伊 吹 山

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る>
ドライブウェイより伊吹山山頂 1997年10月10日 10:00 伊吹山山頂より伊吹山脈 1997年10月10日 09:30 伊吹山山頂より鈴鹿山脈と関ヶ原 1997年10月10日 09:30 伊吹山山頂より琵琶湖 1997年10月10日 09:30 伊吹山山頂にて 1997年10月10日 09:30
 伊吹山山頂          山頂より伊吹山脈      山頂より鈴鹿山脈      山頂より琵琶湖         伊吹山山頂にて

伊吹山山頂の一等三角点(1992/04/19秋村氏撮影提供) 関ヶ原ICから山頂直下の駐車場まで40分、伊吹山ドライブウェイが通じている。この道路の開通によって 駐車場から山頂までわずか20分で到達することが出来るようになった。まさに典型的な「手軽な登山」だ。 伊吹山の天候は大変厳しい。この日も周囲は良く晴れていながら、山頂へは北東から雲が吹き付けていて、やっとの思いで その全容を捉えたものだ。
伊吹山を最高峰、最南端とする伊吹山脈は伊吹山からほぼ北に向けて1000mを少し越える高さで 連なっている。冬の季節風はこの山脈の西側に吹き付けることとなり、最終的には伊吹山に集中、豪雪をもたらす。 山頂からは白山まで見通せると言うが、この日はその北東方角からガスが吹き付けて望むべくもなかった。
  一等三角点

伊吹山の南側は関ヶ原、その南に連なるのは鈴鹿山脈だ。およそ1000m強の標高を持つ山脈は、紀伊半島 全体の山系の前衛の山として背後に大峰山などの2000mに近い高峰を控えている。 眼下には関ヶ原が良く展望される。
琵琶湖は伊吹山から殆ど全貌が見える。この日は大気の透明度か芳しくなく対岸が見 えなかったがそれほど琵琶湖は大きいと言うことだろう。 彦根や長浜の町も良く展望される。
(登頂記録)
*山名:伊吹山 (T△伊吹山1377.3m)
*年月日:1997年10月10日(祝)
*天候:晴
*行 程
10月09日
関西空港       京都         米原    大垣
1718(はるか4号)1832/1835(新幹線)1948/1949  2031     
チサンホテル大垣泊(0584-74-4141)駅より南へ信号3つ目左折右前方
10月10日 晴
大垣  米原                  伊吹山駐車場   山頂   
0827  0901(タクシーにて名神高速経由) 1030/1035  1100/1120
伊吹山駐車場        関ヶ原駅 名古屋 東京 恵比寿
  1130  (タクシーにて)  1230