金 峰 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <瑞牆山百名山リストへ戻る>
前国師岳より金峰山を望む 1995年06月12日 09:45 五丈岩 2000年06月17日 11:20 金峰山頂 2000年06月17日 12:00 五丈岩の中で昼食 2000年06月17日 11:50 朝日岳より甲武信岳三山を望む 2000年06月17日 09:30 朝日岳より国師岳・北奥千丈岳を望む 2000年06月17日 09:30 朝日岳より金峰山を望む 2000年06月17日 09:30 金峰山頂より瑞牆山 2000年06月17日 12:00
前国師岳より金峰山 五丈岩     金峰山頂 五丈岩の中で昼食 甲武信岳三山   国師岳      朝日岳より金峰山 金峰山より瑞牆山

勝沼ICから武田信玄で有名な恵林寺を経て通称”峰越林道”を約1時間、大弛峠に着く。 この林道はシーズン中の週末しか通行できないので地元の営林署に確かめること。 この峠の右は前国師岳から、国師岳、甲武信岳へと東に延びる主稜線が続く。 この大弛峠は主稜線上の峠で、左へ行けば朝日岳、鉄山、金峰山、小川山へと続く。
朝日岳へは1時間、2581mの堂々とした山だが、金峰山と言う有名人の脇にあって損な存在だ。 その山頂手前の東に面したガレ場からの展望は、東の甲武信三山、国師岳、北奥千丈岳など奥秩父の高峰が ずらりと並んでいる。
朝日岳山頂自身は樹林に覆われているが、そのすぐ先にガレ場があって西に向けて開けている。 雄大な金峰山が手に取るように見えるところだ。
朝日岳から鉄山を巻いて金峰山頂まで1時間半、山頂部に達すると奥秩父唯一の樹林帯の上に出る。 雰囲気は一変してアルペンムードになり、ハイマツやキバナシャクナゲが美しい。 ケルン状の堆積岩が登山者と見間違えるようだ。その先に五丈岩があって、壮大な山頂を形成している。
山頂からは、もう一つの百名山瑞牆山が遙か下の方に異様な姿で見えている。 瑞牆山からの金峰山は高くそびえてその存在を誇示しているが、ここからの瑞牆山はあくまでも慎ましく、 しかしその独特の風貌によって存在感をアピールしている。
朝日岳から鉄山を回り込む直前から、思いの外早く雨が降り出した。幸いガスがわき上がってこないので展望には差し支えない。
五丈岩はご神体、何故このような人工的な構造物が自然に存在するのか、そのことが神様の存在を感じさせるものがある。
池澤さん、石森さん、何故か全員が初登頂の金峰山だった。
降りしきる雨の中での昼食の場所探し、フツーの山なら苦労するが、ここには五丈岩がある。 隙間がいっぱいある岩の中にはすでに先客で占められていてようやく見つけた室のような隙間、 ここでの食事もまた忘れえぬ一幕である。

(登頂記録)

*山名:金峰山(2599m) 三等三角点(金峰山 2595.0m)
*年月日:2000年06月17日(土)
*天候:高曇→雨
*行 程
恵比寿  勝沼IC   大弛峠  朝日岳 朝日岳のコル 五条岩
 0540   0700  0830/0840  0930   1010    1120/1200
朝日岳のコル 朝日岳  大弛峠  勝沼IC 石川PA 恵比寿
 1320     1400  1520/1540  1620   1750  2010