硫 黄 岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <再訪へ>

(赤岳鉱泉より硫黄岳)

硫黄岳は今の足の具合でも登頂可能な数少ない山だ。それも天狗岳登頂によって可能性がでてきたのであった。 そこで既に硫黄岳に登頂して様子を知っている室井さんに同行をお願いしたところ快く同行してくれることに なって念願の硫黄岳行きが実現した。
度重なる台風と秋雨前線のため悪天候続きの秋だが、久しぶりの晴天に恵まれての硫黄岳行きとなった。 今回のマイカーで硫黄岳行きは美濃戸から赤岳鉱泉に泊まり、翌日硫黄岳を往復、美濃戸まで下山するというものだった。
10月15日は雲一つない晴天の中を中央道をひた走り、諏訪南ICから美濃戸口駐車場に車を停めた。 そこから約2時間、沢筋に沿って赤岳鉱泉までゆっくりと歩いた。
写真は赤岳鉱泉の小屋の脇から硫黄岳を撮ったものである。

(赤岳鉱泉より硫黄岳 2004年10月15日14時55分 Canon IXY)

(赤岳鉱泉より大同心・小同心)

今日の赤岳鉱泉は宿泊者60名程度、丁度良い状態である。夕食前の一瞬、 大同心が真っ赤に燃えている姿があった。

(赤岳鉱泉より大同心 2004年10月15日17時11分 Canon IXY)

(赤岩の頭より硫黄岳山頂)

翌朝は高曇り、しかし視界は抜群である。6時25分赤岳鉱泉を出発、大勢の登山者と共に、赤岩の頭を目指して 1時間半、最後の急登を登り切ると360度の視界が開けていて、全員が感嘆の声を挙げていた。
写真は赤岩の頭から山頂を見たもの、ここから約20分で山頂である。

(赤岩の頭より硫黄岳山頂 2004年10月16日08時02分 Canon IXY)


(硫黄岳山頂)

硫黄岳山頂は大変広い。山頂標識の先は夏沢峠に向けて切れ込む爆裂孔がある。 八ヶ岳が火山である確たる証拠を見ているようだ。

(硫黄岳山頂 2004年10月16日08時45分 Canon IXY)

(硫黄岳より赤岳・横岳、富士山)

眼前には阿弥陀岳、赤岳、横岳が大きい。山頂からはこれらの主峰群に遮られて富士山が見えない。 しかし山頂から爆裂孔を北に下った所に三角点があるが、ここまで来ると横岳の左から富士山が見えてくる。 意外な発見である。

(山頂より赤岳・横岳、富士山 2004年10月16日08時45分 Canon IXY)

(三角点と北ア展望)

三角点は二等、「箕冠」と言う点名である。隣の山の名前でもある。 眼下には天狗岳や根石岳、そして箕冠山があり、奥に北八ヶ岳が見えていて、 最奥に白馬、頚城の山々が見えている。
当日は最高の展望である。眼前の八ヶ岳は勿論のこと、南北中ア、上信越、頚城、関東・・・ 見えるはずに山々が全部姿を現していた。とりわけ北ア上空は雲一つなく、新雪に覆われてきらきらと輝いていた。

(三角点と山頂展望 2004年10月16日09時10分 Canon IXY)

(登頂記録)

*山名:硫黄岳(2760m)
*年月日:2004年10月15日(金)〜16日(土)
*天候:快晴→高曇り
*行 程
10月15日(金)
恵比寿駅  あざみ野  国立IC 釈迦堂PA 諏訪南IC  美濃戸口  美濃戸山荘
0706   0750/0800   0915  1000/1020 1110/1120 1200/1210  1215/1245
堰 堤   ――  赤岳鉱泉
1332  1343/1350  1500  泊

10月16日(土)
赤岳鉱泉  ――   赤岩ノ頭  山 頂   赤岩ノ頭  赤岳鉱泉  堰 堤  
0625  0707/0715  0802/0825 0845/0935 0954/1020 1122/1200 1248/1255
美濃戸山荘 美濃戸口  諏訪南IC 双葉SA  恵比寿
 1335   1340/1355   1418  1450/1545  1825




























硫黄岳再訪

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <初訪へ>

(硫黄岳再訪)

硫黄岳は八ヶ岳の中にあって比較的容易に登れ、危険個所も無く初心者には格好の山である。 通常は硫黄岳から横岳、赤岳へ至る縦走の最初のステップの山であり、多くの登山者はこのルートを辿る。 また八ヶ岳の北端に位置する関係で北八ヶ岳南端の天狗岳とセットとして登る山でもある。
昨年10月に初登頂して自らのメニューに取り入れることが出来たので、錦秋のこの季節に天気を選んで 初訪の石森さんと2人で美濃戸山荘から赤岳鉱泉に泊まって翌日登ると言うゆったり登山を行った。 雨で出発を1日ずらしたことが効を奏して両日とも快晴に恵まれた山行きとなった。

(使用カメラ:Nikon COOLPIX 8700D)



(赤岳鉱泉にて)

午前中は雲に隠れていた赤岳も徐々に晴れ上がる中を美濃戸山荘を出発、 2時間半程かけて赤岳鉱泉に向かった。 堰堤を過ぎてからは大同心・小同心が眼前に迫り、迫力ある山岳風景が目に飛び込んできた。 赤岳鉱泉からは錦秋の木々の合間から硫黄岳が見え、赤岳、阿弥陀岳も夕日に染まっていた。 横岳が夕日に映えて真っ赤に燃える時刻を見計らって寒い外気に触れながら今年もベストタイミングを 捉えることが出来た。

(堰堤上から大同心 2005年10月12日13時31分)
(赤岳鉱泉から硫黄岳 13時47分)  (赤岳鉱泉から赤岳 15時39分)
(赤岳鉱泉から大同心・小同心 17時06分)

左の画像はクリックすると拡大できます




(赤岩ノ頭→山頂にて)

宿泊者14名、ゆったりとした山小屋でうまい夕食と風呂に入ってご満悦の夜だった。 翌朝はきりっと冷え込んだ快晴の朝である。7時前にはそれぞれの行程に従って出発していった。 多くの人たちは赤岳か硫黄岳から阿弥陀岳まで2日間の縦走である。 赤岩の頭までは樹林の中を一歩一歩登っていく。 赤岩の頭では雲一つない大展望が待っていた。
ここから山頂までは20分ほどである。 その山頂に近づくとヘリがやってきた。旋回していて飛行の様子がおかしいと直感、山頂の岩場を見上げると 人が倒れていて手当をしている人が見える。直線距離にして100mもない至近距離である。 ヘリはそ上空でホバーリングした。救助隊の一人が降りてきた。ヘリは上空で待機、どうなっているかは ここからでは見えないが、こちらは山頂へ向けて登っているときだから徐々に近づいていく。 登山道はその岩場を巻いて山頂に飛び出るのでそこを通過、丁度頭の上のヘリが再度ホバーリングして遭難者を 収容しているものと思われる。ヘリの翼からの風を受けて耳をつんざく爆音に逆らいながら岩場をトラバースして行く。 間もなくヘリの音が急に離れていく。
石森さんは岩場に一直線に登っていった。多分収容活動を見たはずだ。 そして赤岳から降りてきた夫婦の男性がここで突然倒れ、知らせを聞いた硫黄山荘の人が 救助に来て手当し、ヘリ救助を要請したことを知る。奥さん共々ヘリで病院へ向かったものと推測される。 手当の様子から重大な局面を迎えていたようだが、無事回復することを祈りつつ山頂に到達した。

(赤岩ノ頭 2005年10月13日08時18分)  (山頂直下での救助活動 08時42分)  (山頂 08時54分)



(山頂展望 八ヶ岳と南アルプス)

山頂から見ると雲がまるでない。夏沢峠からの登山者ともども全員が今ここにいることを喜び、 至福の山頂の感動を分かち合う。ただ広い山頂はとても爽快である。
しばらくしてそれぞれの行程に従って多くの人たちが横岳へと向かっていく。 天望荘がこの日の宿と言うことだそうだ。 我々も三角点まで行くことにする。
眼前の八ヶ岳は視界を覆う。横岳、赤岳、阿弥陀岳の隙間から権現、三ツ頭などが覗いている。 そして鳳凰三山、北岳、塩見岳、甲斐駒、仙丈、鋸など南アの秀峰がとても近くに見えている。

(山頂から八ヶ岳と南アルプス 2005年10月13日08時58分)

(山頂展望 中央アルプス)

南アが切れるところ、奥に恵那山の鍋形が見える。そして越百から南駒、空木、檜尾、さらに木曽駒 と続く中アの峰峰が見える。ほぼ同じ高さで見える。

(2005年10月13日08時58分)

(山頂展望 御嶽と乗鞍岳)

その右側にあるのが御岳、そして乗鞍岳、それに続く霞沢岳が見えている。 焼岳だけが霞沢岳に隠されて見えない。

(山頂から御嶽 08時59分)
(山頂から乗鞍岳 08時59分)


(山頂展望 北アルプス南部)

霞沢岳から始まる北アは白馬岳に至る長々とした長大な山脈を見事に見せていた。 前穂、奥穂、涸沢岳、北穂、大キレット、南岳、中岳、大喰岳、槍ヶ岳、常念、鷲羽、大天井、 水晶、野口五郎、燕、烏帽子、餓鬼、立山までがこの写真に写っている。

(山頂から北アルプス南部2005年10月13日09時00分)



(山頂展望 北アルプス北部)

上の写真の北部を撮ったもの、大天井から餓鬼、立山、剱、爺、鹿島槍、五竜、唐松、白馬までが 揃い踏みしている。手前には美ヶ原たや霧ヶ峰が眼下にある。

(山頂から北アルプス北部2005年10月13日09時00分)



(山頂展望 上信越国境)

白馬が切れる所に北八ヶ岳の天狗岳がある。東西天狗が形良く見えている。 その奥には蓼科山、北横岳、縞枯山などが見えている。 背後にあるのが戸隠、高妻、焼山、火打山、妙高である。 斑尾山がウッスラ見えているのもマニアックな楽しみを満たしてくれる。 いずれもこちらの方が高いから地平線の下に潜っているように見える。
左から始まる近い山が高峰の四阿山から山々、その右端に噴煙たなびく浅間山がある。 その左奥には横手山岩菅山など志賀高原の山々が見えている。
浅間山の右奥は白砂山や佐武流山、苗場山等が見えるがその右の谷川岳や平ヶ岳など 上越国境の山々はあまりにも遠く同定が出来ない。 さらに突出したピークは至仏、燧ヶ岳、さらには奥白根山、太郎山、男体山などである。

(三角点から上信越国境 2005年10月13日09時31分)



(山頂展望 奥秩父)

雲が充満している埼玉北部から群馬南部には御荷舗山などが潜っていることだろう。 その右に両神山と御座山が突出してすぐ分かる。そして甲武信岳から国師ヶ岳、金峰山など さらには大菩薩連嶺が見えている。大室山、御正体山など南関東の名山が区別が付かない。

(三角点から奥秩父 2005年10月13日09時31分)

(山頂展望 富士山)

そして富士がある。山頂からは見えない富士であるが、三角点からは横岳の裾から覗くようになる。 富士の手前は御坂山塊、その手前は茅ヶ岳である。

(三角点から富士山と茅ヶ岳 2005年10月13日09時31分)



(山頂風景)

山頂には大きな標識がある。硫黄岳三角点は山頂から北東に寄ったところにあるが、 山頂には御料局の三角点がある。八ヶ岳周辺には御料林が多いからそれも頷けることである。
最高の展望を楽しんで下山、美濃戸山荘からは赤岳が見事な姿で見えていた。 清里から見る八ヶ岳は優美である。しかし真の姿はここから見る荒々しい姿である。

(山頂 2005年10月13日09時02分)  (三等三角点09時36分)  (美濃戸山荘から赤岳 14時11分)

(登頂記録)

*山名:硫黄岳(2760m)
*年月日:2005年10月12日(水)〜13日(木)
*天候:快晴
*行 程
10月12日(水)
恵比寿  初台IC  釈迦堂PA 諏訪南IC 美濃戸P 美濃戸山荘
0750    0810   0910/0920 1010  1040/1050 1055/1120
 堰 堤   赤岳鉱泉
1220/1230  1345  泊

10月13日(木)
赤岳鉱泉  ――   ――     赤岩ノ頭   山 頂   三角点
  645  0720/0725 0745/0750 0817/0830 0847/0920 0930/0940
  山 頂   赤岩ノ頭  ―――   赤岳鉱泉   堰 堤  
0955/1005 1018/1025 1058/1107 1137/1223  1312/1330
美濃戸山荘 美濃戸P 蕎麦(赤岳山荘)美濃戸P 諏訪南IC 双葉SA 恵比寿
 1410   1417/1425  1425/1455   1455   1520/ 1540/1610  1820