石 鎚 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
石鎚スカイラインより石槌山 1999年10月10日 08:00 石鎚スカイラインより石槌山 1999年10月10日 08:15 二ノ鎖小屋より山頂 1999年10月10日 10:00 弥山山頂より天狗岳 1999年 10月10日 11:00 天狗岳山頂より大砲岩 1999年10月10日 11:30  天狗岳より弥山山頂 1999年10月10日 11:30 弥山山頂より二ノ森 1999年10月10日 11:00
     スカイラインより石槌山      二ノ鎖小屋より山頂 天狗岳山頂    天狗岳より大砲岩  天狗岳より弥山頂 弥山山頂より二ノ森    

石鎚山へはいよ西条ICから1時間で標高1300mまで手軽に運んでくれるロープウェイがある。
一方面河渓谷から石槌スカイラインがあって、標高1500m近くの土小屋まで車で入れる。 ここから2時間20分、弥山の山頂に達する。
石鎚スカイラインの途中からの石槌山はその特殊な気象条件から浸食が激しく、 南面、北面は激しく切り立っていて、東西にやせ尾根で山頂部が形成されている。 そのため見る方角によって屹立した鋭いピラミダルな山容になったり台形になったりして姿を変える。 石槌スカイラインは、走るほどにその山容に変化を楽しませてくれる。
土小屋から山頂までは、500m前後の標高差、4.6kmの道のりである。 比較的緩やかな樹林の中を3kmほど登り詰め、ロープウェイからの合流点に至ると、 そこから鎖場が始まり山頂に至る。二ノ鎖場の下には小屋があり、 そこからは北面の鋭く切り立った岩肌が目の前にある。 山頂部の3ピークは手前から弥山、真ん中が最高峰の天狗岳、奥が大砲岩になる。
弥山山頂は広い空間があって神域がある。3ピーク、やせ尾根、神域など 立山そっくりにできているのが面白い。
弥山のすぐ先に西日本最高峰の天狗岳(1982m)がある。ここから15分、しかし 両側が切り立つやせ尾根と険しさ、そして山頂部は2,3人がやっとたてるほどの狭さである。
天狗岳にやっとの思いでたどり着き、スペースがあくのを待って、天狗岳(1982m)山頂からの撮った山頂の標識と 向こう側にある大砲岩のピークだ。
振り返れば弥山(1974m)がある。異常とも思える登山者でごった返している弥山に対し、 こちらの方はそんな一休みするスペースすらない。
西側の二ノ森(1929m)が時折姿を現している。この1900mを越える石鎚山系は、 石鎚山だけが険しい山容で、全国7大霊山として名高いのもそのせいだろう。 一方他の山々は二ノ森のように穏やかな山容を見せているのも面白い。

(登頂記録)

*山名:石鎚山天狗岳(1982m)弥山(1974m) 三等三角点(石鎚山−1920.63m)
*年月日:1999年10月10日(土)
*天候: 晴
*行 程
10月10日(土)
新居浜 いよ西条IC 川内IC 11号・494号分岐  494号分岐   土小屋
 0555    0610   0650     0700       0745    0820/0825 
弥山山頂  天狗岩  弥山山頂  土小屋(494号・11号) 面河峡  川内IC  松山IC  道 後  
1045/1100  1120 1145/1200    1415/1425    1450/1515  1630   1640    1740
10月11日(日)
道 後 松山IC  高松西IC   高松空港      羽田  
0930  0950     1155   1445/1625(ANA638)1740