蔵 王 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<980917の再訪> <030222の冬の再訪> <040214の冬の再訪> <040611の再訪>
樹氷高原より熊野岳・地蔵岳山頂を望む 1998年09月19日 09:00 蔵王は、主峰熊野岳を中心として、北に地蔵岳、南に刈田岳を配する。 しかし蔵王連峰としては刈田岳の南に南蔵王があって、その標高も熊野岳とほぼ同じであり、 開発の手が伸びていないため、静かなたたずまいを見せている。
熊野岳を中心とする蔵王は山形側、宮城側ともに古くから温泉に恵まれ、スキー場としての開発が進み、 山形側からは地蔵峠までロープウェイが、刈田岳には宮城側と山形側を結ぶ蔵王エコーラインが 通っている。そのため主峰熊野岳までもが観光の領域になりつつある。(1998年09月17日再訪)
 熊野岳・地蔵岳
熊野岳山頂直下より五色沼 1998年09月17日 11:00 熊野岳山頂 1998年09月17日 12:00 刈田岳より飯豊連峰 1998年09月17日 10:30 刈田岳より朝日連峰 1998年09月17日 10:30 熊野岳より月山 1998年09月17日 12:00 熊野岳より鳥海山 1998年09月17日 12:00
熊野岳中腹より五色沼  熊野岳山頂        刈田岳より飯豊連峰 刈田岳より朝日連峰  熊野岳より月山     熊野岳より鳥海山






















冬の蔵王山(030222)

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<980917の再訪> <030222の冬の再訪> <040214の冬の再訪> <040611の再訪>
地蔵峠にて 2003年年02月22日 09:00 地蔵岳山頂の樹氷 2003年年02月22日 10:20 地蔵岳山頂にて 2003年年02月22日 10:00 2002年8月13日、飯豊山中にて転倒、そのまま動けなくなりヘリにて救出され、以来6ヶ月強の 厳しいリハビリ生活が続いた。 そして2003年2月22日、飯豊のメンバーとともにガスに覆われた地蔵岳の 山頂に立つことが出来た。その復活の喜びはいかばかりか、地蔵峠からその距離僅か300m とはいえ、山頂に立てる時がようやく戻ってきたのだ。

写真左は、地蔵峠のお地蔵さん、賽銭箱だけが毎日収容されるため、お地蔵さんの顔が賽銭箱で隠れる と言う珍風景ではあった。
写真中央は、地蔵岳山頂直下の樹氷、-10度以下の気温にも関わらず、すでにざくざくと柔らかく、 風上に出来る海老の尻尾はもはや無く、春の訪れを告げていた。ガスの中での樹氷写真だが、 背景のガスにすっかりとけ込んでしまっている。
写真右は、地蔵岳山頂での記念写真、怪我後の待望の場面である。 山頂標識は掘り出されたのだろうか、この標識だけが白い世界の中で 山頂であることの唯一の証拠を示していた。





















冬の蔵王山(040214)

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<980917の再訪> <030222の冬の再訪> <040214の冬の再訪> <040611の再訪>
地蔵峠より地蔵岳 2004年年02月14日 09:40 地蔵岳中腹の樹氷 2004年年02月14日 09:50 地蔵岳山頂 2004年年02月14日 10:00 地蔵岳より熊野岳 2004年年02月14日 10:00 熊野岳山頂の熊野神社 2004年年02月14日 11:00 樹氷と化した熊野岳山頂標識 2004年年02月14日 11:00
 地蔵峠より地蔵岳    地蔵岳中腹の樹氷  地蔵岳山頂        地蔵岳より熊野岳  熊野岳山頂の熊野神社  熊野岳山頂標識
熊野岳山頂直下 2004年年02月14日 10:40 熊野岳山頂部 2004年年02月14日 10:50 熊野岳山腹 2004年年02月14日 11:30 熊野岳山腹 2004年年02月14日 10:40
熊野岳山頂直下        熊野岳山頂部    熊野岳山腹      熊野岳山腹

2004年2月14日、昨年に続く蔵王での1日は快晴に恵まれ、春一番の影響で暖かな一日となった。 樹氷は今が最盛期、好天に大勢の観光客が地蔵峠を訪れていた。 お地蔵さんは肩まで出ていて昨年に比べれば積雪が少ないことを示していた。 地蔵岳(1736m)にも大勢の登山者や観光客が登ってきて、久しぶりの飯豊、朝日、月山、 葉山など東北の山々の眺望を楽しんだ。
地蔵岳からは南に蔵王の最高峰熊野岳(1841m)がそびえている。夏なら1時間の行程だが、厳冬期には 樹氷が出来る原因である冷たい風、それに風下の八方沢へはガスと風で沢に入り込ん出て来ることが 出来ない遭難で知られる所である。しかしこれだけの好条件は滅多にないと熊野岳に向かった。
登山道の雪は締まってもぐることもなくアイゼンも不要で快適な登山であった。 樹林帯を越えている地蔵岳山頂部から先は樹氷も少ないが、熊野岳山頂の熊野神社は見事な”樹氷”と化していた。
熊野岳山頂には3名の登山者がいた。地蔵岳の賑わいに比べればここは冬山そのものである。 南に南蔵王、刈田岳、そして五色沼の淵が見えている。吾妻から飯豊、朝日、月山など東北の山々が一望できる。
山頂標識は厳しい風で樹氷と化していたが掘り起こして見えるようにして写真に収めたものである。
「行こう」と言って引っ張ってくれた池澤重幸氏、それに同行の蛭子靖介氏に感謝感謝である。
蔵王は樹氷の名所で知られる。観光コースにある樹氷より標高の高い1700前後の場所には樹氷に限らず 雪の芸術が随所に見られ、これをカメラに収めてきた。
左上は熊野岳山頂直下の登山道標識の木柱に付着した「エビの尻尾」、 右上は山頂部の同様のもの、奥は刈田岳(1758m)、お釜、そして南蔵王屏風岳(1825m)が見えている。 左下は山腹から八方沢に成長した樹氷群、右下は山腹の見事な風の作り出す雪面である。






















蔵王山漫歩(040611)

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>

<980917の再訪> <030222の冬の再訪> <040214の冬の再訪> <040611の再訪>
御釜の縁を歩く 2004年年06月11日 10:30 熊野岳から五色沼 2004年年06月11日 11:50 熊野岳山頂の熊野権現 2004年年06月11日 12:00 熊野岳山頂標識 2004年年06月11日 13:20 刈田岳山頂の三角点の場所 2004年年06月11日 14:15 刈田岳山頂の三角点 2004年年06月11日 14:15
 御釜の縁を歩く     熊野岳から五色沼   熊野岳山頂の熊野権現  熊野岳山頂標識  刈田岳山頂の三角点  刈田岳山頂の三角点

2004年6月11日、梅雨の合間の山散歩、前後の日はガスか雨、この日しかないと言うタイミングに蔵王を訪れた。 目的は初訪の本石さんと原口さんにお釜を見せること、出来たら東北の山々を眺望したいこと、 そして玄梅さんを加えて山頂宴会を楽しみたいこと、いずれもが実現したこと。加えてイワカガミやミネズオウ、 アオノツガザクラの花々に迎えたれた素晴らしいい山頂漫歩となった。
刈田岳は駐車場から5分で山頂に至る。と言っても蔵王山神社があって、どこが山頂か探すことにした。 鳥居の脇に小高い岩屑が積まれた?ところがあって、登って見たら三角点があった。ようやく真の山頂を見つけたことになる。 すでにガスに包まれて何も見えず、今着いた観光客が気の毒に見える。
蔵王温泉近くより朝日連峰 2004年年02月14日 10:30 蔵王温泉近くより月山 2004年年02月14日 10:30 熊野岳山頂より鳥海山 2004年年02月14日 11:00
   朝日連峰                       月  山                       鳥海山

蔵王は眺望がよい。視界が良ければ東北の山々が一望出来る。 南は磐梯、吾妻から飯豊、朝日、月山、鳥海、そして船形、栗駒、早池峰、岩手etc・・ この日は台風接近で飯豊から南の天候が悪く、北に向けては太平洋側から雲が湧きだし、朝日、月山、鳥海、 栗駒までが視野に入っていた。

(登頂記録−5回目)

*山名:熊野岳(1841m) 二等三角点(熊野岳) 刈田岳(1758m) 三等三角点(刈田岳)
*年月日:2004年年06月11日(金)
*天候: 晴
*行 程
長 井 刈田駐車場  熊野岳 駐車場  刈田岳  刈田岳駐車場  蔵王(入浴)
0900    1100  1210/1315 1355  1405/1420  1425/1430   1530/1600
赤 湯  長 井
1640    1700