祖 母 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
三秀台より祖母山 2001年04月22日16:30 山頂直下から 2001年04月23日09:20 祖母山山頂の祠 2001年04月23日10:00 山頂にて 2001年04月23日10:00
 三秀台より祖母山      山頂直下から       祖母山山頂の祠       山頂にて
山頂より笠松山・傾山 2001年04月23日10:00 山頂直下より天狗岩と古祖母山 2001年04月23日09:20 山頂直下より阿蘇山 2001年04月23日09:20 山頂より九重山 2001年04月23日10:00 一等三角点(1998/07/30秋村氏撮影提供)
 山頂より笠松山・傾山   山頂より古祖母山      山頂直下より阿蘇山    山頂より九重山        一等三角点

祖母山には4方から登山道が通じている。これらの登山道の内、ウエストンが登ったとされる最短のコースが、 ここ三秀台の先にある北谷登山口である。
北谷登山口からは風穴ルート、国観峠ルートがあるが今回は、五箇所からの林道が舗装工事のため 途中から閉鎖され、林道を4km歩いた後、急登で岩場や藪の多い風穴ルートを登り、下山は九合目小屋を経由して国観峠から 北谷登山口に下山した。
三秀台には北谷登山口へ至る林道の出発点である五箇所の入り口にある祖母嶽神社のそばにあって、 ウエストンの訪座の碑がある展望公園になっている。 祖母山の展望が抜群で、西日を浴びたピラミダルな山容がとても美しい。
祖母山頂は西側を樹林に遮られているほかは、素晴らしい大展望が開けている。 ここ風穴コースは岩場や急登が多いが、季節になればアケボノツツジやシャクナゲが見事に咲きそろう。 さらに山頂直下にある岩場は大展望が待っている。
山頂(1756m)には健男霜凝日子(タケオシモコリヒコ)を祭った上宮がある。 写真の石祠がその上宮、その隣に一等三角点がある。ふもとの神原、上畑など、各地に下宮があって、 神武天皇の祖母である豊玉姫も祭られている言い伝えがある。これが「ソボ」の名前の始まりか、 あるいは韓国語でいう「ソボリ」(ソウルと同じ−神のいますところ)が始まりか、神武天皇が祈った山とも言われている。 まさに神話の真っ直中にある山頂だ。この麓には天の岩戸があって、天照大神が隠れたとされる高千穂も近い。
山頂は広く、十数人がくつろぐスペースがあるが、春浅いこの日は、3パーテイ計5人の静かな山頂だった。 2週連続の祖母山行きにさせてしまった本石さんに大感謝である。
山頂から東を見ると笠松山を前衛として左奥には傾山がピラミダルな一寸頭をこちらに傾けた形で見えている。 山系は祖母を北端として古祖母まで南下し、さらに東進する。そして祖母(1756m)−古祖母(1633m) −本谷山(1344m)−笠松山(1522m)から傾山(1602m)に至る縦走路は、火山の多い九州の他の山系には見られないもので、 その山岳風景は奥多摩のそれによく似ている。
傾山から南に延びる稜線は五葉岳(1570m)−鹿納山(1567m)−大崩山(1643m)と続き、祖母山頂からは 笠松山と古祖母山の間に遙かに見えている。
古祖母山は祖母山に近く、その手前には天狗岩も見える。しかし山頂から古祖母をみると天狗岩が埋没して よく見えない事から、山頂直下の岩場からのものを紹介しておく。
傾山の左、遥か地平線の向こうには石槌山をピークとする四国山地が、うっすらと姿を現していたが、 あまりにも淡い姿は写真に姿を残し得なかった。
山頂直下から西や北を見ると九州を代表する大景観が開けている。
西には阿蘇が、外輪山に囲まれた火口原に忽然とした大きな塊がある。 北には九重連山が、さらに右には由布岳や鶴見岳も見える。
かって祖母山が九州本土の最高峰と見なされていた時代があって、ウエストンは九州最高峰として祖母山に登ったが、 その後久住山が最高峰とわかり、さらに久住山の山頂崩落により、今は九重山中岳(1791m)が最高峰となっている。 それはともかく、この火山の多い中にあって、屹立したピラミダルな山容と、緑濃き縦走路を持つこの山系を、 あらためてその価値を見直す結果となった。
(登頂記録)
*山名:祖母山(1756m) 一等三角点(祖母)
*年月日:2001年04月23日(月)
*天候: 快晴
*行 程
高千穂発 林道入り口 北谷登山口  山 頂  9合目小屋  国観峠 北谷登山口 
0430     0555   0655/0710  0945/1020    1030  1100  1205/1225   
林道入り口 熊本空港 
1320/1330   1530