赤   岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
赤岳鉱泉より大同心・小同心 2002年04月13日 14:00 Sony DSC-P1 行者小屋より赤岳 2002年04月14日 07:10 Sony DSC-P1 山頂直下より赤岳山頂 2002年04月14日 10:15 Sony DSC-P1 地蔵仏より蓼科山 2002年04月14日 11:30  PENTAX ESPIO 120SW 地蔵仏より横岳・硫黄岳 2002年04月14日 11:30  PENTAX ESPIO 120SW
赤岳鉱泉より大同心・小同心 行者小屋より赤岳   山頂直下より赤岳山頂   地蔵仏より蓼科山   地蔵仏より横岳・硫黄岳
山頂より阿弥陀岳 2002年04月14日 10:30 Sony DSC-P1 赤岳山頂 2002年04月14日 10:40 Sony DSC-P1 山頂にて   2002年04月14日 10:40 伊久間氏提供 山頂にて   2002年04月14日 10:40 一等三角点 地蔵仏にて 2002年04月14日 11:30 玄梅氏提供 行者小屋にて 2002年04月14日 13:50 玄梅氏提供
 山頂より阿弥陀岳     赤岳山頂          山頂にて         一等三角点       地蔵仏にて       行者小屋にて

この時期の八ヶ岳は、まだまだ厳冬期で初心者を寄せ付け難い様相を示している。
にも関わらず大胆にも赤岳登頂を計画、伊久間さん、玄梅さんと言う大ベテランを得て、Kさん、石森さん、私という 3人の冬山初心者の計5名で美濃戸山荘を出発したのは4月13日11時、2時間後には赤岳鉱泉に到着して、 翌日に備えて付近を散策、眼前に立ちはだかる大同心・小同心(写真左)を仰ぎ見て、八ヶ岳の雰囲気に馴染んだ。
翌14日6時20分、赤岳鉱泉を出発、40分後にまだ閉鎖中の行者小屋に着いた。 ここへ来て目指す赤岳が天を覆い、その右には阿弥陀岳が猛々しくそびえ、 一瞬グリンデルワルドにいるような錯覚に襲われる。
ここでアイゼンを装着、文三郎尾根分岐を目指して大苦戦、アイゼンが思うように効かぬ雪の上に積もった新雪を、 玄梅さんのステップ切りの助けを借りての急登を強いられた。
文三郎尾根分岐に出たのは1時間35分後、なんと1.5倍の時間を要している。 西から吹きすさぶ強風に備えて、身支度をして山頂目指して出発、雪と氷と岩の間をよじ登って1時間、顔を上げたら山頂標識が 10m先に見えていた。
赤岳山頂には2899mの標識と一等三角点、赤嶽神社、そして北側には山頂小屋がある。
西側から吹き上げる強風は摂氏0度と言う寒くもない気温にも関わらず、仮借無く体温を奪い去っていく。 この風にも拘わらず視界は春霞がかかり甲斐駒ヶ岳でさえうっすらとぼやけているので、展望は八ヶ岳の近景ばかりだ。 北西には北八ヶ岳の象徴である蓼科山(2530m)がうっすらと美しい複式火山を見せていて、その右には硫黄岳(2742m) の平らな山容が、そして荒々しい横岳(2829m)の姿が目の前に迫っている。 南に目をやれば権現岳(2715m)が、西には文三郎尾根分岐を挟んで阿弥陀岳(2805m)が聳えている。
山頂部の北側にあるのが山頂小屋、その小屋を回り込んで地蔵仏の方へ下山する急降下が始まる直前に 振り返った山頂風景だ。
赤岳の紹介写真には大概この場面が使われていて、もっともポピュラーな場面である。 こちらから見ると、奥から赤嶽神社、一等三角点、山頂標識、山頂小屋の順で並んで見えている。
2899mの山頂標識を囲んで記念写真、このいでたちから風の強さを想像願いたい。 昨晩積もった新雪が、目だし帽の隙間から仮借無く皮膚をたたきつけ、目も開けていられない程の 強風であった。よく見れば写真に雪粒が写っていて全体を白っぽくしているのが分かる。 山頂には他のパーテイは無く、三脚を立てて伊久間さんのカメラでポーズ?どころではないが、ともかく 登頂記念。私にとっては63座目の百名山登頂記念、玄梅さんにとっては誕生日4日前の還暦祝いで場所も「赤岳」 で良き記念、伊久間さんにとっては初心者を引き連れての登頂で安堵のツーショット、 そしてKさん、石森さんにとっても思わぬ厳冬の赤岳登頂の強烈な記念となったことだろう。

余りにも荒々しい山頂の歓迎ぶりに、山頂滞在時間はわずか20分、地蔵仏へ向けて下山開始した。 山頂小屋を回り込み、山頂が見える最後の地点からいよいよ急降下となる。 息のない烈風と化した西風は、容赦なくバランスを崩し、稜線は雪屁でナイフリッジとなって行く手を阻んでいる。 しかしここを越えて行く以外の選択肢はない。勿論雪を踏み外せば奈落の底へ一直線、とてつもない時間をかけて、 ともかく通過、ようやく地蔵仏のある展望荘の手前にたどり着いた。 そのあとも急降下は容赦なく足場を不安定にし、さらに風がたたきつけてバランスを崩していく。 伊久間さんの先導と玄梅さんのステップ切りの助けを借りて、ようやく行者小屋にたどり着いた時には、 およそ2倍の時間を費やしていた。

ともかく無事帰還、冬山の厳しさを骨身にしみた記憶に残る赤岳登頂、 行者小屋にて遅い昼食を終わらせれば達成感がひとしお、見上げる赤岳を背景に大満足のポーズで写真に収まるハッピーエンド とあいなった。
(登頂記録)
*山名:赤岳(2899m)一等三角点(赤岳)
*年月日:04月14日(日)
*天候:晴
*行 程
04月13日(土)
恵比寿駅   諏訪IC   美濃戸山荘駐車場 美濃戸山荘    小休止    赤岳鉱泉        
0620     0840/0845  0930/1045      1046/1100   1140/1147    1300 
   (泊)7500円+個室代5000円/5 1泊2食
04月14日(日)
赤岳鉱泉   行者小屋  文三郎尾根分岐  赤岳山頂    天望荘   行者小屋
0620     0700/0715    0850/0910   1015/1035   1125/1140 1325/1400
美濃戸山荘   駐車場  (そばや)   諏訪IC 八ヶ岳PA 石川PA 恵比寿駅
1545/1615  1615/1625 1626/1650   1725         (夕食)    2150