白  山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
白峰温泉より白山 2001年10月15日 12:00 室堂より山頂   2001年10月14日 15:30 翠ヶ池の脇より御前ヶ峰 2001年10月14日 13:30 黒ボコ岩より別山 2001年10月14日 10:50 山頂より恵那山 2001年10月15日 06:10 山頂より室堂・荒島岳 2001年10月14日 12:30
 白峰温泉より白山   室堂より山頂      翠ヶ池の脇より御前ヶ峰 黒ボコ岩より別山      山頂より恵那山    山頂より室堂・荒島岳
山頂より大汝峰 2001年10月15日 06:10 山頂と影白山 2001年10月15日 06:10 山頂より御来光 2001年10月15日 05:50 山頂より北アルプス大展望 2001年10月15日 06:10 山頂にて 2001年10月14日 12:45 池澤氏撮影
 山頂より大汝峰    山頂と影白山      山頂より御来光       山頂より北アルプス大展望              山頂にて
最高地点にて 2001年10月14日 12:50
富山から福井にかけての北陸道からは、ひときわ美しく優雅な山容を見せている白山、 北陸道でも憩いの場所としても格好な尼御前SA からの白山はことさら美しい。(使用カメラ CANON EOS、 SONY DSC-P1)
紅葉も終わろうとしている10月中旬に、その白山登頂を目指して、白峰温泉を経て市ノ瀬より別当出合登山口へ、 池澤さんとともに星空の綺麗な朝5時に福井市内を出発、このあたりを通過したのはようやく夜が明け始めた時だった。
白峰温泉からは谷間の向こうに御前峰と大汝峰のピークを見ることが出来る。
別当出合から砂防新道を歩いて、甚ノ助避難小屋まで2時間半、そこから登り詰めて黒ボコ岩まで 1時間半、ようやく山頂が見える所にたどり着いた。 室堂まではここから30分、室堂に荷物を置いて山頂まで1時間弱の登りとなった。
白山は山頂火口を挟んで3座のピークがある。最高峰は小さなピークで2702mの御前峰、ここに一等三角点があり、 白山神社の奥宮がある。それから大きな大汝峰(2684m)と剣ヶ峰(2677m)があって、不完全な火口壁を作っている。
その御前峰を室堂の本宮から眺めると、白山をご神体としている白山神社だから本院の背後に山頂が来るような 配置になっている。
山頂火口に降りて大きなピークの大汝峰(2684m)との鞍部にある翠ヶ池の脇から御前ヶ峰を見上げると火口へ向かって切れ込んでいる 岩山の表情だけが際だっている。
別山(2301m)は別当出合からの登山では、最初から最後までこの山が見下ろしていて、 やがて追い越して自らの高さを知るようになる。 堂々たる山容で、本来別山の麓に白山神社があって別山を経由して御前峰に至ると言うのが信仰の道である。
恵那山(2190m)が御嶽の右側に位置して見えていて、そのピラミダルな姿は信州方面のそれとは大変異なる姿である。
西を見れば荒島岳(1523m)を中心として、遠く能郷白山(1617m)や伊吹山(1377m)までもが幾重にも折り重なって見え、 足下には室堂の白山神社がある。
白山山頂、最高峰である御前峰(2702m)は、ピークとしては小さな火口壁の岩山である。 その頂からもう一方の際だった火口壁が大汝峰(2684m)で、その下に見えるのが、いくつかある火口湖のひとつである翠ヶ池である。 日本海側から見れば大汝峰が張り出し御前峰は殆ど見ることが出来ない。
ご来光直後の白山は真っ赤に染まって山はだの色彩が時々刻々と変化する、荘厳なひとときである。
白山山頂でのご来光を迎えた直後に日本海側に現れた壮大な影白山、思わぬ光景に驚愕の一瞬。 この幻想的な影の姿は、時間とともに徐々に低くなり、光の波長が短くなるにつれて薄れていく。 その影の演出する自然のドラマに、しばし見入ってしまっていた。
白山の御前峰の山頂には2カ所の山頂標識がある。1カ所は一等三角点のある場所に御影石の標識、 これには御前峰山頂であることが示されている。 勿論標高は2702mで三角点標高に一致している。
もう一方は、それより数m離れた(写真手前)所にあって、こちらの方は三角点より約1mほど高く感じる。 そこにある山頂標識は木製、やはり2702mとしている。 理屈はともかく山頂標識が2カ所ある山も珍しいが、記念写真はどちらで撮るのか登山者を迷わせる。
ご来光を見るなら山頂で、と言うわけで6時頃の日の出と予想して、雲一つない星空と東の空の薄明かりの中、 凍てつく寒さをおして山頂まで足を運んだ。昨日は室堂から1時間かかった山頂だが、 今朝は寒いためか35分で山頂へ、東には北アルプスのくっきりとしたシルエットがあった。 そして乗鞍岳の右側、八ヶ岳の赤岳付近が真っ赤に染まり始めていた。
引き締まった大気は最高のご来光をお膳立、待つこと10分、5時50分に最初の一閃、 赤岳と権現岳の狭い隙間から真っ赤な太陽がせり上がり、付近を赤々と照らしながら、 荘厳なドラマが始まった。
登山者一同、感激の一瞬、せきとして声なき瞬間だった。
荘厳なドラマは日本海に影白山を演出する一方、一望の下にある北アルプスの長大な山脈を赤々と燃えさせた。 御嶽から始まって乗鞍岳、そして穂高連峰、槍ヶ岳----薬師岳、立山、剱岳などなど居並ぶ飛騨山脈の峻峰群が まださめやらぬシルエット姿から、間もなく寝覚めの時がやってくるようだ。
この山頂は一等三角点の埋設されている方の山頂、御前峰の標高はこの三角点の標高を以て決まっているから、 ここを山頂として撮った登頂記念である。 今回で登頂が3回目となる池澤さんに感謝して。
上記の三角点山頂標識より1mほど高い山頂標識の際に3mほどの岩がある。 文字通りの白山最高地点によじ登って記念撮影、"2706m"の白山山頂である。

(登頂記録)
*山名:白山御前峰(2071m) 一等三角点(白山)
*年月日:2001年10月14日(日)
*天候: 快晴
*行 程
10月13日(土)
東京          米 原       福 井
1238(ひかり103)1501/1510(しらさぎ9)1615
池澤車に合流  *ホテル リバージュ アケボノ
          福井市中央3-10-12 桜橋際 @6200 TEL0776-22-1000
10月14日(日) 快晴
福井 別当出合駐車場  別当出合登山口(砂防新道経由)
0500   0635/0645       0655     
甚ノ助避難小屋 黒ボコ岩   室堂   御前峰山頂   室堂(御池めぐりコース)
    0920  1045/1100 1130/1145 1245/1320   1455
   *室堂センター泊 素泊 @4400 10/15まで TEL0761-21-9930
10月15日(月) 快晴
室堂  山頂 (ご来光)山頂    室堂    黒ボコ岩(観光新道経由)
0505  0540  0550 0615  0640/0730  0750/0755
殿ヶ池避難小屋 禅定道分岐 別当出合  駐車場
 0830/0840   0945/0955  1050  1100/1110
 入浴・そば(白峰温泉)小松空港(360号線)小松       羽田  恵比寿着
               1400         1555 (ANA758)1700    1750