大 室 山・加入道山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
2005年11月22日菜畑山山頂から見た大室山と加入道山 2005/11/22 13:57 5月25日はとびきりの視界だった。石森さんと大室山へ、この大きな山へ行こうと計画した。標高差1000mm、前日にはサクラさん も参加する事になって3人して新緑、展望、花々、小鳥、雉、小動物などに巡り会いながらたっぷりと自然を味わった。
(使用カメラ:Canon IXY 500D)
 GPSによる歩程トラック        GPSによる歩程断面グラフ      菜畑山より大室山・加入道山
新緑の加入道山道志登山口 村営「道志の湯」の大きな駐車場があり、そのすぐ近くだからマイカーならとても便利 08:37 樹間から富士山がせり出してくる 09:34 歩き始めて2時間、緑の中で3回目の小休止 もう白石峠が近いはずだ 10:32 さあもう一登り 小鳥のさえずりが美しい 10:32 間もなく白石峠 樹間から富士山が見える 10:43 白石峠 下れば西丹沢へ 登れば600mほどで加入道山頂だ ここまで2時間15分 長い登りだ 10:45
 道志可入道山登山口 樹間から富士山     白石峠下で小休止    白石峠下        樹間の向こうに富士山  白石峠        白石峠に咲くミツバツツジ 08:26 加入道山頂 2時間半を要した 標高差800mを登ったのだから仕方あるまい 10:58 加入道山の三等三角点(加入道) 11:02 加入道山の山頂には避難小屋がある 中は綺麗で寝具まであるそうだ 11:25 加入道山から大室山へ向けての最初のピークである前大室山の標識 小さく黒のマジック書いてある 08:26 前大室山を下る途中で大室山が全貌出来る ここからは風口へ向けて急下降する 11:35
 白石峠のミツバツツジ 加入道山頂       加入道山三角点     加入道山避難小屋   前大室山頂        前大室山から大室山 破風口 この鞍部はやせ尾根である。ここから大室山への急登が始まる 11:40 破風口上からは大展望が開ける 雲が懸かった富士山と御正体山 11:53 破風口上からは大展望が開ける 御正体、前大室 加入道 三ツ峠 その向こうに南ア 11:53 山頂部にはマムシソウが 11:57 やがてコバイケイソウの大群落の中を歩く 広い山頂部だ 12:30
 破風口          破風口上から富士と御正体山 破風口上から加入道〜南ア      マムシソウ         コバイケイソウの大群落 そして木道が延々と続く。池糖があるわけでも無いのだが 帰路撮影 13:20 木道が終わるとひとのぼり、ベンチがあるが山頂は犬越路への分岐路だ そこから5分 山頂らしきピークが見えてきた 12:35 ようやく山頂 4時間15分を要した 12:45 展望のない山頂は簡素なもの、壊れたベンチと三角点と山頂標識だけである。 12:45 二等三角点(大群山)この山の古い名前が三角点に残されている 12:49 久しぶりの山頂証拠写真 12:50
 延々と続く木道      大室山山頂       山頂風景        山頂標識         大群山二等三角点    山頂にて 同じく山頂証拠写真 12:50 帰路 前大室山まで戻ってきた ガスが出始めた 14:03 可入道を越え、白石峠を降りて沢に降りてあずまやまで戻った もう一息で登山口 15:35 横浜市の植林地帯 各区毎にたくさんの落葉樹が植林されている 15:54 登山口へ無事戻る 予定時間通りの16時着 16:00 道志の湯の駐車場 この向こう側に入浴場がある 汗を流して無事を祝う 16:10
 山頂にて         前大室山に戻る     あずまやまで下山    横浜市の植樹帯    登山口へ元気で帰還   道志の湯の駐車場

大室山は石森さんがセットしてくれた。今回は石森さんとの二人旅のつもりだったが、 前日になってサクラさんが「一緒に行きたい」と思わぬ申し出があって3人で賑やかに行くことになった。 イクマさんと1泊で白馬三山を歩き切ったサクラさんだ。脚力は全く心配無用だった。
今回サクラさんはイクマさん達と鍋倉山にテント泊して帰ってきたばかり、サクラさんの参加は イクマさんから申し送られたかのようなタイミングだった。
今年の5月は1回/週程度しか晴天が無い。にもかかわらずズバリとその晴天に巡り合わせたようだ。 前夜の雷雨がウソのように朝から晴れ渡っていた。
石森車で新宿駅にてサクラさんをピックアップして初台ICから上がった。奥多摩の山々や富士山も見えて、 今日の幸運を祝った。「道志の湯」の広い駐車場へは予定より30分早く着いた。
登山口までは5分とかからなかった。昭文社の地図(丹沢)によれば登山口から加入道山まで1時間50分とある。 しかしその標高差は800mにおよぶ。丹沢のマップは随所に所要時間に無理がある。今回もそれを見越して2時間と設定したが、 それでも足りるはずがなかった。 30分早く出発できたから助かった。緩い登りが延々と続き時間を稼ぐことが出来ない。また御正体山の疲れも今日の長い行程では いずれ出てくると考えた。2人にはお断りしてゆっくり歩いた。樹間からは真っ白な富士山も見えた。途中3回ほど休んで白石峠至った。
ここで宮内庁の御料林三角点を発見、大室山にかけて5座も見ることが出来た。 やがて加入道山頂、2時間25分をかけ山頂にたどり着いた。
爽やかな陽気で樹間から見える道志や丹沢の山々は緑に輝いていた。ヘビイチゴ、ニリンソウ、スミレなどが の下草の花々が咲いていた。登山者には会わなかった。山頂には避難小屋があった。
ここで半昼食、これでも予定行程通りである。いよいよ大室山へ。加入道からは一旦下ってまた登って前大室山へ、 道標があって、それに「前大室山」とマジックインクで書いてある。勿論標高は分からない。 樹林の中を鹿の防護策の脇を通りながら所々にある宮内省御料林の標石を見ながら急下降、 大室山本体が大きく見える。さらにキレットのようにガクッと下がって痩せた鞍部に着く。 破風口と書いてある。
ここからが大室山本体の250mの登りである。疲れないようにしないと御正体山の二の舞になる。 ゆっくりゆっくりと登る。前大室山の高さを超えると素晴らしい展望が待っていた。 今歩いてきた加入道、前大室山が手前にあってその向こうに富士山、丹沢、箱根など、そして三ツ峠山の 奥に南アの白い峰峰がある。
しばらく展望に見とれていた。展望のない山だが少しは見えるだろうと思っていたが、 これほどの大展望が得られるとは思っていなかった。
登山道がなだらかになって山頂部に達したことを知る。しかし山頂はなかなか見えてこない。木道が現れる。 殆ど平坦である。鹿の防護策もある。周囲はコバイケイソウの大群落である。ようやく先の方で人の声がする。 山頂かと思う。ベンチがあって人がいたので山頂かと聞いたら10分先だという。 ここは犬越路への分岐である。
まだか〜と疲れた足を引きずりながら山頂に向かう。ようやく小広い平坦な場所に立つ山頂標識が見えてきた。 樹林に囲まれた山頂だが樹間からは近景の山が覗く。 加入道から1時間35分を要した。念願の山頂だ。感無量であった。 かなり痛んで頭がかけている二等三角点は「大群山」(オオムレヤマ)、この山のかっての字で ある。今大室山の山名を「オオムレヤマ」と読む事を知っている人は少ない。
人は居ない。独占状態の静かな山頂だった。ここで半昼食、やがて空が暗くなってきた。 雨の心配はないにせよガスがかかってきた。25分程で下山開始した。
長い山頂部を横切り急下降にさしかかり、途中で立ち休みを入れながら破風口を越えて前大室山まで一気に戻った。 ここで一息、足は持ちこたえている。みんな元気である。すぐに出発して最後の登り返しにかかる。結構急登だ。 疲れているから登りが堪える。とにかく鹿の防護策の脇を通って行くと間もなく避難小屋が見えて来て加入道山の山頂に着く。 予定通りの時刻である。不思議なくらい一致しながら行動している。
いよいよ下山、白石峠を通って来た道を下る。急なジグザグを下って長いトラバースに入る。小鳥の鳴き声が美しい。 ヘビもいた。新緑が目に浸みる。ミツバツツジが咲いている。随分余裕が出てきたようだ。やがて沢に出る。 メスの雉が足下からいきなり飛び立つ。今日は色々なものに出会う。東屋で一休みしてさらに下る。 横浜市の植林地帯を抜ける。家並みが見えてくる。観光客に会う。そして登山口へ、驚いたことに予定時刻の16時ぴたりである。
すぐに入浴、移動しないで風呂に入れるのは本当に有り難い。良い風呂である。村営だから500円、安い。
17時に出発。蕎麦屋を探すも定休日でダメ、石川PAでラーメンを食べる。 帰路も渋滞もなく恵比寿へ、石森さんには感謝・感謝である。サクラさんとも別れる。 念願の大きな山に登頂を山が最も輝いているこの時期に果たし、とても充実した1日だった。 再開を約して1日が終わった。

(登頂記録)

*山名:大室山(1588m)U△大群山 加入道山(1418m) V△加入道 前大室山
*年月日:2006年05月25日(木)
*天候:快晴
*行 程
  恵比寿==新 宿==初台IC==相模湖東IC==道志の湯P・・・登山口・・(小休止)
  0620   0635   0640    0720   0820/0827   0833   0900/0905
  ・・(小休止)・・(小休止)・・・白石峠・・・加入道山・・・前大室・・・破風口
   093/0937 1022/1030  1042  1057/1110   1125    1140
  ・・大室山・・・破風口・・前大室・・・加入道山・・白石峠・・(小休止)・・・東 屋
  1245/1310  1345 1404/1410 1425/1430 1440 1509/1512 1532/1535
  ・・登山口・・道志の湯==相模湖IC==石川PA===幡ヶ谷IC==恵比寿
    1600  1600/1700  1808  1830/1900   1930    1950