美 ヶ 原(020526再訪)

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <美 ヶ 原(020526再訪)> <美ヶ原眺望(030502)>
霧ヶ峰より美ヶ原と白馬三山 11月下旬 09:15 美しの搭より王ヶ頭 2002年05月26日 09:15 王ヶ頭 2002年05月26日 09:45 王ヶ頭より牛伏山 2002年05月26日 10:00
 霧ヶ峰より美ヶ原                     美しの搭より王ヶ頭     王ヶ頭           王ヶ頭より牛伏山

美ヶ原は霧ヶ峰に連なる2000m級の台地でその山容はなかなかつかみにくい。そこで霧ヶ峰の車山に登って 見たら、美ヶ原の台地が見え、その上に白馬三山が見えていた。 アンテナが林立してるところが美ヶ原山頂の王ヶ頭である。
美ヶ原への初登は1961年、まだ道路など開通する前のことで、三城牧場から登り王ヶ頭を経由して、 山本小屋へ行っ。その山本小屋に近いところに以前は質素な鐘があって、 広い山頂で道に迷った者への道しるべとして鐘を鳴らした。 今は車道並の遊歩道が整備されて迷いようが無く、鐘も「美しの塔」と名を変え観光客へのサービスに徹している。
この美しの搭から山頂の王ヶ頭を見た風景は、如何にも広々していて、遠くに北アルプスがあって、 美ヶ原を代表する風景の一こまとなっている。
王ヶ頭は山本小屋から40分、眼下に美ヶ原高原駐車場も見えていて、そこからは20分と聞く。 およそ登山靴など無用の世界に美ヶ原最高地点の王ヶ頭がある。
初登の時には静かな何もない山頂だったが、今の王ヶ頭はアンテナが林立していて、 ホテルもあって、どこが山頂なのかよく分からない。 そこで捜したのが三角点の在処、山頂の西の端で、すぐ向こうに王ヶ鼻が見えていてそこから先は安曇平というところ、 アルプスを見るには最適の場所に3等三角点「美ヶ原」があった。またここに山頂標識もある。
美ヶ原の中央右には美しの搭があって、さらにその左には山本小屋がある。その背後には美ヶ原東端の牛伏山(1990m) がある。山本小屋から僅か100mほどのところにある。

(登頂記録)

*山名:美ヶ原(2034m)三等三角点(美ケ原)  車山(1925m)三等三角点(車沢)
*年月日:2002年05月26日(日)
*天候:晴
*行 程
恵比寿 岡谷IC  山本小屋    王ヶ頭   山本小屋  
0450   0745  0840/0850  0930/1000 1040/1045
八島湿原   霧ヶ峰   車山     駐車場    諏訪IC  恵比寿
1125/1140  1150  1245/1300 1320/1340    1430   1910



















美ヶ原眺望(030502)

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <美 ヶ 原(020526再訪)> <美ヶ原眺望(030502)>
牛伏山より北ア 槍穂・常念 2003年05月02日 10:00 牛伏山より北ア 後立山 2003年05月02日 10:00 牛伏山より南ア 甲斐駒・北岳・間ノ岳・仙丈岳 2003年05月02日 10:00 牛伏山より八ヶ岳と富士山 2003年05月02日 10:00
 牛伏山より北ア             牛伏山より北ア            牛伏山より北南ア              牛伏山より八ヶ岳と富士山

好天の連休に、北アルプスを展望したいと牛伏山(1990m)まで再訪した。 視界は良好、牛伏山からの展望は360度遮るもののない大展望だった。
美ヶ原は北アルプスとは安曇平を隔てて東西に分けるいわゆる”東山”であって、”西山” に相当する北アルプスを展望するには絶好の位置にある。 従って南は御岳から乗鞍岳・霞沢岳・穂高連峰から白馬岳に至るまで全山余すところなく その勇姿を見せてくれる。
一方南アルプスは八ヶ岳山麓や霧ヶ峰の方が近い。しかし美ヶ原からはやや斜めに見るために、 鳳凰三山から北岳・間ノ岳・仙丈・塩見・悪沢・赤石に至る3000m峰ことごとく展望できる。 そして北アルプスと高さを競うように峻鋭な峰を見せている。
八ヶ岳は霧ヶ峰と同じように見ることができる。霧ヶ峰からは圧倒的な大きさで迫ってくるが、 ここでは幾分おとなしくなって見え、蓼科山に連なる北八ヶ岳と一つになって見える。 その長い右裾には富士山が覗いている。