国師岳・北奥千丈岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

(前国師岳より金峰山)

勝沼ICから武田信玄で有名な恵林寺を経て、通称”峰越林道”の悪路を 約1時間、奥秩父主稜線上の大弛峠に着く。この林道はシーズン中の週末しか通行できないので、 地元の営林署に確かめること。この峠の左は金峰山、右は前国師岳から、国師岳、甲武信岳へと 東に延びる主稜線が続く。大弛峠から30分の前国師岳から主稜線を離れて南に15分、奥秩父最高峰の北奥千丈岳がある。 この間の登山道はシャクナゲが大変見事だ。一方前国師岳から国師岳までは 15分、大弛峠から金峰山でさえ2時間と大変近い。この道路の開通が奥秩父の高峰をが大変身近なもにした。 山容は金峰山が抜群、北奥千丈岳にわずか2mだけ標高が足りないが奥秩父の盟主にふさわしいスケールだ。 それに比べて、前国師、国師、北奥千丈の3座は山容こそはパッとしないが、展望はいずれも素晴らしい。 3座それぞれに見通しの利く方角が異なり、全部で360度の展望が楽しめる。

(前国師岳 1995年06月12日09時45分 55mm F11 1/750)


(前国師岳より甲武信ヶ岳)

甲武信ヶ岳は、その名の通り山梨、埼玉、長野の3県にまたがる山だ。通称甲武信3山と言われるが、 甲武信岳の小さなピークを真ん中に、北には三宝山、東には木賊山があって3つのピークがまとまって 駱駝のこぶのように見えるからだ。標高から言えば北の三宝山が最も高く、ついで甲武信岳、木賊山 の順になる。この山々への登頂は長野側の毛木平が近い。

(前国師岳 1995年06月12日09時45分 50mm F11 1/500)


(国師岳より北奥千丈岳)

国師岳はかって奥秩父最奥の山として知られていた。しかし今は峰越林道の開通により、大弛峠まで車が入り、 奥秩父の山々の中で、もっとも手軽に登れる山と化した。大弛峠から前国師岳を経て1時間足らず、この一等三角点 のある2592mの山頂に着く。北奥千丈岳、金峰山に次いで奥秩父第3の高峰の山頂である。 山頂は岩場で360度の眺望がえられ、北に甲武信ヶ岳、南の目の前にここより9m高い北奥千丈岳があって、 西には盟主金峰山が控えており、文字通り奥秩父の中心にあると言っても良い眺めだ。

(国師岳 1995年06月12日10時15分 50mm F11 1/750)


(北奥千丈岳山頂にて)

北奥千丈岳は奥秩父の主稜線から僅かに南にはずれたところにあって、秩父連山の最高峰をなしている。 その標高は2601m、秩父連山の中で、唯一の2600mを越えている山である。 国師岳からは僅か20分、山頂は岩場で360度の展望がある。
秩父連山の最高峰でありながら、その山容や風格の面では今ひとつパッとしない存在である。そして僅か2m及ばない金峰山に 盟主の名を譲っている。さらに金峰山の持つ歴史や樹林帯を突き抜けた唯一の山であることや 五丈岩の存在などが原因しているのかも知れない。
それはさておき、ここが秩父最高点であることだけは間違いない。そしてこの写真の背後にその盟主金峰山がある。

(北奥千丈岳山頂 1995年06月12日10時30分 40mm F13 1/750)


(西沢渓谷にて)

西沢渓谷は国師岳や北奥千丈岳の東、甲武信岳の登山口にある。勝沼ICから1時間弱、今は雁坂トンネルが開通し、 埼玉からも交通の便が大変便利になった。 西沢渓谷は遊歩道の最奥に七ツ釜五段ノ滝があって、その滝が名所になっているが、その間の西沢に沿って多くの滝がある。 そのすべてに名前が付いているが、ここではその”さわり”を紹介しておこう。

(西沢渓谷 09月上旬09時30分 40mm F11 1/350)

(西沢渓谷 09月上旬10時00分 40mm F8 1/350)


(登頂記録)

*山名:北奥千丈岳(2601m) 国師ヶ岳(2592m)一等三角点(国師ヶ岳) 前国師岳
*年月日:1995年06月12日(土)
*天候:晴
*行 程
恵比寿 勝沼IC  大弛峠  前国師岳  国師ヶ岳  北奥千丈岳        
0500  0720  0830/0840  0920   0940/1000  1020/1050     
国師ヶ岳  前国師岳 大弛峠 勝沼IC 恵比寿 
1110     1140    1220  1330   1530 

国師岳・北奥千丈岳再訪

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

(北奥千丈岳)

2004年7月24日、酷暑のさなかの山行きは小林さんの足慣らしを兼ねて、池澤さん、青柳さん、 磯田さん、福原さんなどが揃って賑やかな国師・北奥千丈再訪となった。
写真左は初訪時にはまだあった北奥千丈岳の山頂標識板が無くなった山頂風景と、奥に国師岳、 右は樹林帯ギリギリにある岩だらけの山頂風景である。

(北奥千丈岳 2004年07月24日10時45分 Canon EOS D)

(国師ヶ岳)

国師ヶ岳で昼食宴会、下界は33度を超す猛暑だが、2900mに近い山頂は18度、快適な気温に山頂での宴会を楽しんだ。
国師ヶ岳は一等三角点「国師岳」がある。日射の加減が良く、刻印文字が読みとれる。

(国師ヶ岳 2004年07月24日12時20分 Canon EOS D)


(登頂記録)

*山名:北奥千丈岳(2601m) 国師ヶ岳(2592m)一等三角点(国師ヶ岳) 前国師岳
*年月日:2004年07月24日(土)
*天候:晴
*行 程
恵比寿 勝沼IC  大弛峠  前国師岳  北奥千丈岳  国師ヶ岳  大弛峠
0550  0710  0930/0940  1030    1045/1055  1105/1225 1320/1330
朝日岳  大弛峠   塩山温泉  勝沼IC 恵比寿
1440  1530/1540  1640/1730   1705  1910