常 念 岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
飯豊山下山中の大失敗から3年、懸命のリハビリと徐々に高度を上げてきた山旅から、 再び北アルプスの稜線に立てる見通しが出てきたその時、私の事情を良く知る石森さんが 常念〜蝶への表銀座大パノラマコースを歩く山旅を計画してくれた。
前夜松本泊、常念小屋泊、蝶小屋泊と言う余裕ある行程は、 まだ脚力不十分な現状に相応しいものだった。
結果は台風上陸や悪天候などで常念山頂から引き返す事となったが、 車椅子から再スタートして3年、念願の北アルプスのピークに立てた感激は大きく、 新たな一歩を踏み出すことが出来た反面、圧倒的な脚力不足と言う具体的な課題を 突きつけられた記憶に残る登山となった。
今回の山行きに際しての石森さんの徹底したサポートに感謝の言葉も無い。
(使用カメラ:Nikon COOLPIX 8700)

一ノ沢登山口 2005年07月29日15時01分 烏帽子沢 2005年07月28日10時04分 笠原沢 2005年07月28日10時54分 常念乗越 2005年07月28日14時07分 常念乗越 2005年07月28日14時10分 常念乗越 2005年07月28日14時10分
一ノ沢登山口       烏帽子沢         笠原沢          常念乗越         常念乗越         常念乗越      常念乗越より横通岳 2005年07月28日15時11分 常念乗越より常念岳 2005年07月28日15時38分 常念乗越より穂高〜槍 2005年07月28日15時37分 常念乗越のコマクサ群生地 2005年07月28日15時30分 常念岳より大天井岳 2005年07月29日08時41分
横通岳            常念岳           穂高・槍                コマクサ群生地      大天井岳
常念岳山頂 2005年07月29日07時22分 常念岳山頂のイワギキョウ 2005年07月29日07時34分 常念岳山頂 2005年07月29日07時34分 常念岳より常念乗越 2005年07月29日06時50分  一ノ沢500m手前 2005年07月29日14時44分 梓川SAより常念岳 2005年07月28日06時42分
常念岳山頂        イワギキョウ       常念岳山頂       常念岳より常念乗越   一ノ沢500m手前    梓川SAより常念岳

7月28日:一ノ沢より常念乗越へ
今回の山旅は台風の上陸によって1日順延、前夜松本に泊まり、7月28日朝、 常念乗越に向けて出発する事となった。
「北アルプスの稜線に再び立てる」ことの大きな期待と、 脚力不足の不安とが複雑に交錯する大きな挑戦が始まった。
一ノ沢ヒエ平登山口で登山届けを提出して登山開始、 小刻みに休み休みの各駅停車にて、沢に沿って緩やかに高度を上げていった。 常念乗越まで標高差1200m、4時間半とある所要時間を6時間半かけて登るという行程だった。
烏帽子沢は水平距離でほぼ中間点、乗越まで2.9km、登山口まで2.8kmと書いた標識があり、 ここまで2時間が経過していた。 笠原沢に出ると左に大きく常念の巨体があり正面に遥かに乗越が見えてくる。
登山口を出発してから6時間後、ヘロヘロになりながらも乗越到着、 期待に違わず北アルプス核心部の豪華な風景が迎えてくれた。 天を突く槍ヶ岳は登山者であれば誰もがその穂先に立ちたい欲望に駆られる。

7月28日:常念乗越にて
常念乗越は標高2456m、左に常念の巨体が、右には横通岳が圧倒し、 眼前に穂高から槍への岩峰群が迫っている。その豪華な山岳風景は 登山者の全てを魅了して止まない。 横通岳への斜面はコマクサ自生地の南限として知られ、多くの登山者が散策を楽しんでいた。

7月29日:常念岳へ
予想に反しての曇り空で穂高・槍の稜線は完全に雲に閉ざされていた。 6時前に出発、常念岳山頂を目指して最後の400mを登っていった。雲間から途切れ途切れに覗く 東天井岳、大天井岳など表銀座稜線上の山々が横通岳の左奥に見えていた。
山頂は完全にガスに覆われていた。狭い山頂は数人で満杯、交代で記念写真を撮るのがやっとだった。 山頂にひっそりと咲くイワギキョウが美しい。
ガスに強風、加えて雨も降りだし、さらに翌日の天気は一段と悪化の予報に、 この先の蝶へ向けての稜線歩きには適さず、ここから引き返す事にした。
下山途中で見た常念乗越は赤い屋根の常念小屋がよく目立つ。 常念岳登頂から一旦小屋に戻って雨装備を解除、下山装備として暑さ対策をして、 いよいよ北アの稜線に別れを告げた。
足がかなり疲労しているため、下山も小刻みに休みながら、負担をかけないよう、ゆっくり降りることにした。 疲労した左足には、とてつもなく長い長い下山に感じた。それでも30分毎に確実の100mずつ方向は下がっている事に 随分救われた。最後まで、左足へのメンテを怠らず、登山口には5時間後の15時に辿り着くこととなった。

牛歩、とてつもなくゆっくりペース、ともかく北アの稜線に立ちたいと言う夢は石森さんのサポートによって実現した。 しかし常念岳は北アルプスでも最短距離と標高差にも拘わらず、この疲労した足では北アに登る最低限の条件を満 たしておらず、脚力不足の具体的課題を露呈する事となった。
記念すべき第一歩は踏み出せたものの、アルプスへの道に”明るい見通し”を得たとは言い難い事を知ることとなった。
長野道梓川SAからの常念岳はいつもように”金字塔”のように聳えて、それに続く稜線は南北に連なっていた。

(登頂記録)

*山名:常念岳(2857m)
*年月日:2005年07月29日(金)
*天候:曇
*行 程
7月27日(木)快晴
恵比寿 外苑IC 釈迦堂PA  諏訪湖SA  松本IC ホテル
 1320  1340  1450/1500 1600/1610   1640  1700
(松本グリーンホテル泊 063-35-1277 @5000) 

 7月28日(木) 快晴
ホテル 松本IC 梓川SA  豊科IC 一ノ沢路肩P      
0625  0635  0640/0650  0652  0740/0750
登山口  小休止   小休止  小休止  烏帽子沢
0810  0840/0845 0915/0920 0955/1000  1005
食物補給  小休止    小休止   食物補給   水 場 
1025/1040 1100/1120 1140/1145 1220/1240 1248/1251
 小休止   小休止  常念乗越  常念小屋(散策)
1320/1325 1342/1347  1410   1420/1510/1620

 7月29日(金) 曇・ガス・雨→曇
常念小屋 小休止   山 頂   小休止    小休止  
0545  0655/0700 0725/0740 0805/0810 0825/0835 
 小休止   常念小屋  小休止   小休止    小休止
0900/0905 0920/0955 1030/1035 1100/1105 1150/1155
 食物補給   小休止   小休止   小休止  小休止  登山口
1210/1230 1300/1310 1335/1340 1305/1313 1440/1445 1505
登山口    P   ほりで−湯  豊科IC 談合坂SA 恵比寿
1505  1510/1520 1550/1625  1650  1900/1920  2020