八甲田山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
睡蓮沼より八甲田大岳 2001年08月12日 10:00 赤倉岳より八甲田大岳 2001年08月12日 10:00 赤倉岳より岩木山 2001年08月12日 13:30 八甲田大岳山頂 2001年08月12日 11:15 八甲田ヒュッテ 2001年08月12日 10:40 八甲田大岳山頂より高田大岳 2001年08月12日 10:40 八甲田大岳山頂より陸奥湾 2001年08月12日 11:15
 睡蓮沼         赤倉岳         岩木山         八甲田大岳山頂   八甲田ヒュッテ      高田大岳       山頂より陸奥湾

八甲田大岳山頂より陸奥湾 2001年08月12日 11:15 さて八甲田山の再訪は2001年8月に実現した。この間39年の歳月が立つ。 八甲田の温泉群のひとつ猿倉温泉の近くにゴールドラインに沿って睡蓮沼と言う湿原がある。 毛無岱のように登山を要しないから大変手軽である。ちょうど八甲田大岳の南に位置し、湿原に姿を映す北八甲田の山々が美しい。
かって酸ヶ湯温泉が登山口だった八甲田大岳だが、今は八甲田ロープウェイがあって、田茂萢岳(1326m)山頂まで10分で運んでくれる。 ここから田茂萢湿原を通って、赤倉岳の五色岩へ急登、赤倉岳山頂を経て、井戸岳の火口を巻いて、大岳ヒュッテに降り、急登すれば 大岳(1584m)山頂に達する。この間2時間ちょっとの軽登山である。
  一等三角点

このコースはちょっとした稜線歩きで晴れていればとても気分がよい。 登山道には高山植物が咲き乱れて、行く手には井戸岳と大岳が良く望める所だ。 大岳ヒュッテから30分、急登するとすぐに樹林帯を越え、火山特有のガレ場を良く整備された登山道が山頂まで続いている。 山頂は広く東側に山頂火口が口を開けている。 本州最北端の百名山の山頂はさすがに整備され登山者も多く、賑わいを見せている。 そして高山植物が数多く咲き乱れている。 ここからの展望は360度、遮るものは全くない。
大岳避難小屋は井戸岳と大岳の鞍部にあって酸ヶ湯方面との分岐がある。 左の大岳まで一気登りの急登で30分である。
山頂の東側には八甲田山第2の高峰である高田大岳(1552m)が端正な姿を見せている。 その南側には硫黄岳、奥に連なる南八甲田の峰々が緑濃くとても美しい。 西側には眼下に毛無岱の大湿原が広がり、中空には岩木山が浮かんでいる。
山頂の北側は青森市と陸奥湾が広がる。 とりわけこの日は南を分厚い秋雨前線の雲に閉ざされ、 一方北側は晴天域となり、津軽半島、下北半島、そして恐山、 さらには北海道までもが見通せる好視界だった。
萱ノ茶屋より 1962年04月30日 朝 撮影データ不明 硫黄岳より八甲田大岳山頂 硫黄岳山頂 1962年05月01日 朝 撮影データ不明 八甲田への初訪は1962年5月、春スキーで登頂した。 バスはここ萱ノ茶屋で「ここのお茶を3杯飲めば死ぬまで生きると」 と言って乗客を笑わす。その40年前の八甲田の写真が残っていて、当時の茶屋の風情を今に伝えている。
この時は酸ヶ湯温泉に1週間、スキー三昧の山旅だった。 酸ヶ湯温泉から2時間ほど登って、大岳(1584m)や高田大岳(1552m)、硫黄岳(1360m)で滑ったものだ。 そのときの大岳のスナップが残っていた。この山頂に登ってウインドクラストした火口内 を直滑降したこと、岩木山ぽっかりと浮かんでいたこと、遠く北海道が見えていたことなどが忘れられない。
1962年萱ノ茶屋より     1962年硫黄岳より  

(登頂記録−再訪)
*山名:八甲田山 <大岳>(1584m) 一等三角点(八甲田山) 赤倉岳(1540m)  井戸岳
*年月日:2001年08月11日(土)
*天候: 晴
*行 程
08月11日(土)
ホテル発 ロープウェイ乗り場 山頂駅   宮様分岐 五色岩 赤倉岳 大岳ヒュッテ 大岳山頂
0810     0815/0830   0840/0850  0915    0950   1015  1045     1110/1200
大岳ヒュッテ   赤倉岳  ロープウェイ山頂駅 乗り場 酸ヶ湯温泉   ホテル着 
  1220      1320    1425   1445    1455  1515(入浴)    1600
08月12日(日)
ホテル〜地獄沼〜睡蓮沼〜奥入瀬〜十和田IC〜鹿角八幡平IC〜八幡平〜盛岡IC〜盛岡駅  盛岡         東京
0840                                      1400   1600         1702(やまびこ22)1932      
(ホテル:ホテル城ヶ倉 017-738-0658)