剣   山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
剣山荘付近より山頂 1999年10月09日1 2:30 西島より山頂 1999年10月09日14:00  剣山山頂 1999年10月09日 14:00 一等三角点(池澤氏撮影提供) 山頂より次郎笈 1999年10月09日 14:00
 剣山荘付近より山頂      西島より山頂          剣山山頂        一等三角点(池澤氏提供)  山頂より次郎笈

剣山(1955m)は徳島道から狭い道幅の国道438号を50km弱、1時間半で登山口のる見ノ越に着く。 ここには登山リフトがあって約15分で標高約1600mの西島駅まで行ける。 リフトからは約40分で広々とした山頂に達する。 この四国第2の標高を誇る剣山は、ハイキングコースとして親しまれており、石槌山が本格的登山コースなのに対し、 全く異なる役割を果たしている。
山頂部は大変広い。雲上の山頂漫歩が、こんなに手軽に楽しめる山もそうはあるまい。 ここは何でも平家の落人達が、騎馬訓練をしたというところから、「平家の馬場」と言われている。 それほど広い空間がある。その一角に一等三角点があって山頂であることを示している。
山頂部は広くてとりとめもないが、ここからの眺望は360度、視界に恵まれれば石槌山はもとより、遠く大山まで見通せるという。 この日は遠望のきくほどの視界ではなかったが、それでも剣山を囲む、四国山地の山々が手に取るように展望できる。
そんな山頂からすぐ真近にあるのが次郎笈(1929m)がある。この剣山が1955mだからほとんど変わらない。 こういう尾根沿いのピークは、月山の湯殿山、四阿山の根子岳などなど、沢山あるが剣山自体はまたの名を「太郎笈」と言う。

(登頂記録)

*山名:剣山(1955m)一等三角点(剣山)
*年月日:1999年10月09日(金)
*天候: 晴
*行 程
10月09日(金)
羽 田      高松空港  脇町IC 美馬IC  見ノ越
0750(ANA631) 0900/0945  1045  1100   1230
見ノ越リフト リフト終点   山 頂    リフト終点    見ノ越
  1245    1300   1340/1400    1435    1450/1510
美馬IC  井川池田IC 川之江IC 新居浜IC  新居浜 
1630     1650    1730   1800   1830