木曽駒ヶ岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

 <木曽駒ヶ岳>  <極楽平・島田娘>  <車窓展望の山旅 2007年第4回>
中岳より木曽駒ヶ岳 1996年08月15日08:00 乗越浄土より空木岳 1996年08月15日07:00 千畳敷より南アルプス北部 09月下旬 12:00 木曽駒ヶ岳山頂の一等三角点(伊久間氏撮影提供)
 中岳より木曽駒ヶ岳      乗越浄土より空木岳     千畳敷より南アルプス北部                 山頂標識と一等三角点
千畳敷より南アルプス中部 09月下旬 12:00 千畳敷より南アルプス中部 09月下旬 12:00
 千畳敷より南アルプス中部                千畳敷より南アルプス南部

中プアルプス木曽駒ヶ岳は標高2500mの千畳敷までロープウェイが施設され、労せずして氷河地形の 千畳敷カールに行くことが出来る。木曽駒ヶ岳はここを拠点に約1時間、乗越浄土まで登り詰めると 2900mの中央アルプスの稜線にでる。そこから中岳まで約30分、ここへ来ると北西側の展望が開ける。 眼前に大きな木曽駒ヶ岳山頂が姿を見せ、その向こうに穂高、乗鞍、御岳など北西側の山々が望める。 ここから木曽駒ヶ岳山頂までもう一息だ。30分の最後の登りが待っている。
乗越浄土では宝剣岳は目の前にあって20分の登山だ。 主稜線上にいるだけに南に向けての中央アルプスの空木岳や南駒ヶ岳などが素晴らしい。
木曽駒ケ岳を初め中央アルプスは、どこへ行っても伊那谷を挟んで相対峙する南アルプスの 壮大な展望が望める。そしてその展望は主稜線のみならず、千畳敷からも充分満喫できる。
左より鋸岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈岳、北岳、間ノ岳、農鳥岳と続き、その右には富士山がひときわ高く 見えていて、さらに塩見岳、南部の主峰群はさらに荒川三山から赤石岳へと続き、聖岳に至る。 聖岳からは次第に標高を下げ、光岳、池口岳へと長い稜線がいつまでも続いている。
(登頂記録)
*山名:木曽駒ヶ岳(2956m) 一等三角点(信駒ヶ岳)
*年月日:1996年08月15日(日)
*天候:晴
*ツアー登山 20名
*行 程
08月14日(土)
新宿  シラビ平  ロープウェイ 千畳敷 
0800   1300    1430     1500      
千畳敷ホテル(泊)
08月15日(日)
千畳敷 乗越浄土  中 岳   木曽駒ヶ岳  中 岳  乗越浄土 千畳敷  シラビ平 入浴  新宿
0500  0630/0700  0740   0810/0850  0930   1000   1100   1300   1400  1900

































極楽平・島田娘

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

 <木曽駒ヶ岳>  <極楽平・島田娘>  <車窓展望の山旅 2007年第4回>
千畳敷より宝剣岳 2005年07月21日 13:48 花の季節の7月下旬、久しく高山地帯に踏み入れることがなかったが、思いついて 中アの「お花見」に日帰りで家内と出かける事にした。 千畳敷は東京から4時間、日帰りギリギリの所要時間である。 自宅を朝発ち千畳敷には10時前に到着、観光客の雑踏で踏み荒らされている 千畳敷だけでは大きな期待は持てないので極楽平から島田娘まで登ってみた。 観光客の入らない極楽平への登山道に一歩踏み入れると、チングルマ、イワカガミ、シナノキンバイ、 ミヤマキンバイ、ミヤマキンポウゲ、ナナカマド、コバイケイソウetc、数え切れないほどの花々が咲きそろっていた。
写真は千畳敷の最下部にある池糖、の周囲に咲くチングルマと宝剣岳、カール、右端には乗越浄土 への登山道が見えている。(今日のカメラは Nikon COOLPIX 8700)

千畳敷より島田娘 2005年07月21日 13:56 千畳敷のチングルマ 2005年07月21日 10:32 極楽平より島田娘 2005年07月21日 11:44 島田娘のミヤマシオガマ 2005年07月21日 11:49 島田娘のコマウスユキソウ 2005年07月21日 11:09 島田娘のチシマギキョウ 2005年07月21日 11:26
 千畳敷より島田娘    千畳敷のチングルマ  極楽平より島田娘    ミヤマシオガマ     コマウスユキソウ    チシマギキョウ  

中央アルプスの主稜線上の極楽平に上がると西側が開け、涼しい風が吹き抜ける。 そして植生が一変する、主稜線上の厳しい気象条件で自生する花は、 コマウスユキソウ、ハハコヨモギ、タカネツメクサ、ミヤマシオガマ etc、 それに幾分早めのチシマギキョウが咲き始めていた。
とくにコマウスユキソウは中央アルプス固有種で、他のウスユキソウに比べて小型 であると言われていて、砂礫層や岩場の周囲に群生している。
木曽駒・宝剣岳 2005年07月21日 11:32 御 嶽 2005年07月21日 11:23 島田娘山頂と空木・南駒 2005年07月21日 11:31 三ノ沢岳  2005年07月21日 11:23
 木曽駒・宝剣岳      御  嶽           島田娘山頂と空木・南駒  三ノ沢岳

[島田娘展望] 夏空の昼時は遠望が利かず、北アや南アまで見通すことが出来なかったが、 島田娘は北部の最高峰群と中・南部の空木岳、南駒ヶ岳などを分ける、主稜線の緩やかなピークである。 そのため南北ともに中アの山々がよく見え、北には木曽前岳、木曽駒ヶ岳、宝剣他岳、伊那前岳、 などが望まれ、西に木曽御岳がうっすらと、南には島田娘から檜尾岳を経て、熊沢岳、空木岳に 至る縦走路が手に取るように見える。
空木岳の奥には南駒ヶ岳以南の山々が見えている。 三ノ沢岳はその主稜線から外れて、独立峰のように見えるが、極楽平から1時間30分と近い。
島田娘山頂は山頂らしき標識などはない。県界石と見られる標石があるが定かでない。 山と言うよりも主稜線上の緩いピークの一つであるが、標高2858mはさすがにアルプスの稜線 そのもののたたずまいである。
(登頂記録)
*山名:島田娘(2858m)
*年月日:2005年07月21日(木)
*天候:晴
*行 程
恵比寿 初台IC 八ヶ岳PA  菅の台P しらび平   千畳敷
 0600  0625 0750/0800 0845/0906 0935/0940 0950/1000
極楽平  島田娘   極楽平       千畳敷       しらび平     
 1100 1115/1130 1150/1210 1245/1300〜1400/1443 1451/1510 
 菅の台P 駒ヶ根IC  諏訪湖SA  石川PA 恵比寿
1545/1550  1555   1650/1730 1900/1935 2013





















御嶽周遊と中央アルプス島田娘 車窓展望の山旅 中央道 2007年第4回

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

 <木曽駒ヶ岳>  <極楽平・島田娘>  <車窓展望の山旅 2007年第4回>
ツアールート 朝日旅行主催の「御嶽周遊と中央アルプス 島田娘 「中央道」車窓展望の山旅 2007年第4回」 は、21名の参加を得て8月2日〜3日に実施いたしました。当日は台風の接近で悪天気が懸念されましたが、 参加者の皆さんの念力のお陰で、行く先々で雲が切れ、雨にも降られることもなく、極楽平に登りました。 お目当てのコマウスユキソウもも会えました。稜線上は強風が吹き荒れ、安全を期して島田娘行きは中止して下山、 晴れ上がった千畳敷を散策しました。
  (使用カメラ CANON IXY 900IS)(左はGPSによるトラック)

8月2日 御嶽周遊 

諏訪湖SAにて 2日間お世話になります 10:45 中央アルプスを貫く権兵衛トンネル 長さ4470m 木曽谷への所要時間が大幅に短縮された 11:19 御嶽ロープウェイ乗り場 青空が一杯 13:04 御嶽ロープウェイ山頂駅 13:23 展望台から北アルプスを望む 岳沢、常念岳などが見えている 13:28 標高2150mとある展望台 背後には御嶽が雲に隠されている 13:34
 お世話になるツアーバス 権兵衛ノンネル    ロープウェイ乗り場    山頂駅          展望台から北アルプス 御嶽は雲の中 
山頂駅の散策路にある御嶽神社 13:38 無事を祈って参拝 13:39 散策路を歩く 13:39 中央アルプスの山頂部は雲の中 13:40 タカネビランジ 小植物園に咲いていた 13:50 台風は九州に上陸 今日の天気はどうか? 8/3 06:39
 御嶽神社         神社に参拝       散策路を歩く       中央アルプスは雲の中 タカネビランジ      台風上陸を伝えるTV 

8月3日 中央アルプス千畳敷・極楽平 

しらび平の専用バス 7:25 ロープウェイ乗り場では本降りの雨  全員が雨装備 07:25 千畳敷に着いたら稜線が見えてきた 08:42 宝剣岳も見えてきた 08:45 準備体操 08:46 極楽平へ向けて出発 08:51
 しらび平         本降り・・・         千畳敷では稜線が見える 宝剣岳も見える    準備体操         極楽平へ向けて出発 
ガスの中を登る 09:10 花が驚くほど多い 09:16 千畳敷ホテルが見えてきた 09:33 極楽平まであと一息 09:45 極楽平は無展望 09:38 登山道に咲く花
 ガスの中を登る     花が大変多い       千畳敷ホテルが見える   極楽平まであと一息   極楽平に到着    登山道に咲く花々 
稜線上のコマウスユキソウとタカネツメクサ 09:50 島田娘の方向 09:56 全員で記念写真 08:58 下山 晴れ上がった千畳敷 10:28 もうすぐホテルへ下山 10:28 しらび平も晴れてきた 11:34
 コマウスユキソウ    ガスと強風の稜線    全員写真         晴れ上がった千畳敷  下山             しらび平

朝日旅行主催の「御嶽周遊と中央アルプス島田娘「中央道」車窓展望の山旅 2007年第4回 は、21名の参加を得て8月2日〜3日に実施いたしました。
ツアーは横浜からスタートし、8時には新宿西口を出発しました。石川PA、諏訪SAで休憩後、伊那ICから新設の 権兵衛トンネルを抜けて木曽谷に入り、開田高原を経て鹿の瀬の御嶽ロープウェイ乗り場まで一気に走りました。
折悪しく台風5号が九州に接近、その影響を受けて新宿では驟雨性の雨で出鼻をくじかれました。 しかし西に走るほどに青空が広がり、大展望こそ望めないものの、近景の山々を見ながらの車窓展望となりました。
鹿の瀬で昼食後、御嶽ロープウェイで標高2150mの山頂駅にある展望台に上がりました。 山頂部を雲に覆われた御嶽を背に、恵那山、北アルプス穂高・常念など、思わぬ展望に歓声を上げました。 中央アルプスは山頂部が雲に隠され、同定は困難でした。
バスで往路を引き返し一路伊那ICへ、中央道で駒ヶ根ICから菅の台にある温泉ホテルに着いたのは 16時と比較的早い時間でした。
宿からは千畳敷や宝剣岳を見ることが出来ました。
台風は大分に上陸、TVは被害を伝え、明日の長野県南部の天気予報も芳しいものではありませんでした。

翌朝は雨で明けました。 菅の台から専用バスでしらび平へ、本降りの雨の中で、黙々と雨具を装備しました。 気分は憂鬱、ともかくロープウェイに乗りました。
千畳敷はガスでした。幸い雨は殆ど降っていません。 添乗員の山下さんが現地の山岳指導員にコンタクトし、山の様子を聞いた上で行けるところまで行こうと 準備体操をしてから極楽平目指して出発しました。すぐにガスが晴れて宝剣岳が見えてきて歓声が上がりました。 驚くほどの花々が出迎えてくれました。 コイワカガミ、チングルマ、ミツバオウレン、シナノキンバイ、ミヤマキンバイ、 高度を上げるに連れてハクサンイチゲ、イワツメクサなどなどが出迎えてくれました。 途中からは千畳敷ホテルが見えてきました。
ゆっくり1時間、極楽平に登り詰めました。ガスで三ノ沢岳や木曽駒ヶ岳などは見ることが出来ませんでしたが、 早速コマウスユキソウやタカネツメクサやチシマギキョウなど稜線上の花々に会うことが出来ました。
しかし稜線上の強風が吹き荒れていたので島田娘行きは中止して、ここから引き返すことにしました。 下りはルンルン気分、視界はさらに晴れ上がり伊那谷も見え、宝剣岳も見えてきました。 思わぬ晴れ間に大喜びでした。
下山後は20分ほど時間の余裕があったので千畳敷を歩くことにしました。 極楽平登山道の驚くほどの花の密度に比べて千畳敷の方はぐっと少ないように感じます。 人の行き来が多い散策路は人的な影響があって乾燥化が進み、花々が減ってきたような気がします。
ともかく思わぬ晴れ間と多くの花々に迎えられて大満足の中央アルプスの稜線行きでした。 ロープウェイもバスもトントン拍子で菅の台に戻ることが出来、入浴、昼食を済ませて 帰路につきました。
今まで一度の姿を見せなかった南アルプスの仙丈、甲斐駒、鋸岳など、また蓼科山をはじめとした北八ヶ岳の 山々も見ることが出来ました。
八ヶ岳PA、石川PAで休憩の後、17時過ぎ、予定より1時間半以上早く新宿西口に戻ることが出来ました。
台風接近の最中にもかかわらず、思わぬ晴れ間に恵まれて花々に迎えられての大満足の山旅でした。
次回もまたツアーで再会出来ることを願ってやみません。
(登頂記録)
*山名:−(極楽平)
*年月日:2007年08月03日(金)
*天候 曇り
*行 程
8月2日(木) 晴れ
(横 浜==)恵比寿+++新宿西口 ===石川PA=== 諏訪湖SA===伊那IC===権兵衛トンネル===
(0700)   0714  0724/0810  0740/0855  1035/1050    1107   1115
開田高原===鹿ノ瀬+++ロープウェイ山頂駅+++ 鹿ノ瀬===権兵衛トンネル===伊那IC===駒ヶ根IC===駒ヶ根高原   
        1225/1315   1325/1400    1410/1430 1550         1555    1605     1610      
駒ヶ根温泉ホテル泊

8月3日(金) 雨→曇り
ホテル発・・菅の台===しらび平+++ 千畳敷 ・・・ 極楽平・・・ 千畳敷+++
0730    0735   0900/0820  0830/0850  0950/1010 1045/1120
しらび平===菅の台(入浴)===駒ヶ根IC===八ヶ岳PA===石川IC === 新 宿+++===恵比寿(===横 浜)   
1130/1145 1210/1345    1350   1435/1455  1610/1620  1705/1732   1740   (1810)    













  極楽平への登山道に咲く花々









  稜線上に咲く花々(コマウスユキソウとタカネツメクサ)