秋田駒ケ岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ>
田沢湖より秋田駒ヶ岳 1999年08月07日 15時00分 50mm F16 1/500 横岳より男女岳 1999年08月07日11時30分 50mm F16 1/750 男女岳山頂の一等三角点 1999年08月07日11時30分 50mm F16 1/750 焼森のコマクサ 焼森 1999年08月07日12時00分 300mm F8 1/350 焼森の白コマクサ 焼森 1999年08月07日12時00分 300mm F8 1/350
 田沢湖より秋田駒ヶ岳   横岳より男女岳       男女岳の一等三角点  焼森のコマクサ      焼森の白コマクサ 男女岳山頂より岩手山 1999年08月07日10時00分 200mm F8 1/500 男女岳山頂より早池峰山 1999年08月07日10時00分 200mm F8 1/500 男女岳山頂より鳥海山 1999年08月07日10時00分 200mm F8 1/500 男女岳山頂より月山 1999年08月07日10時00分 200mm F8 1/500
 男女岳より岩手山     男女岳より早池峰山    男女岳より鳥海山      男女岳より月山

秋田駒ケ岳(1637m)は八幡平の南、田沢湖の北東にそびえる名山である。とりわけ高山植物の宝庫として知られ、 コマクサの群生地としても名高い。近くには乳頭温泉をはじめ、八幡平にかけて、日本有数の温泉地帯で、 地熱発電資源の宝庫としても開発が進められている。
この山は高速道路や新幹線からも遠望できるが、「こまち」の走る田沢湖線からは山頂部を間近に見ることができる。 田沢湖駅からわずか数キロ程度の距離にある田沢湖に近いこの地からは、 その堂々たる山容全体が展望できる。
秋田駒ケ岳は8合目まで車を乗り入れる事が出きる。ただし8月の土日は、マイカー規制があって6時30分始発の 30分ごとに出る専用バスに乗り換える。
8合目から山頂部のあみだ池まで約1時間、しかし展望や高山植物を楽しみながら1時間半くらいかけて登っていきたい。 あみだ池付近は、お花畑で色々な高山植物が咲き乱れる。
この池や湿原の周囲にいくつかのピークがあって、その最高峰が 男女岳あるいは女目岳といわれる標高1637mのピークである。 あみだ池を挟んで南側に男岳、その稜線に連なる東側に横岳(1583m)がある。 このスナップは横岳から湿原越しに見た男女岳、あみだ池に映えて見える。
横岳から右へ、コマクサの大群落のある大焼砂と分岐がある。直進すれば焼森から8合目のバス停、乳頭山へと登山道が続く。 焼森にもコマクサの群落があって、盛りを少し過ぎたコマクサが砂礫の中にそこここに咲いている。 淡いピンクのこの地のコマクサは本白根のそれとはかなり違った味わいがある。
ここで見つけたのが白いコマクサ、少しピークを過ぎているが、やはり妖艶な味わいは変わらない。
秋田駒ケ岳は位置的に北東北の山々の真っ直中、従ってその眺望は東北の山々でも随一を誇る。 鳥海山はもとより、視界が良ければ遠く白神岳(1232m)から岩木山(1625m)までが見通せると言う。

ここ最高峰の男女岳(女目岳)からは、眼下に田沢湖が深々とした青い水をたたえ、 その反対側には早池峰山(1914m−写真中央左)が雲海上に、岩手山(2041m−写真左)がすぐ目の前に、 さらにその左には乳頭山(1478m)を手前に、八幡平(1613m)が横たわり、 端正な森吉山(1454m)があって、遠く鳥海山(2230m)の秀麗な姿を見て、 月山(1980m)の超遠望が続く。 そして南には栗駒山1628m)があって、文字通りみちのくの山々が全部顔をそろえている。


(登頂記録)
*山名:秋田駒ヶ岳(1637m) 一等三角点(駒ヶ岳) 横岳
*年月日:1999年08月07日(月)
*天候: 晴
*行 程
08月07日
 蟹場温泉発(6km) 駐車場(バス) 8合目  阿弥陀池 男女岳 阿弥陀池  横岳-焼森  阿弥陀池 
     0715    0725/0730    0800   0930     1000  1030    1130    1200/1230
8合目(バス)駐車場   駐車場   田沢湖(10km)田沢湖駅       大宮  恵比寿
   1305/1330    1400/1430  1445    1500/1635 (こまち20)1918