三ツ峠山(00/12/30)初 訪

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ>

<00年12月30日初訪> <01年10月20日再訪> <03年09月28日3回目> <05年01月08日4回目> <06年01月09日5回目>

<07年02月14日6回目> <08年07月17日7回目> <08年12月16日8回目> <11年12月04日9回目> <14年07月30日10回目>

(山頂より富士山)

三ツ峠山は富士山展望のスポットとして、全国にその名を知られている。 御坂山塊の東端に位置し、その姿は 東京からもよく展望することが出来る。
今は河口湖から国道137号線の三ツ峠山登山口から約1時間半の軽登山で山頂に達する。 山頂からの展望は富士山のみならず南アルプスの3000m峰がすべて一望され、眼下に広がる御坂山塊の緑とともに、 天下一品の眺望が開ける。
三ツ峠山は、木無山(1732m)、御巣鷹山(1775m)、開運山(1786m)の3座の「ドッケ」があることから、「ミツドッケ」が なまって三ツ峠となったもの、通称三ツ峠山はこの3座の最高峰の開運山を言う。
この山はカラマツ、ミズナラで覆われ、秋の紅葉がひときわ美しい。
山頂からの富士山は、とてつもなく大きく、高くそびえていて、他の山々を圧倒しているが、この山頂の展望を一段と 秀でたものにしているものは、やはり綿々たる連なりを見せる赤石山脈の雄大な眺めであろう。

(三ツ峠山頂  2000年12月30日10時15分 60mm F13 1/500) 


(山頂より御坂山塊)

富士山から右に目をやると、そこには綿々と連なる南アルプスの雄大な眺めがある。3000m峰をすべて一望できる大展望だ。
その手前を緑で飾る山々が御坂山塊だ。 中央の丸い山頂を見せているのが御坂黒岳(1793m)、右奥に連なるピラミダルなピークが好展望で名高い釈迦ヶ岳(1641m)、 三ツ峠山につながる稜線に沿って右手前に目をやると御坂山(1596m)、御坂黒岳の左に遠ざかる稜線上のピークが節刀ヶ岳(1736m)、 さらに左に遠ざかって鬼ヶ岳(1738m)と続く。この両座から御坂黒岳にかけての上に聖岳から赤石、悪沢岳が、御坂黒岳 の真上に塩見岳が、御坂黒岳から御坂山にかけての上に農鳥岳から北岳が燦然と輝いている。
眼下には三ツ峠3座の一つ、木無山(1732m)の山頂部が見えていて、三ツ峠山荘や四季楽園などの山小屋群が点在している。

(三ツ峠山頂  2000年12月30日10時15分 60mm F13 1/500) 

(南アルプス大展望)

前のページの南アルプスを拡大したもの、北岳の右には仙丈岳が覗いている。 この壮大な山脈は東側から眺めるのがもっとも良いが、なかなか近くから見ることが 出来ない景観である。聞けば釈迦ヶ岳が、南アルプスの最高の展望地という。

(三ツ峠山頂 2000年12月30日10時15分 60mm F13 1/500) (三ツ峠山頂  2000年12月30日10時15分 60mm F13 1/500) 

(開運山山頂と御巣鷹山山頂)

さて三ツ峠山(開運山)の山頂部だが、登山道からは木無山の稜線に出るまで殆ど見ることが出来ない。 その全容は皮肉なことに都内からの展望によく現れている。 その木無山の稜線から見たのが、三ツ峠山の山頂部、こちら側にも大きな反射板があって、山頂から北側の展望を遮っている。
一方、御巣鷹山の山頂部は、電波塔で埋め尽くされている。都内からでも双眼鏡でこれらの設備が見えるほどの大きさである。

(三ツ峠山頂 2000年12月30日11時10分 45mm F11 1/500)    (三ツ峠山頂  2000年12月30日10時15分 45mm F13 1/500) 





















三ツ峠山(01/10/20)2回目の訪座

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ>

<00年12月30日初訪> <01年10月20日再訪> <03年09月28日3回目> <05年01月08日4回目> <06年01月09日5回目>

<07年02月14日6回目> <08年07月17日7回目> <08年12月16日8回目> <11年12月04日9回目> <14年07月30日10回目>

(三ツ峠山頂にて−再訪)

三ツ峠山頂は比較的広く、北側は樹木と反射板に遮られているが、その隙間から奥秩父や大菩薩連嶺、 雲取山などが覗いている。 南東側は奥多摩から丹沢、そして道志の山々の向こうには伊豆半島、天城山が見えている。 とかく富士山展望のスポットとして取り上げられるが、360度に近い大展望が開けている。
とりわけ南アルプスの大展望は、三ツ峠山の展望をより素晴らしいものにしてくれている。
山頂には山頂を記す標識と展望案内板がある。それに「水峠」という名称の2等三角点がある。
何故「水峠」なのか分かぬが、埋設当時は地元にその地点の名前を聞いて、三角点の名称を決めたそうで、 中には間違えてつけてしまった三角点もあると聞いている。
再訪の三ツ峠山だが、秋の空に冴えわたって、富士山や南アルプスが大変良く望める1日だった。

(三ツ峠山頂  2001年10月20日 09時10分 4Sony DSC-P1)






















三ツ峠山(03/09/28)3回目の訪座

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ>

<00年12月30日初訪> <01年10月20日再訪> <03年09月28日3回目> <05年01月08日4回目> <06年01月09日5回目>

<07年02月14日6回目> <08年07月17日7回目> <08年12月16日8回目> <11年12月04日9回目> <14年07月30日10回目>

(天下茶屋にて-3回目の訪座)

三ツ峠山の登山口の一つである御坂みちは登山口の先が甲府に抜ける旧道の御坂トンネルである。 この入り口付近にあるのが御坂山への登山口、そしてここにある茶屋が天下茶屋、 何時からそう言われているのか分からないが、ここから眺める富士は天下一品である。
この日、山頂はガスに阻まれ何も見えなかったので、 下山後足を伸ばした天下茶屋からは天下一品の富士が見えていた。

(天下茶屋  2003年09月28日 12時15分 4Sony DSC-P1)

(登頂記録−3回目の訪座)

*山名:三ツ峠山(1785m) 二等三角点(水峠)
*年月日:2003年09月28日(日)
*天候:晴
*行 程
恵比寿  御坂みち登山口  木無山   山 頂 
0600   0750/0800   0850/0900  0910/0920
木無山   登山口    あざみ野  恵比寿
0930/1045 1140/1200   1500    1530





















三ツ峠山(05/01/08)4回目の訪座

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ>

<00年12月30日初訪> <01年10月20日再訪> <03年09月28日3回目> <05年01月08日4回目> <06年01月09日5回目>

<07年02月14日6回目> <08年07月17日7回目> <08年12月16日8回目> <11年12月04日9回目> <14年07月30日10回目>

(木無山から-4回目の訪座)

2005年の新年は年末の南岸低気圧のため、すっかり雪に覆われてしまった。 強い寒波の流入により、冬晴れが期待できたので、富士山展望を求めて蛭子さんと4回目の三ツ峠山の登ってみた。 新雪が30cmほど積もっていて、快適な雪山遊びとなった。
写真は木無山での雪景色のスナップである。

(木無山 2005年01月08日 10時15分 Canon IXY P)

(山頂から-4回目の訪座)



山頂は積雪30cm、零下8度、風はやや強く、透き通るような視界であった。 土曜日のため登山は多く、次から次へと登っては展望を楽しみ降りていった。 富士山は雪を頂き美しく、南アルプスの峰々が御坂山塊の向こうに並び、北アルプスが雲の向こうに覗いていた。

(左 山頂 2005年01月08日 12時20分 Canon IXY P)   (右 木無山 2005年01月08日 10時15分 Canon IXY P)

(天下茶屋から-4回目の訪座)

下山後は天下茶屋にて昼食、ここも富士山展望のビュースポットとして知られている。

(天下茶屋 2005年01月08日 12時20分 Canon IXY P)

(登頂記録−4回目の訪座)

*山名:三ツ峠山(1785m) 二等三角点(水峠)
*年月日:2005年01月08日(土)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿  御坂みち登山口 林道歩き   登山口  木無山   山 頂 
0600     0740/0755            0900  1015/1020 1035/1055
登山口  登山口BS  天下茶屋  不動湯ゲート  二十曲峠  恵比寿
1153   1200/1215  1220/1315  1415/1420  15115/1605  1810





















三ツ峠山(06/01/09)5回目の訪座

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ>

<00年12月30日初訪> <01年10月20日再訪> <03年09月28日3回目> <05年01月08日4回目> <06年01月09日5回目>

<07年02月14日6回目> <08年07月17日7回目> <08年12月16日8回目> <11年12月04日9回目> <14年07月30日10回目>

(三ツ峠山-5回目の訪座)

2006年の冬は12月以来の大寒波によりすっかり冷え込んでしまった。 大陸の寒波の張り出しが強すぎて南岸低気圧も接近できず、 太平洋側はカラカラ天気が続いて富士山の積雪も少な目だ。
昨年同様、新年の三ツ峠山と相成った。今年はikumaさんTakaaki(I)さんとの3人のIさんで7時に恵比寿を出発した。 現地の積雪は少なく、すでに数台の車が登山口に車が入っていた。    (使用カメラ: Canon IXY 500D)
三ツ峠登山口まで車を乗り入れることが出来た。さあ出発。08:59 木無山から開運山 今年は雪が少ない 11:51 開運山(三ツ峠)山頂にて(ikumaさん撮影) 10:33 開運山から御巣鷹山 10:33 御巣鷹山の最高地点と思われる地点 無線鉄柱が立っているだけだった 初登頂(ikumaさん撮影) 11:26
三ツ峠登山口(08:59)     木無山から開運山(11:51)   開運山(三ツ峠)山頂(10:33) 開運山から御巣鷹山(10:33) 御巣鷹山最高地点(11:26)
木無山山頂 積雪は10cmくらいか? 11:53 開運山から富士山 やはり雪が少ない 10:33 開運山から御坂・南ア 北アまで見通せる最高の展望 10:33 二十曲峠のダイヤ富士 神秘の瞬間 (Canon EOS Kiss D) 16:00
木無山山頂(11:53)        開運山から富士山(10:33)     開運山から御坂・南ア(10:33)              二十曲峠のダイヤ富士 (16:00)

身支度を整えて出発、折り紙付きの展望日和、しかし気温はマイナス8度前後を指していた。
山頂の積雪は10cm程度、昨年が50cmほどだったから髄分景色が違うものだ。
視界は最高、多めの雲ながら南ア、八ヶ岳、奥秩父、それに北アまで見えて申し分ない展望日和だった。
目の前の御巣鷹山は未訪である。アンテナ群で魅力を感じない事もあったが、ともかく行ってみた。 最高地点らしき所には電柱が立っていた。 その御巣鷹山から木無山へ、ベンチで昼食後下山、二十曲峠でのダイヤ富士を楽しんで 家路に着いた。

(登頂記録−5回目の訪座)

*山名:三ツ峠山(開運山−1785m) U水峠 御巣鷹山(1775m) 木無山
*年月日:2006年01月09日(月祝)
*天候:快晴
*行 程
 恵比寿  登山口   山 頂  御巣鷹山  木無山   登山口
0650  0840/0900 1030/1050 1120/1130 1150/1220 1310/1325
天下茶屋  忍野八海  二十曲峠  河口湖IC 石川PA   恵比寿
1335/1400 1440/1510 1530/1610  1630   1725/1735  1805

(三ツ峠山からの展望−5回の訪座の纏め)

























三ツ峠山(07/02/14)6回目の訪座

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ>

<00年12月30日初訪> <01年10月20日再訪> <03年09月28日3回目> <05年01月08日4回目> <06年01月09日5回目>

<07年02月14日6回目> <08年07月17日7回目> <08年12月16日8回目> <11年12月04日9回目> <14年07月30日10回目>

GPSによるトラック       凍結した登山道(10:04)    山頂の強風(10:23)       ドーム館からの虹(14:42)

休みの調整が取れた千葉勢の2人との三ツ峠行きは大荒れの春の嵐にぶつかってしまった。 それでも日中は降らないと読んで、登山口に降り立ったときには雨は殆ど止んでいた。 懸念していた強風も大きな影響もなく、ガスの中を凍結した雪道をアイゼン装着して山頂まで往復した。 天下茶屋はクローズしていた。やがて雨が強く降り出して、早く下山したことが幸いした。 富士山レーダードーム館に寄り、道志みちを通ってゆっくり帰路についた。(カメラ CANON IXY 900IS)

(登頂記録−6回目の訪座)

*山名:三ツ峠山(開運山−1785m) 木無山
*年月日:2007年02月14日(水)
*天候:雨
*行 程
 恵比寿  登山口   山 頂  登山口 富士山ドーム館 恵比寿
0650  0830/0850 1020/1030 1145/1200 1410/1500   1820





















三ツ峠山(08/07/17)7回目の訪座

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ>

<00年12月30日初訪> <01年10月20日再訪> <03年09月28日3回目> <05年01月08日4回目> <06年01月09日5回目>

<07年02月14日6回目> <08年07月17日7回目> <08年12月16日8回目> <11年12月04日9回目> <14年07月30日10回目>
2008年7月17日、梅雨明けを思わせる暑さの中、ある程度の標高が無ければ 熱中症になりかねないと、三ツ峠まで出かけた。 それでもムッとする山頂、夏雲の間から覗く富士山や南ア、八ヶ岳は夏姿だった。 それにも増して色々な花が咲きそろっていた。 (左図はGPSによるトラック)(使用カメラ:Canon IXY 900IS)
中腹のシモツケソウ 08:44 山頂に咲くアヤメ 10:06 開運三山頂 10:13 山頂から富士山 10:15 御巣鷹山鞍部から黒岳・南ア 10:57 木無山から開運山 11:18
 シモツケソウ      山頂に咲くアヤメ     開運三山頂       山頂から富士山  御巣鷹山鞍部から黒岳  木無山から開運山

(登頂記録−7回目の訪座)

*山名:三ツ峠山(開運山−1785m) 御巣鷹山 木無山
*年月日:2008年07月17日(木)
*天候:晴れ
*行 程
恵比寿  初台IC 御坂IC 天下茶屋  登山口   ベンチ   富士見山荘
0640    0650  0755  0810/0820 0830/0830 0917/0925   1000
開運山山頂 富士見山荘 御巣鷹山  木無山・三ツ峠山荘  ベンチ
1010/1030   1040   1055/1200    1117/1135     1155/1200
 登山口   三ツ峠グリーンセンター  相模湖IC   石川PA  幡ヶ谷IC  恵比寿 
1230/1243   1340/1420      1540    1552/1605   1528    1645




















三ツ峠山(08/12/16)8回目の訪座

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ>

<00年12月30日初訪> <01年10月20日再訪> <03年09月28日3回目> <05年01月08日4回目> <06年01月09日5回目>

<07年02月14日6回目> <08年07月17日7回目> <08年12月16日8回目> <11年12月04日9回目> <14年07月30日10回目>
2008年12月16日、予定では17日だったが南岸低気圧の接近により、17日は悪天候が予想されたので急遽一日繰り上げて 丹羽さんと冬の三ツ峠から富士山を眺め、二十曲峠でダイヤモンド富士を見るために出かけた。 普段ならまだ積雪など内2月だが、前々日の南岸低気圧通過のためにすっぽりと雪雲に覆われて積雪となり 当日は駐車場でさえー6度、最初から雪道歩きとなった。
雪の明日の例え通り視界は抜群、山頂では富士山を邪魔する雲も払われて 勇姿を見ることが出来、南アルプス、八ヶ岳に加えて北アルプスの核心部も山ひだが見えるほどの大展望に巡り会えた。
二十曲峠でのダイヤモンド富士はやや早めであるが、とにかく出かけた。 前衛の雲が漂いほぼ絶望の状態だったが、太陽が山頂右側に接触直前になって山頂部が晴れ渡り 見事なダイヤ富士を見ることが出来た。そして太陽が没するのを待つように前衛の雲が山頂を覆い隠した。 (歩程6.5km 累積標高差650m) (左図はGPSによるトラック)(使用カメラ:Canon IXY 900IS)
登山口手前から河口湖に立ちのぼる朝靄の上に富士山を見る 08:44 登山道はすっかり雪に覆われる 10:06 雪を踏んで山頂を目指す 10:13 開運山山頂にて 10:15 遥かに北アルプスを望む 10:57
登山口手前から      雪の登山道       雪を踏んで登る     三ツ峠山頂にて      北ア槍穂を望む
八ヶ岳を望む 11:18 南アルプスを望む 11:18 富士山を望む 11:18" 二十曲峠にてダイヤ富士 11:18 二十曲峠にてダイヤ富士 11:18
八ヶ岳を望む       南アルプスを望む      富士山を望む     二十曲峠にて      二十曲峠にて

(登頂記録−8回目の訪座)
*山名:三ツ峠山(開運山−1785m) 木無山
*年月日:2008年12月16日(火)
*天候:晴れ
*行 程
恵比寿  初台IC 河口湖IC 三ツ峠登山口  ベンチ   開運山山頂
0630    0645   0810    0840/0855  0935/0945 1040/1100
 木無山   ベンチ  登山口  富士山ドーム道の駅  二十曲峠
1115/1140  1200  1245/1300    1340/1440    1500/1540
談合坂SA   恵比寿
1720/1730   1830




















三ツ峠山(11/12/04)9回目の訪座

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ>

<00年12月30日初訪> <01年10月20日再訪> <03年09月28日3回目> <05年01月08日4回目> <06年01月09日5回目>

<07年02月14日6回目> <08年07月17日7回目> <08年12月16日8回目> <11年12月04日9回目> <14年07月30日10回目>
2011年12月04日、前日まで冷たい雨に悩まされたが、この日は朝から快晴、季節風が強い、まれにみる超視界だった。
今泉さん、岩井さん夫妻、それに在日のヨーロッパ人ご夫妻との山歩きも4回目を数える。しかしこのパーテイのもともとの4回目は三頭山だったが、悪天候続きでなんと4回の連続キャンセル、この日も本来全日だったが前日は都内でも氷雨でキャンセル、当日もこの雨が雪でなければと言う不安の中での出発だった。 結果は無雪、加えてスーパー大展望、過去キャンセル分を合わせた6回分の山行を楽しむことが出来た。
三ッ峠山頂の気温は2度、季節風が冷たかったが、日本の高峰トップテンを眺め尽くし、最高の展望の山旅を満喫した。
(歩程7.1km 累積標高差610m 19,000歩) (左図はGPSによるトラック) (使用カメラ:使用カメラ RICOH CX5)

天下茶屋より富士山 08:12 三ッ峠山頂より南アルプス 10:15 三ッ峠山頂より北アルプス 10:16 三ッ峠山頂より八ヶ岳 10:26 三ッ峠山頂にて 10:30 三ッ峠山頂(木無山より開運山) 11:07"
 天下茶屋より富士山   三ツ峠山頂より日本の高峰トップ10(南・北ア)   三ッ峠山頂より八ヶ岳  木無山より開運山      開運山山頂にて

(登頂記録−9回目の訪座)
*山名:三ツ峠山(開運山−1785m) 木無山
*年月日:2011年12月04日(日)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿  初台IC  谷村PA  河口湖IC 天下茶屋  三ツ峠登山口  ベンチ   開運山山頂
0615    0625  0720/0735  0745  0815/0820   0825/0835  0915/0920  1020/1035
 木無山    登山口    談合坂SA   初台IC  恵比寿
1045/1120  1215/1225  1330/1410    1450   1505



















三ツ峠山(14/07/30)10回目の訪座

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ>

<00年12月30日初訪> <01年10月20日再訪> <03年09月28日3回目> <05年01月08日4回目> <06年01月09日5回目>

<07年02月14日6回目> <08年07月17日7回目> <08年12月16日8回目> <11年12月04日9回目> <14年07月30日10回目>
梅雨明けとなり連日35度前後の猛暑が続いていたが、この2〜3日は32度前後とのこと、標高の高い山なら熱中症も避けられるとの思いで、三ッ峠へ出かけた。
夏富士は今一さえないが夏の花の多い三ッ峠にはハクサンフウロやウスユキソウなどの高山植物も見られる。 驚きは山頂直下でのカモシカとの遭遇だった。
(歩程7km 累積標高差610m 19,000歩) (左図はGPSによるトラック) (使用カメラ:使用カメラ RICOH CX5)

天下茶屋より富士山 08:22 天下茶屋の月見草 08:24 ミネウスユキソウ 10:01 ハクサンフウロ 10:01 山頂直下でカモシカに遭遇 10:26 三ッ峠山頂より富士山 10:36 木無山山頂
  11:31
天下茶屋より富士山  天下茶屋の月見草    ミネウスユキソウ     ハクサンフウロ     山頂直下でカモシカ  三ッ峠山頂より富士山   木無山山頂

(登頂記録−10回目の訪座)
*山名:三ツ峠山(開運山−1785m) 木無山
*年月日:2041年07月30日(水)
*天候:晴れ
*行 程
恵比寿 代々木上原  初台IC   御坂IC   天下茶屋  三ツ峠登山口 
 0610   0620      0625    0750   0815/0820   0830/0840
 ベンチ  開運山山頂   木無山    ベンチ   登山口     谷村PA
0920/0940 1025/1040  1055/1130 1210/1220 1255/1305  1340/1400
 石川PA   初台IC  代々木上原  恵比寿
1455/1505  1535    1545      1605