宮ノ浦岳

<見出に戻る> <戻る> <次へ> <百名山リストへ戻る> <屋久島名瀑2景へ>
宮之浦港沖より宮ノ浦岳 2005年5月連休 庄野先生撮影提 永田川河口より永田岳 2005年11月10日 10:45 太鼓岩より奥岳群 2005年11月09日 12:24 高磐岳展望台より高磐岳 2001年11月04日 08:10 花ノ江河にて 2001年11月04日 09:00 投石岳山腹より宮ノ浦岳 2001年11月04日 10:40
宮之浦港沖より宮ノ浦岳 永田川河口より永田岳 太鼓岩より奥岳群   高磐岳展望台より高磐岳   花ノ江河にて     投石岳より宮ノ浦岳 宮ノ浦岳山頂より永田岳 2001年11月04日 12:15 宮ノ浦岳山頂より黒味岳 2001年11月04日 12:15 宮ノ浦岳山頂より志戸子岳 2001年11月04日 12:15 宮ノ浦岳山頂より硫黄島 2001年11月04日 12:15 宮ノ浦岳山頂より開聞岳 2001年11月04日 12:15 宮ノ浦岳山頂にて 2001年11月04日 12:15
 山頂より永田岳      山頂より黒味岳      山頂より志戸子岳    山頂より硫黄島      山頂より開聞岳     宮ノ浦岳山頂にて 
宮ノ浦岳山頂の一等三角点 2001年11月04日 12:15 下山途中の花崗岩 2001年11月04日 14:30 縄文杉 2001年11月05日 08:00 (使用カメラ PENTAX ESPIO 120SW、、SONY DSC-P1、CANON IXY500D)
宮ノ浦岳は屋久島の奥岳の最高峰で周囲は1000m級の前岳にぐるりと囲まれている。 こんな絶海の孤島なのに上越国境の山々に匹敵する標高を誇り、 全山花崗岩に覆われてアルプスなどの隆起山脈と同じ生成なのには驚く。
黒潮に暖められた大気は一気に高地に運ばれ断熱膨張を起こし、年間20000mmとも言われる雨量をもたらす。 従って宮ノ浦岳は島内外周からは見ることが出来ず、観光客が見ることは不可能である。
 一等三角点       下山途中の花崗岩   縄文杉

島はその植生分布と樹齢1000年を越える屋久杉の主要部が世界遺産に登録され、 全島あげての温室効果ガスの削減に取り組んでいる。 水力資源が豊富で年間平均風速が強いのが強みでもある。
海上からの宮ノ浦岳は船から、飛行機から見ることが出来るが、この写真は形成外科医の庄野先生が 単独宮之浦岳登頂の際、空港に着陸前の機窓から撮った快晴の奥岳群である。 写真を送って頂きHP掲載を快く承諾頂いた庄野先生にお礼を申し上げます。
屋久島の前山には急峻な地形故に多くの沢があって、随所に滝がある。 その沢の中でも永田川は唯一奥岳から直接海に注いでいる川で、その火口付近からは屋久島第二の高峰 である永田岳を望む事が出来る。ここは観光コースからもはずれ、僅かにウミガメの産卵地に近いこと で名が知られている。 宮ノ浦岳は丁度この永田岳の向こう側に位置して見ることが出来ない。
宮乃浦港から白谷雲水峡を遡って3時間、辻峠は前岳の最高地点である。ここからトロッコ道まで急下降し、 奥岳や縄文杉に至る。 その辻峠の上に太鼓岩と称する大岩がある。ここだけは樹木が無く、前方が大きく開け奥岳群が一望できる。 宮ノ浦岳を前岳で見る場所としては唯一の場所である。

さて最南の百名山、九州最高峰の宮ノ浦岳の登頂は、折角だから縄文杉を経由したい。 しかしこの行程は避難小屋泊まりと、ロングな登山となる。 今回は玄梅さん、池澤さんと言う大先達と本石さんなど、気心の知れた恵まれたメンバーと、 願ってもない秋晴れにも恵まれ、全ての好条件が揃った山行きであった。
11月3日、関東では晴天の特異日だが、何故か天候悪化傾向、 その中を一路豪雨の鹿児島へ、屋久島行きのフライトを待つ間、 悪天候のため全便が着陸見合わせで最初からハラハラさせられた。 ガスの晴れ間にようやく着陸便から復活し、40分遅れで屋久島へ着いた。
そこには道無き志戸子岳の一等三角点を、ヤブとヒルと闘いながら訪座した達成感に溢れた 池澤さんの笑顔があった。
そして安房の民宿へと直行して、明日に備えての楽しい前夜祭となった。 天気は見る見る回復し、満天の星空となり、明日一日の好天を保証するようだった。

4日朝5時、こぼれるような星空の下で出発、予約しておいたタクシーにて淀川登山口へ、 途中でこれも予約しておいた弁当を2食分確保して、6時前に登山口に到着した。
6時登山開始は多くの登山者の目安で、ツアーも同様であった。 淀川小屋まで40分、朝食を済ませている内に明るくなって、透明感のある陽光に照らされた 紅葉に感激、さらに1時間ほど緩やかに登るに連れて、 奥岳がせり上がってきた。そして最初に目に飛び込んできた光景が、 本高磐岳(1711m)の山頂にある、豆腐を切ったような奇岩であった。
小花之江河は先の高磐岳展望台から下って間もなくのところにある。 日本庭園のような静かなたたずまいで、左の高磐岳との対称が面白い。 続いて花之江河、いずれも泥炭層の湿原だ。黒味岳が大きくのしかかる。
黒味岳(1831m)山頂はその眺望は奥岳随一と聴く。水場の上の投石平を経て、 黒味岳を東斜面から来た斜面に緩やかにトラバースして、間もなく投石岳(1830m) 西斜面をトラバースする。登山口から投石平まで3時間半、このあたりまでで4時間を過ぎている。 そのトラバースを半分ほど回ったところで待望の宮ノ浦岳が初めて山容を現した。 行く手に宮ノ浦岳(1935m)、その左奥に永田岳(1886m)があって、ようやく最高峰とNo2の揃い踏みとなる。 見渡せばすでに杉やツガ、ヒメシャラなどの樹林を過ぎて、周囲は白樹と化した杉が点々、カモシカがヤクザサをむしばんでいる。
最後の水場を経て山頂に巨岩を頂く翁岳(1860m)を背後にして登り詰めると栗生岳(1867m)の山頂に至る。 目指す宮ノ浦岳はこの栗生岳のために見ることが出来ない。 栗生岳まで来ると眼前に宮ノ浦岳(1935m)山頂があって、水場からのんびり50分で九州の最高峰の山頂に立つ。 淀川登山口から6時間後のことである。
山頂は花崗岩に覆われ、一等三角点があってその眺望は360度である。眼前に永田岳があり、 奥岳群が綿々と連なり、ここが島かと目を疑うが、遠くに目をやれば見えるものは島影と海ばかり、 行き交う船まで航跡を残してはっきりと見える。
そして今登ってきた方角には高磐岳から黒味岳、翁岳などが勢揃いしている。 あたかも上越国境のような風景が展開していて、これが島内とは思えない光景が展開している。 写真は宮ノ浦岳山頂から見た南側で、登山道の左上に翁岳(1860m)、中央に投石岳(1830m)、右に黒味岳(1831m)と連なている。
宮ノ浦岳は一等三角点の山、そしてもう一つの一等三角点の山である志戸子岳は目の前にある。 その向こうに広がる島は種子島が見える。 島の南にはH2ロケットの発射台を含むNASDAの宇宙センターの白い建物が見えている。
北北西に目をやれば活火山の硫黄島(硫黄岳−704m、一等三角点(硫黄島))がある。 その不気味な島影は、遠く開聞岳からも見ることが出来る。
開聞岳(924m)は硫黄島より20度ほど右に位置して方位0度、つまり真北に当たる。 標高の低いこの百名山は水平線よりも低く、しかしピラミダルな山容はすぐに開聞岳だと識別できる。 そしてここが九州本土、距離100km、滅多に見ることが出来ない光景に感動する。
標高1935m、九州最高峰の一等三角点の百名山、これが宮ノ浦岳の称号である。 玄梅さんのお陰で、素晴らしい好天の下で、6時間の登攀の結果、ようやくにして登頂を果たした感激はひとしおである。 これが1日早くても遅くても、ガスの中での登頂を強いられ、苦しさばかりが記憶に残る事にもなりかねない。 みんなが自分のせいで晴れたと勝手に思う、ハッピーな気分で山頂標識と三角点を入れての記念写真だった。

屋久島と言えば屋久杉、そのシンボルが縄文杉である。そして山頂から西海岸にかけての植生分布と共に 7000年を生き抜いてきたこの杉も世界文化遺産に登録されている。 健脚の観光客も訪れる縄文杉だが、荒川登山口から5時間、そう簡単に見る訳には行かない。 下から登ってくればウイルソン株や大王杉、夫婦杉などを見て最後に縄文杉となるが、 その荘厳な姿は他を圧倒して止まない。杉でありながら紅葉を迎えているが、 一体何種類の種が寄生しているのだろうか。

さて、宮ノ浦岳山頂からは一路北へ向けて下山である。焼野三叉路で永田岳への登山道と別れ、平石まで1時間30分、 ここからは樹林帯にはいる。ヤクザサからいきなり杉の巨木である。そしてキャラボクの大木である。 ヤクシマシャクナゲが密生し、季節ともなれば素晴らしいと思うが余りもの密生度である。羽毛のない大きな葉の シャクナゲも大変多い。相変わらず登山道は急降下、これを登るのはかなりきついと思いながら、 肩の荷が堪え始める。ひたすら急降下の繰り返しで第二展望台、第一展望台を過ぎて下山開始から 4時間15分、ようやく新高塚避難小屋に到着した。
定員60名の小屋に最終的には40名、比較的ゆとりある小屋泊まりがが救いだった。 どのパーテイも今日の会心の登頂を祝って宴会、星空が曇り空に変わる頃、小屋は静かになった。 小さめのヤクシカが住み着いていて時々鳴き声をあげていた。
翌5日、4時を過ぎると誰ともなく起き出し、我々も食事開始、外は曇り空である。 6時20分、明るくなるのを待って下山開始、またもや急降下である。 高塚小屋に1時間15分後、すぐ下に縄文杉がある。 縄文杉は静かなたたずまいである。下からはまだ観光客がやってくる時間ではない。 縄文杉の回りには鑑賞デッキが出来ていて、直接触れることが出来ないようなっている。 携帯電話はこの縄文杉のデッキ以外では通じない。 また縄文杉の脇の水場は”縄文水”お土産になるほど旨い。
この縄文杉を最奥として、色々な杉がある。ウイルソン株まで1時間ほどの下山だ。 そして大株歩道入口でトロッコ道に合流する。このトロッコ道が1時間40分、大変退屈するところだ。 縄文杉を見るにはこのトロッコ道を往復する。これが大変辛い。 新高塚小屋から6時間20分後、全長24kmの登山が終わった。
駐車場に着いたらにわかに雨が降り出した。 縄文杉で予約しておいたタクシーの乗って尾之間温泉へ、池澤さんと別れて鹿児島へ、 さらに本石さんと別れて、玄梅さんと羽田に着いたのは21時30分を回っていた。
(登頂記録)
*山名:宮ノ浦岳(1953m) 一等三角点(宮之浦岳)
*年月日:2001年11月04日(日)〜11月05日(月)
*天候: 快晴
*行 程
11月03日(土)
恵比寿発     羽田発      鹿児島着   鹿児島発        屋久島着
0900         1050(JAS373) 1240     1500(1420)(JAC995)1545(1500)
 *羽田で玄梅さんと合流、鹿児島で本石さんと合流、屋久島空港で池澤さんと合流
 *池澤さんのレンタカーで、民宿(「あんぼう」TEL:09974-6-2720)
 * 一泊1食つき¥6000 
 * 11/4朝5時にタクシー予約淀川登山口まで\6000
 * 11/4 朝食、昼食 弁当予約(\1100−専門の弁当屋)
11月04日(日)
民宿「あんぼう」  淀川登山口    淀川小屋           小花ノ江    花ノ江
   0500      0555/0605  0645(朝食)0710 0810/0820 0840/0845  0855/0900
投石平    水場    栗生岳    宮ノ浦岳山頂   平 石     第一展望台
0940/0955  1115   1125/1130   1205/1300   1340/1350      1515
 第二展望台 新高塚小屋 
 1525/1535  1615 (泊−約40名)
* 民宿「あんぼう」〜淀川登山口タクシー:¥6000
11月05日(月)
新高塚小屋発 高塚小屋  縄文杉  夫婦杉 大王杉 ウイルソン株 大株歩道入口
0622       0735   0740/0805  0830  0835  0915/0930     1055
三代杉    トイレ   小学校跡休憩所 荒川登山口  民宿  尾之間温泉  民宿
1057   1100/1105   1140/1155    1235/1300   1340  1400/1430  1505
屋久島空港着 屋久島空港発    鹿児島空港着 鹿児島空港発   羽田着 恵比寿着
 1505      1525(1750) (JAC994)1615(1830)    1950 (JAS378)2125   2235
* 荒川登山口〜屋久島空港タクシー:¥14000
  縄文杉にてケイタイ要予約