須坂基線 岩菅山



2012年10月2日 須坂基線 雷滝 小布施町

GPSトラック 須坂基線 東京は2012年10月初旬というのに30℃、海水温も異常に高く台風が次から次へとやってくる。そんな台風の間隙を縫って、かねてより心づもりをしていた岩菅山行を伊久間さんにお願いして、10月2日に長野入り、10月3日に登ることにした。久しぶりの長野行、伊久間さんの奨めもあって、前日には須坂基線そのほかを見て回り、当日3日にはいよいよ岩菅山へと足を向けた。
10月2日、曇り空の長野着10時17分、伊久間さんの出迎えを受けて須坂へ、スーパーの屋上駐車場から 須坂基線とその一次三角点に当たる雁田山と井上山を一望し、須坂基線西端、東端をみて、福島正則荼毘の地、松川本流にかかる雷滝、山田牧場から平床へ、そして小布施の岩松院、北斎館と見どころを回って長野のホテルに入った。

須坂基線西端 11:13 須坂基線西端 11:22 須坂基線東端 11:35 須坂基線東端 11:36 福島正則荼毘の地 11:47 福島正則荼毘の地  11:47
  須坂基線西端      須坂基線西端       須坂基線東端      須坂基線東端     福島正則荼毘の地   福島正則荼毘の地 雷滝 13:04 雷滝 13:05 雷滝 13:06 峠から笠ヶ岳 
 13:44 岩松院 14:44 岩松院の福島正則墓所 15:07
    雷  滝       雷  滝       雷  滝        峠から笠ヶ岳        岩松院         福島正則墓所 

2012年10月3日 岩菅山

GPSトラック 岩菅山 岩菅山は4年前の10月、伊久間さんと登る計画を立てたが、直前に阿寒で捻挫して果たせなかった。その後脚力は衰え、 毎年岩菅山を仰ぎ見ながらも、もう無理だとあきらめていた。そこへ今年の8月に快晴の中をノッキリまで、時間的に遅くなるのと脚力も無理と判断し、ノッキリから下山した。しかし山頂を目の前にしてにわかに山頂が近く感じ、登頂意欲も湧いてきた。そこで10月3日、3つの台風をやり過ごして、4年前のリベンジを果たすこととなった。
岩菅山聖平登山口  08:27 小三郎小屋跡  0841 橋が流されたアライタ沢 09:03 アライタ沢上にて熊に遭遇 0917 中間点 09:59 ノッキリ下にて岩菅山  10:42
 岩菅山聖平登山口      小三郎小屋跡   橋が流されたアライタ沢    熊に遭遇         中間点       ノッキリ下にて岩菅山 ノッキリに到着  10:50 いよいよ岩菅山山頂へ 11:18 急登の連続 11:24 山頂近し  11:44 岩菅山山頂 11:48 山頂の一等三角点  11:49
  ノッキリに到着    いよいよ岩菅山山頂へ    急登の連続        山頂近し          岩菅山山頂     山頂の一等三角点 山頂にて伊久間さんと (伊久間氏撮影) 11:56 山頂直下より東館山方面を望む 12:20 山頂直下の紅葉 12:24 中間点より寺子屋山 方面を望む 13:24 橋が外れたアライタ沢  14:03 聖平登山口に帰着  14:36
山頂にて伊久間さんと 山頂直下より東館山方面  山頂直下の紅葉  中間点より寺子屋山方面 橋が外れたアライタ沢  聖平登山口に帰着

2012年10月2日 須坂基線 雷滝、山田峠 小布施町

[須坂基線西端・東端]
基線の西端は、リンゴ畑の中にあって、保存状態はまあまあ、しかし「一等」の「等」の部分が破損欠落し読めない。相模野基線や那須基線が地元市によって大切に保存され、解説版があるのに比較して、須坂市にも頑張ってもらいたいところだ。東端はさらにひどい。地上僅か数pが露出しているのみであり、四角いコンクリート枠によってかろうじて保護されているだけで、しかも埋めなおしたのか?頂部十字が南北から大幅にずれていた。勝手は産廃の山の中に埋もれていたとか、れっきとした現役の一等三角点、しかも基線端三角点にしては残念なことである。ここからの雁田山は武甲山のようにえぐられてはいるが、その姿が美しい。
(須坂基線の経緯)
須坂基線は那須基線, 相模野基線 など全国14か所ある基線の一つ、1896年(明治29年)、長野県上高井郡に設置、長野・新潟・福島・埼玉・山梨・岐阜の中部・関東地方の計測用とした。「基線」の東端、西端の距離は2.919120km、東端は北緯36°40′05.3229 東経138°20′27.2024、西端は36°40′28.8947、東経 138°18′17.9025に位置する。
なお東日本大震災により、東京地区の三角点はほぼ全数東へ1mほど移動しているが、今回のGPSによる計測結果では移動は観測されなかった。
この基線をもとに一次三角点は、雁田山、井上山に、二次増大点の髻山(もとどりやま、744.46m)、南の根子岳(小根子ピーク、選点当時は「猫岳」2127.9m)を設置、さらに三次増大点として西の聖山(1447.15m)、東の岩菅山(2295.0m)へと拡大、周辺の妙高山、白馬山、蓼科山などを結んだ。
[福島正則公荼毘の地]
. 須坂基線東端のすぐ近くに福島正則を荼毘した場所がある。秀吉の重臣でありながら関ヶ原では徳川方につき、広島藩50万石の藩主として徳川時代を迎えたが、城の石垣を無断改修したために、この地の高井野藩主として45,000石に減封、転封 させられ、この地で終焉を迎えたが、死後幕府の検死役が到着する前に荼毘に付したため、お家取り潰しとなった悲劇の領主である。
[雷 滝]
山田温泉郷に至る渓流を松川と言う。その本流にかかる落差30m、幅20mの滝である。本流の滝だけに水量が多く、豪快そのものである。この滝の特徴は滝の裏側が大きくへつられ、滝の裏側から濡れることなく滝を見ることが出来ることである。ウラミの滝は、日光にも上州武尊にもあるが、豪快さで言うならば全く引けを取らない名瀑である。
[山田牧場から平床へ]
山田牧場から平床まで道路が通じている。かってこの道路が開通したての頃に走ったが、ガタガタ道は2度と走る気のしない 道だった。それがすっかり舗装され、今では快適そのものだ。数十年ぶりに見る峠からの笠ヶ岳の姿は若いころを思い出し、懐かしさで一杯だった。
[岩松院と北斎館]
小布施の岩松院は北斎の天井画で知られる。本堂の天井画は鳳凰、ダイナミックなタッチは北斎そのものである。 もともとこの寺は福島正則の菩提寺で今でもその墓所がある。 小布施の町は北斎一色、街並みも統一的に落ち着いたたたずまいを醸し出して、第一級の観光地となりつつあって、 何もない街道筋に栗羊羹の店だけがあった50年前から隔世の感がある。
北斎が逗留した地で知られる小布施には、北斎が残した多くの絵(版画でなく)が残されていて、ピリシアンブルー(ペルシア ブルー?)を使った版画や絵はとくに知られている。

2012年10月3日 岩菅山

10月3日、朝7時、長野のホテルから伊久間さんの車で聖平登山口へ、8時半に駐車場に着く。 ここから上条用水路(小三郎小屋跡)まで10分と聞く。そこからは8月に下ってきた登山道を登ることとなる。
35分でアライタ沢に着くが・・・様子がおかしい。橋が流されて無い! いやワイヤーで上流の木につながった橋が、向こう側の岩の上に 乗っかっている。要するに沢に橋がない。水かさは8月に比べてかなり多い。
最も狭い場所を探した。約1m弱、ジャンプして飛び越えるしかない。ともかく越えた。コンパスの短い女性だと難儀すると思う。 やれやれと思いつつ無事通過、ここから始まる急階段を我慢して登る。登りきる手前で登山道が右へ急カーブするところがある。
突然左側の笹藪からガサガサと音が聞こえる! 人間か?鹿?カモシカ?サル?音からすると小動物ではない。 音は複数、やや遠くから近づいて、我々の立っているすぐわきの笹藪の中で止まった。 不気味な静けさだ。ともかく2人でストックでたたいてこちらの存在を知らせた。単数のガサガサ音が遠ざかって行った。
伊久間さんによれば、ストック音や話し声でも逃げないから鹿やカモシカではなく熊だと思ったと言う。 さらに母熊の鼻息が荒く聞こえていた と言う。 私には聞こえなかったが、強烈な気配を笹薮の中に感じていた。
ともかく立ち去った。10mほど遠ざかって振り返ったら笹薮の奥の木に子熊が登ってこちらを見ていた。 やはり、熊だ!しかもかなりやばい状態だ。子熊の写真を撮ったがそんなことをしている状況ではなかったと後で思う。 急ぎ立ち去った。母熊はすぐわきの笹薮の中にいて、こちらを威嚇していたのだろう。 ちょっとでも騒いだり、笹薮をひっかいたりしたら飛びかかられるところだった。
中間点に着いた。空が怪しくなった。視界が利かないのは仕方がないが、雨が降ってきたら厄介だ。急ぎザックカバーを装着、雨具をすぐ出せるようにした。熊鈴も装着した。山頂が見え隠れしている。寺子屋山も見え隠れしている。
アライタ沢から1時間45分、まあまあの所要時間でノッキリに着いた。また来られたと嬉しかった。
山頂はガス、これから先の200mが急登だ。 徐々に岩だらけとなり急登が続く。しかし高度感は無い。とはいえ転倒すると厄介だ。ゆっくり息を整えながら上り詰める。足が重くなる。ガスの中に山頂標識鵜が見えてくる。十勝岳を思い出す。
山頂に到着、4年がかりの登頂だった。宿題を果たした気分で達成感のある山頂だった。 一等三角点を見に行く。ガスが濃くて展望が利かないので避難小屋で昼食を採る。後続がやってきて、アライタ沢の渡渉や熊の話で花が咲く。みんな元気だ。こちらはヘロヘロだ。30分後下山開始。転ばないように超スローで、疲れて脚力も頼りない。ノッキリで一安心。疲労感を感じながらアライタ沢まで一気下り。ジャンプ一番の渡渉も無事越えた。駐車場には2時間10分後に着いた。
帰路寿司を食べて満足感に浸りながら新幹線の乗客となある。 まったく想定外の出来事があった。しかし何事も無くとてもラッキーだった。 伊久間さんに感謝・感謝の2日間だった。

(登頂記録)
*山名:岩菅山(2295m)T△岩菅山 2295.0mm)  
*年月日:2012年010月02日(火)〜03日(水)
*天候:曇り
*行 程
10月2日(火) 曇り
恵比寿   東 京   長 野
0740   0800/0836  1018
須坂基線西端 東 端  福島正則荼毘の地  高山亭そば屋
1113/1122  1135/1142   1147/1150      1155/1238
雷 滝    山田峠  岩松院   北斎館   長野ホテル
1300/1315  1344  1445/1510 1515/1620   1750
サンルートホテル長野 6700円 TEL026-228-2222
(12,000歩)
10月3日(水) 曇り
ホテル  聖平登山口P   小三郎小屋跡   アライタ沢  中間点
0700   0824/0830      0840/0842      0904   1000/1010 
ノッキリ    岩菅山山頂  ノッキリ    中間点  アライタ沢   
1050/1100  1150/1220  1250/1255   1325   1400/1407
小三郎小屋跡 聖平登山口P   寿司屋    長 野   東 京   恵比寿
  1430     1435/1445    1540/1610 1640/1724 1912/1916  1945 
(歩程 10km 累積標高差820m 36,000歩)