大朝日岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
月山牛首より朝日連峰 1998年09月18日 10:00 250mm F11 1/750 古寺先より小朝日 2002年06月22日 08:00  Sony DSC-P1 古寺山頂 2002年06月22日 07:40  Sony DSC-P1 古寺山頂より小朝日・大朝日 1999年7月15日 16:03 池澤氏撮影
 月山より朝日連峰       古寺先より小朝日     古寺山頂         古寺山より小朝日・大朝日
大朝日避難小屋 2002年06月22日 12:00  Sony DSC-P1 大朝日岳山頂 2002年06月22日 11:40 玄梅氏提供) 大朝日岳山頂 2002年06月22日 11:40 玄梅氏提供) 大朝日岳山頂 2002年06月22日 11:35 Sony DSC-P1
 大朝日避難小屋      大朝日岳山頂         大朝日岳山頂        大朝日岳山頂

朝日連峰は月山街道を挟んで南側にある。信仰の山として月山が早くから開けているのに対し、朝日連峰の方は 今でもアプローチが長く、本格的な登山者以外を寄せ付けようとしない。
月山牛首から大朝日岳、小朝日岳が大変良く見える。眼前にそびえる朝日連峰の山容にしばし圧倒される。
朝日連峰の最高峰・大朝日岳を目指して古寺鉱泉から出発したのは、ヒメサユリが咲いていると予想される6月下旬、 荷物が軽くてすむ日帰り登山で往復18kmのロングな登山を試みた。
メンバーは玄梅さんをリーダーに、本石さん、室井さん、朝日を良く知っている阿部さん、私の5名、 前日に古寺鉱泉に入っての出発だった。 4時の出発時にポツポツと降り出した雨は梅雨時だからやむを得ないにしても、 次第に強くなり、歩き始めて1時間も経たない内に雷鳴がとどろき、撤退のやむなきに至った。 撤退開始後10分ほど下山してみたら、遠くに山が見え始め、空も明るくなってきたため、 行けるところまで行くこととして再出発と相成った。
こんなロスタイムや朝食などが入って古寺山(1501m)に着いたのは3時間半後の7時30分になっていた。
古寺山から下った鞍部にさしかかったところでガスの合間から覗いた小朝日岳(1647m)が見えたが、 古寺山からの大朝日岳はガスの中だった。
池澤氏は同じ古寺山から撮った小朝日岳とY字雪渓が見事な大朝日岳の展望、 我々が辿る道筋がよく分かる。
古寺山から鞍部を経て小朝日岳の登りにさしかかる頃には、雨も小止み無く降り続き、 重い足取りの登山となってきた。 雪渓を登り詰め、小朝日岳山頂に至るも無展望、本来ここから眺めるY字雪渓を見せる大朝日岳の勇姿が素晴らしいのだが、 休憩もそこそこにして出発、厳しい急降下を経て、いよいよ大朝日への登りとなる。 このあたりのヒメサユリやシラネアオイ、ハクサンチドリがとりわけ美しく、 疲れた足取りを慰めてくれる。
長い長い、ガスの中の道程は、近づきつつある避難小屋の姿さえ見せてはくれない。 長い雪渓を慎重に登り、さらに緩い勾配の夏道を登って11時10分、 出発からなんと7時間後にようやく大朝日避難小屋に到着した。 真新しい建て替えたばかりの避難小屋は濡れた身体を暖めるには快適空間だった。
ここで昼食を採ることにして、その前に山頂へ、小屋にデポして山頂(1870m)まで一登り、 山頂は僅か10分のところにあった。 百花繚乱、山頂付近一帯はありとあらゆる高山植物で満ちあふれていた。 山頂到着11時35分、出発より7時間半後にあこがれの山頂を訪れて、 みんな握手、記念写真と相成ったが登山者がいないし風雨も強い。 悪天候の割合には全員にこにこ顔の揃い踏みの写真は2枚にまたがってしまった。
山頂に近づくと大朝日山頂が忽然と現れたのでその瞬間を撮った。山頂は横長で10名程度で満杯になるだろう。 この日は避難小屋で行き会った学生2名の他は登山者はなく、下山後に聞けば、 小朝日の手前の雪渓で多くの登山者が撤退したと聞く。 しかし実際にはそれほど危険な個所はなく、難なく通過したものである。
山頂には二等三角点があって、ガスに囲まれた風雨の中で厳しい雰囲気だった。 本来は朝日連峰の全ての連なりや、鳥海、月山、吾妻、蔵王など東北南部の山々の大パノラマがあるはずだが、 山の天気はご機嫌が良い日ばかりとは限らない。

ヒメサユリ 小朝日先の鞍部 2002年06月22日 09:30 Sony DSC-P1 ヒメサユリ 古寺山先 2002年06月22日 08:00 Sony DSC-P1 ヒナウスユキソウ 大朝日山頂 2002年06月22日 11:50  Sony DSC-P1 シラネアオイ  小朝日先の鞍部 2002年06月22日 09:30  Sony DSC-P1 ハクサンチドリ 古寺山先 2002年06月22日 08時00分  Sony DSC-P1 チシマザサの花 古寺山先 2002年06月22日 08時00分  Sony DSC-P1
 ヒメサユリ          ヒメサユリ          ヒナウスユキソウ     シラネアオイ       ハクサンチドリ    チシマザサの花

展望よりもヒメサユリの時期を狙った今回の山行きであるが、その期待はズバリ的中、 登山道を点々と彩るヒメサユリは、幽玄の美しさで訪問者を出迎えてくれた。 山形、福島、新潟の高山に限られるヒメサユリが、ここ朝日連峰に豊富なのは、まず鹿がいない、 野ネズミなどの餌となるワラビやゼンマイが豊富でヒメサユリが食べられないなどの条件が 揃っているからと玄梅さんが仮説を立てる。 同じユリ科のゼンテイカの黄色に対し、この鮮やかなピンクが連続する景観は登山の疲れをいっぺんに癒してくれる。
ヒナウスユキソウは大朝日岳山頂付近に咲く。東北地方にのみ咲く、ヒナウスユキソウはハヤチネウスユキソウなどに比べれば 小振りで可愛らしいが、その形の整った美しさはエーデルワイズにもっとも近く、エーデルワイズより美しいと言われている。 ピンクのコイワカガミの群落が、純白のヒナウスユキソウを一層引き立ててくれる山頂付近である。

登山道に咲く花はヒメサユリばかりではない。 シラネアオイの豪華な姿も感激ものだ。マイズルソウ、ツマトリソウ、ゴゼンタチバナ、ショウジョウバカマ、シラネアオイ、 ヒメサユリ、ハクサンチドリ、コイワカガミ、ヒナウスユキソウ、チングルマ、低いところからざっと代表的な花を拾っても、 豪華な顔ぶれだ。特にシラネアオイはヒメサユリとその美しさを競っているかに見える。
ハクサンチドリはどこにでもあるラン科の高山植物だが、ウズラバハクサンチドリは月山・朝日の近傍にしか咲かないと聞く。 葉にウズラの卵のような斑点があることから「ウズラバ」の名がある。
笹は60年に1回花を咲かせてその寿命を全うすると聞く。だからチシマザサの花など見る機会などほとんど偶然に等しい。 今年の大朝日の登山道には、そのチシマザサの花が一斉に咲いている。地味な花だがほとんど見ることが出来ない光景に 思わずシャッターを切った。


(登頂記録)
*山名:大朝日岳(1870m) U朝日岳 小朝日岳(1647m) 古寺山(1501m)
*年月日:2002年06月21日(金)〜23日(日)
*天候: 雨・ガス
*行 程
06月21日(金) 晴
あざみ野発(玄梅車) 羽生PA  寒河江IC  古寺鉱泉着
1255            1445    1830     2015
06月22日(土) 雨・ガス
古寺鉱泉発   一服清水   ハナヌキノ別れ    古寺山   小朝日岳   避難小屋  大朝日山頂
0400(一時撤退) 0545    0550/0625(朝食) 0730/0745   0840/0855  1110/1125  1135/1145
避難小屋  小朝日巻道分岐 古寺山  ハナヌキノ別れ 古寺鉱泉    蔵王温泉(高見屋)
1155/1300   1405/1415   1505    1555      1655/1715    1900
06月23日(日) 曇
蔵王温泉  日光  恵比寿
0915    1300    1835