時坂峠より奥多摩三山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>


(三頭山)                  (御前山)                  (大岳山)

(三頭山 時坂峠 1月下旬10時30分 75mm F8 1/350)
(御前山 時坂峠 1月下旬10時30分 45mm F8 1/500)
(大岳山 時坂峠 1月下旬10時30分 50mm F8 1/500) 

時坂峠は、五日市の先、五日市街道を本宿から右に入ると、すぐに都内唯一の氷瀑となる沸沢の滝への入り口へ行く。 そこから車で15分、ハイキングコース真っ只中にある。ここからは木立の隙間から都心のビル群が見え、西から北には 奥多摩三山の三頭山、御前山、大岳山がぐるっと取り囲んでいる。 これらの山々はいずれも1200〜1500mほどの典型的な奥多摩の山々で、秩父連山の東の前衛をなす。 都民には憩いの場所を提供してくれている。いずれも都内のどこからも良く展望できる山々でもある。

(沸沢の滝)

沸沢の滝は都内唯一の結氷する滝で良く知られる。落差40mほどの滝だが、均整のとれた、なかなか姿の良い滝だ。 この滝全体が日射が完全に遮られていて、気温の低下とともに結氷して氷瀑となる。
近年の温暖化によって結氷しない年が多く、結氷すればマスコミの話題にもなる。 この年は、まだ1月下旬と言うこともあって、半結氷状態、それでも満足すべき状態と言うべきか。

(沸沢の滝 1月下旬9時30分 45mm F8 1/250) 

<戻る>























石 老 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

(石 老 山)

石老山は相模湖の南に横たわる標高694mmの静かな山だ。ここでは山頂にある解説を紹介しよう。 「ここは石老山の頂上です。山の中腹にある石老山顕鏡寺は有名で、寺の山号をとってこの山を石老山と呼ぶようになりました。 正面には標高1000mを越える丹沢の山並みがみえます。最高峰は標高1672.7mの蛭ヶ岳です。---以下略」

(相模湖より石老山)         (石老山山頂より大室山方面を望む)

(石老山 相模湖 2000年05月27日14時20分 55mm F11 1/350)
(石老山 山頂 2000年05月27日13時00分 55mm F11 1/500)

(登頂記録) *山名:石老山(694m)
*年月日:2000年05月27日(日)
*天候:晴
*行 程
恵比寿  相模湖IC 顕鏡寺   石老山山頂   顕鏡寺  相模湖  藤野駅前  和田峠  陣馬山
0700    0810  0840/0850  1015/1045  1245/1300  1330   1400     1430   1500/1520   
和田峠  陣馬高原下 八王子IC 恵比寿
1510     1530     1630   1730












































2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20030302の高 尾 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)


(都心を望む 2003年03月02日13時00分 Sony DSC−P1)   (写真中央 高尾山頂 2003年03月23日13時30分 Sony DSC−P1)
(富士山 左大室山 2003年03月02日13時35分 Sony DSC−P1)

大秩父連山の東端が関東平野に没するところに高尾山(599m)がある。 東京から約50km、これより西は秩父の山並みが連なり、東は広大な関東平野が広がる。 山頂付近には高尾山薬王院があり、古くからの信仰の山である。ケーブルカーが施設されていて、 観光客の賑わうところでもある。
山頂から西へ小仏城山、小仏峠、景信山、陣馬山を経る縦走路があり、 冬の日溜まりを求めてハイカーに人気のコースでもある。 山頂からの眺めは視界に恵まれれば、富士山や丹沢山、また大岳山、雲取山などの 秩父連山が、東には広大な関東平野の果てに都心のビル群や東京湾、房総半島などが 見える。 写真中央は山頂標識、富士山は山頂の南端から見える。
飯豊の挫折から半年、ようやく足慣らしもアップダウンの段階に至り、好視界の展望を求めて、 ケーブルかを使っての久しぶりの山頂へ足を運んだ。


























2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20030316の高尾山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)
高尾山をトレーニングの場所とする理由は、足の具合が悪くなった時に少し歩けば ケーブルカーがあるからである。 そんな思いから2回目の高尾山に出かけて、電車の駅から登ることにした。 登りは表参道を、下りは琵琶滝を経由して下山した。 登りは1時間半、下りは70分、まあまあの所要時間で足も問題なし、 少しずつ慣れてきているようだ。
琵琶滝は薬王院の修行の場である。滝は日が届かない冷たい水を流して、 やがて多摩川となって 東京湾に注ぐ。

(高尾山 2003年03月16日12時00分 Sony DSC−P1)


























2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20030323の小仏峠→城 山→高尾山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)
先週の高尾山往復から、いよいよ小仏峠から城山経由、高尾山、稲荷山コースにて高尾山口へ トライした。この付近に詳しい青柳さんと池澤さんがエスコートしてくれることになって、 大安心、高尾からバスに乗って終点まで、そこから小仏峠にあがった。 ここからさらに相模湖に抜けるルートがあって、旧甲州街道が延々と大菩薩峠を経て、甲州へ 続いていることを知った。
小仏峠から20分、城山(670m)山頂は大変広く、その中央に4等三角点がある。 東京方面に向かっては都心まで見通せて、西側は丹沢、道志、富士山、御坂、 南アルプス、大菩薩蓮嶺が見通せて、眼科に相模湖が横たわっている。
この山行き、復帰第一戦と言って良いほどのエポックメイクとなった。

(小仏峠 2003年03月23日10時15分 Sony DSC−P1)
(城 山 2003年03月23日11時00分 Sony DSC−P1)


























2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20030330の景信山→城山→高尾山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)
そして3週目、今度は小仏BSから景信山(731m)に登り、小仏峠に下って城山にあがる。 そして高尾山を経て高尾山口へ下るコースを歩いてみることとした。 先週の城山・高尾山が少し自信につながり、この長丁場を耐えれば、次の陣馬山から景信山 への尾根歩きに見通しが立つというものである。 結果は上々、足の具合も最後にはきしみだしたが、ともかくも不安感無しに歩き通せることが出来た。

(景信山 2003年03月30日10時00分 Sony DSC−P1)


























2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20030712の高尾→城山→景信山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)


再三の奥高尾は回数が分からなくなってくる。 城山は4回目、景信山は2回目と記憶する。が高尾山と来たらもう分からない。 今回は稲荷山コースを登って、高尾山から城山へ、小仏峠を経て景信山へ、 小仏バス停へ下っての一回りだった。景信山から振り返れば高尾山が遙かにあって、 今日の行程が手に取るように見えていた。
積み重なる奥高尾の山行きはリハビリ効果も大きく、単独登頂も自信を取り戻すこととなってきた。 飯豊の大転倒、1年を待たずしてこれだけ歩ける充実感を感じている。

(左 高尾山 2003年07月12日11時30分 Sony DSC−P1)
(中 城 山 2003年07月12日13時00分 Sony DSC−P1)
(右 景信山 2003年07月12日14時15分 Sony DSC−P1)

























2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20031220の高尾山→城山→小仏峠

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)
2003年12月20日、季節風が吹きすさぶ中を高尾山から城山を一回りしてきた。 目的は富士山、しかし季節風は富士山をも雲に隠してしまった。 一方、都心のビル群は手に取るように見えていて、池袋のビル群の向こうには筑波山が姿を現していた。

(稲荷山 2003年12月20日10時15分 Cannon EOS Kiss D 480mm)


























2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20031229の高尾山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)
2003年12月29日、前日の澄んだ視界をやり過ごしてしまい、今年最後の忘年登山を試みた。 視界は今ひとつで、9日前に見えていた都心方向はスモッグに隠されて全く、見ることが出来なかった。 久しぶりに琵琶滝コースを歩いて、山頂に達すれば、そこそこの登山者が来ていて、富士山も塩見岳も 見えていた。

(高尾山 2003年12月29日11時00分 Cannon EOS Kiss D)


























2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

2004028の高尾山→城山→相模湖

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)
暖かい2月も終わりに近づき、春山偵察に高尾〜城山〜相模湖を、 磯田、福原、原口諸氏と歩いたのが2004年02月28日。富士山も顔を出し、 ビールで乾杯、ナメコ汁に舌鼓。登山道には雪のかけらも無く花もちらほら、 春山到来を告げていた奥多摩の一日であった。
初めての城山、高尾山を背景に記念写真と相成った。

(城山 2004年02月28日12時20分 Cannon EOS Kiss D)


























2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20040417の高尾山→城山→小仏峠

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)
小林さんはラグビー部出身、しかし多くのサラリーマンと同様、仕事にまみれて40年、 体型は変わり果て、健康への問題意識も募ってきた。しかしさすがに元ラガー、スポーツの楽しさも つらさも知り尽くして、4年前からウオーキング、最近はジョギングまで習慣を戻してきた。 しかし山は全く未経験、かねてより気楽に行こうと進めていたが、このたび実現、稲荷山コースを登る 高尾山だけのつもりが、城山から小仏峠を経て小仏BSまで、はじめてのハイキングとしては大成果、 小林さんの喜びがこちらにまで伝わってきた、爽やかな一日だった。

(一丁平のミツバツツジ 2004年04月17日11時30分 Sony DSC P1)
(城山山頂 2004年04月17日12時15分 Sony DSC P1)

(登頂記録−2003年07月12日)

*山名:高尾山(599m)二等三角点(高尾山) 城山(670m)四等三角点(小仏城) 景信山(727m)四等三角点(景信山)
*年月日:2003年07月12日(土)
*天候:晴
*行 程
恵比寿発 新宿発  高尾山口 稲荷山口 稲荷山
0851    0930  1013/1018  1023  1056/1105
高尾山   一丁平   城 山   小仏峠  景信山
1145/1203  1233  1254/1320  1335  1411/1440
小仏BS   高 尾(特快)    新 宿  恵比寿
1525/1533  1550/1559   1650/1700 1720

2004年02月28日(土)の高尾山→城山→相模湖
 城 山   千木平(売店) 弁天橋  相模湖  相模湖駅   
1215/1325  1410/1420   1445   1515    1531

























2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20040912の景信山→城山→高尾

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)


(上左 景信山から城山〜高尾山 2004年09月12日11時40分 Sony DSC−P1)
(上右 景信山の彼岸花 2004年09月12日11時17分)
(下左 城山山頂 2004年09月12日12時30分)
(下右 高尾山頂風景 2004年09月12日13時35分)

残暑がまだ残る9月上旬、歩行訓練のために景信山〜城山〜高尾のコースを歩いてみた。 視界は悪く、山頂から見える城山から高尾の稜線さえもやの向こうにうっすらしていたが、 景信山山頂直下で見かけた彼岸花が秋の訪れを告げていた。
この低山に登るには未だ暑すぎる陽気だが、手近な山だからどこの山頂もハイカーで一杯、 特に高尾山はケーブルカーでやってきた観光客も混ざって大賑わいであった。
*山名:景信山(727m)四等三角点(景信山) 城山(670m)四等三角点(小仏城) 高尾山(599m)二等三角点(高尾山)
*年月日:2004年09月12日(日)
*天候:晴
*行 程
恵比寿発   新 宿   高 尾   小 仏BS 景信山登山口  景信山   小仏峠
0833   0843/0850  0937/0952   1012    1025     1124/1140  1205
城 山     高尾山   稲荷山  高尾山登山口 高尾山口駅  新 宿   恵比寿
1226/1245 1332/1352 1422/1425  1452/1510  1509/1511  1605/1511  1611

























2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20041120の高尾山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)


紅葉と富士山を見たいと朝の天気を見てから家を出た。何も持たず観光客並にリフトに乗って山頂へ、 大勢の人が山頂を占拠、山頂付近の紅葉もまあまあ、しかし富士山だけは姿を見せなかった。

(高尾山 山頂 2004年11月20日12時20分 IXY)


























2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20041123の高尾山→城山→景信山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)


伊久間さんが出張のため東京で祭日を過ごすことになった。折角の東京ホリデーを紅葉の奥高尾 にご案内、富士山を眺めながらの秋の1日を共に楽しんだ。
報道によれば高尾山の人出は3万人、朝から体験したことのない混雑が駅前から続いていたが、 紅葉は登山口から山頂に至るまで最盛期だった。
伊久間さんには始めての高尾山なので、長野にゆかりの飯綱権現にお詣りするため、 混雑する参道を半分カットして琵琶滝コースからスタートした。
高尾山頂は大変な人で座る場所もない状態だが紅葉は最盛期、今日は富士山も姿を見せていた。
モミジ平から一丁平へと紅葉の中を歩いて城山へ、紅葉と心地よい風の中で伊久間さんと楽しい 語らいの昼食タイムを過ごした。
その後、小仏峠を経て景信山へ、ここでも紅葉の元で大賑わいのハイカーが休んでいた。
ビジネススーツ姿の伊久間さんであったがさすがに山の達人がそんな事と無関係に晩秋の奥高尾を 楽しんで頂けたと思っている。

(上左 高尾山口 2004年11月23日08時59分 Canon IXY) (上中 高尾山頂 2004年11月23日10時48分 Canon IXY)
(上左 景信山頂 2004年11月23日12時53分 Canon IXY)
(下左 高尾山頂 2004年11月23日10時30分 Canon IXY) (下右 城山山頂 2004年11月23日11時59分 Canon IXY)

(登頂記録)

*山名:高尾山(599m)二等三角点(高尾山) 城山(670m)四等三角点(小仏城) 景信山(727m)四等三角点(景信山)
*年月日:2004年11月23日(火)
*天候:快晴
*行 程
01月30日(日)
11月23日(祭)
恵比寿発  新 宿   高尾山口 登山口 琵琶滝 参 道  高尾山頂  
0743   0753/0800 0947/0850  0900  0922  0949  1025/1045 
城山山頂   小仏峠   景信山山頂  登山口   小仏BS   
1135/1202 1220/1225  1250/1320   1355   1405/1410
高 尾(京王線)  新 宿   恵比寿
1435/1517   1600/1607  1617


























2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20050130の景信山→城山→高尾山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)
冬晴れの日曜日、年末から3回の積雪があった奥高尾に行ってみた。 積雪は約20cm、登山道は踏みしめられて堅く、凍結して滑りやすかった。 景信山頂は雪で覆われて真っ白だったが茶店は営業中で、多くの登山者が冬の日溜まりを楽しんでいた。

(上左 景信山頂 2005年01月30日10時50分 Canon IXY)
(上右 城山中腹 2005年01月30日11時40分 Canon IXY)
(下  高尾山頂より南ア 2005年01月30日13時30分 Canon IXY)

当日は展望抜群、澄んだ空に富士山から南ア、江ノ島、筑波山、勿論都心のビル群 などが展望できた。

(下左 景信山頂 2005年01月30日10時50分 Canon IXY)
(下右 もみじ台 2005年01月30日13時10分 Canon IXY)


(登頂記録)

*山名:景信山(727m)四等三角点(景信山) 城山(670m)四等三角点(小仏城) 高尾山(599m)二等三角点(高尾山)
*年月日:2004年11月23日(火)
*天候:快晴
*行 程
01月30日(日)
恵比寿発  新 宿    高 尾    小 仏BS  景信山登山口  景信山   小仏峠
0754   0804/0810  0854/0912  0932/0934  0942/0945   1045/1059  1124
城 山    高尾山    稲荷山   高尾山登山口 高尾山口駅  新 宿   恵比寿
1149/1230 1328/1342 1410/1415  1439/1457   1502/1512  1608/1617  1612 


























2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20000527の陣 馬 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>
 (20000527の陣 馬 山)  (20020202の陣馬山−富士の笠雲)  (20030923の景信山→陣馬山)
 (20041223陣馬山・高尾山「ダイヤ富士」展望の山旅 2004年第10回)  (20051203の景信山→陣馬山)
 (20051223陣馬山→高尾山「ダイヤ富士」展望の山旅 2005年第12回)
陣馬山は関東有数のハイキングコースで知られる。今は和田峠に大駐車場があり、そこから20分で山頂にたてる。 東の景信山からのハイキングコースの終着であり、また西からの稜線上のハイキングコースの終着でもある。
標高855mの低山だが、山頂での眺望は素晴らしく、富士山から、丹沢、南アルプス南部の山々、 大菩薩連嶺など、さらには東には都心のビル群までもが眺望できる。 こんな手軽で眺望に優れているところが、この山の魅力になっているのだろう。山頂にある白馬の像が景観の中で妙に浮いている。

(陣馬山 山頂 2000年05月27日15時20分 55mm F11 1/500)
(陣馬山 北西方面 2000年05月27日15時20分 55mm F11 1/500)






















2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20020202の陣馬山再訪−富士の笠雲

<見出に戻る> <戻る> <次へ>
 (20000527の陣 馬 山)  (20020202の陣馬山−富士の笠雲)  (20030923の景信山→陣馬山)
 (20041223陣馬山・高尾山「ダイヤ富士」展望の山旅 2004年第10回)  (20051203の景信山→陣馬山)
 (20051223陣馬山→高尾山「ダイヤ富士」展望の山旅 2005年第12回)
冬の雪道を30分、久しぶりの山頂の雰囲気にふれてほっとする。 富士も奥秩父も見えている。それよりもひやっとしたさわやかな空気が心地良い。 多くのハイカーが楽しそうに食事をしている。その仲間に入れない体調が残念だ。
天気は悪化を予想している。その証だろうか?壮大な笠雲が富士山に懸かっている。

(陣馬山山頂  2002年02月02日11時40分 Sony DSC−P1)






















2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20030923の景信山→陣馬山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>
 (20000527の陣 馬 山)  (20020202の陣馬山−富士の笠雲)  (20030923の景信山→陣馬山)
 (20041223陣馬山・高尾山「ダイヤ富士」展望の山旅 2004年第10回)  (20051203の景信山→陣馬山)
 (20051223陣馬山→高尾山「ダイヤ富士」展望の山旅 2005年第12回)
2003年9月23日、景信山から明王峠を経て陣場山〜陣場高原下までを歩いてみた。 今年始めての秋の空の下で、都心のビル群と富士山の両方を眺めての快適な稜線歩きとなった。
ただしこのコース、和田峠から陣馬高原下まで車道を40分、おまけにバスは1時間に1本、 この歩きがなければ、そしてバスがせめて30分に1本あれば、もっと人気のでるコースだと思う。 陣馬山に近い明王峠からは西・北方面が開けて富士や南アルプスが美しい。

(左  陣馬山頂から北西方向 2003年09月23日13時40分 Sony DSC−P1)
(左下 明王峠から富士山 2003年09月23日12時50分 Sony DSC−P1)


(登頂記録−2003年09月23日)

*山名:陣馬山 <陣場山>(855m)三等三角点(陣馬峰)
*年月日:2003年09月23日(火)
*天候:晴
*行 程
恵比寿  新 宿  高 尾   小 仏   分 岐   景信山
0705/0720 0730/0736 0818/0836 0850/0900  0950/0955 1000/1020
明王峠   陣馬山   陣馬下  八王子   新 宿   恵比寿
1133/1155 1232/1255 1400/1415 1530/1542 1618/1622  1632/1640





















2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

陣馬山・高尾山「ダイヤ富士」展望の山旅 2004年第10回

<見出に戻る> <戻る> <次へ>   <田代先生のホームページもご覧下さい>
 (20000527の陣 馬 山)  (20020202の陣馬山−富士の笠雲)  (20030923の景信山→陣馬山)
 (20041223陣馬山・高尾山「ダイヤ富士」展望の山旅 2004年第10回)  (20051203の景信山→陣馬山)
 (20051223陣馬山→高尾山「ダイヤ富士」展望の山旅 2005年第12回)
朝日旅行会主催の 「田代先生の展望の山旅」は今年12月で満2年20回目を迎えた。 参加のタイミングが合わないまま今日に及んだが、1週間前に滑り込みで申し込み、 ようやく参加の念願が叶った。
今回は「陣馬山・高尾山「ダイヤ富士」2004年第10回」と言うことで和田峠→陣馬山→ 明王峠→景信山→高尾山もみじ台でダイヤモンド富士を鑑賞すると言う企画である。
横浜発のマイクロバス2台は新宿からの参加者を乗せ、総勢41名+添乗員3名+田代先生の合計45名、 大盛況のツアーだった。リピーターが多く、お互い顔見知りだからどこかの山の会の雰囲気だったが 新参者の私も暖かく迎えられた。
和田峠までの道中は好視界の中を田代先生の丁寧な展望解説を聞きながら、 凍てつく和田峠へ、準備体操をしっかりしてから陣馬山へと向かった。

(和田峠 2004年12月23日09時48分 Canon IXY)

(陣馬山からの展望)

陣馬山山頂は絶好の視界に恵まれて最高の展望だった。積雪の少ない富士山を南西に見て、 その左には道志の山々を、さらに大室山、そして丹沢の主峰群を眼前に見た。 その左には遥か相模湾に浮かぶ江ノ島までが見えていた。

(陣馬山 2004年12月23日10時17分 Canon IXY)
(陣馬山 2004年12月23日10時17分 Canon IXY)
富士山の右側は御坂の山々、三ツ峠山のパラボラを見ながら御坂黒岳を覗き、その奥には南アルプスが 白く見えていた。そして扇山と権現山の向こうに連なる長大な大菩薩連嶺が風景に立体感を与えていた。
田代先生の解説は、山座同定に加えて現地実感を交えての説明だから空間的に広がりがでる。 だから聞く人を引き込む。そこが魅力でこの盛況があるのだろう。 Fyamapperとして出来ることは私の周囲の参加者に補足説明するだった。

(陣馬山 2004年12月23日10時17分 Canon IXY)
(陣馬山 2004年12月23日10時17分 Canon IXY)
南アルプスは本社ヶ丸と扇山に間に見えている。積雪が大変少なく例年なら白銀の南アルプスだが、 6月の残雪期のような表情を見せている。陣馬山から見える部分は悪沢岳と赤石岳、悪沢岳の右には 蝙蝠岳が覗いていた。そして明王峠まで移動すると塩見岳が見えてきた。
目を北に転ずると目に飛び込むのは大岳山、大変目立つランドマークの山である。

(陣馬山 2004年12月23日10時18分 Canon IXY)
(陣馬山 2004年12月23日10時19分 Canon IXY)
北側には奥多摩の稜線が見えているが、その奥に雲取山を見つけた。 と 決め込んだがその後の田代先生の検証では鷹ノ巣山! 東京都民として雲取山でなくて一寸残念だが、間違いなく鷹ノ巣山である。
検証して下さった田代先生に厚くお礼を申し上げます。
東京北部の奥には筑波山が遠望できた。大変珍しいことである。
とにかく西に南アルプスが、南に江ノ島が、東に東京・横浜の都心部が 北東に筑波山が、これ以上は望みようのない展望は、今回のツアーへの最上の クリスマスプレゼントとなった。

(陣馬山 2004年12月23日10時37分 Canon IXY)
(陣馬山 2004年12月23日10時19分 Canon IXY)

(景 信 山)

陣馬山から明王峠を経て景信山まで2時間、樹林の中の優しい山歩きである。 その景信山も大賑わい。まだ紅葉が残っていて晩秋の雰囲気濃厚の中で遅い昼食を採った。
都心や横浜が手に取るように見えていて、ここでも田代先生の説明にみんなが聞き惚れていた。

(景信山 2004年12月23日13時31分 Canon IXY)
(景信山 2000年12月23日13時26分 Canon IXY)

(小仏峠を行くパーテイ)

景信山は若干遅れての出発、もみじ台でのダイヤ富士の時刻が気になり始めた。 田代先生とパーテイの中間を歩きつつ、小仏峠を通過しながら前後を見渡すと 45名の大部隊が黙々と歩いていた。ガンバレ!あと1時間ほどでもみじ台だ!

(小仏峠 2004年12月23日14時33分 Canon IXY)
(小仏峠 2004年12月23日14時33分 Canon IXY)

(ダイヤモンド富士待機−もみじ台)

先頭を行くリーダーは、ダイヤ富士の時刻と場所取りが気になったのか城山をカット、 巻き道で直接一丁平に向かった。 お陰で30分ほどセーブ、もみじ台には1時間ほど早く着いて場所取りも存分に出来た。 が、肝心の富士山方面は雲が厚く、待つほどに寒さが身にしみてきた。 そして16時20分、日没の時間を過ぎてダイヤ富士が不調に終わったことを確かめて、やおら帰途についた。 しかし1日を通しての好展望は参加者の満足感に十分応えるものだった。 帰路は山頂からケーブルカーで下り、新宿で解散、またの再会を約して三々五々 余韻を残しながら家路に着いたのは19時少し前だった。

(もみじ台 2004年12月23日15時23分 Canon IXY)
(もみじ台 2004年12月23日15時36分 Canon IXY)

(登頂記録−2004年12月23日)

*山名:陣馬山<陣場山>(855m)V△陣馬峰 景信山(727m) V△景信山 高尾山(599m)U△(高尾山)
*年月日:2004年12月23日(木)
*天候:快晴→晴
*行 程
恵比寿  新 宿   和田峠   陣馬山   明王峠   景信山
0715  0725/0750 0920/0940 1010/1050 1120/1130 1250/1325
一丁平    もみじ台  高尾山  ケーブル上 清 滝 高尾山口
1435/1450 1510/1620  1630  1650/1720  1727   1740
 石川PA   新 宿   恵比寿
1815/1830 1855/1907  1917
(注) 朝日旅行「田代先生の展望の山旅」陣馬山・高尾山「ダイヤ富士」第10回参加





















2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20050708の景信山→城山→高尾山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)

(景信・城山・高尾山頂風景)

梅雨の最中、なかなか訪れない晴れ間だが、運動不足解消に景信山〜城山〜高尾山を一回りしてきた。 山頂はガスに覆われ涼しい1日だったが、人気のない山頂風景に新鮮さを感じた。

(景信山に咲く花)

景信山頂は花が豊富である。名も知れぬバラ科の花はハクサンイチゲを想像させ、アジサイが美しく、 タテヤマウツボグサやヤマボタルフクロも咲いていた。
(使用カメラ Canon IXY D500)

(上左 景信山 10時50分)
(上中 城山 11時54分)
(上右 高尾山 13時09分)
(中以降 景信山頂 10時50分)

(登頂記録)

*山名:景信山(727m)四等三角点(景信山) 城山(670m)四等三角点(小仏城) 高尾山(599m)二等三角点(高尾山)
*年月日:2005年07月08日(金)
*天候:曇り
*行 程
恵比寿   新 宿(京王線)  高 尾   小仏BS  景信山登山口  景信山   小仏峠  
0738    0748/0805   0858/0912 0928/0930  0942      1045/1058 1127/1130 
 城 山   高尾山   ケーブル 清 滝  高尾山口駅  新 宿   恵比寿   
1152/1205 1308/1315 1345/1400 1406   1411/1412  1505/1512  1522
























2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20051103の高尾山→城山→相模湖

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)
11月3日は文化の日、晴天特異日で知られているが最近はどうも当てにならない。
スイスの感激を共にしたK夫妻、何時か一緒に山行きをと調整した結果、この日に実現することとなった。 スイス以来の再会はとても楽しい1日を提供してくれた。
天気はまあまあ、視界はこの季節としては不良で靄が立ちこめていた。紅葉にはまだ早く、 しかし人では最高、どこも座る場所も無い位の大混雑だった。
コースは高尾山口から稲荷山コースを歩いて、高尾山山頂へ、大混雑を避けてもみじ台に行ったがここも座る場所無し、 一丁平で一息入れて休憩した。その後は城山へ、ナメコ汁とおでんで美味しく昼食を取り、相模湖へ向けて下山した。
千木良の売店で休憩、弁天橋経由で相模湖へ、日の暮れかかった秋の夕暮れをゆったり駅まで、 11mほどのハイキングを楽しんだ。
下山中に家内がバランスを崩して前に3mほど転落して顔面から突っ込む大転倒、 幸いにして無傷だったが、僅かなアンバランスに持ちこたえられない脚力の衰えが大いに心配である。



(使用カメラ Nikon COOLPIX 8700D)
(上左 高尾山 11時24分) (上中 城山 13時22分) (下左 城山 13時33分) (下中 千良木から弁天橋 15時23分) (下右 弁天橋 15時23分)

(登頂記録)

*山名:高尾山(599m)二等三角点(高尾山) 城山(670m)四等三角点(小仏城)
*年月日:2005年11月03日(木)
*天候:晴れ
*行 程
恵比寿発 新宿発  高尾山口  稲荷山登山口  稲荷山   高尾山   
 0754   0820    0905    0915/0925   1005/1020 1120/1127
 一丁平    城 山 千木良(売店)  相模湖駅  高 尾    新 宿  恵比寿
1200/1220 1250/1340 1450/1515  1620/1622 1632/1634 1726/1730  1740






















2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20051203の景信山→陣馬山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>
 (20000527の陣 馬 山)  (20020202の陣馬山−富士の笠雲)  (20030923の景信山→陣馬山)
 (20041223陣馬山・高尾山「ダイヤ富士」展望の山旅 2004年第10回)  (20051203の景信山→陣馬山)
 (20051223陣馬山→高尾山「ダイヤ富士」展望の山旅 2005年第12回)
12月5日は石森さんと本来道志西端の鹿留山・杓子山から富士山を眺めようと計画したのだが、 12月4日の富士五湖地方は林道さえ積雪で覆われ、辿り着くことさえ困難な状態に立ち至った。 通例ならこの時期の積雪は無いのだが、北極気団の南下によってもたらされた積雪だった。
急遽奥高尾に変更、さらにまたとない視界に恵まれて、登山口に至って高尾山に向けての予定を陣馬山からの 展望を見たいと再変更、思っても見なかった行程と相成った。
(使用カメラ Canon IXY 500D)


景信山への登りでは途中から雪の塊が散らばっていて、木の枝に積もった雪が風で落ちてくる事が分かった。 山頂に近づくと登山道にも積雪が見られ、山頂では落ち葉と雪が積もって、秋と冬の風情が同居していた。
視界は最高、都心から筑波、日光まで識別できた。
(左  景信山山頂付近 10時46分) (中左 景信山山頂から富士山 11時03分) (中右 山頂風景 11時07分) (右  山頂風景 11時08分)

景信山から陣馬山にかけては北斜面となり積雪も若干増えて登山道を覆う。 サクサクと気持ちの良い雪道風情である。日が当たらないからとても寒く12月の低山とは思えない。
明王峠で一休み、相変わらず好展望が広がっている。陣馬山まで急ぎ、山頂では展望を楽しみながらの遅い昼食を採った。
山頂には車でやってきた観光客が2組程度、いつもに賑わう茶店も閉鎖して寒風が吹き抜けている。 あらゆる山々がギラギラと見えている。

(左 堂所山→明王峠 12時13分) (右 陣馬山山頂 13時20分)


陣馬山は360度の遠望が売り物である。こんな低山で360度は珍しい。
富士山始め大山から始まる丹沢、大室山、道志、三つ峠、扇山・権現山、 さらには奥秩父、雲取山、大岳山など手に取るように見えていた。

(左 山頂から丹沢・大室山 13時25分) (右 富士山 三つ峠、大菩薩、手前に扇山・権現山 13時25分)

(登頂記録)

*山名:景信山(727m) V景信山  陣馬山 <陣場山>(855m)V陣馬峰
*年月日:2005年12月05日(月)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿  新 宿(京王) 高 尾    小 仏   登山口   休 憩   景信山
0743   0753/0805  0858/0912 0928/0932  0945  1025/1035 1045/1110
 明王峠   陣馬山  和田峠  陣馬下   八王子    新 宿  恵比寿
1223/1230 1310/1415 1435  1525/1615 1728/1742 1822/1827  1837






















2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20051211の高尾山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)
12月4日から1週間が経つ。足慣らしをしようと行き先を漁っていたが、12月4日の積雪は1000m前後でまだ 残雪が残っていて、ノーマルタイヤでは林道走行が出来かねる。そこでお定まりの奥高尾となった。
11日の予報は10日朝まで平野部でも雪が降ると言っていたが、夕方になり快晴に激変、南岸低気圧が 遠く離れたからと言うことのようだ。その予報に浮かされて高尾山は大賑わい、現実はどんより曇った 底冷えのする天気だった。
いつもの通りのコースを辿るつもりだったが、展望無し、底冷え、おまけに13日からの山行きの連絡もあって、 ここは脚力温存とばかりに高尾山から引き返した。
(使用カメラ Canon IXY 500D)


(左 稲荷山から都心方向 11時11分) (中 稲荷山からの登山道 10時35分) (右 山頂風景 11時03分)

(登頂記録)

*山名:高尾山(599m)U△(高尾山) 
*年月日:2005年12月11日(日)
*天候:曇り
*行 程
恵比寿 新 宿(京王) 高尾山口 登山口   稲荷山  高尾山頂(琵琶滝コース)
0813  0823/0830  0918/0920 0925/0930 1007/1015 1102/1112
登山口 高尾山口駅 高幡不動  新 宿 恵比寿
1227  1232/1238 1258/1306 1335/1340 1350





















2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

陣馬山・高尾山「ダイヤ富士」展望の山旅 2005年第12回

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <田代先生のホームページ>


 (20000527の陣 馬 山)  (20020202の陣馬山−富士の笠雲)  (20030923の景信山→陣馬山)
 (20041223陣馬山・高尾山「ダイヤ富士」展望の山旅 2004年第10回)  (20051203の景信山→陣馬山)
 (20051223陣馬山→高尾山「ダイヤ富士」展望の山旅 2005年第12回)

2005年最後の「展望の山旅」は恒例の陣馬山・高尾山「ダイヤ富士」である。 和田峠までバスで登り、陣馬山まで30分、緩い起伏の奥高尾を明王峠→景信山→城山→もみじ台 と歩き、ここでダイヤ富士をみる、日没後にケーブルカーで下山する、恒例の12月の山旅は、季節風の強い 冬晴れの快晴に恵まれて、霜の花を見ながらのハイクを楽しみ、なかなか雲が取れない富士山にやきもきしながら、 もみじ台でダイヤ富士待機、無事撮れて全てがハッピーに終わった展望の山旅だった。

(使用カメラ Canon EOS Kiss D)

(陣馬山→江ノ島1009分)    (陣馬山→富士10時09分)   (陣馬山にて10時23分)     (一丁平の霜の花14時37分)  (もみじ平にて16時13分)

(登頂記録)

*山名:陣馬山<陣場山>(855m)V△陣馬峰 景信山(727m) V△景信山
     城山(670m)四等三角点(小仏城) 高尾山(599m)U△(高尾山)
*年月日:2005年12月23日(金・祝)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿  新 宿  石川PA  和田峠   陣馬山 
0719  0729/0800 0830   0905/0930 1000/1030
 明王峠   景信山  小仏峠  城 山   一丁平  もみじ台
1100/1115 1200/1300 1345 1407/1420 1440/1450 1520/1620
高尾山 ケーブル乗り場 清 滝 石川PA  新 宿 恵比寿
1630   1700       1730 1815/1830  1900  1920
(注) 朝日旅行「田代先生の展望の山旅」陣馬山・高尾山「ダイヤ富士」第12回参加























2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20061108の高尾山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)
久しぶりの好視界に高尾山の稲荷山コースを往復した。 紅葉は山頂で始まったばかりだが、平日にも拘わらず大勢のハイカーが訪れ、 真っ白な富士山を楽しんでいた。

(使用カメラ Canon IXY 500D)
稲荷山からは新宿副都心が見える 10:50 山頂からはくっきりと丹沢・道志の山々が展望できる 11:49 5合目まで冠雪した富士山 11:40 山頂の始まったばかりの紅葉 11:42 山頂の二等三角点 11:41
稲荷山から新宿副都心   山頂から丹沢・道志の山々 冠雪した富士山        山頂の紅葉          二等三角点

(登頂記録)

*山名:高尾山(599m)U△(高尾山)
*年月日:2006年11月08日(水)
*天候:快晴
*行 程
恵比寿 新 宿   北 野    高尾山口  登山口  稲荷山  高尾山頂
0844 0854/0901 0953/0955 1008/1010   1017 1050/1057 1140/1150
登山口  高尾山口駅  新 宿   恵比寿
1145   1255/1307  1403/1408  1418






















2006年までの高尾〜陣馬山


 (〜2006年)  (2007年〜2008年)  (2009年)  (2010年)  (2011年)  (2012年)  (2013年)  (2014年)  (2015年) (2016年)

20061224高尾山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 (20030302の高 尾 山)  (20030316の高尾山)  (20030323の小仏峠→城 山→高尾山)  (20030330の景信山→城山→高尾山)
 (20030712の高尾→城山→景信山)  (20031220の高尾山→城山→小仏峠)  (20031229の高尾山−富士山)
 (20040228の高尾山→城山→相模湖)  (20040417の高尾山→城山→小仏峠)  (20040912の景信山→城山→高尾)  (20041120の高尾山)
 (20041123の高尾山→城山→景信山)  (20050130の景信山→城山→高尾山)  (20050708の景信山→城山→高尾山)
 (20051103の高尾山→城山→相模湖)  (20051211の高尾山)  (20061108の高尾山)  (20061224の高尾山)

高尾山山頂の三角点 15:37 高尾山山頂のダイヤ富士を追うカメラマン達 15:39 モミジ平でダイヤ富士を待つハイカー達 15:50 富士山方向はすっかり雲に覆われている 15:50
高尾山山頂の三角点  山頂でダイヤ富士を待つ人たち モミジ平で待つハイカー  富士山方向は雲で一杯

昨日に続いての快晴だった。今日は高尾山のダイヤ富士の日である。 年末ではケーブルカーが夜まで動かず、ダイヤ富士もかなり外れる。 とここまで調べて午後から出かけることにした。 ケーブルカーは18時まで運転、それも今日までだった。しかし肝心の空が曇ってきた。
薬王院から山頂へ、山頂には大勢の人がいた。山頂からモミジ平に下る。モミジ平一帯は大規模な伐採が行われていて富士山が丸見えになっている。 展望を良くしようとするのか?しかし自然を破壊するのは好まし事ではない。 稲荷山コースも全面通行止で、ここでも伐採をやっているらしい。
モミジ平にはハイカーが20人ほどいたがみんな諦め気味だった。 たまたま座った2人連れと話が弾む。日没の時間になったが太陽は姿を見せず、ドンよりの曇ったままだ。 16時20分になって時間切れで諦める。二人連れも立ち上がり、一緒に帰る。帰路は山頂を巻いて1号路に出る。
二人連れのほか、かなりの人が歩いて下っている。ヘッドライトがないので躊躇したが、大勢いるので歩いて降りることにした。 モミジ平から登山口まで1時間強、ケーブルカーと変わらない。
ダイヤ富士は不調だったが、久しぶりに250mほどの下りを歩くことが出来た思いつきの高尾山行きだった。

(登頂記録)

*山名:高尾山(599m)U△(高尾山)
*年月日:2006年12月24日(日)
*天候:曇り
*行 程
恵比寿+++新 宿 +++高尾山口・・ケーブル乗り場+++降り場・・薬王院・・高尾山頂
1332  1340/1350   1445    1452/1500     1506   1520   1540
・・モミジ平・・・・・ 高尾山口+ + +新 宿+++恵比寿
1550/1620(1号路)1728/1732 1825/1835  1845