早池峰山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
花巻空港北方上空より早池峰山 6月中旬 14:00 小田越より早池峰山 2001年07月15日 11:00 山頂直下にて 2001年07月15日07:45 早池峰山山頂 2001年07月15日08:00 早池峰山山頂の一等三角点 2001年07月15日08:00 2001年07月15日 07:00 7合目付近のハヤチネウスユキソウ 2001年07月15日 07:00 7合目付近のハヤチネウスユキソウ 2001年07月15日 07:00
花巻上空より早池峰山 小田越より早池峰山 山頂直下     早池峰山山頂     一等三角点     7合目付近のハヤチネウスユキソウ

早池峰山(1917m)は東北地方では珍しい花崗岩の山である。そのため吹き上げる湿潤な大気と相まって多くの固有種をはぐくんでいる。 その代表格がハヤチネウスユキソウである。 (使用カメラ:Sony DSC-P1)
その早池峰山を花巻空港北側から着陸する機内から捉えた。早池峰山とその右に薬師岳、 この間に登山口の小田越がある。早池峰山の正規の参道は遠野からだが、 今は道路が出来て小田越と河原坊が登山口となっている。
小田越から登り始めると樹林帯を抜けて岩山となって、早池峰山特有の蛇紋岩の岩場が山頂まで続く。 ここ小田越からは山頂までをみることは出来ないが、山頂へ向けて延々と岩山が続く様子がよく分かる。
その蛇紋岩の岩場がゴロゴロと続く登山道の両側にはハヤチネウスユキソウが群生している。
8合目付近にある鉄梯子を越え、湿原を過ぎるとまもなく山頂に至る。 この日はガスが発生し、山頂の様子がよく分からなかったが、 一瞬の晴れ間に撮った山頂の様子である。
山頂には避難小屋があるほか早池峰神社があって古くからの信仰の山であることを伺わせる。 また一等三角点の山でも知られているが、ここにある三角点は標高1913.6m、 一方測定点での標高は1917mとなっている。
(登頂記録)
*山名:早池峰山(1917m) 一等三角点(早池峰 1913.6m)
*年月日:2001年07月15日(日)
*天候: 曇のち晴
*ツアー登山 20名
*行 程
07月14日(土)
秋葉原  花巻IC  花巻温泉
0800    1500    1530   
07月15日(日)
花巻温泉 岳  小田越    朝 食     山 頂    小田越  花巻温泉   秋葉原
0400  0510 0535/0540 0610/0630    0800/0825  1100   1230/1345   2130