荒 島 岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
白山よりより荒島岳 2001年10月15日 07:20 EOS7 60mm F11 1/250 荒島岳登山道にて 2002年05月11日 12:20〜14:00 Sony DSC-P1 荒島岳登山道にて 2002年05月11日 12:20〜14:00 Sony DSC-P1 荒島岳山頂 2002年05月11日 12:20 Sony DSC-P1 荒島岳山頂にて 2002年05月11日 12:20 Sony DSC-P1 荒島岳山頂にて 2002年05月11日 12:20 池澤氏提供
 白山よりより荒島岳        荒島岳登山道にて  荒島岳登山道にて  荒島岳山頂      荒島岳山頂にて    荒島岳山頂にて

荒島岳は1523m、白山に比べれば1200mも標高差がある。 だから白山から見ると見下ろすように見える。
白山を訪れて半年、その荒島岳登頂の機会が訪れた。 しかし前日から降り続く雨は当日になっても止まず、 雨とガスの中での登頂となった。
荒島岳は白山山頂から独立峰のように「上から」見ることが出来る。 が、荒島岳を撮ったと言うよりも、荒島岳を中心とした、幾重にも折り重なる能美の山並みの美しさに 思わずシャッターを押したものである。能郷白山や最奥には伊吹山も見えている。
当日は福井市内を7時30分出発、車のトラブルなどがあって、佐開登山口を歩き出したのが10時30分と 遅いスタートとなった。 佐開登山口は林道を標高800m以上の所まで車で入れるので、山頂まで2時間足らずの最短ルートだが、 あまり知られていないようだ。さらにこの林道はかなりの悪路だから乗用車で乗り入れには厳しいようだ。
この日は最後まで雨とガスの登山となったが、お天気に代わって楽しませてくれたものは 山麓ではコシアブラやタラノメなどの山菜、山頂付近では春の花、とりわけこの季節の短い期間にだけ見られる イワウチワが美しく、雨のため花を閉じたままのカタクリの群落やショウジョウバカマが精一杯花の季節を告げていた。
佐開登山口をしばらく行くと間もなく急登を繰り返す。 1時間足らずして稜線に出るとシャクナゲ平がある。ここで勝原スキー場からのメインの登山道と合流し、 さらに登り詰めて登山口から1時間50分、雨とガスの悪天候の中だが電波反射板と一等三角点のある山頂に着く。
この時期は通例なら山頂付近は残雪があるのだろうが、すでに雪は全くなく、所々に雪渓が残っていた程度である。
写真は山頂にある展望写真、白山の展望が素晴らしい(と聞く)。 ガスで無展望の代わりにその展望写真を撮ってこの日の展望とした。
今回はそもそもビジネスがてら、関東から転勤の百名山完登者でもある輪島さんが仕事あけの週末に 荒島岳行きをセット、それに地元の大川さん、ビジネスのセットに仲立ちをしていただいた 池澤さんと玄梅さんの合計5名、いずれ劣らず山の先達に囲まれての豪華な山行きで、何があっても大安心の メンバーでもあった。
(登頂記録)
*山名:荒島岳(1523m) 一等三角点(荒島山)
*年月日:2002年05月11日(土)
*天候: 雨
*行 程
福井市内ホテル発  佐開登山口   シャクナゲ平   山 頂        
   0730       1000/1033     1135     1220/1317     
シャクナゲ平 佐開登山口  小松空港  羽田着
1350/1355  1435/1440  1702/1735  1840