雁腹摺山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<1999102 雁ヶ腹摺山> <20070602オフの会>

(500円札の富士山展望)



(雁腹摺山 1999年10月2日9時00分 75mm F11 1/500) 

旧500円札の富士山は、ここから撮ったもの、ということでこの山はつとに有名だ。 昭和17年11月3日午前7時頃、名取久作氏はこの地で旧500円札の富士山を撮影した。 勿論戦時中のこと、最高紙幣は100円札で、この写真が500円札を意図して撮影したとは 到底考えられない。
それにもまして甲州街道からも、大菩薩峠からもとてつもなく遠く、大菩薩連嶺の東側にあるこの山にどうして着目したのか、 加えてもともと樹林に覆われて、そもそも撮影のために富士山の方角だけ切り開いたと地元のガイドは言う。 そんな樹林に覆われたポイントをどうして見つけたのか、樹林を切り開いてまで撮影した理由も今の感覚では理解できない。 何はともあれ、現在は林道の開通により、この奥山もわずか1時間足らずで山頂に立てるようになっている。 そしてそこにある富士山は、三ツ峠山などがかもし出す前山との立体感がすばらしい光景を作り出している。 その美しさは旧500円札と見比べても半世紀を過ぎた今日、寸分そこなわれていない。

(山麓からの雁腹摺山)

雁腹摺山(1874m)は、この大菩薩連嶺に3座ある。笹子峠に近いところにあるのが笹子雁腹摺山(1358m)、 雁腹摺山の西側にある黒岳のすぐ北側にあるのが牛奥ノ雁腹摺山(1894m)、いずれも展望がよいと聞く。 雁が大菩薩連嶺をかすめるように飛んでいくことから、ついた名前と言われる。 雁腹摺山は大菩薩連嶺の主稜線から東に外れた連なりで、本来大変奥深い山だったが、真木小金沢林道の開通により、 頂上直下の標高1750m前後の大峠からわずか1時間足らずで山頂にに達することができる。
この写真は、その林道がまもなく大峠に達するところで撮ったもので何の変哲もない緑の山、この山の展望こそ有名だが 山容が紹介される例は少ない。

(大峠付近林道 1999年10月2日11時30分 75mm F13 1/750) 

(中腹から南大菩薩連嶺)

雁腹摺山の展望は富士山の方角だけが開けていて、それ以外の方角は樹木に覆われている。 この写真は山頂直下の、大菩薩連嶺側が開けているところから撮ったものだが、これ以上の北側を望むことはできない。 写真の右側が牛奥ノ雁腹摺山(1894m)、左側が黒岳(1986m)、大菩薩連嶺の主稜線の一部になる。 大菩薩嶺雷岩からは、このあたりまで展望できる。

(雁ガ腹摺山中腹 1999年10月2日 09時15分 75mm F13 1/750) 

(中腹から滝子山と富士山)

雁腹摺山の山腹から富士山方向を展望したもの、真木川に沿った林道がよく見える。そして遠く富士山の姿が あくまでも美しく浮かんでいる。富士山のすぐ右下は大菩薩連嶺の起点にもなる滝子山(1590m)、その稜線を右に辿っていくと、 大谷ヶ丸(1644m)、ハマイバ丸(1644m)など南大菩薩連嶺の南端の山々がすぐそこにある。

(中腹 1999年10月2日 09時15分 55mm F13 1/750) 

(登頂記録)

*山名:雁腹摺山(1857m)
*年月日:1999年10月2日(土)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿  談合坂SA  大月IC  大峠登山口  
0545   0700/0710  0720   0810/0820
 山 頂  登山口  真木温泉  大月IC   
0920/0950 1050  1150/1250   1310 
























雁ヶ腹摺山・黒岳〜大蔵高丸「展望の山旅オフの会」2007年例会第7回

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<1999102 雁ヶ腹摺山> <20070602オフの会>
滝子山より南大菩薩連嶺 2006/10/0713:22 「展望の山旅オフの会」2007年第7回例会は2007年6月2日、参加者20名にて大菩薩連嶺の南部を楽をして歩いた。 新宿からバスでハマイバ丸温泉まで行き、ここから先はタクシーに乗り換えて大峠まで入り、 雁ヶ腹摺山へ往復、その後は黒岳に登って主稜線を南下して白谷丸を経て湯ノ沢峠へ、 大蔵高丸を往復して湯ノ沢峠に戻って駐車場に待たせておいたタクシーで「やまと天目山温泉」 にて汗を流してバスで帰路についた。 オフ会としては2回目のバスチャーターだったが、大峠や湯ノ沢峠への11人乗り以上の乗り入れ規制もあって、 タクシーを併用する行程を組んだ結果、欲張った行程を楽しむことが可能となった。
天気は朝の内晴れていたものの、やませの影響で稜線にはガスがかかり、殆ど無展望となったが花々や小鳥が迎えてくれて 新緑の中の山歩きとなった。東京より大菩薩連嶺  (左図はGPSによるトラックとグラフ 滝子山より南大菩薩連嶺 2006/10/0713:22)(使用カメラ Canon IXY D900IS)

大峠に到着 09:23 雁ヶ腹摺山登山口 09:24 雁ヶ腹摺山へ登山開始 09/37 笹の花!今年は60年に一度の枯死する年! 09:46 ミツバツツジが見頃 09:53 雁ヶ腹摺山に咲くキバナノコマノツメ 10:18
 大峠に到着(09:23)  雁ヶ腹摺山登山口(09:24) 登山開始(09:37)     笹の花(09:46)      ミツバツツジ(09:53) キバナノコマノツメ(10:18)
中腹から黒岳、白谷丸を望む 10:28 雁ヶ腹摺山山頂近くの自然石 10:30 山頂が見えてきた 10:31 山頂の500円札の大標識 10:24 この方角に富士山があるはず 10:35 雁ヶ腹摺山山頂 10:43
 黒岳が見える(10:28)  自然石(10:30)      山頂近し(10:31)     500円札の大標識(10:24) 富士山の方角(10:35) 雁ヶ腹摺山山頂(10:43)
黒岳山中のシロバナのヘビイチゴ 11:39 黒岳山中の深い樹林 12:53 間もなく黒岳山頂 13:09 黒岳山頂と一等三角点 13:11 黒岳山頂にて昼食 13:30 黒岳山頂にて全員写真 13:37
シロバナヘビイチゴ(11:39) 黒岳の樹林(12:53) 黒岳山頂近し(13:09)  黒岳の一等三角点(13:11) 黒岳山頂にて昼食(13:30) 全員写真(13:37)
ガスの中の白谷丸山頂 13:54 一瞬北の方角のガスが切れる 13:56 白谷丸の白い花崗岩砂岩のガレ場 14:21 湯ノ沢峠に着く 14:33 湯ノ沢峠のお花畑のシロバナノエンレイソウ 14:39 湯ノ沢峠のお花畑に群生する咲き始めのスズラン 14:44
 白谷丸山頂(13:54)   ガスが切れる(13:56)  白谷丸のガレ場(14:21) 湯ノ沢峠(14:33)    シロバナエンレイソウ(14:39) スズラン(14:44)
大蔵高丸へもう一歩き 14:44 大蔵高丸山頂が見えた 15:15 無展望の大蔵高丸山頂 15:16 湯ノ沢峠駐車場 15:56 やまと天目山温泉にて乗ってきたバス 16:25 やまと天目山温泉にて汗を流す 17:27
 大蔵高丸へ(14:44)   山頂が見えた(15:15)  無展望の山頂(15:56)  湯ノ沢峠駐車場(15:56) 温泉にてバスが待つ(1625) 汗を流す(17:27)

今回の行程は公共乗り物では殆ど不可能であるため、早くからバスツアーとすることが検討されてきた。 しかし大峠と湯ノ沢峠への林道は11人乗り以上の乗り入れ規制があり、そのためバスとタクシー併用の山旅とする以外は方法がなかった。 こうすることによりマイカーでも通常のツアーでも不可能な雁ヶ腹摺山と南大菩薩の1/2ほどを歩くことが出来るようになった。
今回は累積標高差1130m、歩程10.5kmと、前回に次ぐ歩程だが、最初の雁ヶ腹摺山と最後の大蔵高丸が車道からの往復だった ことが精神的な負担感を減らし、全員が元気に歩き通すことが出来た。
新宿を7時10分に出発したバスは、初台ICの通行止めと若干の渋滞によって、予定より30分遅れた。 バスはハマイバ丸温泉止まり、ここから先は11人乗り以上の車の通行規制で入れないため、 そこに手配しておいたジャンボタクシー2台と乗用タクシー1台に乗り換えて大峠に向かった。
大峠には10台以上のマイカーが駐車していて人気のコースであることを伺わせる。 準備体操の後、雁ヶ腹摺山へ登山開始、キンポウゲやシロバナヘビイチゴ、ミツバツツジなどが咲き誇っていたが、 驚くことに笹の花があちこちで開き始めている。今年は60年目に相当するのか、大朝日岳で見て以来2度目である。
1時間で山頂に着く。大勢の登山者が来ているが富士山方向は厚い雲に覆われて見ることが出来ない。 一方目を転じると大菩薩連嶺側の今日歩くルートの山々がまだ見えていた。
500円札の大標識がある山頂でのひとときを過ごして、下山開始、登りは1時間でも下りは40分で大峠に戻った。
一呼吸入れて黒岳へ取り付く。明るい雁ヶ腹摺山の登山道と違って、背丈ほどの熊笹に覆われた登山道をひたすら歩く。 熊笹が開けると手の入っていない広葉樹の原生林が山頂まで続く。
山頂は樹林で覆われているが、ここも一等三角点の山である。 山頂で昼食、腹を満たして全員写真を撮る。
ここからは下りが続くが、最初はかなりの急下降で始まる。 すぐに白谷丸にでる。展望が開けるがガスでなにも見えない。ここは花崗岩が風化して 白い砂になってガレ場を作っている。白谷丸の名前の由来か?花もこのあたりには多く咲くようだ。
無展望の中をひたすら下る。白谷丸から30分を過ぎたところでひょっこりと湯ノ沢峠に着く。 ここは登山道の峠で駐車場までは数十mほど離れている。一息入れて大蔵高丸へ向かう。
「湯ノ沢峠のお花畑」と書いてある草原を横切ってスズランの群落を見る。まだチラホラ咲き始めたばかりだ。 さらに南下して再び樹林に入ると、ほぼ平坦な尾根を進む。東京からの山容 を想像しながら歩く。
やがて前方に小高い丘の地形が現れて山頂を思わせる。 山頂には誰もいない。時間的にも遅いのだろう。ガスで何も見えないのと動かないと寒さじわじわ と感じるようになるので、早めに切り上げて湯ノ沢峠に戻る。駐車場まで行くとタクシーが待っていた。 駐車場にはまだ数台の車がいたのでまだ登山者が山中にいるものと思われた。
未舗装のやや悪路を温泉まで走る。20分強の行程だ。 「やまと天目山温泉」にて汗を流し、待っているバスに乗り換える。 帰路は順調、全員元気に下山し存分に新緑と花を味わった山旅は19時20分に新宿西口に着いて無事に終わった。
計画の立案と添乗員、そしてリーダーと一人三役を果たしたハヤミさんに多謝である。

(登頂記録)

*山名:雁ヶ腹摺山(1857m) 黒岳(1988m)(一等△小金沢山1987.54m) 白谷丸 大蔵高丸(1781m)
*年月日:2007年06月02日(土)
*天候:晴れ→曇り
*行 程
恵比寿+++新宿西口=====談合坂SA====大月IC====ハマイバ丸温泉
0637   0647/0710   0825/0834    0845     0900/0905    
大 峠・ ・ ・雁ヶ腹摺山・・・大 峠・ ・ ・黒 岳・・・白谷丸・・ 湯ノ沢峠・・・大倉高丸・・    
0925/0935 1033/1042    1120/1135  1300/1335  1355  1430/1435   1515/1523 
湯ノ沢峠===やまと天目山温泉===勝沼IC===石川PA====新宿西口+ + +恵比寿
1555      1617/1730      1755   1835/1850  1920/2003    2013

*参加者: (L)ハヤミさん (SL)ヤマオさん (SL)イトウ イクマさん イシドウさん シバキさん
        ホシさん ヤマコシ夫妻 
        いけみやさん うえむらさん おおしまさん おおつかさん きっかわさん
        くぼのやさん さいとうさん さかきさん たにざわさん みとさん やまださん