天 保 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ>

(天 保 山)

天保山は日本一の低山で知られる。 山頂の2等三角点の場所は、
大阪市港区築港3丁目 俗称 天保山
緯度34°39′29″.0375 
経度135°25′57″.6376
標高 4.53m
と国土地理院の点の記にある。
ユニバーサル・スタジオ・パークや海遊館にある天保山公園の一角だが、元々は運河を掘った後の 残土を積んだ山で、一時は高さ20mにもおよんだが、その後の地盤沈下などによって 現在の標高になった。
三角点設置は明治44年4月26日、現在の標高地は平成4年9月1日の観測による。
"登山口"には天保山山岳会会長の経営する喫茶店があり、なかなかいけるコーヒーが飲める。 山岳会会員は3名、ここでは手数料10円で登頂証明書を貰うことが出来る。 現在登頂者は30000名を越えたそうである。

(天保山山頂 2003年02月14日 14時00分 Sony DSC-P1)