西穂山荘

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

(鍋平より笠ケ岳)

新穂高温泉は数ある奥飛騨温泉の最奥にあり、ここにロープウェイがあって、西穂高口まで登れる。 西穂高口からは、西穂山荘を経て上高地に下る、あるいは西穂高岳、さらには日本有数の難ルートと言われる奥穂高岳へのルート などの登山ルートがある。また新穂高温泉は笠ケ岳、黒岳などいわゆる裏銀座への登山口としても良く知られている。
ここ鍋平は2本のロープウェイの乗り継ぎ点で、多くの人が乗り継ぎの時間待ちをしているところだ。 笠ケ岳が大きく見事な均整のとれた姿をしている。 ここからの笠ケ岳は高さを感じさせ、山も近くにあって迫力満点、 笠ヶ岳展望の絶好のビューポイントになっている。

(新穂高鍋平 10月下旬08時10分 75mm F11 1/500)

(鍋平より西穂と槍ケ岳)

この槍ケ岳もロープウェイ終点の西穂高口でもよく展望できる。と言うより槍が近くに見えることが このロープウェイの売り物だ。しかし写真を撮り比べてみると、西穂高口では常緑樹の方が多 いため、ここ鍋平の方が紅葉と岩峰の調和がとれ、展望スポットとして推薦できる。

(新穂高鍋平 10月下旬08時10分 100mm F11 1/500)

(西穂高口より鷲羽岳)

鷲羽岳や黒岳ともなるとさすがにそう手軽には見える山ではない。南アルプスや中央ルプスは、 ともに東京からの日帰り圏なのと、山脈の横幅が高さに比べてあまり無いため、主要な山すべてが 高速道路から展望できるが、北アルプスの場合は山脈の厚みもあって手軽なビューポイントが見あたらない山がある。 この2座ともその良い例だ。新穂高のロープウェイ終点の西穂高口で、辛うじて山頂部を展望出来るのが 唯一の手軽なビューポイントだ。その他乗鞍岳山頂、立山山頂などが手軽と言えば手軽だろう。

(西穂高口 8月上旬9時10分 300mm F11 1/750)



(西穂高岳・焼岳・乗鞍岳)

西穂高口から1時間半、西穂高山荘は上高地から登ってきた人などと合流して大混雑している。 多くの登山者はここから独標まで登っていく。一部の登山者が西穂高岳まで行き、例外的な重装備の登山者が奥穂高岳まで行く。 さらに例外的なハイカーがここ止まりか反対側に下っていく。 今回はその例外的なハイカーとなって西穂山荘のすぐ上にある丸山という小ピークまで行って、素晴らしい好天下、 北アルプス南部の山々の展望を楽しんだ。
写真左は、その丸山から見た西穂高岳で、その手前に独標が見えて大勢の登山者が登っていく。
写真右は、焼岳と乗鞍岳、焼岳とは標高が殆ど変わらないから山頂が目線に見えている。

(西穂山荘丸山 2002年08月03日 09時00分 Sony DSC-P1)



(前穂高・笠・鷲羽岳)

写真左は、丸山から見た前穂高岳、奥穂高岳は西穂の裾に隠れている。
写真中央は、新穂高温泉を挟んで相対峙する笠ヶ岳、そして鷲羽岳が遙かに見通せる。

(西穂山荘丸山 2002年08月03日 09時00分 Sony DSC-P1)


(登頂記録)

*山名:西穂山荘
*年月日:2002年08月03日(土)
*天候: 快晴
*行 程
08月03日(土)
ホテル穂高 西穂高口 西穂山荘   丸 山     西穂山荘  ホテル穂高
 0600     0710    0835   0845/0930  1000/1030   1330
08月04日(日)
ホテル穂高  畳 平     松本IC  八ヶ岳PA  恵比寿
0800   1045/1300     1530   1610/1630  2115