雨 飾 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
湯峠より雨飾山 2001年09月29日 16:00 荒菅沢より雨飾山 2001年09月29日 08:40 笹平より山頂 2001年09月29日 10:05 山頂より三角点山頂 2001年09月29日 10:30 山頂より笹平 2001年09月29日 10:30 山頂より白馬第展望 2001年09月29日 10:30
 湯峠より雨飾山     荒菅沢より雨飾山    笹平より山頂      山頂より三角点山頂   山頂より笹平       山頂より白馬第展望
山頂より槍・穂高 2001年09月29日 10:30 山頂より直江津・日本海 2001年09月29日 10:30 山頂より焼山・火打山 2001年09月29日 10:30 山頂より黒姫山から地蔵山、高妻山と乙妻山 2001年09月29日 10;30 山頂にて 2001年09月29日 12:00 山頂にて 2001年09月29日 12:00
 山頂より槍・穂高    山頂より日本海     山頂より焼山・火打山  山頂より黒姫山・高妻山 山頂にて          山頂にて 山頂の一等三角点 2001年09月29日 12:00

秋の雨飾山(1963m)には本来9月30日の日曜日に計画したのだが、好天は前日の土曜日との予報に、 急遽金曜日夜に長野に入り、伊久間さんのお世話で長野から雨飾山登山口まで早朝のドライブとなった。
その甲斐あって北アルプス大展望の大満足、帰りに湯峠に立ち寄って雨飾山を展望した。 その湯峠からは38才の深田久弥が2度目のトライで山田旅館に雨に降り込められ、仕方なくバスで下り、 北陸本線と上越線経由で帰っていったそのときに、「左の耳は僕の耳、右は はしけやく  君の耳」と、新しい妻を想う意味のない言葉を口ずさみながら、心残りの山として、 いつまでもバスの中から雨飾山を見ていたと言う。
山頂の二等三角点   (使用カメラ: SONY DSC-P1)

昭和17年11月号の「山と渓谷」に執筆した深田久弥の「小谷温泉、付・湯峠」から日本百名山に至るまでの 文章には雨飾山を「心残りの山」としていることは有名な話である。 深田久弥は3度目の挑戦により大展望を得たと書いている事もご案内の通りである。
その湯峠はかっては塩の道として日本海と安曇野を結んでいたが、 今は通行人もなく、崩落した道路は長い間、通行止めのまま放棄されている。
長野発5時30分、7時15分には登山開始、登山口から80分程度のところにあるのが荒菅沢である。 山頂までの中間点に位置し、豊富な沢水で格好の休憩場となっている。
ねらい通りの晴天のもと、真っ青な空の下に見上げる山頂部の景観は素晴らしい風景を作りだしていた。 この地は撮影スポットとしても知られているようである。
荒菅沢から急登を1時間20分、山頂部の笹平に着く。広々した笹藪の山頂部が広がっていて、 山頂までは約20分の距離にある。
山頂は双耳峰で、その距離は僅か数十mである。 最高地点は二等三角点のある山頂(1963m)で写真の奥にあるピークで三角点と山頂標識がある。
こちら側の山頂は、数体の石仏があって、かってここが山頂だったことを伺わせる。 深田久弥が山頂で休息している写真には、この石仏群が写っている。 三角点を埋設するとき、神域を避けて埋設した例は数多くあって、ここもその例外ではなかったのであろう。
山頂から見た笹平は広々としたうねりのある”広場”と言ったところでその向こうに頚城の山々が見えている。
山頂からの360度の展望は圧巻である。この晴天の大展望を狙って日程を繰り上げた甲斐あって、 思う存分の北アルプス大展望を満喫できた山頂である。
写真には白馬三山から不帰岳、唐松岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳までの後立山が勢揃いして、これより西を遮蔽している。
後立山の左奥に見えるのが槍ヶ岳と穂高連峰、よく見ればジャンダルムなどのピークまでが区別できるほどの好視界であった。
北の方角は糸魚川市、その先に日本海が大きく、その上に遙かに能登半島が見えている。
東を眺めれば頚城の山々、特に焼山が大きく、その右に火打山がある。 火打山頂から見た雨飾山 は山頂部が僅かに覗くだけだが、その逆は豪快である。火打山の右手前は裏金山、さらに右奥に天狗原山、 この山のお陰で妙高山をみることが出来ない。
さらに右には北信の山々、黒姫山から地蔵山、高妻山と乙妻山が重なって見えている。
今回の雨飾山行きは、2パーテイ、それぞれ3名、我々のパーテイは伊久間さんを中心に室井さんと私、 一方横浜を3時に出発したKさんとSさん夫妻のパーテイは1時間遅れて山頂に到達、 好展望の山頂を集合場所にした小粋な計画であった。 山頂にて我がパーテイは先に記念写真を撮って待つこと1時間、2組のパーテイが揃って山頂宴会のやり直し、 大展望のもとでの山頂は何時間いても尽きないものだ。
そして夜は深田久弥も泊まった山田旅館で盛大に祝勝会、こんな奇抜な企画の山行きも大変楽しいものだ。
(登頂記録)
*山名:雨飾山(1963m) 二等三角点(雨飾山)
*年月日:2001年09月29日(土)
*天候: 快晴
*行 程
09月28日(金)
東京発       長野着 
1916(あさま531) 2059    (サンルート長野泊) 
09月29日(土)
ホテル発(伊久間車) 雨飾山登山口   荒菅沢    笹平     山 頂
0530           0705/0715   0835/0845  1005    1030/1305
笹平     荒菅沢    登山口  湯峠・鎌池  山田旅館
1323   1410/1425  1535/1545           1700
   09月30日(日)
山田旅館発 八方リフト乗場 八方池山荘 八方池 丸山ケルン
 0830      0900      0930    1020  1200/1230
八方池    八方池山荘 乗場  長野  長野発      東京着
1310/1315   1400   1430  1550  1557(あさま526)1740