂高岳や大キレットもガスの中である。 槍ヶ岳の穂先がガスの中から突きだして見える。
池澤さんに前穂高岳行きは断念する旨を伝えた。池澤さんは単独で前穂高岳の一等三角点を訪ねて吊尾根に向かった。 その間にも登山者が続々到着しては下山していった。 山頂は一人がやっと、祠もあるがそこも一人がやっとである。登山者が交替で写真を 撮り合う。
上高地が見えそうな場所に移動して覗いたらよく見えた。が、写真を取り忘れた。 そろそろ下山かと思ったら「富士山が見える」の声があがった。とっさにその方向を見たら 甲斐駒ヶ岳の左側に雲間から富士山の姿を見た。奥穂高岳からの富士山は感激である。
ゆっくり下った。ラッシュだった登山者も途切れてすれ違う登山者も少なくなった。 直ぐにガスが覆い始めた。 登りと同じ程度の時間をかけて下山した。山頂はすっかりガスで覆われた。
山荘に着くとすぐにヘリが飛来するのが見えた。明らかに救助用の大型ヘリである。 ヘリポートに着陸、多分高山病の登山者が収容されたと思い、安心する。
ガスが晴れれば涸沢岳に登ろうと思ったが、ますます濃くなるばかりである。 しかし涸沢ヒュッテは見えているから山荘はガスの雲底に位置しているようである。
のんびりと時間を過ごした。良いものだあと感じる。 11時過ぎに池澤さんが戻ってきた。予想より早い帰還である。 前穂高岳の一等三角点訪座が目的の今回の穂高岳行きだからこれで目的をすべて果たしたことになる。 それと3000m峰の完登である。池澤さんにおめでとうを言った。心からそう思う。アルプスに挑んで 僅か数年で3000m完登である。また一等三角点も高所が終わったそうだ。
ガスが気になった。どうやら天気は下り坂のようだ。 池澤さんも同様の感触だった。時間も早いので涸沢まで下ろうと言うことになった。 当初の予定は穂高岳山荘に連泊だったが、悪天候の中を岩尾根を下るのは骨である。 それに涸沢まで下っておけば後は遅くとも夕方までには上高地まで戻れる。また悪天候でも傘をさして上高地まで 歩ける。
11時30分、穂高岳山荘を後にして下りにかかった。さほどの苦労もなく岩尾根を通過、カールをザイデングラードで 横切ったらヒュッテが随分近くなった。が、それからがなかなか近づかない。 お花畑を満喫しながら、周囲の3000m峰を見ながら2時間半後に無事涸沢ヒュッテに着いた。
チェックイン後、外に出て絶景を満喫した。何時間見ていても飽きない光景である。 16時過ぎになって雨が降ってきた。やはり下ってきて正解である。
ヒュッテの食事は立派なものだった。冷や奴まで出てきた。 19時、雨音が耳障りだと思いながら寝付かれない夜が過ぎていった。
22時頃トイレに起きたら満天の星空だった。





























9月2日(火) 涸沢ヒュッテ→横尾→上高地→松本→恵比寿

9月02日(火) 晴れ/曇り/雨 起床0450  朝食0530
涸沢ヒュッテ・・・小休止 ・・・・本谷橋 ・・・ 横 尾  ・・・ 徳 沢・・・
 0600     0720/0725  0735/0740  0845/0900  1000/1010
 明 神 ・・・ 河童橋・・・上高地BS===沢渡駐車場====竜島温泉====
1105/1115  1205/1230 1235/1245  1315/1320   1400/1435
 新島々++++ 松 本++++新 宿 ++++恵比寿
1438/1448 1517/1519 1808/1814   1821
 安曇村道路元標(松本市安曇支所 旧安曇村役場)訪座13:48
 歩程19.5km 標高差800m 累積標高差1000m

 4日間合計 歩程 45km 標高差1700m

まんじりともしない夜が過ぎて5時前に起きた。食事は5時半だから支度にかかった。 食事が終わってから外に出た。綺麗に晴れ渡っていた。モルゲンロートを待った。 5時45分頃から周囲の峰々が赤く染まってきた。素晴らしいショーである。 奥穂高岳も涸沢岳も前穂高岳も北穂高岳もみんな深紅から明るい紅に変わっていった。 それが終わると金色に輝いた。ツエルマットでマッターホルンの同じ光景を見た記憶がよみがえる。
6時下山開始、とことこと順調に下った。穂高の山々が名残惜しかった。何度も振り返りながら徐々に樹林帯に 入っていった。本谷橋まで1時間半、順調である。この調子なら112頃に上高地に着けそうである。 本谷橋を過ぎると雲が多くなってきた。それでも北穂高岳の最後の姿を見て、屏風岩を眺めることが出来た。
横尾に着いたときには前穂高岳も雲の中に没していた。 ここまで来るとホッとするが、現実には上高地は11km先である。
のんびりと徳沢に向けて歩き始めた。1時間後に徳沢園に到着、空はすっかり雲に覆われた。 明神までさらに1時間、河童橋に着いたのは予想通り12時だった。
河童橋からの穂高連峰は低く濃い雲に覆われて高所は雨が予想された。 と、思うまもなく雨が降ってきた。実にラッキーである。 あとは駐車場まで500m足らずである。 河童橋袂で食堂に入り、4日ぶりの下界の食事をした。 雨はまだ小降りで歩くのに支障はなかった。バスターミナルに 行ったら沢渡行きのバスが直ぐに発車した。 釜トンネルを抜けたら本降りになってきた。
沢渡で池澤さんの車に乗って、旧安曇村役場(現松本市安曇支所)の中にある安曇村道路元標を見た。 その後は波田町営の竜島温泉に行って汗を流した。
新島々で池澤さんと別れた。松本行きは直ぐに発車した。 天気も乗り物もタイミングが大変良い日である。
松本駅に着いたら「あずさ」が発車する気配が松本電鉄のホームから見えた。 乗客をかきき分けて急ぎJRホームに駆けて行った。 発車ベルは既に鳴り終わっていた。駅員が発車を待ってくれた。 飛び乗ったら直ぐにドアが閉まって発車した。
自由席はまだ空いていた。席に着いてからはぼんやり、トロトロ・・・ 18時8分に新宿に着くそうである。想定外の早さである。
念願の穂高、憧れの穂高、不安定な天候の中でありながら素晴らしい展望を満喫した 忘れられない穂高行きとなった。またもや池澤さんに深謝である。