身延山・七面山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

(久遠寺から身延山山頂)

身延山久遠寺、日蓮宗の総本山として、その名は広く知られている。 1153mの身延山の中腹にあって、山域全体が境内でもある。 その久遠寺の節分大法要会に縁あって参加、その圧倒的な読経に信仰の力をまざまざと体験した。
久遠寺の境内からみた身延山は、眼前に高く、この季節だから雪を頂いて見えている。
この写真は2004年3月27日に本堂の前にある有名なしだれ桜を目当てに再訪したもの、 一週間ほど続いた寒さで、桜は5分咲だった。

(久遠寺 2004年3月27日14時30分 Canon EOS Kiss D Pモード)

(身延山山頂から富士山)

久遠寺の境内のすぐ脇からは身延山山頂へ通ずるロープウェイがある。 山頂には思親院と称する奥の院がある。 1153mの山頂からは富士山が美しい。またロープウェイ裏側の展望台からは、北岳をはじめとした白峰三山や 塩見、悪沢、赤石、そして笊ヶ岳などの南アルプスが、さらには眼前に立ちはだかる七面山(1982m)がある。

(身延山山頂 2001年2月3日15時20分 Sony DSC-P1)

(七面山奥の院山門から富士山)

七面山は身延山の隣の山、しかし標高は1982mと比較にならないほど高い。 その山頂部1750m前後のところに身延山の奥の院である啓慎院がある。 元々修行の参道でありながら久遠寺からは2時間以上かかる1153mの身延山山頂へ向かい、 ここから白糸の滝のある表参道(約450m)まで一気に下り、ここから1750m前後の啓慎院へ向かう。 到底日帰りの行程ではないから啓慎院には多くの宿坊がある。 登山者は、この白糸の滝の表参道へ直接車で入ればよい。そして啓慎院まで約1300m近い標高を登っていくことになる。 勿論参道だからそれほど困難な登山ではないが、この季節はアイゼンを付けての雪山登山となった。
そしてこの節分の時期、異常に多い積雪は啓慎院では2mにも達していた。 山門にはその中に富士が納まり、しかも彼岸の時にはダイアモンド富士になると聞く。 信仰の力が作り出す自然の神秘がここにある。

(七面山啓慎院 2001年2月4日13時20分 Sony DSC-P1)

(七面山奥の院から山頂)

ここ啓慎院からは山頂が手に取るように見える。一見してこの建物の一は山頂部の湿原か平原の上に建てられていることが分かる。 そして、この山の属する自治体と無関係に、この山頂部だけは身延町となっている。 ここから山頂までは1時間、ここからは「参道」でなく登山道になる。

(七面山啓慎院 2001年2月4日13時30分 Sony DSC-P1)

(七面山奥の院にて)

啓慎院の山門の前にある展望場所は富士山が素晴らしい。身延山に比べれば遙かに標高が高いのでその分富士が大きくせり出す。
白銀の中の静かな、落ち着いた、身が清められる思いの「修行」登山でもあった。

(七面山啓慎院 2001年2月4日13時30分 Sony DSC-P1)

(登頂記録)

*山名:七面山(1989m)二等三角点(七面山−1982.4m) 身延山(1153m)
*年月日:2001年02月03(土)〜04日(日)
*天候:晴
*行 程
02月03日(土)
身延山
02月04日(日)
甲府駅 七面山表参道 奥の院(敬徳院) 七面山表参道  甲府  恵比寿
0800    9000      1310/1400      1600     1800   2045