大菩薩嶺

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
大菩薩嶺南より 1997年05月01日 09:15 大菩薩嶺雷岩より南大菩薩連嶺 1997年05月01日 10:15 [1997年5月1日 初訪の大菩薩嶺]大菩薩嶺は上日川峠まで車が入る。 大菩薩峠まではここから1時間、大菩薩嶺までも1時間で行ける。 このスナップは大菩薩峠と大菩薩嶺山頂の中間点 から北に大菩薩嶺方向を展望したものだ。 大菩薩嶺山頂が見通しが利かないだけに山頂まで5分のこの雷岩が 大菩薩嶺の展望箇所だ。勿論、見所は富士であり南アルプスの大パノラマ だが、ここでは大菩薩連嶺南側、小金沢連嶺を撮って置いた。 東京から見た起伏に乏しい稜線も、主稜線から見れば結構な起伏がある様子が分かる。
 970501の大菩薩嶺      970501の南大菩薩連嶺


雷岩より富士山 2000年11月18日 10:30 雷岩より南アルプス 2000年11月18日 10:30 大菩薩峠より筑波山 2000年11月18日 09:20 大菩薩嶺にて 2000年11月18日 10:10
 001118の雷岩より富士山  001118の雷岩より南ア   001118の大菩薩峠より筑波山 001118の大菩薩嶺

[2000年11月18日 再訪の大菩薩嶺]雷岩から大菩薩峠にかけては 富士山と南アルプスの絶好の展望台である。 広い尾根に沿って、どこからでも展望できるところがこの山の魅力と言おうか。 南アルプスはおよそ甲斐駒ヶ岳から北岳、聖岳に至るほとんどすべての高峰群を見通す事が出来る。
大菩薩峠付近では東側の奥多摩や都心方面がよく展望できる。 奥秩父では飛竜、雲取、七ツ石、などなど、奥多摩では三頭山、御前山、大岳山などなど、 そして都心の超高層ビル群が林立している様子までもがよどんだ大気の下に見ることが出来る。 目立つのは横浜ランドマークタワービル、ただ1本の針が立っている。 この写真はその都心よりさらに遠い、筑波山を捉えたもの、およそ130km彼方の877mの低山の姿である。
大菩薩嶺は樹林の中にある。直前の雷岩までは雄大な風景が展望でいるが、最後のひと登りから樹林の中に入る。 しかし木立に囲まれたさわやかな山頂だ。
大菩薩峠上 2003年06月21日 10:10 [2003年06月21日 3度目の大菩薩嶺]3回目の登頂は6月の暑い時期だった。 しかし2000mの稜線はさわやかな風が吹き渡り、初夏の大菩薩嶺は目にしみる緑とレンゲツツジに彩られていた。
 030621の大菩薩峠上

(登頂記録−3回目)

*山名:大菩薩嶺(2057m) 大菩薩三等三角点(大菩薩)
*年月日:2003年06月21日(土)
*天候:晴
*行 程
恵比寿  勝沼IC 上日川峠  大菩薩峠  大菩薩嶺
0600   0730  0830/0840   1000     1105 
 雷 岩    福ちゃん荘  上日川峠   塩山駅前  恵比寿
1115/1215  1310/1320  1340/1350  1430/1530  1800




















大菩薩嶺

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
  GPSトラック 8年ぶりの大菩薩嶺行きだ。 思わぬ出会いから始まった山歩きグループの岩井夫妻 今泉さん 在日ヨーロッパ人ご夫妻、ともに奥秩父の山域は初めてと伺ったので、マイカーでご案内することにした。久しぶりの週末ドライブは案の定渋滞につかまり、登山開始が1時間ほど  遅れてしまった。
この日は残暑厳しい日だったが2000mの稜線上は爽やかで、雲が多かったがそれでも南アルプスも望め、爽快な大菩薩歩きとなった。ただ足の調子は万全には程遠く、終わってみればくたくたとなってしまった。(歩程8.1km 累積標高差550m 21,000歩)

大菩薩峠の介山荘  12:13 賽の河原より大菩薩嶺 12:27 標高2000m地点 12:56 標高2000m地点 12:56 雷岩 13:13 大菩薩嶺山頂にて 13:25 福ちゃん荘 14:57
大菩薩峠の介山荘    大菩薩嶺     標高2000m地点  標高2000m地点      雷  岩    大菩薩嶺山頂にて   福ちゃん荘 


(登頂記録−4回目)

*山名:大菩薩嶺(2057m) 大菩薩三等三角点(大菩薩)
*年月日:2011年09月10日(土)
*天候:晴
*行 程
恵比寿  初狩PA  勝沼IC 上日川峠  福ちゃん荘  大菩薩峠  大菩薩嶺
0655   0920/0930 0940  1030/1040  1100/1105  1155/1220 1320/1340 
雷 岩  福ちゃん荘  上日川峠   勝沼IC  初狩PA    石川PA   恵比寿
1345   1500/1510  1525/1550    1640  1650/1700  1930/1950   2030