扇  山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<扇 山 初 訪> <扇 山 再 訪> <扇山〜百蔵山> <百 蔵 山> <扇山4度目の訪座)>

<扇山5度目の訪座)> <扇山(6度目)〜百蔵山(3度目)再踏>

(初  訪)



扇山(1138m)は富士山展望12景の一つとして知られ、山梨百名山でもある。 東京から近く、大月ICの手前にあり、この山域では北に位置する権現山についで標高がある。 上野原ICから県道30号線(旧甲州街道)を下り、大月CCのある、梨ノ木平に登山口がある。 そこから1時間半、良く整備された杉林の中を登り詰めると広い山頂があり、富士山、丹沢、奥秩父、 奥多摩などの展望が開ける。
JR中央線鳥沢駅から始まるハイキングコースは、この扇山を経由して西の百蔵山に至り、中央線猿橋駅へ抜ける ハイキングコースとして知られ、多くのハイカーが電車でやってくる。
写真左ははまもなく山頂と言うところで撮った山頂風景、 写真中央は山頂風景、写真右は山頂からの富士山である。

(扇山山頂 2002年03月16日09時30分 Sony DSC-P1)
































扇  山 再 訪

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<扇 山 初 訪> <扇 山 再 訪> <扇山〜百蔵山> <百 蔵 山> <扇山4度目の訪座)>

<扇山5度目の訪座)> <扇山(6度目)〜百蔵山(3度目)再踏>

(再  訪)



その扇山は山頂が広い。富士山展望でも打ってつけの山である。 そこで一計、山頂で鍋を囲んで宴会をやろうと、山のベテラン方にお願いして、 金時山の若者達を案内した。
前回は車だったが、電車と休日臨時バスを乗り継いで梨ノ木平へ、そこから山頂を目指して 1時間30分、富士山も何とか展望できて鍋支度、豪勢な鍋料理にビールに焼酎、各種取りそろえの 大宴会は、山頂滞在時間100分と、新記録樹立となった。去りがたい、心地よい山頂からは、犬目に下って、 大野貯水池からバスで四方津へ、春爛漫の楽しき1日、大ベテランのリードと手料理に感謝感謝の一日だった。

(扇山山頂 2004年04月11日11時00分 Canon EOS Kiss D Eモード)
(梁川大橋 2004年05月08日15時40分 Sony DSC P-1)

(登頂記録)
*山名:扇山(1138m)三等三角点(鳥沢村)
*年月日:2004年04月11日(日)
*天候:晴
*行 程
恵比寿   新 宿     八王子    鳥 沢   梨ノ木平    大久保のコル   山 頂        
0653    0702/0708  0758/0805  0849/0900  0915/0920   1037     1050/1330  
犬 目  大野貯水池  四方津    高 尾    新 宿  恵比寿
1445   1555/1620  1635/1733  1750/1757  1843   1900































扇山〜百蔵山「展望の山旅オフの会」2006年例会第3回

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<扇 山 初 訪> <扇 山 再 訪> <扇山〜百蔵山> <百 蔵 山> <扇山4度目の訪座)>

<扇山5度目の訪座)> <扇山(6度目)〜百蔵山(3度目)再踏>
「展望の山旅オフの会」2006年3月例会は13名の参加者を得て予報を覆す素晴らしい晴天の下で扇山から百蔵山を歩くことが出来た。
季節の変わり目のため天気が安定せず、晴れる日が少ないこの時期はこの日も1週間前から雨/曇りの予報が続いて やきもきさせていた。気圧の谷は火・金に通過、水、土は晴れと自己予測したのは1週間前だったが、 気象庁の予報が好転したのは木〜金にかけてからだった。
当日は春霞のため視界は今ひとつだったが雲一つない晴天で、オフの会も開催以来7回連続で「奇跡の好天」 の記録更新を続けている。
                 (使用カメラ:Canon IXY 500D)
梨ノ木平登山口で出発準備 09:13 扇山に向けて登坂中 09:41 扇山山頂を目の前にして淡雪が・・・ 10:41 広々とした扇山山頂 10:46 扇山には三角点があるはず、しかしこの台座らしきもの以外は見あたらない 10:50
 梨ノ木平登山口        扇山に向けて登坂中     扇山山頂手前の淡雪     扇山山頂            扇山の三角点? 扇山山頂から富士山が・・・歓声が上がる 10:47 いい顔していますています(ぼかしています) 11:21 大久保のコルを過ぎて北側を見ると権現山がよく目立って見える 12:04 コタラ山の下からは扇山の巨体が見える 13:04 百蔵山まで最後の急登を残して一息・・・前方に飛び出している百蔵山 13:18
 扇山山頂から富士山     扇山にて全員集合      北側には権現山        西側から見た扇山      百蔵山山頂直下 百蔵山山頂風景 山頂標識と三角点と百蔵大明神の碑と富岳十二景の説明板と・・・ 13:46 山頂から御正体、鹿留、九鬼山方向 13:50 猿橋に向けて一路下山 14:25 中央道手前からは百蔵山が大きく見える 15:50 中央道を前景にした扇山 15:53
 百蔵山山頂風景       百蔵山山頂から道志西端   猿橋へ下山          中央道手前からは百蔵山  中央道を前景にした扇山

高尾駅と相模湖駅とで全員が同じ車両に集まり、鳥沢駅では予約しておいた3台のタクシーで梨ノ木平に向かった。 みんなが好天の山歩きを喜び合いつつ、準備体操後歩き始めた。 全員がすっかりうち解けて、和気藹々の中にも自律的に隊列や各自の居場所が最後まで保たれる、 素晴らしいチームワークに成長してきたことや、前回の三浦アルプスでの転倒し易い登山道を経験してきた ことが安全歩行により集中するようになってきたなど着々と成果が上がってきた感を深めた。
山には懸念された積雪はなく、昨日の雨も登山道の埃を押さえてくれる程度のものだった。 梨ノ木平から大久保のコルまで75分と順調、山頂手前で始めて登山道の淡雪を見た。
山頂からは富士山始め、ほぼ完全な展望を楽しむことが出来た。 昼食後、集合写真を撮って百蔵山へ向かった。扇山〜百蔵山の間は距離があるが急下降はなく、 百蔵山の最後の急登だけが疲れた足には辛かった。ピッチを落としながら登り詰め転倒者も出ず、 全員が無事百蔵山の山頂に到達した。
百蔵山山頂からは富士山こそ雲間に隠れていたが、道志、丹沢、大菩薩などの山々が手に取るように見えていた。 20分休憩後下山開始、ここでも急下降はなくゆっくり安全に下った。
車道歩きの果てにコンビニにて渇いたのどを潤し、猿橋駅には予定通りに到着した。
真っ青な空に扇山と百蔵山が透き通って見えていた。
(登頂記録)
*山名:扇山(1138m)V△鳥沢村 百蔵山(1003m)V△下和田 大久保山(1109m) 
*年月日:2006年03月11日(土)
*天候:快晴
*行 程
 恵比寿+++新 宿+++ 高 尾++++ 鳥 沢== 梨ノ木平・・・大久保のコル
  0715 0725/0735 0818/0820  0849/0855  0905/0920   1035
・・・扇山山頂・・・・大久保のコル・・・カンバの頭・・・コタラ山の下・・・百蔵山山頂 
  1045/1133      1140     1212/1222    1303     1345/1405
・・・稜線鞍部・・・・山の神・・・百蔵山登山口BS・・・猿 橋++++ 立 川+++  新 宿
    1415     1500     1520       1610/1623 1724/1725 1749/1752
+++恵比寿
   1802

*参加者:(L)ハヤミさん (SL)アオシカさん (SL)ヤマオさん ヤマコシ夫妻 コバヤシさん キョウコさん 
       クミコさん トキコさん フクヨさん マサコさん ミユリさん イトウ 計13名 






















扇  山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<扇 山 初 訪> <扇 山 再 訪> <扇山〜百蔵山> <百 蔵 山> <扇山4度目の訪座)>

<扇山5度目の訪座)> <扇山(6度目)〜百蔵山(3度目)再踏>
扇山は何度登っても良い山である、明るい広葉樹に包まれた登山道、広い山頂、 富士山展望の名所などなど、にわかに春めいてきた陽春のもと、 爽快なそよ風、快適な日差しの元での扇山再訪となった。
コースは梨ノ木平〜扇山山頂〜君恋温泉〜梨ノ木平へ、下山したところに温泉が。 車でやってきた仲間のお陰でこのようなコースがとれた。 雪も溶け、多くの登山者や仲間と共にと共に梨ノ木平からのんびりと、途中で富士山や 山火事のような杉花粉の発生を見ながら山頂に達する。 快適な昼どきを過ごして下山、多くの登山者で賑わう君恋温泉に飛び込む。 500円でこんにゃくおでんがついてきて格安の値段である。 さらに歩いて旧甲州街道を梨ノ木平まで、古墳のような塚が江戸から41里の里定標だと分かる。 梨ノ木平からツアーの下見もあって猿橋へ、桂川の渓谷と技術の粋を集めた橋の構造が素晴らしい。 暖かな快適で爽快な山歩きだった。 (歩程10km、累積標高差900m)(使用カメラ:Canon IXY 900IS)
梨ノ木平登山口 09:14 中腹より富士山 10:13 扇山山頂からも富士山 10:52 山頂からの大菩薩連嶺 10:56 扇山山頂 11:58 山頂の賑わい 11:58
 梨ノ木平登山口     中腹より富士山      山頂より富士山     山頂より大菩薩連嶺  山頂標識         山頂fの賑わい 杉花粉の発生源 13:32 君恋温泉の梅 13:43 君恋温泉より扇山 13:43 月と紅梅 14:53 甲州街道41里の道程塚 15:06 日本三大奇橋と言われている猿橋 16:25
 杉花粉の発生源     満開の梅         君恋温泉より扇山    月と紅梅         甲州街道道程塚     猿 橋
(登頂記録)
*山名:扇山(1138m)V△鳥沢村 
*年月日:2008年03月16日(日)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿+++新 宿+++ 高 尾++++ 鳥 沢== 梨ノ木平・・・大久保のコル・・・
0716  0725/0735 0818/0820  0849/0850  0905/0915   1040/1045
扇山山頂・・・大滝不動分岐・・・君恋温泉・・・梨ノ木平===猿 橋=== 
1055/1225    1320     1342/1450   1550/1607  1515/1630
大 月++++ 新 宿+++恵比寿
1645/1806 196/1916 1924 


























扇  山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<扇 山 初 訪> <扇 山 再 訪> <扇山〜百蔵山> <百 蔵 山> <扇山4度目の訪座)>

<扇山5度目の訪座)> <扇山(6度目)〜百蔵山(3度目)再踏>
(体調不良につき途中撤退)

(登頂記録)
*山名:扇山(1138m)V△鳥沢村 
*年月日:2010年03月17日(水)
*天候:曇り
*行 程
恵比寿====梨ノ木平・・・水 場 ・・・梨ノ木平=== 大月CC=== 猿 橋 ===都 留====
0700  0815/0830  0900/0910 0940/0950 0955/1100  1120/1150  1210
道志道の駅====相模湖駅====相模湖IC===石川IC====恵比寿 
1300/1340    1500      1520   1540/1550  1640
























扇山〜百蔵山再踏

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<扇 山 初 訪> <扇 山 再 訪> <扇山〜百蔵山> <百 蔵 山> <扇山4度目の訪座)>

<扇山5度目の訪座)> <扇山(6度目)〜百蔵山(3度目)再踏>
5年ぶりの扇山に行った。3年前体調不良により途中撤退したこともあって、久しぶりに行ってみたかった。 今泉さん、工藤さんと言うベテランの仲間に恵まれ、扇山だけでは済まされないと考え、百蔵山経由も念頭に入れて山頂に向かった。天気模様ので扇山から大久保山へ、そこから急坂を下って、急登し百蔵山山頂に立ち、猿橋駅まで歩いた。 季節もよく人気の山だけに大勢の人が訪れていた。遠望はともかく近傍の山々の展望を楽しみ、レンゲツツジやキンラン、イカリソウなど春の花々を愛でての、まずまずの一日だった。所要時間も5年前とほぼ同じだった。
 (歩程13.2km 累積標高差+920m -1190m  31,000歩)    (左はGPSによるトラック) (使用カメラ RICOH CX5)
大久保のコル b10:42 扇山山頂  10:59 山頂にて 10:58 大久保山山頂 11:41 鞍部より扇山 12:59 百蔵山直下のキンラン 13:09
   大久保のコル       扇山山頂         扇山山頂にて       大久保山山頂       鞍部より扇山     百蔵山直下のキンラン 百蔵山山頂 百蔵山山頂にて  13:52 百蔵山より道志富士山方向 
 14:24 百蔵山のレンゲツツジ  14:28 百蔵山のフタリシズカ  15:10 猿橋付近の桂川  16:10
   百蔵山山頂       百蔵山山頂にて      百蔵山より道志   百蔵山のレンゲツツジ  百蔵山のフタリシズカ    猿橋付近の桂川 


(登頂記録)
*山名:扇山(1138m)V△鳥沢村 百蔵山(1003m)V△下和田 大久保山(1109m) 
*年月日:2013年05月26日(日)
*天候:晴
*行 程
恵比寿+++新 宿+++  豊 田 ++++ 鳥 沢== 梨ノ木平・・・大久保のコル
 0650   0657/0707 0749/0758  0848/0900  0915/0920  1025/1030
・・・扇山山頂・・・・大久保山・・・カンバの頭・・・コタラ山の下・・・百蔵山山頂 
  1045/1130    1140   1210/1215    1310/1315    1355/1422
・・・稜線鞍部・・・・百蔵山登山口BS・・・猿 橋++++ 新 宿++++ 恵比寿
    1430      1545      1613/1620  1755/1759   1808