瑞 牆 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>  <初 訪>  <初冬の再訪>  <新緑の再訪>  <紅葉の再訪>
富士見平小屋下林道 2000年05月30日13:15 天鳥川出会より甲斐駒ヶ岳 2000年05月30日 09:00 山頂より八ヶ岳 2000年05月30日 10:40 山頂より小川山 2000年05月30日 10:40 山頂より金峰山 2000年05月30日 10:40 山頂よりやすり岩 2000年05月30日10:40
 林道より瑞牆山    天鳥川出会より甲斐駒ヶ岳 山頂より八ヶ岳         山頂より小川山・金峰山         山頂よりやすり岩
山頂より富士山 2000年05月30日10:40 山頂より南アルプス 2000年05月30日10:40 山頂より白馬三山 2000年05月30日10:40
 山頂より富士山     山頂より南アルプス   山頂より白馬三山


韮崎ICから1時間、ラジウム含有量の豊富な増富温泉に着く。瑞牆山や金峰山の登山基地でもある。 道路は金山平を経て瑞牆山荘まで延びている。ここからが瑞牆山と金峰山、それに小川山への登山ルート となる。瑞牆山は秩父の山には珍しく花崗岩の岩峰で妙義山をスケールアップした山容だ。
瑞牆山の全容は登山道からは見ることが出来ないが、林道が登山道を巻くように富士見平直下まで通じて、その林道から 巨大な壁のような瑞牆山を仰ぎ見ることが出来る。
その富士見平小屋からさらに30分、小川山分岐を過ぎて急降すると天鳥川出会の水場につく。川の流れは冷たく周囲は冷気が漂い、 休憩にはもってこいの場所だ。そんな天鳥川出会の樹木の合間から遙かに甲斐駒ヶ岳が覗いている。
天鳥川出会を越えると、いよいよ瑞牆山山頂へ向けての直登が始まる。しかし山容の割には登山道が整備されている。 巨岩を左に見る頃には山頂も近い。約1時間半、最後のひと登りでヒョコッと山頂に飛び出す。今まで展望の無かった道中だが、 ここに至って一気に展望が開ける。
東に堂々たる金峰があって、富士山、櫛形山、南アルプスが指呼の間にある。中央アルプス、御岳があって八ヶ岳が雄大な姿を 見せている。そして鹿島槍から北部の山々、頚城、四阿、浅間、上越国境と枚挙にいとまがない。
八ヶ岳を見るには、この山頂か金峰山頂が一番だろう。長いすそ野をひいて、左に御岳を、右に北アルプスを従えているように見える。
山頂部は岩の固まりだが、若干の広さがあって十数名は乗っていられる。しかしその先はすとんと落ち込んでいて、 登山道の方へ奈落の底、十分な注意が必要だ。 眼下に先ほど通過してきた巨岩ヤスリ岩が見えていて、いかにもこの山の風貌を表している。
東には奥秩父の盟主金峰山が眼前にある。その高さと言い、風貌と言い、 ここまで来たら頂上を極めようと言う意欲がいやが上にもわいてくる。
そして金峰から左奥に延びる稜線上に朝日岳が、さらに国師岳が覗いている。 金峰から手前に延びている稜線は、目の前で左奥に走り、奥秩父最西端の小川山へと続いている。 ここ瑞牆山が主稜線から南に外れている様子がよく分かる。 小川山からは信州峠を経て横尾山へと主稜線は延び、ここで大秩父の長大な山脈は終わる。 その小川山は瑞牆山や金峰山の賑わいとは裏腹に、静寂の中に包まれている数少ない山と聞いている。
(登頂記録)
*山名:瑞牆山(2230m)(V△公望)
*年月日:2000年05月30日(水)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿 韮崎IC 瑞牆山荘  富士見平小屋  天鳥川出会 山 頂 
0510  0650  0740/0755  0835/0840      0910   1035/1120 
天鳥川出会  富士見平小屋  瑞牆山荘   増富温泉 韮崎IC 恵比寿
 1245      1300      1345/1405   1420/1505 1600   1800


























初冬の瑞牆山再訪

<見出に戻る> <戻る> <次へ>  <初 訪>  <初冬の再訪>  <新緑の再訪>  <紅葉の再訪>
初冬の瑞牆山山頂 2001年12月8日 12:30 12月8日、この年は例年より早めの雪の訪れで、上越国境は勿論のこと、奥秩父でも標高1800m以上に積雪を見た。 そんな休日、この山の魅力に惹かれて室井さんと再訪を試みたが、登山道は凍結状態で足場をしっかりと固めながらの登山となった。
山頂の岩畳は日射で雪がないと思いきや、20cm〜30cmの積雪ですっかり覆われていて、 もはや冬のたたずまいであった。

(登頂記録)
*山名:瑞牆山(2230m)(V△公望)
*年月日:2000年12月08日(土)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿 韮崎IC 瑞牆山荘   富士見小屋  天鳥川    山 頂 
0600  0800  0855/0905   0955/1000  1030/1040 1205/1325
天鳥川   富士見小屋  瑞牆山荘  増富温泉(入浴・そば)
1440/1455  1520/1525  1555/1610   1630/1730
 韮崎IC   甲府駅   恵比寿
 1830    1900/1940  2130




























新緑の瑞牆山再訪

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <Takaakiさんのホームページ>  <初 訪>  <初冬の再訪>  <新緑の再訪>  <紅葉の再訪>
2005年6月5日、やや不安定ながら雨の心配の無い梅雨入り前の新緑の 瑞牆山は、旭山楽会の今年度最初の催し物であった。 メンバーは現役メンバーに加え、池澤さん、石森さんの強力OBに加え、 青柳、影山さん、それに伊久間さんまではせ参じ、合計13名の大所帯のパーテイとなった。
岩と樹林の混ざり合った山で急登が続く山だが、半数のメンバーが再訪であり、 慣れたコースを誘導し、全員が登頂した。
空は暗く雨模様となり、急ぎ下山、途中で雨具を装着したものの、降雨は収まり、 天鳥川では冷やして置いたビールで乾杯、林道歩きでは登頂してきた山容を眺め今更驚き、 感激の一幕もあって、シャクナゲの囲まれた瑞牆山をみんながエンジョイして成功裡に終わることが出来た。  (使用カメラ:Nikon COOLPIX 8700)

登山口上 2005年06月05日 09:12 天鳥川上 2005年06月05日 10:05 天鳥川上シャクナゲ 2005年06月05日 10:15 山頂 2005年06月05日 11:58 山頂 2005年06月05日 11:59 林道より瑞牆山 2005年06月05日 15:31 林道ミツバツツジ 2005年06月05日 15:37 登山口上クリンソウ 2005年06月05日 15:51
登山口上      天鳥川上     シャクナゲ     山 頂       山 頂       林道より瑞牆山  林道ミツバツツジ  クリンソウ

(登頂記録)
*山名:瑞牆山(2230m)V△公望
*年月日:2005年06月05日(日)
*天候:晴れ
*行 程
恵比寿 釈迦堂PA 須玉IC 瑞牆山荘   富士見小屋  天鳥川   山 頂 
0600   0715   0750  0830/0850   0940/0950  1015/1025 1200/1220
 天鳥川    富士見小屋  瑞牆山荘  須玉IC  恵比寿
1340/1430  1450/1510   1605/1620  1720    2030




























紅葉の瑞牆山再訪

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <Takaakiさんのホームページ>  <初 訪>  <初冬の再訪>  <新緑の再訪>  <紅葉の再訪>
2007年10月21日は朝から快晴、瑞牆山は4度目になるが、この素晴らしい名山を紅葉の時期に訪れたいと 計画した。 素晴らしい視界に恵まれて、幾分遅い紅葉を眺めながらの登山だったが、ツアー登山などが入って登山道も山頂も 登山者で一杯。それでも”良き仲間に恵まれて”4度目のよじ登り登山は渋滞で安心の瑞牆山となった。
 (使用カメラ:CANON IXY 900IS)

瑞牆山荘付近はまだ緑一色 08:13 富士見平小屋 08:58 富士見平も休む人で一杯 08:58 天鳥川の下流には甲斐駒が見えているはず 09:30 急登にさしかかると紅葉が見事 09:33 2000m付近の紅葉 09:45
 瑞牆山荘付近      富士見平小屋    富士見平には仲間が一杯 天鳥川          急登部の紅葉      急登部の紅葉
2000m付近の紅葉 10:06 富士山がせり出す 10:39 ヤスリ岩を見上げる 10:51 山頂部は大渋滞 11:19 山頂より富士山 11:28 山頂より小川山 11:27
 急登部の紅葉     せり上がる富士山    ヤスリ岩を見上げる   山頂直下の大渋滞   山頂より富士山      山頂より小川山
山頂より金峰山 11:29 山頂標識 11:29 南アルプス核心部 11:30 中央アルプスと御嶽 11:30 ヤスリ岩を見下ろす 11:31 北アルプス後立山 11:33
 金峰山          山頂標識         南アルプス北部     中央アルプスと御嶽  ヤスリ岩を見下ろす   北アルプス後立山
八ヶ岳 11:36 急登部の紅葉 13:04 天鳥川に下山する 13:29 天鳥川の紅葉 13:29 林道より瑞牆山 14:39 林道はまだ緑のトンネル 14:51
 八ヶ岳          急登部の紅葉      天鳥川に下山       天鳥川の紅葉      林道より瑞牆山     林道の緑のトンネル

(登頂記録)
*山名:瑞牆山(2230m)V△公望
*年月日:2007年10月21日(日)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿 初台IC 釈迦堂PA  境川PA   須玉IC   瑞牆山荘  富士見平
0450   0500  0605/0617 0625/0630 0650/0655 0745/0802 0852/0900
 天鳥川    山 頂   天鳥川  富士見平  瑞牆山荘   増富ノ湯
0930/0940 1125/1215 1325/1337 1400/1412 1505/2515  1540/1630
韮崎IC  韮 崎 
1745    1800   ホテル韮崎ルートイン泊 
翌日守屋山へ