甲武信ヶ岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <初 訪へ> <再 訪へ>
前国師岳より甲武信ヶ岳 1995年06月12日 09:45 千曲川源流標 2002年03月31日11:30 主稜線より甲武信ヶ岳 2002年03月31日12:15 甲武信岳山頂直下 2002年03月31日12:50 甲武信岳山頂より三宝山 2002年03月31日13:00 山頂より金峰山 2002年03月31日13:00 山頂より両神山 2002年03月31日13:00
 前国師岳より甲武信岳 千曲川源流標  主稜線より甲武信ヶ岳 甲武信岳山頂直下 甲武信岳より三宝山 山頂より金峰山 山頂より両神山
前国師岳より甲武信ヶ岳 2002年03月31日12:10
甲武信ヶ岳は、その名の通り山梨、埼玉、長野の3県にまたがる山である。通称甲武信3山と言われるが、 甲武信ヶ岳の小さなピークを真ん中に、北には三宝山、東には木賊山があって3つのピークがまとまって 駱駝のこぶのように見えるからだ。標高から言えば、北の三宝山が最も高く一等三角点の山でもある。ついで甲武信ヶ岳、木賊山 の順になる。写真は前国師岳から見た甲武信3山、その山容の様子がよく分かる。(使用カメラ:CANON EOS100)

(使用カメラ:SONY DSC-P1)甲武信ヶ岳(2475m)は拳岳から由来する。しかしこの山が三宝山を出し抜いて、知名度が高いのは、 三国にまたがる山であると同時に、山名のひびきのきっぷのよさであるとは深田久弥も書いているところである。 その三国の国境は分水嶺としても三国を分け、北側は千曲川・信濃川となって日本海に注ぎ、 南は笛吹川・富士川となって駿河湾へ、東側は荒川となって東京湾に注ぐ。
その北側、梓山に宿を確保して前日に入り、翌朝に毛木平から山頂を目指して出発したのは、まだ積雪の多い3月末であった。 その積雪はクサレ雪となって、腰まで埋まる雪中行軍となり、夏なら3時間とかからない千曲川源流標識まで、 なんと5時間弱の時間を費やすこととなった。 その標識も半分は雪の中に埋もれ、勿論千曲川源流の最初の一滴は深く雪に埋もれていた。いや一面が白い最初の一滴だった。
千曲川源流標識からは新雪が30cm程度、斜面に積もった雪は腐ることなく、源流沿いに比べれば格段の歩き安さである。 30分して程なく稜線上に到達した。
樹間から覗く甲武信ヶ岳が左眼前にあって、最後の40分が待っているところ、その樹間から撮った甲武信ヶ岳(2475m)の全容である。
山頂まで40分、いい加減重くなった足を懸命に動かしている内に、ようやく山頂標識が見えてくる。あと10m、 すぐそこにある山頂はいかにも奥秩父の山々の山頂の風情がある。 その広くもない山頂にやたらに大きな標識が、こんな距離からも文字が見えるほどである。
本日の登山者は3パーテイ、6名、全員が山頂に到達することが出来た。 その3パーテイは千曲川源流標で、一旦は集まる形となり、もはや前進ならずと撤退を決めていた。 そこへ我々のリーダーの玄梅さんが登場、ここから先の積雪状況を偵察に行って、 30cmの新雪の下に埋もれた踏み跡を発見、行けるところまで行こうと言う判断、 その結果全員が再び前進を始め、ようやくにして山頂に立ったのである。
山頂では全員が1つのパーテイの如く、お互いに難行苦行の結果を喜び合い、お互いに写真を撮り合い、 もてるご馳走を分け合って、喜びを分かち合ったものである。
私のとっての62座目の百名山は、玄梅さんの力を借りて雪との悪戦苦闘の末、ようやく到達した貴重な山頂でもあった。
(甲武信岳山頂 2002年03月31日13時00分 Sony DSC-P1)
山頂は東半分を樹陰に隠されている他は、大きく開けていて、さすがに百名山に相応しい展望を有している。 当日は晴れ、しかし視界は悪く、遠望はほとんどきかず、富士山でさえかなわなかった。
甲武信三山の最高峰である三宝山(2483m)は、この山域の一等三角点の山で、北に大きく遠景を遮り、山頂直下の岩場も荒々しく、 奥秩父特有の山容をさらけ出していた。
本来この山を越えて十文字峠に抜けるつもりだったが、すでに難儀し尽くして時間切れとなり、 ここから往路を戻ることとなった。
金峰山頂からは甲武信三山がよく見える。だから金峰山をまず捜した。 山頂に白銀を頂く金峰、五丈岩がある金峰、おおらかで独特な山頂、すぐ判りそうなものだが、 山容が鋭角なピークで、おまけに朝日岳に右にひときわ高くそびえていて、アルプスの峰を彷彿とさせる風景がそこにあった。
一方、三宝山のある北側には雲に覆われながらも両神山が、埼玉へ延びる主稜線のはてに 独特の風貌を見せている。

(登頂記録)
*山名:甲武信ケ岳(2475m)
*年月日:2002年03月31日(日)
*天候:晴
*行 程
03月30日(土)
恵比寿   須玉IC    梓 山   白木屋泊 (梓山BS前)        
1255      1500    1630    
03月31日(日)
白木屋   毛木平     祠     小休止   小休止   なめ滝  千曲川源流        
0620     0630/0640  0715  0735/0740 0840/0845   0900   1120/1135
 稜線     山 頂   稜 線   源流標     小休止     ナメ滝  
1205/1210 1250/1335 1350   1410/14150  1455/1500  1535/1540
毛木平     白木屋     須玉IC  双葉SA   恵比寿着
1715/1730  1740/1800   1850   1920/1940   2200






















甲武信ヶ岳再訪「展望の山旅」2007年例会第8回

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <初 訪へ> <再 訪へ>
2007回第8回「展望の山旅」は川上村で前泊して千曲川源流を遡る甲武信岳登頂だった。 このコースは2002年3月31日に雪の中を歩いたが、今回は紅葉最盛期の中を歩く企画だった。 登頂前日の午後は台風接近による土砂降り中を新宿出発、翌朝は台風一過の快晴で、加えて台風もたらした雨 は山腹から雪となって思わぬ「雪の明日」となってとびきりの展望を味わった。
今回の参加者は19名、添乗員は石堂さんほか1名だった。
(左はGPSによるトラックとグラフ)(使用カメラ:Canon IXY 900IS)
まだ暗い毛木平 05:13 朝日に唐松の黄葉が輝く 06:15 出発して1時間半 06:49 ナメ滝 この辺から雪が現れる 07:45 標高2000m弱地点の雪 07:56 千曲川源流地標では10cmの積雪 09:12
 まだ暗い毛木平   6時過ぎ周囲が明るくなる 出発して1時間      ナメ滝           雪が現れる       千曲川源流地標 
千曲川の始まり地点 09:13 稜線にでる 縦走路の標識 09:58 稜線からの雪景色 10:15 稜線から雪の甲武信岳山頂 10:14 甲武信岳山頂までもう一息 10:15 山頂より富士山 10:42
 千曲川の始まり      稜線縦走路標識    稜線からの雪景色   稜線より甲武信岳山頂  山頂直下        山頂より富士山
山頂より国師・金峰山 10:42 山頂より五丈岩と南ア 10:42 山頂より八ヶ岳 10:42 山頂より北アルプス 12:50 山頂より三宝山と浅間山 10:54 山頂より両神 御荷鉾 奥白根・男体山 11:02
 国師と金峰山      金峰山の向こうに南ア  八ヶ岳           北アルプス        浅間山と三宝山     両神山と日光
山頂の巨大な山頂標識 10:46 狭い山頂は超満員 10:42 千曲川源流10m 12:18 黄葉の唐松林 13:19 山麓の紅葉 14:10 毛木平へゴール 15:10
 山頂にて         超満員の山頂       千曲川の始まり     唐松林          山麓の紅葉       毛木平へ無事ゴール

10月27日は前日に発生したまめ台風が急接近し、朝から土砂降りの雨だった。 午後14時に新宿発、中央道を走り野辺山から川上村へ、この日の宿である湯沼鉱泉に着いた。 雨は21時過ぎまで降っていて、千曲川源流域の増水が心配された。
翌朝5時、満天の星空の中を毛木平へ向けてバスで出発、まだ真っ暗だったが毛木平の駐車場には数台の車が駐車していた。 千曲川を遡るにつれて明るくなり、周囲の紅葉が美しい。2時間後にはナメ滝を通過、この付近より思わぬ降雪を見る。 雪は徐々に多くなり、千曲川源流地標では10cmに達して首位は思わぬ雪景色に変わっていた。
稜線に向けて今日一番の急登は雪で滑りやすく、苦労する参加者が続出、ようやく稜線上にでると眼前に大きく富士山や金峰山、 それに真っ白な甲武信岳山頂が見えてきた。 加えて近くの木々は雪に覆われその下の方は紅葉していて、誠に美しい風景である。
山頂は狭い。そこへ我々22名の団体が到着である。混雑するのは自分たちが居るからである。 大展望を楽しみ昼食を食べ下山開始、やはり滑りやすい登山道で苦労する。 千曲川源流地標で一息、下山するに従って積雪が減り、朝歩いた雪道は帰りには地表が露出している ほどの淡雪でる。 3時間45分、駐車場に戻る。宿に戻って入浴、紅葉が美しい川上村を走り抜け、暮れゆく八ヶ岳や南アルプスを 見ながらの、大渋滞の中央道の帰路となった。
(登頂記録)
*山名:甲武信ケ岳(2475m)
*年月日:2007年10月28日(日)
*天候:快晴
*行 程
10月27日(土) 風雨(台風)
恵比寿  新 宿     石川PA    双葉SA   湯沼鉱泉
1325  1335/1400   1430/1445  1545/1600    1710

10月28日(日) 快晴 起床 0445
湯沼鉱泉  毛木平  休(1750m)  休(2035m)  千曲川源流
 0510  0530/0545  0650/0655  0805/0810  0905/0925
稜線    山 頂   稜 線   源流標    休(2022m)  休(1752m)  
1005   1035/1120  1145  1205/1215   1310/1317  1410/1415
 毛木平    湯沼鉱泉   双葉SA    石川PA   新 宿    恵比寿
1506/1510  1529/1625  1740/1800  2025/2040 2100/2106    2115