飯 豊 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
 西吾妻かもしか展望台より飯豊山 1997年08月09日 10:00 150mm F11 1/750  地蔵岳より飯豊本山 2002年08月11日 09:50 Sony DSC-P1  種蒔山から主稜線 2003年10月10日 竹田病院庄野先生撮影  本山小屋 2002年08月03日 夕方 伊久間氏提供  切合小屋 2002年08月11日 14:00  Sony DSC-P1  飯豊本山山頂 2002年08月12日 07:05 Sony DSC-P1
 西吾妻より飯豊山           地蔵岳より飯豊本山 種蒔山から主稜線   本山小屋       切合小屋        飯豊本山山頂
 本山山頂 2002年08月12日 07:05 Sony DSC-P11  一等三角点 2002年08月12日 07:05 Sony DSC-P1  本山山頂 2002年08月12日 07:10 玄梅氏提供  御西小屋先 2002年08月12日 09:30 Sony DSC-P1  御西小屋先 2002年08月12日 09:30 Sony DSC-P1  御西小屋先 2002年08月12日 09:30 Sony DSC-P1
 本山山頂より       一等三角点        本山山頂にて       チングルマ        ハクサンコザクラ    アオノツガザクラ
 大日岳山頂直下 2002年08月12日 10:30 Sony DSC-P1  大日岳山頂 2002年08月12日 11:00 Sony DSC-P1  大日岳山頂 2002年08月12日 11:00 Sony DSC-P1  大日岳山頂にて 2002年08月12日 11:00 玄梅氏提供  滝切明 2002年08月11日 09:00  Sony DSC-P1  三国岳上 2002年08月13日 07:20
 大日岳山頂直下    大日岳山頂        大日岳山頂       大日岳山頂にて      滝切明          三国岳上

[行程説明]


 現場 2002年08月13日 13:30 本石氏提供  現場 2002年08月13日 13:30 本石氏提供 (現  場)
その三国小屋にて小休止の後、いよいよ剣ヶ峰に向けて岩場を下っていく。 小雨でガスの中、慎重に下った(つもりだった)。三国小屋から10分程度下って、8時20分頃、やや右に傾いた平らな 岩に右足で着地、次の一歩の左足を踏み出したとたんに足を取られた。その場で転倒、まずは右に落ちないよう腕で体をとめたが、 左大腿部を強打、すぐに動けなくなったことを知った。パーテイの人たちや登山者や下山者のご好意によって、副木やヘリ手配など 早速救援活動に入ってくれた。池澤さんは2度に亘る三国小屋への往復で私を寝かせる板を持ってきてくれた。 玄梅さんは救助隊との連絡を、本石さんは長井側との連絡など、携帯電話がフルに活躍したが、濃いガスに阻まれて ヘリは爆音が聞こえても近づくことはなかった。それでもヘリ救助の場合に備えて10m程移動、重い私の体を慣れない 本石さんと登山者の方のご好意によって運ばれた。待つこと3時間、ヘリはあきらめて帰港、 地上部隊の投入となった。その到着は13時半頃と連絡が入った。
すでに大腿骨がやられたと覚悟していたから、転倒してすぐに本石さんの衣服まで借りてありったけの衣服を着こみ、 池澤さんが私を寝かせる板を小屋から運んでくれて、さらに玄梅さんがツエルトで小雨を防いでくれた。 現場で出来る全ての対策は講じられたが、地上部隊が到着しても、この岩場を担がれて下ることは、 いささか負担に思われた。しかし運命を天にゆだねるほかは選択肢が無かった。 勿論会社や家には早々と警察から連絡が入り、すでに大騒動となっていた。 13時半前からにわかに晴れ上がってきた。予報では午後からさらに悪化の報であった。 そこへ救助隊4名が到着、このチャンスを逃すまいとヘリの再出動を要請、すぐに私の体を固定する。 その手際の良さは素晴らしいものだった。 10分後にはヘリが到来、数回旋回してホバーリングした状態でそのまま私を機内へ搬入、 このホバーリング技術のすごさに改めて感心、しかしそんなこととお構いなしに「助かった」と言うのが本音であった。 と同時にたくさんの人たちに大変な迷惑をかけたことへの悔しさとお詫びの気持ちがこみ上げてきて声も出なかった。 着陸後はすぐに救急車で会津若松の病院に収容、診察の結果は左足大腿頚部骨折、即入院と言うことであった。
この病院で過ごすこと2ヶ月、10月も半ばに至ってお世話になった喜多方消防署と警察署にお礼参りに伺い、 その翌日退院帰京、長い長い飯豊の山旅は2ヶ月にわたり、パーテイの方々はもとより家族や会社にも大きな迷惑を かけ、本人は再起できるかどうかの大きなダメージを受けての帰還と相成った。
(登頂記録)
*山名:地蔵岳(1539m) 飯豊本山(2105m) 一等三角点(飯豊山) 大日岳(2128m) 駒形山(2038m)
     御西岳(2013m) 種蒔山(1791m) 三国岳(1644m)
*年月日:2002年08月10日(土)〜08月13日(火)
*天候: 雨・ガス
*行 程
08月10日(土) 東京発1412(つばさ115号) (新幹線福島駅にて玄梅さんと合流)
     赤湯着1634 本石さん出迎え本石車でコンビニ経由、白川荘1730着(池澤さんと合流)
08月11日(日) 晴・曇・ガス
 白川荘発 大日杉              一合目  長之助清水  滝切明    地蔵岳   目洗清水    
 0520  0550/0559 0625 0707/0718 0740/0748 0800/0815  0850/0905 0945/0955  1043/1110      
御坪      御沢分岐  種蒔山分れ        切合小屋着
1200/1215  1230/1300  1320/1330   1350      1407
08/12(月) 雨・ガス
切合小屋発            草履塚   御秘所   本山神社  飯豊本山 御西岳 御西小屋  大日岳       
 0430    0453/0458 0505  0523  0610/0620  0630/0640 0705/0720 0830 0840/0900 1050/1110 
(昼食)  御西小屋  飯豊本山 本山神社 草履塚  切合小屋着
1135/1150 1250/1310  1435  1450/1500 1610     1632
08月13日(火) 雨・ガス・晴
切合小屋発  三国小屋  剣ヶ峰上   ヘリ救出 竹田病院着
  0600    0730/0750 0820(転倒)   1340   1430
(予定では剣ヶ峰〜地蔵山〜大日杉)























行程説明

飯豊連峰は、福島、山形、新潟の3県にまたがる、全長40kmに達する隆起山脈である。 その膨大な山脈は東北随一の奥深さを有し、豪雪による花崗岩の浸食も激しい一方、広い稜線上は 北アルプスにも似た高山植物に覆われた別天地である。 登山口は福島側、新潟側、山形側にあり、もっともポピュラーなのは福島側の川入から 山形側の梅花皮〜飯豊山荘に抜ける縦走ルートだ。
写真は飯豊連峰の南にある吾妻連峰の西吾妻山頂近くから見た飯豊連峰で突出したピークが2座見えていて、 左側が最高峰大日岳(2128m)、右側が盟主飯豊本山(2105m)である。
飯豊連峰への計画は、前年11月の宮ノ浦岳登頂時に話がまとまった。 この膨大な山塊に、玄梅さん、池澤さんというまたとないパートナーを得て、本石さんともども、 このチャンスを逃したら2度と行くことが出来ないと、前日から大日杉登山口に近い白川荘に宿泊し、 翌日以降に備えた。
そして翌日、大日杉登山口から急登を我慢すること3時間、だまし地蔵からさらに1時間弱、 正面に見える小高い山を登り詰めるとそこが地蔵岳だった。 山頂は樹林に覆われて無展望だが、その付近の至る所で飯豊の主稜線を眺めることが出来る。
写真は正面に大きく見える飯豊本山(2105m)の勇姿、飯豊連峰の盟主にふさわしい堂々たる風格である。
種蒔山直下の巻道は三国岳から通じている登山道である。地蔵岳から登ってきて稜線にたどり着いた ところがこの巻道との合流点、切合小屋も近く飯豊の主稜線が飯豊本山まで見え、 小屋から草履塚、御秘所、本山小屋へと続く登山道が見える−筈である。 だが、稜線はすでに一面にガスに視界を閉ざされた。

1年後の10/10〜10/12にかけて単独飯豊縦走を敢行した庄野先生から種蒔山付近で撮った写真を頂いた。 時あたかも紅葉の季節、好天に飯豊の山肌は赤く染められて、山頂付近には新雪が輝き、 透明感のある大気は登山者に飯豊のすべてを見せていたものと想像される。 何故かくも天気は不公平? 我々には少しも姿を見せようとしなかったのに・・・。
写真を送っていただいた当時会津若松竹田病院整形外科の庄野先生に厚くお礼を申し上げます。
写真は我々の前の週に飯豊本山まで登った伊久間氏が本山小屋から撮ったもの、 画面右から飯豊本山(2105m)、駒形山(2038m)、なだらかな御西岳(2012m)、 そして左奥にそびえる大日岳(2128m)が見事に捉えられている。 伊久間氏によれば飯豊本山の山頂ではガスだったが、 本山小屋にて夕方からにわかに晴れ上がり、この写真が撮れたとのこと、 我々が何も見えず仕舞いで帰ってきたので、我々が辿ったルートが全部写っているこの写真をお借りして、 ここに使わせていただいた。伊久間氏に厚くお礼を申し上げます。

大日杉から8時間、途中で朝食や昼食を採りながら稜線にでると、そこは種蒔山分れである。 切合小屋はすぐそこにある。晴れていた空もこの時間になればガスがかかり本山はすでに見えない。 小屋まであと5分、先を行く玄梅さんを入れて撮ってみた。 今日はこの小屋で1泊、明日の大日岳登頂に備えての憩いの場である。
翌朝は大日岳まで往復12時間の長丁場、まだ明けやらぬ4時30分に小屋を出発した。 濃いガスに包まれての無展望、すぐ目の前しか分からないが、それでも草履塚や姥権現などなどを通過して、 岩場である御秘所にとりつき、2時間後の6時30分に本山小屋に到着した。 飯豊山神社に参拝し先の無事を祈った。
飯豊山神社から20分ちょっとで飯豊連峰の盟主飯豊本山山頂に到着、 濃いガスに阻まれて何も見えないが、それでもガスの切れ目からかいま見た本山山頂の写真は 北股岳方面、御西岳方面とその向こうにある大日岳を捉えているはずである。
飯豊本山から駒形山を経て御西岳へ、そして御西小屋に着いたのは1時間20分後、 緩やかな下りと広い稜線歩きである。 御西小屋も平らな稜線上にあって梅花皮小屋方面との分岐でもあり福島県の終端でもある。
ここからいよいよ大日岳へ、広々とした稜線は多分正面に威風堂々の大日岳を眺めながらの心地よい、 ところだと推察するのみ、濃いガスは大日岳の姿を一度も見せることなく、 目の前に現れる”大平原”に咲き乱れる高山植物にただただ見とれるばかりであった。

御西小屋から1時間、出発から5時間半、広々とした稜線も終わり、最後の大日岳への急登に入る。 文字通り長丁場だからあえぎあえぎとなる。何回も休みながら濃いガスの中を黙々と進む。 時折ガスが切れて覗いた前方だが山頂にあらず、何回も山頂だと思わせるピークを過ぎると、 やがて先行する玄梅さんから「山頂だ〜」と声がする。見れば標識らしきものが立っている。 どうやら標識らしきものは山頂標識にあらず、向こう側の少し低いところに山頂標識があって、 大日岳山頂を記している。しかし最高地点ということではこの写真を撮った地点が正しいようだ。
山頂標識地点での記念写真だが、山頂にいた1組のパーテイとお互いに撮りあいしたもの、 ほとんどが濃いガスであったが、瞬間の晴れ間に急いで撮って貰ったものである。
写真を撮ってから何も見えない寒々しい山頂を後にして下山開始、 途中昼食を採って急登部を下りきると雨がぽつり、 それも半端でない雷雲に閉ざされて急ぎ雨支度、 雷雨の中をただひたすら平らな稜線を歩くのみであった。
御西小屋に着く頃には小降りとなったが、小屋には雨宿りで大勢の登山者が待機していた。 さらに飯豊本山に向けて出発、14時35分に本山山頂を黙々と通過して神社へ着いたのが14時50分、 休憩後さらに下山、切明小屋に着いたのは12時間後の16時30分であった。 この悪天候の中、よくぞ大日岳まで行ったものと全員で乾杯したものである。

今年はよく悪天候に祟られる。いつもと違う晴れ男らしくない天候にいらだちと 不安感が襲う。明日の下山も悪天候と聞く。
翌日は大日杉へ向けて下山するのみ、それほど急ぐ理由もないので切合小屋を6時30分に出発、 三国小屋を経て地蔵山から大日杉へ下る予定だった。三国岳山頂には三国小屋があってすぐそれと分かる。
写真は初日に地蔵岳から見た三国岳・地蔵山方面である。