長者ヶ岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <050415再訪へ>

(長者ヶ岳山頂)

富士山展望の山として知られる長者ヶ岳(1336m)は、本栖湖の南にある静かなたたずまいの田貫湖にある。 富士山西側の最高峰は毛無山だが、長者ヶ岳はその南にある5番目のピークで、すぐ南隣には天子ヶ岳があって、この両座を 回るのが周遊コースともなっている。
田貫湖の北側の「田貫湖入り口」バス停から100mほど右後に車道を上ったところに登山口がある。 ここからは約2時間、整備された登山道が山頂まで続く。
山頂からの富士山展望はつとに有名であり、そのご来光は4月下旬にはダイアモンド富士となる。
しかしこの日は殆ど無展望、厚いガスに阻まれて山頂からの富士山はついに現れることがなかった。

 (2001年05月04日09時30分 Sony DSC-P1)

(長者ヶ岳より富士・田貫湖)

山頂は厚いガスに覆われていたが、下るにつれてガスが晴れて、眼下には田貫湖が広がっていた。
また前方にはようやく富士の山頂部が姿を現したが、これではとても絶好の展望とは言い難い。 それでもあくまでも巨大な富士山である。

 (2001年05月04日10時00分 Sony DSC-P1) (2001年05月04日10時00分 Sony DSC-P1)

(登頂記録)

*山名:長者ヶ岳1336m) 三等△(長者ヶ岳)
*年月日:2001年05月04日(金)
*天候:曇
*行 程
湯村  田貫湖 長者ヶ岳登山口  長者ヶ岳山頂  登山口  湯村
0500   0620   0625/0635    0830/0915   1045   1330




























蛾 ヶ 岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ>  <010504初訪へ> <050326再訪へ>

(蛾ヶ岳山頂)

蛾ヶ岳は(1279m)市川大門から入る小さな、しかし静かな四尾連湖畔から上る。山頂までは4km、 さらに本栖湖へ12kmと続く。
ここも富士山展望の山であるが、やはり無展望、山頂までのようやく咲き始めた花を愛でながらの森林浴と相成った。 写真は山腹からの山頂部、そして何も見えない山頂ではやむなく山頂の標識をカメラに収めた。 この間一瞬雲間から覗いた富士は、あくまでも大きく近い存在、さらに反対側からは南アルプスの峰々が時折雲間から姿 を見せていた。

(四尾連湖)

蛾ヶ岳の山麓にある四尾連湖(シビレコ)は富士五湖から離れて、小さな、静かな湖である。 この写真は蛾ヶ岳山腹から覗く湖を撮ったもの、ほっと心が和む瞬間である。

 (上左 2001年05月05日08時50分 Sony DSC-P1)
 (上右 2001年05月05日08時00分 Sony DSC-P1)
 (下  2001年05月05日10時00分 Sony DSC-P1)

(登頂記録)

*山名:長者ヶ岳1336m) 三等三角点(長者ヶ岳) 蛾ヶ岳(1279m) 三等三角点(岩根)
*年月日:2001年05月04日(金)〜05月05日(土)
*天候:曇
*行 程
湯村  四尾連湖駐車場  蛾ヶ岳山頂  駐車場  駐車場
0500   0600/0605    0730/0820    0925    0945
甲府南IC 勝沼IC 大菩薩の湯   青梅IC 鶴ヶ島JCT
1030    1045  1115/1200   1500      




御坂山塊・蛾ヶ岳展望の山旅 2005年第3回

 
<見出に戻る> <戻る>  <次へ>  <010504初訪へ>  <050326再訪へ>  <田代先生のホームページ>
朝日旅行会主催の田代先生の展望の山旅」 は大変な好評ぶりから2005年から12回に拡大し、第3回目が開催された。 今回は参加者41名、添乗員3名、それに田代先生である。バス2台に分乗し蛾ヶ岳へ向けて一路中央道を甲府盆地へと下っていった。
好天に釈迦堂PAの遺跡博物館に立ち寄り展望説明、南アルプスには雲が懸かって十分な展望ではなかったが、 展望の名所だけに納得の解説となった。
四尾連湖到着11時40分、登山口から蛾ヶ岳山頂が見えていた。
(左 釈迦堂PA 2005年03月26日10時30分 Canon IXY D500 P)
(右 蛾ヶ岳登山口 2005年03月26日10時30分 Canon IXY D500 P)
ゆっくり歩くこと30分、葉をつけない木立からは四尾連湖がよく見えている。 40名の集団が休憩する姿は壮観である。やがて山頂に向けて歩を進める。 急登もなく、若干の痩せ尾根があるものの危険個所はなく、雪も殆ど消えていた。

(左 大畠山山頂 2005年03月26日13時08分 Canon IXY D500 P)
(右 蛾ヶ岳へ 2005年02月26日13時34分 Canon IXY D500 P)
最後のやや急登を10分、登り詰めると小広い山頂がある。富士山方向の樹木が採り払われている。 西日を浴びた富士山が目一杯高くすっきりと見えている。その右側には竜ヶ岳から始まる天子山塊が 続いている。 反対側は今登ってきた大畠山と四尾連湖が見えていて、その向こうには南アルプスがあるはずである。

(左 山頂より富士山 2005年03月26日13時17分 Canon IXY D500 P)
(右 山頂より大畠山と四尾連湖 2005年03月26日14時22分 Canon IXY D500 P)
富士山と反対方向の眺めは特段素晴らしい。視界が良ければ北アルプスまで見通せる。 こお日は雪雲が南アルプスを覆い隠して、八ヶ岳が雪雲から晴れ上がろうとしているときだった。 そして金峰をはじめとした奥秩父がようやく見えてきたところである。

(左 山頂より八ヶ岳 2005年03月26日14時22分 Canon IXY D500 P)
(右 山頂より奥秩父 2005年03月26日14時22分 Canon IXY D500 P)
蛾ヶ岳山頂にある三等三角点は「岩根」、蛭ヶ岳と言う三角点が東2kmの所にある大平山にある。 蛾ヶ岳は「ヒルガタケ」と読むことは不可能である。誤字がそのまま山名になったのではないかという説もあり、 「蛭ヶ岳」三角点の存在は誤字説を裏付ける証拠の一つかも知れない。
下山し、駐車場に着いたのは16時20分、日が長くなって来たせいか、大満足の楽々登山であった。

(左 山頂三角点 2005年03月26日14時33分 Canon IXY D500 P)
(右 駐車場 2005年03月26日16時18分 Canon IXY D500 P)

(登頂記録)

*山名:蛾ヶ岳(1279m)三等△(岩根) 大畠山1118m三等△(市川大門村)
*年月日:2005年03月26日(土)
*天候: 快晴
*行 程
恵比寿  新 宿    釈迦堂PA    四尾連湖   大畠山    蛾ヶ岳
0731   0741/0805  1020/1035  1140/1230  1305/1315  1417/1457
四尾連湖P まほらの湯   石川PA     新 宿   恵比寿
 1620   1700/1750   1810/1925   1955/2004   2011

(注) 朝日旅行「田代先生の展望の山旅」御坂山塊・蛾ヶ岳 2005年第3回41名参加





















長者ヶ岳・天子ヶ岳縦走 展望の山旅2006年第2回

 
<見出に戻る> <戻る>  <次へ>  <010504初訪へ>  <田代先生のホームページ>
朝日旅行主催の「田代先生の展望の山旅」2006年第2回目は4月15日に開催された。 参加者34名、添乗員3名、それに田代先生の合計38名、7777と言う縁起の良いプレートナンバーのバスで 田貫湖駐車場へ向けて一路中央道を河口湖ICへ向けて下った。
予報に反して晴れ、南アを除くすべての山々の展望に恵まれ、富士山も一日中見えていた。
田貫湖からは長者ヶ岳を目指し、山頂で昼食、天子ヶ岳に縦走後、佐折の登山口まで寒い1日だったが まだ少ない道ばたの花を愛でながらの富士山展望の山旅となった。
(使用カメラ Canon IXY 500D)

田貫湖周辺はソメイヨシノが満開 富士山も見えていた 09:28 満開の桜を見ながら長者ヶ岳へ準備体操 09:34 緩い登山道を長者ヶ岳へ 風が強く寒い登りだった 11:18 長者ヶ岳山頂には数組のパーテイが昼食を採っていた 12:07 我々も昼食、寒いので展望よりも風を避けて富士山に背を向けて 11:46
田貫湖と満開のソメイヨシノ    桜のもとで準備体操      長者ヶ岳へ          長者ヶ岳山頂          山頂にて風を避けて昼食 山頂で田代先生に展望解説 南アだけが雲の中 12:23 山頂に咲くキクザキイチゲ 長者ヶ岳から天子ヶ岳へ 行き先に天子ヶ岳が見えている 12:44 どこが最高地点だかよく分からない天子ヶ岳山頂の標識 13:17 天子ヶ岳の展望台から富士山にかかる大きな傘雲 13:24
山頂にて田代先生の解説   山頂に咲くキクザキイチゲ  天子ヶ岳へ           天子ヶ岳山頂標識     天子ヶ岳から富士山の傘雲 天子ヶ岳からの下りは急下降 それが過ぎてから緩い下りが続く 14:21 ヤマザクラが満開 14:31 この時間になっても富士山が輝いていた 14:37 佐折登山口から天子ヶ岳を振り返る 15:31 7777のナンバーの派手な色のバスがお出迎え 15:31
佐折登山口へ         ヤマザクラ           まだ富士山がくっきりと     左折から天子ヶ岳       ナンバーが7777のバス

今回は海外旅行と風邪のため、ほぼ一ヶ月ぶりの山行となった。 当日は予報に反しての青空と展望が待っていたが、北風の強い寒い1日だった。 丁度ソメイヨシノが満開で、ヤマザクラもあちこちに咲いていた。 しかし登山道にはまだ花は少なく、キクザキイチゲ咲き始めて、他の花を探すのに 苦労した。
長者ヶ岳へは田貫湖から標高差600m、急登もなく緩やかな登りを詰めていくと山頂だった。 山頂で昼食、富士山はもとより、南アを除く全ての山が展望できた。
長者ヶ岳から天子ヶ岳までは緩やかな下りと登り返しで約40分、天子ヶ岳はとこが最高地点か分からないような山頂だった。 富士山に向けての展望箇所があって、大きな傘雲をかぶった富士山があった。
天子ヶ岳からの下山は急下降が続く。標高差800mの一気下りは足の負担を感じる。 登山口で待っていたバスに乗り込み、鳴沢の「富士山眺望の湯」で入浴、それぞれ 満足の小縦走を満喫した1日となった。

(登頂記録)

*山名:長者ヶ岳(11336m)V△(熊平) 天子ヶ岳(1330m)
*年月日:2006/04/15(土)
*天候: 晴
*行 程
恵比寿  新 宿  谷村PA  田貫湖P  長者山頂   鞍 部 天子山頂
0621 0631/0700 0810/0830 0920/0940 1140/1230  1250 1315/1330
林道出会  登山口  鳴沢富士眺望の湯 談合坂SA  新 宿   恵比寿
 1515   1525/1530  1620/1730    1810/1825 1930/1940   1950

(注) 朝日旅行「田代先生の展望の山旅」長者ヶ岳・天子ヶ岳縦走 2006年第2回34名参加