月山再訪

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>  <月山再訪へ>  <月山−山頂の花へ>
弥陀ヶ原のお花畑 2000年07月20日 13:30 姥ケ岳下より山頂 1998年9月18日 09:00 月山山頂より姥ヶ岳 1998年9月18日 11:00 月山山頂 1998年9月18日  11:00
 弥陀ヶ原のお花畑      姥ケ岳下より山頂      月山山頂より姥ヶ岳      月山山頂

月山の初訪は1963年05月05日、スキーで訪れて山頂へ至ったものだ。
月山への登山道は、古くからある羽黒山神社から、湯殿山から、そして姥沢小屋からの3ルートがある。 ここ月山8合目にある弥陀ヶ原までは車道があって観光客で賑わう広大な高層湿原である。 7月ともなれば色々な高山植物が咲き乱れて、花の百名山に相応しい美しい光景を作り出す。
姥沢小屋へは月山街道から志津を経由して車道が通じ、さらに標高差300mのリフトが夏も運転されている。 標高1500mの姥ケ岳下でリフトを降りると、牛首までお花畑の中の緩い良く整備された上り坂を 1時間余り、そして牛首からは最後のピークを40分ほど上り詰めるとそこに山頂がある。
月山山頂部から登ってきた方角を見ると2本の登山道が姥ケ岳へ向けて延びている。その先にあるのが姥ケ岳、 そしてさらにその上にあるのが湯殿山だ。下から見上げる湯殿山とあまり変わらない山容が月山頂からは見下ろすように 眺めることが出来る。
月山山頂は平らな大地が広がっている。 山頂に行くには500円也が必要、お祓いをしてくれる。その月山神社のすぐ左に鳥海山が見えている。
山頂部は向かって右側に噴火口があって、今ではすっかり浅くなっていて気がつかないくらいだ。 眺望は360度、鳥海から、八幡平、岩手山、早池峰、蔵王、安達多良、吾妻、磐梯、飯豊、朝日と枚挙にいとまがない。
月山山頂より蔵王連峰 1998年9月18日  11:00 月山山頂より吾妻連峰と磐梯山 1998年9月18日  11:00 月山山頂より飯豊連峰 1998年9月18日  11:00 月山山頂より朝日連峰 1998年9月18日  11:00 月山山頂より鳥海山 1998年9月18日  11:00
 蔵王連峰           吾妻連峰と磐梯山      飯豊連峰             朝日連峰           鳥海山

[山頂からの眺望]
月山山頂の眺望は文字通り360度、遮るものがない。月山は眼前の朝日連峰よりも 標高が高いのでその向こう側まで見える。北は岩手山、八幡平、鳥海、早池峰、栗駒山、 焼石岳など、南は眼前の朝日から飯豊、吾妻、磐梯などが手中にある。































月山再訪−山頂の花

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>  <月山再訪へ>  <月山−山頂の花へ>
月山山頂 2003年年07月26日 10:30 月山山頂 2003年年07月26日 10:30 月山山頂 2003年年07月26日 10:30 花の百名山で知られる月山へ花の時期に合わせての再訪を池澤さん、菊地さん、本石さんと試みた。
梅雨明けを期待しての月山行きだったが長引く梅雨のため、雨とガスと山頂ではヤマセの吹き荒れる 1日となってしまった。
しかし花は絶頂期、姥ヶ岳の下から山頂に至るまで百花繚乱。チングルマ、ヨツバシオガマ、 アオノツガザクラ、ハクサンフウロ、ハクサンイチゲ、キバナシャクナゲ、etc。
 月山の一等三角点     三角点山頂付近     ヒナウスユキソウ

姥沢からリフトであがり、雨とガスと風の中を雪渓を越えて牛首へ、そこから急登、ヤマセが吹きすさぶ山頂を 神社の裏手まで行って一等三角点を訪れた。 そこに咲くのがヒナウスユキソウ、宝石をちりばめたように一面の花だった。
写真は一等三角点とそこから見た月山神社のある山頂方面、ここに咲くヒナウスユキソウである。

(登頂記録−4回目)

*山名:月山(1984m)測定点 一等三角点(月山1979.5m)
*年月日:2003年年07月26日(土)
*天候: 風雨・ガス
*行 程
長井屋0500−姥沢0630−リフト上0720/0730−牛首0905−山頂神社1000−三角点山頂1005/1030
山頂小屋1025/1105−牛首1150−リフト上1240/1250−姥沢1310/1325−山形1525/1531−東京1824−恵比寿1855