蓼 科 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <蓼科山010825へ> <蓼科山0140605へ>
白樺湖から蓼科山 11月下旬 08:15 蓼科山山頂 2001年08月25日 11:00 蓼科山山頂より北横岳 2001年08月25日 11:00 蓼科山(2530m)は北八ヶ岳の西端にあって、北八ヶ岳の最高峰、北八ヶ岳特有の緑に覆われた優美な山容を示す。 東側にある北横岳とは大きく切れ込んで蓼科山があたかも独立峰のように見え、別名諏訪富士の名の通り 優美なコニーデ型の火山である。しかし実際には富士山型に見えるのは中央火口丘であって、 この火山も妙高山と同じタイプの複式火山である。
白樺湖から蓼科山      蓼科山山頂        蓼科山山頂より北横岳

蓼科山は霧ヶ峰の最高地点、車山とは白樺湖を挟んで相対峙し、車山を背にしながら白樺湖から見た蓼科山はまことに穏やかで 美しい山容を見せている。
2001年08月25日、将軍平から40分、岩がごろごろしている急登を繰り返し、樹林帯を越えて、なだらかになったところで山頂部に辿り着く。 ここに山頂ヒュッテがある。山頂は大変広く、どこが最高地点か分からないまま、標識に従ってごろごろした山頂部を歩いて 行くと標識がある。
山頂は360度の大展望が待っていて、日本の高山のほとんどが展望出来る。





















蓼 科 山(040605再訪)

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <蓼科山010825へ> <蓼科山0140605へ>
将軍平より蓼科山 2004年06月05日 10:43 蓼科山山頂標識 2004年06月05日 12:00 蓼科山山頂より北アルプス 2004年06月05日 12:10 蓼科山山頂より八ヶ岳 2004年06月05日 12:00 蓼科山山頂より白樺湖 2004年06月05日 13:00 蓼科山山頂にて 2004年06月05日 12:00
将軍平より蓼科山  蓼科山山頂標識 蓼科山山頂より北ア 蓼科山山頂より八ヶ岳  蓼科山山頂より白樺湖  蓼科山山頂にて

蓼科山へはかって白樺湖から登った記憶があるが、今は大河原峠に抜ける林道があって、 ここからの登山がもっともメインになっている。大河原峠は標高2090mとあり、 山頂までの標高差は420m程度である。
今回は梅雨入り前の好視界のチャンスを逃すまいと、磯田、福原、原口、高田の諸氏に加えて、小林さんも参加することに、 4人の少し山慣れした力持ちと1人の初心者、それにまだ脚力不十分な私と6人のパーテイとなった。
6時に恵比寿を出発、大河原峠には9時過ぎに到着、梅雨直前の紺碧の青空の下で、前掛山に向けて登山開始、前掛山を 登り切ると火口原の平坦な道が続く。10分ほどで将軍平に着く。中央火口丘が大きく行く手を覆う。
将軍平からあえぎあえぎの50分は団体登山もあって渋滞気味、目の前にある岩を捕まえながらのよじ登りの繰り返しが200mほど続く。 かなりの足の負担感が伴ってくる。樹林帯を越えて斜度が緩くなると山頂部に辿り着いて山頂ヒュッテがある。
山頂は大変広く、どこが最高地点か分からないほどである。山頂標識があって一等三角点が埋設されているところは北横岳に面した ”火口壁”である。
山頂火口は岩で埋め尽くされ、火口底と火口壁との標高差は2〜3m、だから広々とした岩だらけの山頂風景となる。 山頂の西側には山岳案内板があって、その向こうに穂高・槍・常念・燕など北アルプスが眺望される。
蓼科山は360度の大展望の山である。それを期待しての登山だったが見事に的中、眼前の八ヶ岳から南ア、中ア、御嶽、 乗鞍〜白馬に至る北ア、妙高・火打山など頚城・北信の山々、四阿山〜高峰〜浅間山、上越国境、榛名・妙義・荒船、 両神など関東の山々、何故か富士山だけが姿を隠していた。

(登頂記録)

*山名:蓼科山(2530m) 一等三角点(蓼科山)
*年月日:2004年06月05日(土)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿  諏訪IC 大河原峠   将軍平    山 頂 
0600    0820  0907/0920 1040/1053 1140/1310
将軍平    大河原峠  白樺高原入浴 蕎麦 諏訪IC 恵比寿
1400/1406 1530/1542  1610/1640       1843    2048