御坂黒岳

 <見出に戻る>  <戻る>  <次へ>  <20020309黒岳初訪へ>  <20070512オフの会へ>

(三ツ峠山頂より黒岳)

三ツ峠山頂に立つと南アルプスが美しい。その高嶺の下、ちょうど塩見岳の真下に三ツ峠山と肩を並べる 高さの丸い山が見えている。御坂山塊の最高峰黒岳(1793m)だ。 右手前の三ツ峠山に戻る稜線の途中にあるのが御坂山(1596m)、その間の鞍部が御坂峠である。 また御坂峠の向こう側にはピラミダルな釈迦ヶ岳が見えている。 いずれおとらずの人気の山が顔を揃えている。
今回の黒岳訪座は、三ツ峠山の登山口より少しあがった旧御坂トンネルにある天下茶屋から、 ちょうど写真の右端に見える道路がまもなくトンネルに至るところから登り、 御坂山を経由して御坂峠に下り黒岳に至る御坂山塊の主稜線を歩いた。 例年に比べて急速に雪が溶けていく最中であるが、黒岳山腹から雪を踏みしめながらの 登山、天下茶屋から御坂峠まで2時間弱、ここから山頂まで1時間15分の山歩きとなった。

(三ツ峠山頂  2000年12月30日10時15分 60mm F13 1/500)

(御坂山山頂)

天下茶屋から御坂山塊の主稜線にはおよそ20分で到達する。御坂峠にかけて北側の展望が開け、樹間に 奥秩父、大菩薩、八ヶ岳、さては遠く北アルプスまで見通すことができる。そんな稜線を進むと小さなピークに至る。 樹林に囲まれた無展望の山頂だが御坂山(1596m)山頂である。 この名は御坂峠として、また富士山の北側にあって甲府盆地を 隔てているこの山塊の総称として親しまれている。

(御坂山山頂  2002年03月09日09時55分 Sony DSC-P1)


(黒岳山頂)

御坂山山頂から30分、稜線を下ると御坂峠に着く。その峠の上から黒岳(1793m)を撮った写真が左である。 稜線は樹林に覆われ、黒岳や背後の三ツ峠山が樹林なしに見えるところは全くない。この季節だから樹間から 望むことができるが、夏場だとほとんど絶望だろう。
御坂峠の茶屋は休業中である。国道の御坂トンネルからの登山道がここで合流する。

ここからいよいよ黒岳への登りが始まる。20分ほどしてアイゼン着用となる。 やがて急登、1時間強を費やして山頂に至る。御坂山塊の最高峰の山頂だ。 1等三角点がある山頂は、しかし今は樹林に覆われて無展望である。

左:(御坂山下  2002年03月09日10時20分 Sony DSC-P1)
右:(黒岳山頂  2002年03月09日12時04分 Sony DSC-P1)

(黒岳山頂より富士山)

無展望の山頂からわずかに南に下ったところに、南に開けた「展望台」がある。山頂からわずか2分のところである。
道志山塊から山中湖、富士山、七面山から南アルプスが開け、御坂山塊西部の山々が一望される。 ここからの富士山は裾野から遮るものが無く、眼下に河口湖があって、その向こうに大きくそびえているから、 富士の展望名所で知られる三ツ峠山よりさらに素晴らしい景観となる。

(黒岳展望台  2002年03月09日12時10分  Sony DSC-P1)


(黒岳山頂より南ア・御坂山塊西部の山々)

3月の気温が上がった山頂でのこの澄んだ大気は大変珍しい。 ここ展望台からは南アルプスが見事なまでの連なりを見せているのが一望できる。 左の写真はそのほんの一部、北岳・間ノ岳を撮ったもの、右の写真は遠く悪沢岳・赤石岳・聖岳を望み、 黒岳から西に延びる主稜線の先には御坂山塊西部の山々が見えている。 正面の堂々たる山容は右の尖頭部が節刀ヶ岳(1736m)、中央の三つに見える 固まりが鬼ヶ岳(1738m)、左のピークが十二ヶ岳(1680m)、さらに左奥には富士山周辺の山々の最高峰・毛無山(1964m) が見えている。写真では判別困難だが鬼ヶ岳の上には七面山がある。

(黒岳展望台  2002年03月09日12時10分  Sony DSC-P1)

(御坂峠上より北ア)

黒岳展望台からは南面が開けているため、北アルプスや八ヶ岳、奥秩父・大菩薩などが見えないことが分かっていた。 そんなわけで主稜線上でここ一番と言う場所を探して、御坂山の下、御坂峠の上で北側の山々を撮っておいた。
この写真はこの日の視界を証明するような北アルプスの展望である。 よく見れば穂高連峰、槍ヶ岳、常念、燕などが識別できる。

(御坂山下  2002年03月09日10時20分  Sony DSC-P1)

ところで今回の黒岳行きだが、大いなる反省を残すことになってしまった。 現地でのコース変更により、コースデータが無く天下茶屋の標識が唯一の所要時間の目安となった。 ハイピッチの登りの割には先が遠く、焦りと足の疲れがじわじわと襲ってきた。病み上がりも影響 しているかも知れないが、山頂にたどり着く最後のアプローチは文字通りあえぎあえぎとなってしまった。 山頂での休憩でも疲労感が抜けず、下山の所要時間が大幅にかかることを見越して早めに下山、とたんに 足全体が激しく吊りだした。両ストックを使って、できるだけ足の負担を軽くしながらも、途中でストップ、 登山中の方々からの親切でカイロを貰ったりしながらゆっくりと下山、そして3度目のストップで後続の2人組の パーテイに下山口を聞き、急遽こちらも変更、事情を話して同行していただくことになった。 中高年の大ベテランとお見受けしたが、塗り薬やビタミン剤などを頂戴して、ゆっくりと下山、途中で宴会など 思わぬ楽しい語らいも得た。そして御坂トンネル入り口に着くや、通りがかりのマイカーにお願いして、天下茶屋の 駐車場までつれていって下さることになった。
単独でも夜道にならない内に帰り着いたとは思うものの、準備不足を恥じ、現地でコース変更を恥じ、 見知らぬ人たちの善意を一杯受けて反省しきり、とりわけエスコートしていただいたAさん、Nさんのお二人には 生涯忘れぬご好意を受け、このご恩返しは私がお役に立つようにならねばと痛感した次第、多くの事柄を学んだ1日であった。

(登頂記録)

*山名:黒岳(1793m)一等三角点(黒岳) 御坂山(1596m)
*年月日:2002年03月09日(土)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿  河口湖EXT 天下茶屋駐車場  御坂山(1596m)  御坂峠  黒岳山頂     
0615    0735      0830/0845       0955     1035/1040 1202/1205
展望台   山頂  三坂峠 三ツ峠入り口 天下茶屋  河口湖EXT 恵比寿 
1207/1230 1235 1345/1450 1535     1545/1550   1623    1910






























天下茶屋〜御坂山〜黒岳〜釈迦ヶ岳「展望の山旅オフの会」2007年例会第6回

<見出に戻る> <戻る>  <次へ>  <20020309黒岳初訪へ>  <20011117釈迦ヶ岳初訪へ>  <20070512オフの会へ>
「展望の山旅オフの会」2007年5月12日の2007年第6回例会は参加者21名、御坂山塊の天下茶屋から御坂山を経て最高峰黒岳、 そして日向坂峠(ドンベエ峠)を経て山梨のマッターホルンと称される釈迦ヶ岳まで約11kmの縦走を楽しんだ。
オフ会としては初のバス利用によってこの2日分に匹敵するコース設定が可能となったもので、 朝日旅行の仕込みによるバスツアーは大成功となった。
天気も最高で北アルプスまで見通せる超視界が夕方まで続き、変化に富んだコースも歩きでもたっぷり、 春の花にも恵まれたに充実した1日となった。
(左図はGPSによるトラック)(使用カメラ Canon IXY D900IS)

雲一つない青空の下 河口湖大橋から御坂黒岳を望む 08:45 旧御坂トンネルの天下茶屋で下車 09:06 天下茶屋からの富士山が美しい 09:08 富士山を背に入念に準備体操 09:19 御坂山へ向けて急登から始まる 09:32 最初のピークの御坂山 09:56
 黒岳を望む(08:45)   天下茶屋(09:06)     天下茶屋より(09:08)  準備体操(09:19)     御坂山への急登(09:32) 御坂山を望む(09:56)
静かな御坂山山頂 10:31 山頂の三角点 19:31 山頂に咲くフデリンドウ10:38 送電鉄塔からの南北アルプス 八ヶ岳の大展望 10:58 フジザクラがまだ咲いている 11:10 無名峰を2座越えて天下茶屋から2時間後に御坂峠に到着 11:14 標高が高いため、満開のカタクリに出会う 11:28
 御坂山山頂(10:31)   山頂三角点(19:31  リンドウ(10:38)大展望(10:58) フジザクラ(11:10)   御坂峠(11:14)      カタクリ(11:28)
カタクリの脇にはエンレイソウも 11:30 目指す黒岳までまだ30分 11:45 黒岳山頂の小屋の残骸 12:24 黒岳山頂の一等三角点 しかし山頂は無展望 12:24 山頂から南へ3分、大展望の岩場がある 12:29 奥御坂(節刀ヶ岳、鬼ヶ岳、一二ヶ岳)から毛無山方面展望台から富士山を望む 12:32
 エンレイソウ(11:30)  黒岳を望む(11:45)    黒岳山頂(12:24)     山頂の一等三角点(12:24) 展望台より(12:29)   奥御坂の山々(12:32)
展望台にて昼食 12:55 全員で記念写真 カメラのモードが狂って白黒に?! 13:09 黒岳の北斜面を下りドンベエ峠を過ぎて振り返ると黒岳が大きく高い 13:49 府駒山山頂 釈迦ヶ岳まであと40分 14:45 府駒山の三角点 点名は「釈迦ヶ岳」 14:46 釈迦ヶ岳が眼前に、ここからが岩場であと30分 14:58
 展望台で昼食(12:55)  白黒写真!(13:09)   黒岳を振り返る(13:49)  府駒山山頂(14:45)   府駒山の三角点(14:46) ここから岩場(14:58)
釈迦ヶ岳山頂に着く 登り始めて6時間 15:27 釈迦ヶ岳山頂 15:29 まだ富士山が見える 15:36 御坂山から黒岳まで、歩いてきた稜線がよく見える 15:31 釈迦ヶ岳を下山、岩場の連続 15:50 芦川登山口に無事下山 ここでバスが待っている 16:31
 釈迦ヶ岳山頂(15:27)  釈迦ヶ岳山頂(15:29)  釈迦ヶ岳より(15:36)   黒岳を望む(15:31)    釈迦ヶ岳を下山(15:50) 芦川へ下山(16:31)

今回の行程は累積標高差1300m、歩程12kmと、オフの会としては今年一番ののきつい行程であるが、 視界に恵まれれば眼前の富士山はもとより、御坂の山々から遠く奥秩父、南アルプス、八ヶ岳、 北アルプスまで見通すことが出来る豪華なコースでもある。 しかもこれだけの歩程はアクセスを考えると電車では到底不可能で、バス利用をもって始めて実現できるコース設定でもあった。
バス利用は、オフの会の隆盛とともに今後の行き先の可能性を高めるため、年初から話が出ていたが、今回のコース設定にあたり、 担当世話人のハヤミさんの発案により初のバスツアーを試みることとなり、実行に移されたものである。
バスの調達など具体的な仕込みは、担当世話人が決めた行程に従い、朝日旅行にお願いして交通品質の確保を図ることとしたが、 そのすべての調整と手配を行ったハヤミさんに敬意を表するものである。

オフの会定例会当日は、前日遅くまで吹き荒れた北風は早朝には止み、大気が洗われた素晴らしい快晴の朝を迎えた。 新宿西口の所定の場所に出発時間の7時前には21名全員が集合してすぐに出発、車内からも 素晴らしい展望を楽しむことが出来た。バスは渋滞にも遭わず順調に中央道を走り抜け、 谷村PAにて休憩をとりながら2時間後には旧御坂トンネルの天下茶屋の前に到着した。
富士山のビュースポットで知られる天下茶屋からの展望は素晴らしく、大勢のカメラマンが撮影に訪れていた。 ここでヤマコシさんのりードで今日のハードな行程を念頭に念入りな準備体操、その後いよいよ御坂山へ向けて登山開始した。 稜線に出るまで急登で、登り切ると御坂山までは緩い登りが続き、70分後には最初のピークの御坂山に到着した。
御坂峠まで2座の無名峰を越えて、途中にある送電鉄塔では北側に開けて大展望が楽しめた。 南アルプス、奥秩父、八ヶ岳までは同定さえ出来るほどに明確に、その奥に連なる北アルプスまで見通すことが出来た。
御坂峠には2時間後に到着、いよいよここから黒岳に向けて標高差300mの登りが始まる。 イチゴ、カタクリ、エンレイソウ、フデリンドウ、フジザクラなどが咲き乱れ、足元も春爛漫の風情で 思い足を癒してくれる。
あえぎあえぎの1時間、ようやく黒岳山頂に着く。一等三角点が待っている。しかし無展望の山頂は そのまま通過して南側にある展望の良い岩場に昼食の陣を張った。幸い全員が座れるほどに他のパーテイが少なかった。
富士山、南ア、奥御坂の山々を見ながらの昼食は今回のバス企画に含まれた昼食で、朝日旅行のツアーのいつもの 昼食だった。 昼食、メンバー、イシドウさんの参加は朝日旅行のツアーと勘違いするほどでもあった。
思い思いの写真を撮って、最後に集合写真・・・我がカメラのモードが妙な設定に入り込んで 撮った写真が白黒になってしまった。その後しばらく設定変更を試みたが直らず、オートモードなら 撮れることに気が付いて、仮復旧した頃には釈迦ヶ岳に近づいていた。
黒岳山頂に戻り、ドンベエ峠へ向けて下山、1時間後に林道出合の峠に着く。 足の回復がまだ十分でないアオシカさんも参加してくれて、釈迦ヶ岳に登頂したのはさすがに山の達人である。 その青鹿さんがドンベエ峠に書き置きをしておいてくれた。 書き置きには携帯が通じにくいことを記している。 府駒山へ向けて登り返しを始める。途中でアオシカさんに出会う。 釈迦ヶ岳を極めた帰りだという。携帯が通じないため芦川でのバスの待ち合わせ時間を 調整するために我々を待っていたとのことである。
アオシカさんと別れて府駒山を登り詰める。釈迦ヶ岳が眼前に迫るが、まだかなりかかりそうにも見える、 少し下って、いよいよ最後の岩場登りが始まる。
ロープや岩場登りを頑張って頑張って山頂に着いたのは15時半、登り始めて6時間後である。 富士山や南ア、八ヶ岳がまだ見えている。 岩場の山頂から歩いてきたルートを振り返りながら、よくぞ歩いたものとみんな感心する。 ハヤミさんへの謝意を込めてへ思わずみんなが拍手する。
息の抜けない下山を開始、ロープ、岩場、ストックをしまって集中しながら降りる。 誰一人として不安定な局面もなく山頂部の岩場を全員が降りきる。やがて尾根筋から芦川に下る最後の下りに入る。 ジグザクだが疲れた足には結構急な下りに感じる。北斜面だから落ち葉が積もってこれがまたよく滑る。
やがて林道に出る。舗装された林道は疲れた足に堪える。 ようやくバスの待っている芦川登山口にでる。
全員の無事を祝って乗車、一宮御坂ICに近い「ももの湯」で汗を流し軽く祝杯をあげて帰路につく。
貸し切りバスだから和気藹々、運手手に一切を任せて渋滞のない中央道を帰る。 予定より10分早く、新宿西口に到着、たっぷり歩き、たっぷり展望を楽しみ、花を愛で、 これ以上は望みようのない山旅の一日が終わった。

(登頂記録)

*山名:黒岳(1793m)(一等△黒岳) 御坂山(1596m)(三等△御坂峠1596.01m)
       府駒山(1562m)(三等△釈迦岳1562.44m ) 釈迦ヶ岳(1641m)
*年月日:2007年05月12日(土)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿+++新宿西口=====谷村PA====河口湖EXT====
0620   0630/0700  0816/0830    0830    
天下茶屋・・・御坂山・・・ 鉄 塔 ・・・  御坂峠・・・黒岳山頂・・展望台・・黒岳山頂・・    
0905/0920 1030/1040 1053/1100  1115/1120    1225  1230/1310   1315 
芦川分岐・・ドンベエ峠・・府駒山・・・・釈迦ヶ岳・・・芦川登山口===
1347       1410  1445/1448   1525/1540  1620/1640
ももの湯===一宮御坂IC===石川PA====新宿西口+++恵比寿 
1705/1800    1805   1845/1900  1940/1950   2000

*参加者: (L)ハヤミさん (SL)ヤマオさん (SL)イトウ アオシカさん イシドウさん イシダさん 
        シバキさん ホシさん ヤマコシ夫妻 
        うえむらさん えんどうさん おおしまさん おおつかさん きっかわさん くぼのやさん
        さいとうさん しみずさん たにざわさん みとさん やまださん