釈迦ヶ岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

(三ツ峠山頂より)

三ツ峠山頂に立つと南アルプスが美しい。その高嶺に見とれていて、ふと気がつくのがその前景を成す御坂山塊 の釈迦ヶ岳である。この写真でも御坂山塊最高峰の大きな黒岳(1793m)の右側に形の良いピラミダルな山容に気づく。 標高は1641mと三ツ峠山の1786mに比べてもかなり低いが、この山が黒岳の一部を成す釈迦ヶ岳である。 展望で名高い山の一つとして人気のある山でもある。

(三ツ峠山頂  12月末10時15分 60mm F13 1/500)


(山腹より)

釈迦ヶ岳への登山道は四通している。その中でもポピュラーなのが、芦川の林道終点付近に車を止め、そこから稜線へ至り、 最後のピークに至るものである。このコースは山頂まで1時間、もっとも人気のコースである。
今回は北側にある、檜峯(ヒミネ)神社に車を止めて、稜線まで登り詰めて、稜線上を芦川コース分岐に至り、すぐ先にある 檜峯神社からの直登コースを左に見て、山頂ピークに至るコースを辿ってみた。 このコースはコースタイム2時間10分、多少遠回りになるがカラマツの樹林帯が美しく、途中から釈迦ヶ岳の勇姿が 樹間から眺められ、さらに登るに連れて御坂の山々や奥秩父、南アルプスなどが展望される楽しいコースである。 そんな山腹から見た釈迦ヶ岳のぷらみだるな山頂、まさにマッターホルンのそれと同じである。

(1400m付近 2001年11月17日13時30分 Sony DSC-P1)

手軽に登れるビューポイントからの山岳展望-中央道から <見出に戻る> <戻る> <次へ>

(山 頂)

稜線上にある芦川への分岐とすぐ先にある檜峯神社直登コースの分岐を過ぎると、いよいよ最後の ピークへの急登である。岩場をよく整備された登山道が続き、見かけよりも易しい登山である。 ロープも2箇所張られていて、概ね40分弱で山頂に達する。山頂は20畳ほどで思ったより広い。 文字通り360度の大展望が開ける。ほとんどが岩場だからこの低山でも樹木に遮られることがない。 そこに石仏が2体と山頂標識と山梨百名山の標識がある。

(山頂 2001年11月17日12時05分 Sony DSC-P1)

(山頂展望)



釈迦ヶ岳山頂は文字通り360度の大展望だ。特に南アルプスが近く、遠く八ヶ岳や北アルプスまでもが遠望できる。 また奥秩父から大菩薩連嶺まで遮るものが無く、東には三ツ峠山や黒岳、そして南に富士山がある。
富士山展望として名高い三ツ峠山と比較すれば、富士山展望に関しては一歩譲るが、360度の展望と言う事ではこちらに軍配が 上がるだろう。
写真は左が富士山展望、中央が南アルプス、右が黒岳とその左奥の三ツ峠山である。

(釈迦ヶ岳山頂 2001年11月17日12時05分 Sony DSC-P1)

(登頂記録)

*山名:釈迦ヶ岳(1641m) 三等三角点(釈迦岳−1562m) 神座山(1474m)三等三角点(神座山)
*年月日:2001年11月17日(土)
*天候:晴
*行 程
恵比寿  勝沼IC ・・・勝沼IC  御坂IC   檜峯神社   鞍部       
0450     0610    0855   0910   0940/0950 1045/1050 
芦川分岐  山頂    芦川分岐   鞍部    檜峯神社
1125  1200/1255     1320   1355/1400  1455/1510
御坂IC・・・・・御坂IC   恵比寿
1530     1730     1915