茅 ヶ 岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <001104初訪へ> <050625再訪へ>

(弥三郎岳から)

茅ヶ岳、深田久弥の終焉の山である。従って百名山に勝るとも劣らない人気の山、百名山完登の後、この山に登って達成成就をするという。 その茅ヶ岳は「にせ八ヶ岳」の俗称も頂いている。甲府盆地から韮崎方面に進むと、八ヶ岳に先駆けて、この山が見えてくるからだ。 この山にはいくつかのピークがあって、ひとつの山塊を形成しているが、全体が酸性土に覆われ、「かや」が全山を覆っていることから この名前がある。 そのピークの様子は、ここ昇仙峡のロープウェイをあがった弥三郎岳から大変良く観察することが出来る。
写真は左のピークが茅ヶ岳(1704m)で、右奥がこの山塊の最高峰・金ヶ岳(1763m)、いずれも結構急峻なピークだ。 普通なら金ヶ岳を持ってこの山塊を代表するが、深田久弥終焉の山とあって、茅ヶ岳が圧倒的な知名度を有している。

 (弥三郎岳 01月上旬 09時15分 45mm F11 1/500)


(深田久弥記念公園にて)

韮崎ICから30分、登山口には広い駐車場があり、登山口の入り口に深田久弥記念公園がある。 静かなたたずまいに、下山後の登山者がしばし時を過ごす。そして案内板にある説明を読みふける。 記念公園は茅ヶ岳を望む小高い山を切り開いて出来ていて、背後に茅ヶ岳が優しく見下ろしている。

 (深田久弥記念公園 11月上旬 14時15分 45mm F13 1/500)


(茅ヶ岳・金ヶ岳山頂にて)

登山口からしばし緩い上り坂の林道を歩き、やがて登山道へと変わっていく。1時間ほどで、「女岩」と言う水場に到着。岩の間からしたたり落ちる 清水が喉を潤してくれる。そこからいよいよ急登、何度も折り返しながら高度を稼いでいく。富士や南アルプスが見え隠れするようになり、思わず足が止まる。 40分ほどで稜線にたどり着くと、前方に金峰の雄大な眺めが待っている。そこが深田久弥終焉の地だ。この眺めの良い地で、一生を終えた その碑があり、未だに花が絶えない。 それから最後の急登、20分ほどで突然山頂につく。山頂はやや広い広場になっていて、樹林帯の下にも拘わらず、ほとんど360度の大展望が待っている。
金ヶ岳の方は、茅ヶ岳からさらに1.1km厳しい登り返しを繰り返しながら、約1時間で山頂に達する。こちらは樹林が多く展望には不向き、 しかし山頂の手前にある岩場からの富士山や南アルプスがことさら美しい。
この山塊の最高峰でありながら、茅ヶ岳の人気に比べると、ほとんど無名、しかし茅ヶ岳だけでは物足りないし、茅ヶ岳からはさらに一段と高いピーク がある、という訳で結構な登山者が登ってくる。

 (茅ヶ岳山頂 11月上旬 09時30分 45mm F11 1/500)

(茅ヶ岳と金ヶ岳)



 (茅ヶ岳山頂 11月上旬 09時30分 40mm F11 1/750) (金ヶ岳山頂直下 11月上旬 11時20分 40mm F13 1/750)

茅ヶ岳山頂からは前方に見えるのが金ヶ岳、標識には1.1kmとある。 左の写真は茅ヶ岳から見た金ヶ岳、奥のピークが山頂にあたる。1704mの茅ヶ岳に対し、1763mといくらも違わないが、 やはりこちらよりも高いことが一目で分かる。 茅ヶ岳の展望でもっとも目に付くのは、この方角の眺めで、何しろ金ヶ岳の左には八ヶ岳が思いっきり羽を伸ばして見えているからだ。
一方、金ヶ岳からは茅ヶ岳が随分と低く見えるものだ。この写真は山頂まで10分と言う岩場の展望の良いところから撮ったもの、 南に向かっての風景だから逆光になってしまうのは致し方ないが、ちょうど茅ヶ岳上に御坂山塊の上に乗った富士山があって 素晴らしい眺めとなっている。 金ヶ岳山頂からは木立が邪魔して見にくいが、茅ヶ岳の真上に富士山が位置するようになる。

(瑞牆山と金峰山)

茅ヶ岳からの展望でもっとも圧巻なのは朝日岳から金峰山、小川山から瑞牆山へと至る奥秩父の西端だろう。 眼前に迫る盟主・金峰山は五丈岩を山頂に頂き、もっとも美しい山容を示している。 この山頂からでも標高差は約900mほどにも達し、 従って大きく覆い被さるように圧倒感がある。
その金峰山の稜線が西へ下がるところ、山容が穏やかな小川山があって、 対照的に小川山の手前に岩山の瑞牆山がある。

 (茅ヶ岳山頂 11月上旬 09時30分 100mm F11 1/750) (茅ヶ岳山頂 11月上旬 09時30分 65mm F11 1/750)                   

(金ヶ岳から南アルプス)

金峰山などの奥秩父の山々が北にあるのに対し、南面は富士山と南アルプスの世界である。 甲斐駒ヶ岳から鳳凰三山を前衛とする白峰三山が眼前にそびえ、圧倒的な景観を見せている。
この写真は金ヶ岳山頂手前の岩場から撮ったもので、茅ヶ岳からでは樹木に遮られてここまで見ることが出来ない景観を 捉えたもの、甲府盆地の西端からそのままそそり立つ赤石山脈の北の端が手にとるように展望できる。

 (金ヶ岳山頂手前 11月上旬 11時40分 30mm F13 1/750)

(茅ヶ岳から北アルプス)

北アルプスは八ヶ岳の左裾から南アルプスの北の端の間に展望できる。この当日や、前のページの瑞牆山登頂の日のように「異常視界」 の時には、遙かにその連なりを見ることが出来る。
ここから見える範囲は北アルプス南部の高峰群で、左から乗鞍岳(写真外)、穂高連峰、槍ヶ岳、それに常念岳、大天井岳などが 展望される。
手前のすそ野は八ヶ岳の南裾、広大なすそ野は八ヶ岳が火山であることをあらためて思い起こさせる。

 (茅ヶ岳山頂 11月上旬 09時30分 250mm F11 1/500)

(茅ヶ岳から浅間山)

瑞牆山を西端とする秩父連山が沈み込むところから金ヶ岳の間に、さらに北側の山々が覗いている。
ちょうど、浅間山から黒斑山、それに篭ノ登山をはじめとする高峰の山々である。 奥秩父の山の南側に位置する標高の無い茅ヶ岳から浅間山が見えるとは予想もしなかったこと、 浅間山から奥秩父を土台にした
富士山の写真にはその右端に茅ヶ岳があることが分かったが、 目立ったピークも無く、見えてはいるが同定不能であった。

 (茅ヶ岳山頂 11月上旬 12時30分 300mm F11 1/500)

(登頂記録)

*山名:茅ヶ岳(1704m)二等三角点(茅ヶ岳) 金ヶ岳(1763m)
*年月日:2000年11月04日(土)
*天候:快晴
*行 程
甲府 茅ヶ岳登山口  女 岩    茅ヶ岳山頂
0600  0650/0710  0810/0815  0925/1020
金ヶ岳山頂   茅ヶ岳   女 岩  深田公園  登山口 甲府
1130/1135  230/1240 1320/1330  1410    1425  1515
















茅ヶ岳 展望の山旅 2005年第6回

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <001104初訪へ> <050625再訪へ> <田代先生のホームページ>
朝日旅行会主催の「田代先生の展望の山旅」 は大変な好評ぶりから2005年から12回に拡大し、6月には 第6回が開催された。今回の茅ヶ岳登山は深田公園登山口から女岩を経て山頂に至るコースの往復である。
参加者は40名、添乗員3名、それに田代先生である。
梅雨の晴れ間に恵まれた週末の1日だったが、朝からむっと感じる暑さの中を横浜始発、8時新宿発のバスで出発した。 深田公園駐車場を登山開始したのは11時、最も暑い時間帯の”灼熱の登山”となって、暑さで体力を消耗させないよう 水分補給を怠らないよう注意が必要だった。
女岩迄の緩い登りでの汗でぐっしょりの状態は女岩の冷たい水でことさら救われた。 ここで昼食、いよいよ岩まじりの急坂にかかって一頑張り、間もなく深田久弥終焉の地に至りそよ風が吹き抜ける。
さらに一登り、山頂には我々のパーテイ以外には登山者がいなかった。目の高さの樹木は緑が生い茂って、 かなりの目障り、大きな石に乗ってようやく遠望が出来た。
南ア、八ヶ岳、金峰・・・うっすらと遠望できたことはこの時期としては上出来の展望だった。
時間的にはやや厳しい行程であったため、小休止をとらないまま、滑りやすい急斜面を下って行き、 スリップ者が続出、その一人となってしまった。大事には至らないものの暑さもあって疲れが目に見えていた。
女岩から緩い下りにさしかかって、左足踵が吊り加減となってきた。スリップしたときの無理な力が影響し、 ついに手当する羽目になってしまった。柴木夫人にはスプレーなどを、速水さん、山尾さん、それに添乗員が エスコートしてくれて、深田公園をカットして遅れた分をカバーした。
楽しく、賑やかな、田代先生のウイットに富んだ説明で笑い声が絶えない1日だったが、 暑さとスリップとは言え、まだまだ十分でない脚力に多少のとまどいを感じた一日でもあった。

 (使用カメラ:Nikon COOLPIX 8700)



(上左 女岩 2005年06月25日 12時37分) (上中 深田終焉の地 2005年06月25日 13時32分) (上右 山頂 2005年06月25日 14時07分)
(下左 山頂 2005年06月25日 14時07分) (下中 山頂 2005年06月25日 14時11分) (下右 山頂 2005年06月25日 14時14分)


(登頂記録)

*山名:茅ヶ岳(1704m)U△(茅ヶ岳)
*年月日:2005年06月25日(土)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿  新 宿   登山口    女 岩   山 頂
0715  0745/0805 1040/1100 1215/1245 1415/1440
女 岩    登山口    双葉SA  石川PA    新 宿  恵比寿
1535/1545 1645/1705 1719/1740 1840/1900 2000/2010 2020