雲 取 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
三頭山麓より雲取山 2001年01月07日 13:30 雲取山は、奥秩父の山の中で奥山である。そのため下界からは見えない山の代表格である。
都内最高地点で、都内のどこからでも見える にもかかわらず、近くから見ることの困難な山だ。
高速道路からでも、中央道八王子ICCの2km手前にある 石川PAから展望できるのみでそれ以上近づくと奥多摩の山々に遮られて見えなくなる。
ここは三頭山の山麓、奥多摩周遊道路が奥多摩湖を眼下に見下ろす地点にあり、かろうじて雲取山の山頂部が見えるところである。 鷹巣山を前衛に、それでも雲取山は遙かに遠くにある。

三条の湯から40分地点より飛龍山 2000年12月16日 08:40 三条の湯から80分地点より雲取山 2000年12月16日 09:20 山頂避難小屋上 2000年12月16日 12:00 山頂より富士山 2000年12月16日 12:00
 登山道より飛龍山      登山道より雲取山       山 頂             山頂より富士山
雲取山頂より大菩薩連嶺 2000年12月16日 12:00 雲取山頂より甲武信岳 2000年12月16日 12:00 雲取山頂の原三角測点 2000年12月16日 11:45 雲取山頂にて 2000年12月16日 11:45
 山頂より大菩薩連嶺     山頂より甲武信岳      山頂の原三角測点     雲取山頂にて

今回の雲取山行きは玄梅さん、池澤さん、石森さんとの4人、青梅街道お祭りから後山林道に入り、 その終点近くの小さな駐車場からスタートして三条ノ湯を通って三条だるみ、山頂へと往復した。
三条ノ湯までは沢の流れを聞きながら、豊富な小滝を眺めながら進み、よく整備された登山道を緩やかに登っていく。 この季節だから登山者も少なく我がパーテイは晴れ上がった空の下、樹林の中をひたすら歩いていった。
三条ノ湯から40分程度の開けた場所で、ここからの三石山、飛龍(2077m)、前飛龍の眺めは大変豪快だ。 見上げれば飛龍の上には下弦の月が浮いている。
ひたすら歩くこと1時間20分、やがて樹木の合間には七つ石山から雲取山(2017m)へ連なる稜線が見えてきて、 ようやく目指す山頂が姿を現した。
三条だるみからは最後の登り、長丁場の後だけにかなり苦しい。 その40分を我慢しきるといきなり山頂部にでる。山頂部は避難小屋と似つかわしくないほどに小ぎれいなトイレがあって、 一等三角点のある山頂はさらに数十m先にある。
避難小屋のすぐ上は大変展望の良い岩場がある。七ツ石山からの稜線が見えて、 その奥に鷹ノ巣山が大きく、さらに遠方に大岳山や御前山が展望できる。 さらに右へ目をやれば、三頭山、雁ヶ腹摺山、大菩薩嶺へと続く。
この日は東京で摂氏20度の馬鹿陽気に見舞われ、山頂でも強風ながら摂氏5度、 西の空には寒冷前線の接近を知らせる雲があった。 そのため視界の透明度は、この季節としては良い方ではなく、富士山も辛うじて写真に収まった。
その富士山の前景をなすのが雁腹摺山、そしてその右に長々と連なる大菩薩蓮嶺とがあり、 その北側にあるのが奥秩父の最高峰・北奥千丈岳と国師岳だ。そしてその右は甲武信三山が見ている。
視界が良ければ南アルプスなども見えるはずである。 奥多摩の山々は見える限りの山々が顔を揃えたと言って良い。 うっすらと丹沢山や蛭ヶ岳をピークとする丹沢山塊や大室山なども見え、 府中方面の関東平野に点在する市街地までもが見えていた。

山頂には「原三角測点」がある。
平成10年6月に作られた国土地理院の案内板によれば、「この三角測点は現在の一等三角点が設置される前の明治16年(1883年) に埋設された測量標識で、測量に歴史上貴重なもの」と記されている。写真は石森氏撮影によるもの、山頂全体の景色の中で、 右にあるのが原三角測点、案内板を挟んで左にあるのが現在の一等三角点、さらに左に展望案内図、原三角測点案内版の奥に 山頂標識がある。山頂標識を挟んで左側には飛龍山(2069m)の勇姿が、右側には奥秩父の最高峰・北奥千丈岳と国師岳がある。
ここで全員揃っての記念写真、良きパートナーに恵まれた初冬の雲取山行きであった。
(登頂記録)
*山名:雲取山(2017m) 一等三角点(雲取山) 原三角測点
*年月日:2000年12月16日(土)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿 八王子IC お祭り  後山林道終点    
0450   0530   0630    0705/0715  
三条ノ湯                    三条ダルミ  山 頂
0745/0800  0840/0900 0955/1005 1040/1050  1140/1240
三条ダルミ    三条ノ湯    後山林道終点 八王子IC 恵比寿
1340/1305  1450(入浴)1535  1605/1615   1830    1920